1620件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

えびの市議会 2021-03-15 令和 3年 3月定例会(第 4号 3月15日) 一般質問

○十一番(竹中雪宏君)  では、道の駅の中でお尋ねしてまいりますが、道の駅には多くの生産が日々出荷され、生計を立てておられますが、この方々の補償金はどのように考えておられるものか伺います。 ○市長村岡隆明君)  道の駅につきましては、指定管理者であるJAえびの市との協議、そして庁内協議を重ねてまいりました。

えびの市議会 2021-02-26 令和 3年 3月定例会(第 1号 2月26日) 開会

また、園芸につきましては、ハウス等施設整備による生産基盤の強化に努めるなど、意欲ある生産生産拡大支援し、産地化に向けた取組を進めてまいります。  農地基盤整備につきましては、県営畑かん事業及び県営ほ場整備事業の各実施地区における早期完成と、未実施地区における計画的な採択に向けた推進に努めてまいります。  

えびの市議会 2021-01-20 令和 3年 1月臨時会(第 1号 1月20日)

○十一番(竹中雪宏君)  当然、今、市長のほうから答弁ありましたように、公の公共の施設ですので、えびの市が指導をするのは当然のことと思っておりますが、公の施設でありますから、休業はやむを得ないと理解をいたしますけれども、十四日間の休業となりますと、従業員給料は当然のことでありますが、物産館出荷されている生産がおられるわけでありますけれども、従業員給料並びに出荷者補償金はどのように対応されるものかお

綾町議会 2020-12-16 12月16日-05号

肉用牛総合支援センター及び4施設については、JA綾町生産への指導支援を行なっていることから、一般公募は実施せず、JA綾町対象に募集をした。 2、綾町育苗センターについては、現在は職員1人、パート約8人で運営販売価格の上限を110円から段階的に140円に変更する予定である。 3、指定管理者における負担条件を変更した。

延岡市議会 2020-12-10 令和 2年第10回定例会(第4号12月10日)

その中で、先頃、新型コロナウイルス感染症影響を受けた市内生産所得アップ目的に、農水産物ネット通販販路拡大を目指すとして、ECサイト運営会社を公募しておりました。今後もこのようなインターネットでの消費がますます拡大していくものと思われますので、大変すばらしい取り組みであると思います。  

日向市議会 2020-12-10 12月10日-05号

また、今後、清浄化には、生産、団体取組はもとより、行政の支援も重要であると認識していますが、いかがか伺います。 (5)国営農地開発事業による東郷地区農地が荒廃していますが、この対策についても伺います。 (6)近年の鳥獣被害及び捕獲状況防止柵希望者及びその設置状況並びに野生猿対策や、わな猟講習会の受付を市で随時できないか伺います。 以上、壇上からの質問といたします。

都城市議会 2020-12-09 令和 2年第6回定例会(第5日12月 9日)

今回の高収益作物次期作支援交付金運用見直しは、新型コロナウイルス感染症対策一つであり、高収益作物次期作支援交付金コロナ禍で大きな打撃を受けた農産物に対し、次期作に意欲的に取り組む生産支援し、農業生産の維持を図るもので、減収の補填を目的とした政策ではありません。  対象品目も農林水産省が市場価格を見て指定しており、生産減収の証明は求めてきませんでした。

えびの市議会 2020-12-09 令和 2年12月定例会(第 5号12月 9日) 一般質問

基本的には、過去に行ったような農家支援生産収入確保、そういったことをやっていきたいと思っております。 ○三番(吉留優二君)  是非、農業従事者の今後のことを考えていただき、また、水質監視システム負担農業従事者にないようにお願いいたしまして、次に移ります。  項目三、えびの商工会建設について、(一)えびの商工会建設ということで伺います。  

延岡市議会 2020-12-09 令和 2年第10回定例会(第3号12月 9日)

議員御提案の成分分析につきましては、その含有成分がくまの香酢付加価値を高める可能性がございますので、生産グループの皆さんの意向を踏まえながら、前向きに検討してまいります。  併せまして、果実の皮の加工等活用方法につきましても、専門家の御意見を伺いながら、販売戦略一つとして検討してまいります。  以上でございます。 (降壇) ○議長(松田和己君)  田村吉宏議員の発言を許可いたします。

日南市議会 2020-12-09 令和2年第7回定例会(第4号) 本文 開催日:2020年12月09日

この交付金につきましては、今、議員からありましたように当初、2月から4月に出荷のあった花卉、果樹、野菜、茶の品目について、新型コロナウイルス感染症影響を受けたことから、次期作に前向きに取り組む生産に、次期作の全ての栽培面積に応じて交付金を交付するということにしておりました。

都城市議会 2020-12-08 令和 2年第6回定例会(第4日12月 8日)

一等米と三等米の価格差というのが六百六十円ぐらいで、かなり今大きいだろうと思いますが、米の生産で、俵数をだいぶ出す人たちには大きな影響はあると思っております。  一等米になるような取組ということで次の質問に入りますが、今年度は水稲の倒伏もなく、トビイロウンカの発生もそれほどないように思いましたが、現状についてお聞かせいただきたいと思います。  

延岡市議会 2020-12-08 令和 2年第10回定例会(第2号12月 8日)

また、バスク化構想推進協議会も、食材日本一農園バスツアー、ジビエフェアなど、生産料理人連携による様々な試みにチャレンジしてきました。その結果、飲食店において、延岡産とか、生産の名前を記している誰々さんの作った作物を使っていますといったメニュー書きが増えてきております。  

綾町議会 2020-12-08 12月08日-03号

農畜産物総合価格安定基金につきましては、今年の3月に新制度への移行を決定し、綾町農業経営安定基金を発足して、生産の皆様に新しい基金制度に加入していただいております。 旧総合基金町費基金生産基金のそれぞれの残額につきましては、新制度基金に引き継いでおりまして、引き継ぎ時に生産個人の残高相当分につきまして請求をされたものに関しては返還をしているというところでございます。 

都城市議会 2020-12-07 令和 2年第6回定例会(第3日12月 7日)

次世代農業を担う生産との連携をこれから密に図りながら、細やかで戦略的なスマート農業推進を期待したいと思っております。  また、次世代人材確保につきましては、池田市長の下、国の支援にかからない新規就農者支援をはじめとして、様々な事業を展開してきており、成果が徐々に出てきているところでもございます。

新富町議会 2020-12-07 12月07日-02号

今後も生産加工業者連携をして、新たな付加価値を持った町産品開発に努めてまいりたいと思います。 次に、農業施策について。 高卒・大卒を含む新規就農者支援についてお答えをいたします。 第2期新富町まち・ひと・しごと創生総合戦略において、雇用を創出するという基本目標一つとして、新規就農者及び農業後継者支援を掲げております。