278件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新富町議会 2021-12-05 12月05日-02号

次の日も対策会議が開かれ、実は被災者からの要望の中に、長野県に145個、福島に100個の枕の依頼があったとの連絡を受け、すぐに届けたとのことです。その後も、長野県に1,040個、福島に400個、栃木県に165個追加依頼があり対応したそうです。本町の災害備蓄の中に枕の導入がないのであれば、ぜひ小中学校の防災授業の一環として、枕づくりを取り入れ、備蓄することはどうお考えでしょうか。

新富町議会 2020-06-06 06月06日-02号

もっともとに戻りますと、平成25年度の、京都府が99.8人に対してその25年の福島は1.2件しかないって、こんなことは絶対あり得ないというような資料でございます。 この資料はちょっと資料としてふさわしいかどうか別として、やはりいじめというのはどんどんふえる傾向にあるということになっております。やはり、いじめから最終的には自殺というところまで追い込まれがちです。 

都城市議会 2020-03-05 令和 2年第2回定例会(第3日 3月 5日)

岩手県、宮城県、福島被災三県で、二百五十四名の消防団員がお亡くなりになり、二人が行方不明となっております。そしてその多くが、津波を防ぐ水門や防潮堤のゲートの閉鎖に向かい、津波に飲まれ、犠牲となっております。ちなみに、同じ被災三県で犠牲になられた消防職員は、お亡くなりになられたのが二十名、行方不明が八名ということで、圧倒的に消防団員被災者が多い状況であります。  

都城市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第3日12月 9日)

福島白河市では、保護者行政保育所・幼稚園が連携し、集団での遊びを観察する「すこやか相談会」を第二の健診と位置づけ、全ての年中児を対象として、子どもの様子をきめ細かく観察する仕組みを構築しているとのことでした。また、観察結果を踏まえて、支援の方向性を共有し、就学に向けて配慮が必要な子どもについて、フォローアップ訪問を実施する取り組みがなされているとのことです。

門川町議会 2019-12-09 12月09日-02号

台風19号で福島いわき市では4万5,000戸が断水して、それが9日ぶりに水が届き始めたとの報道がございました。私、門川町は五十鈴川沿いにあり大丈夫なのかとそのような不安になってお聞きしたんですが、どうもこの回答から見ますと、非常にそう心配することはないと、そういうような回答でございました。 そこで、昨年の30年の9月28日付で、厚生労働省全国水道施設緊急点検を行っておるはずでございます。

串間市議会 2019-12-02 令和元年第5回定例会(第3号12月 2日)

次に、台風19号における県内応援職員派遣状況につきましては、宮崎市が長野市に中核都市災害相互応援協定に基づき、一般2名の8班編成で職員16名を派遣し、延岡市が兄弟都市福島いわき市に職員6名を現在派遣しているとのことでありました。  本市におきましては、九州市長会九州地方知事会などから派遣要請があれば、職員派遣について検討することになります。  

串間市議会 2019-11-29 令和元年第5回定例会(第2号11月29日)

台風19号、福島では大変な災害が起きたんですが、30%程度しかこの罹災証明が発行できていないというような現状があります。この点についてお答えいただきたいと思います。  それから、もう一つ、緊急輸送道路啓発体制の整備について、市及び道路管理者は、災害時において道路警戒を実施する路線の選定優先順位についての関係機関との協議の上、選定基準をあらかじめ定めておくというふうにあります。

小林市議会 2018-12-04 12月04日-03号

庁舎完成以来、視察につきましては、全国的に庁舎の建てかえが計画されている状況地域木材の活用の視点から、九州管内自治体はもとより、全国的には北海道登別市議会福島木材組合などの林業関係者、また日本の大手の設計事務所など、全国各地から視察に来ていただいている状況でございます。また、海外では、韓国の建築関連団体や台湾の林務局からも視察に来ていただいております。

延岡市議会 2018-09-06 平成30年第19回定例会(第4号 9月 6日)

延岡市では、お隣の佐伯市や姉妹都市福井坂井市、兄弟都市福島いわき市を含めて、現在、百十三の民間団体、企業、自治体災害時の応援協定を結んでいます。  応援内容も多岐にわたります。物資や食料、飲料水供給から配送、厨房施設供給仮設トイレ情報提供福祉避難所設置運営災害廃棄物収集運搬などなど、応援のネットワークを広く張りめぐらせています。  

延岡市議会 2018-09-05 平成30年第19回定例会(第3号 9月 5日)

私は、先日、会派で福島会津若松市を視察いたしました。ここでは、戊辰戦争百五十年を迎えたと言っております。会津藩幼年者向けの教え、什の掟。そこに、嘘言をいう事はなりませぬなどの七つの条文を締めくくる、ならぬことはならぬものですの言葉が思い出されます。これは、会津藩が守る人づくりの原点と伺いました。  

串間市議会 2018-06-11 平成30年第3回定例会(第2号 6月11日)

山形県では37.1%、福島では37.3%で実施されています。県内でも小林、高原など助成が広がっています。第3子からだけでも実施する考えはありませんか、答弁を求めます。  候補者男女同数法が5月1日に成立いたしました。今回の推進法は、政治分野における女性の参画と活躍を推進議員議員立法として提案されました。男女候補者数をできる限り均等にすることを目的とした時限法です。

日南市議会 2018-03-22 平成30年第2回定例会(第7号) 本文 開催日:2018年03月22日

これまで、本市議会においても議員間討議は行ってきておりますが、より活発な議論のあり方や議論された内容を明示化する課題を有しておりましたことから、議会改革では全国トップクラスの実績を挙げておられる福島会津若松市議会へ本年2月に行政視察を行い、先方の議員との意見交換も交えながら、その取組手法について学ばせていただきました。  

西都市議会 2018-03-08 03月08日-02号

先日、NHKテレビを見ていましたら、放射能汚染をされた福島大熊町、そこで平均年齢が65歳のじじい部隊と言われましたか、おじいちゃんたちが5名、町からの委託を受けて見回りをして、荒れた場所、道路清掃活動をされている。その代表の言われた言葉、「若い者に放射能汚染を受けさせたくない、だから俺たちがやるんだという気持ちで取り組んでいます」という言葉を聞きました。とても感動いたしました。 

都城市議会 2017-09-20 平成29年第3回定例会(第5号 9月20日)

○(畑中ゆう子君) 福島内容なのですが、既に、先の六月議会で、九つの市町村が相次いで、二〇一七年度の国保税の引き下げを実現しております。もう既に、都道府県化を前にして、基金積立金などを活用して、高過ぎる国保税の負担を軽減させる動きが広がっております。  都城市の平成二十八年度国民健康保険事業勘定特別会計の決算によりますと、八億六千六百十四万円の黒字となっております。

延岡市議会 2017-08-29 平成29年第13回定例会(第1号 8月29日)

都市間交流につきましては、姉妹都市福井坂井市並びに兄弟都市福島いわき市との間で、それぞれの市で開催される祭りに、お互いの訪問団相互に参加いたしております。  特に、今年度は、いわき市との兄弟都市締結二十周年という節目を迎えましたので、四月の大師祭の際には、いわき市から約五十名の訪問団をお迎えし、パレードへの参加や、両市の市民による交流会を開催いたしました。