190件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

都城市議会 2020-03-18 令和 2年第2回定例会(第9日 3月18日)

次は、避難者への炊き出し活動支援体制について伺います。 ○議 長(江内谷満義君) 総務部長。 ○総務部長(中山 誠君) お答えいたします。  広域避難者への炊き出しにつきましては、文教対策部学校教育班が必要な食材や調理器具等を把握し、不足するものについては、総務対策部管財調達班へ要請し、対応いたします。  

都城市議会 2020-03-17 令和 2年第2回定例会(第8日 3月17日)

ことしもキャンプや合宿での利用者が数多くあり、今回も炊き出し時に関係者との話の中で、照明の暗さを指摘されています。照明を改修するに向け努力するとのことでありましたが、施設利用者に不便をかけています。改修工事について、なぜなのか、経過説明を伺います。 ○議 長(江内谷満義君) 教育部長。 ○教育部長栗山一孝君) それではお答えいたします。  

えびの市議会 2020-03-16 令和 2年 3月定例会(第 5号 3月16日) 一般質問

上江地区まちづくり協議会で、二月に計画されておりました防災訓練炊き出しの際、調理施設がないため、業者に野菜、肉等を全てカットしていただくという、本来の炊き出し訓練にならない状態での訓練の準備がなされました。地域活動での拠点として、設備が不十分ではないかと考えます。  地域活動拠点でもあります上江地区コミュニティセンター調理施設整備する考えはないか見解を伺います。

串間市議会 2020-03-06 令和 2年第1回定例会(第5号 3月 6日)

その中で、昨年11月に開催しました串間総合防災訓練では、行政機関による住民輸送訓練に加え自衛隊串間建設業協会県レッカー事業協力会宮崎南部支部消防機関による救出連携訓練を行い、これも協定を結んでおります九州電力日南配電事業所西日本電信電話宮崎支店による災害時応援の広報活動も行っていただき、また住民参加炊き出し訓練では、宮崎LPガス協会串間支部支援もいただいたところであります。

小林市議会 2020-02-27 02月27日-02号

鶴水義広総務部長 今の議員の御質問というのは、例えば自衛隊方々とかが、炊き出しじゃないですけれども、そういって来られたときに市で持っている大きな鍋とか、そういった炊き出し用のステーションといいますか、そういったものをお貸しして、それで、いわゆる炊き出し量を増やすとか、そういった御提案かと思うんですが、これにつきましては、いわゆる自衛隊等も含めてでございますが、関係機関等とも協議しながら、必要性があるのか

日向市議会 2020-02-17 02月17日-05号

常食のほかに備蓄しているものとしましては、毛布女性用品、トイレットペーパーなどの生活必需品をはじめ、避難所用資機材としまして、炊き出し用釜簡易トイレ簡易間仕切りセットなどを保有しているところであります。 次に、総合体育館整備事業についてであります。 市民サービス向上コスト縮減を図るため、総合体育館整備手法の一つとして、PPP/PFIの導入を検討しております。 

日向市議会 2020-02-10 02月10日-02号

昨日、私の松原区のほうで防災訓練がありまして、そこで炊き出し訓練と、それから防災推進課の職員さんに来ていただいて、講話をしていただきました。やはりあそこで顔の見えるつながりをつくることというのが、自助と共助の部分の強化になるというふうに思っています。 ただ、やっぱり同じ顔を見るということがあるのが正直なところです。

日向市議会 2019-12-11 12月11日-04号

総務部長田中藤男) 今回の総合防災訓練におきましては、関係機関等情報連絡とか災害対策本部運営訓練を主にしていたところですが、今後におきましては、消防救急フェアの中で、例えば体験型、ロープ結びとか炊き出し、担架架設訓練とか、そのような体験型とパネル展示等を組み合わせられるような形で充実を図ってまいりたいと考えております。

小林市議会 2019-12-03 12月03日-03号

整備の内容は、発電機救助資機材炊き出しに係る資機材などでございます。 次に、個人情報保護というところでの自衛隊への名簿提供について、個人情報保護の観点でどうなのかということについて、答弁させていただきます。 名簿提供につきましては、小林個人情報保護条例第8条に、利用及び提供の制限におきまして、「当該実施機関以外のものに提供してはならない。

串間市議会 2019-11-29 令和元年第5回定例会(第2号11月29日)

また、都井地区自治会住民参加により、炊き出し訓練も実施し、地元住民災害に対する意識向上にもつながったと認識したところであります。  今後も関係機関連携を図りながら、減災対策に取り組むとともに、住民には災害に対する意識向上に努めてまいりたいと考えております。  以上であります。 ○1番(堀 透君)  ありがとうございます。  

小林市議会 2019-09-09 09月09日-04号

中屋敷史生教育委員会教育長 専門的な指導ができる方、いろいろいらっしゃると思いますが、小林市内では、火災を想定した訓練については消防士方々、それから、地震を想定した訓練では日本赤十字社の方々、それから、防災全般を学習する場合には防災士方々講話とか危険場所の確認とか、炊き出しとか、段ボールの部屋づくりとかをしております。また、避難訓練地域の方がかかわっているという学校もあります。 

小林市議会 2019-09-06 09月06日-03号

山下康代教育委員会教育部長 今、言いました8校のうち、もしそういう可能性があるところは空き状態のままの1校になるんですけれども、そこには以前の給食調理器具がそのまま置いてある状況なんですけれども、活用としても防災とか炊き出し用でありますとかというふうな利用をするとなると、そのままの状態ですので日ごろからのメンテナンスとか衛生の管理の問題ですとかというのがありますので、そちらでは少し難しいかなと思います

日南市議会 2019-06-25 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年06月25日

本市の場合は、賞味期限が近い備蓄品につきましては、避難訓練時などに、具体的な調理方法を学んでいただくという意味合いで、炊き出し訓練での提供をまず行っております。  そのほかにも、防災イベントの開催時に、参加者に対し、防災メール登録推進のチラシ、これらを同時に配布する形で、可能な限り有効活用をしているところでございます。  

西都市議会 2019-06-21 06月21日-02号

◆6番(曽我部貴博君) 俗に言う、被災をされたときに炊き出し等もあるんですけれども、よくカップラーメンだとか、あとおむすびだとか、本当に炭水化物とか、そういうものがほぼほぼよく取り上げられて、また栄養の偏りもあるんですけれども、本当に学校調理室にあるもので、そういう方たちへの栄養のバランスをやっぱり考えたときに、そういうのをしっかりと有効活用できるんではないかと。 

日向市議会 2019-06-18 06月18日-03号

本市では、賞味期限が1年を切った備蓄品食料については、地域事業所などが実施する防災訓練において炊き出し訓練の材料に使用するほか、非常食備蓄啓発を兼ねて参加者へ配布しているところであります。また、配布の際には、各家庭でも3日程度の非常食を備蓄していただくようお願いしております。 ○議長(黒木高広) 次に、市民環境部長。 ◎市民環境部長甲斐伸次郎) 次に、啓発についてであります。