293件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

都城市議会 2020-12-16 令和 2年第6回定例会(第7日12月16日)

集団的教育が効果的に行えるかどうか、社会を育む上での問題点がないかどうか等についても十分議論する必要がある。」とあります。そして、小人数学級については、一人一人の児童生徒に向き合う時間を十分確保するとともに、きめ細やかな指導が展開できるよう、三十人学級完全実施をと、教育関係団体の意見がまとめられております。  

日南市議会 2020-12-10 令和2年第7回定例会(第5号) 本文 開催日:2020年12月10日

ぜひとも実学も十分に重視した上で、教育をよりよくするための取組を積極的に進めていただき、子どもの健やかな成長発達社会形成に御尽力いただきたいと思います。  次に、置き勉についての質問です。  9月議会で郡司議員が置き勉について質問され、教育長が、置き勉は許可しており、各学校で柔軟に対応するように伝えてまいりたいとおっしゃっていました。その後、私は現場の先生お話を伺う機会がありました。

都城市議会 2020-12-10 令和 2年第6回定例会(第6日12月10日)

放課後児童クラブ運営指針によれば、子ども遊びの中で様々なことを学習し、遊びを通して運動能力社会、創造性等発達させていくことから、遊び子どもにとって不可欠な活動とされています。体力向上を目指して指導等を行うことは、放課後児童クラブの主たる目的ではございませんが、プール遊びやドッジボール、戸外遊び等遊びを通じて、子ども体力向上に寄与しているものと考えます。

延岡市議会 2020-12-10 令和 2年第10回定例会(第4号12月10日)

ですから、適正ということが、ここで数字ではなく、やはり先生方が、学級人数が少なくなることで、より子供たちに目が行き届きやすくなる、これはいじめとかそういったことの発見にもつながりやすくなるというふうにも理解しておりますので、できるだけ、じゃあ一人がいいのかとなってくると、それはまた極端でありまして、やはり集団社会を培うためには、ある一定数人数も必要だと思います。

延岡市議会 2020-12-08 令和 2年第10回定例会(第2号12月 8日)

一歳六カ月児健診では、歩き出した年齢、歩き方、意味を持つ言葉の有無と数などを、幼児保護者やり取りをしながら、三歳児健診では、名前、年齢が言えるか、同年齢子供との社会、発音や話し方の様子などの確認を行い、発達状況を把握いたしております。幼児とのやり取りや問診の結果、家庭での様子保護者の話などから総合的に判断し、必要と思われた幼児保護者には、個別の発達相談を紹介いたします。  

都城市議会 2020-12-04 令和 2年第6回定例会(第2日12月 4日)

○(小玉忠宏君) ボランティア活動社会を養うという形でも立派なことだと思っております。先進地的取組には、全国から多くの議員研修に訪れます。本市道徳教育が、他の自治体からも注目されるような教育も願っているところでございます。  続きまして、道徳教育スーパーティーチャー制度研修取組についてお尋ねいたします。  先生の一言が児童生徒の心に火をともし、学びや生きる力を生み出す。

串間市議会 2020-12-04 令和 2年第6回定例会(第6号12月 4日)

今後も検証を続けながら本市子供たち人間性社会育成できる学校生活を送れるよう尽力してまいりたいと考えております。  次に、小学校統廃合の議論についてお答えいたします。  市内でも小規模校で在校生が減少傾向にある大平小学校については、8月の市教育委員会定例会において情報共有を図り、今後の児童数の推移について注視していくこととしたところでございます。  

西都市議会 2020-09-16 09月16日-03号

山田分校に入学した場合は、ごく少人数による教育課程を実施することとなり、他学年の児童もいないため、集団で遊んだり学んだりすることにより社会を身につけることが難しくなるなどデメリットが多いと考えております。豊かな学びを保障するためには、本校で、ほかの児童と一緒に学ぶことが児童にとってよいと考えております。

都城市議会 2020-09-14 令和 2年第5回定例会(第5日 9月14日)

地域とのつながりを実感し、社会や心の免疫力を高める、民生委員とのあいさつ運動や読み聞かせ活動等について、教育委員会考え活動再開校長先生の判断をお尋ねいたします。 ○議 長(江内谷満義君) 教育長。 ○教育長児玉晴男君) お答えいたします。  教育委員会といたしましては、地域と連携した学習活動を推進しており、各学校校長も可能な限りこれまでの取組を継続したいという思いがございます。

新富町議会 2020-09-09 09月09日-02号

私の個人的な考えですが、表情を見るということもコミュニケーション手段社会を構築する上でとても大切ではないかと思うのですが、体育授業などはマスクを外してされているとお聞きします。授業によってはフェイスガードを使用して行うなどいろいろ工夫して子どもたちの楽しい学校生活になるようにお願いしたいと思います。 次の質問に移りたいと思います。 

日向市議会 2020-09-09 09月09日-03号

学びの保障とは、コロナ禍による臨時休業により、学校で身につけることができなかった全ての学びを保障するものであり、道徳教科学習はもちろんのこと、学校行事など全ての教育活動の中で、本来子どもたちが身につけるべき内容友達とのコミュニケーション能力社会育成なども含め、全ての資質、能力を保障していくものであると認識しております。 

えびの市議会 2020-03-13 令和 2年 3月定例会(第 4号 3月13日) 一般質問

社会教育課長領家修司君)  放課後子ども教室推進事業につきましては、さまざまな体験、交流活動等に加えまして、家庭経済力等にかかわらず、学ぶ意欲のある子供たち学習機会を提供する取り組みを充実することを目指したものでございまして、子供たちの安全安心な活動拠点居場所を設け、地域の方々の参画を得て、学習活動やスポーツ、文化芸術活動地域住民との交流活動等取り組みを実施することによりまして、子供たち社会

西都市議会 2020-03-09 03月09日-02号

基本方針内容につきましては、中学校小規模化心身共に成長し、社会、協調性を身につけていくべき時期の中学生に与える影響や、教科担任制である中学校において教職員数が少なくなることで生じる教育活動の制限について記載し、小学校は各地域において工夫や努力を行うものとしますが、中学校は、生徒のよりよい教育環境を確保するため一定集団規模を確保し、学校規模適正化を図ることが必要であり、学校再編の必要があるとしております

串間市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第4号 3月 5日)

不登校の要因といいますけれども、要因につきましては、学業、友人関係社会、家庭の問題、病気、心的な面など、複雑な要素が絡み合っている部分が多く、特定ということがなかなか難しいんですけども、そういった要因で、どうしても学校に通えないということが起きている状況でございます。  以上でございます。 ○11番(岩下幸良君)  特定要因があるから学校へ行かんとですよ。

都城市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第3日12月 9日)

演題は「親の死体と生きる若者たち」で、八十代親と五十代の引きこもり、そして、児童生徒若者の引きこもりは社会を失う。社会を失っての親の死体と同居の話はとても衝撃的でした。  それでは、タブレットパソコン教育についてお尋ねいたします。  タブレットやテレビなど平面画面が長時間目に触れると、ブルーライトの光線が脳の障がいや目を失明させる。さらには、成績を下げるスマホ等電子機器類といったお話

西都市議会 2019-09-11 09月11日-04号

子どもが興味を抱いたものをスクラップさせて、それについて互いに話し合うことなどしたら、みずから学ぶ姿勢もできるし、社会も身につくと思います。また、家庭でスクラップを話題にしていけば、家庭教育環境づくりの一助ともなると思うんですけれども、ぜひ学校家庭と取り組んでいただければと思いますが、そのあたりいかがでしょうか。 ◎教育政策課長江川知成君) お答えいたします。