373件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小林市議会 2020-06-25 06月25日-04号

また、小林市のハローワーク管内における有効求人倍率は4月の時点で1.16で、前年同月の1.51と比較いたしますと0.35ポイント低くなっており、求人数が減少しており、雇用の場が少なくなっているということがうかがえると思います。 続きまして、地域経済対策の中で、5月1日の臨時議会でお認めいただきました事業持続化緊急給付金現状でございますが、5月2日から6月22日の受付時点で179件でございます。

門川町議会 2020-02-04 03月03日-01号

そのような中、昨今の雇用情勢については、本県の有効求人倍率も1.3倍を超えるなど、新たな雇用確保が困難な状況にあります。こういった雇用情勢改善に向けた企業への支援を強化するため、新規雇用者の定義及び門川町企業立地促進審議会の委員数等について改正を行い、さらなる企業への支援体制の拡充を行うものであります。 

都城市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第2日12月 6日)

ちなみに、都城管内高校新卒求人数は一千九十四件にも上り、求人倍率は二・二一倍と高水準になっております。これらのデータを見ますと、大学や高校生新卒生徒の獲得についての施策は、まだまだ改善の余地が多いと感じております。  令和元年度十一月末の宮崎労働局プレスリリースでの就職内定率を見ましても、ほぼ例年どおり傾向にあり、高校生新卒者の四三%は県外での内定となっております。

串間市議会 2019-12-04 令和元年第5回定例会(第5号12月 4日)

商工業部門における雇用状況につきましては、県南地域を管下としております日南ハローワークによりますと、直近10月の有効求人倍率が1.11でございますが、職業別で見た場合に、事務職倍率が0.33、そして求職者数求人数に対して多いと。サービス業倍率が2.02で、求職者数求人数に対して少ないなど、人材を求める企業仕事を求める求職者数バランスが悪い現状があるというふうに認識しております。  

都城市議会 2019-10-02 令和元年第3回定例会(第8日10月 2日)

ハローワーク都城の有効求人倍率は一・七倍、昨年十一月の二・〇六倍を最高に、減少傾向にあります。都城インター工業団地整備計画は、都城サブシティ構想に基づく雇用創出ゾーンを整備するため、平成二十一年四月に策定されました。五年間の整備計画でおおむね平成二十六年度までに大井手地区で三百人、穂満坊地区で七百人の雇用創出を目標としておりました。

串間市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第2号 9月 9日)

日南公共職業安定所が管轄しております県南地域での有効求人倍率は、直近の7月の数値では1.03となっているところでございますが、職業別で見た場合に、事務職倍率は0.29で、求人に対して求職者数が非常に多く、専門技術職倍率は2.03と逆に求人数に対して求職者数が非常に少ないなど、人材を求める企業側仕事を求める求職者バランスが悪い状況が続いております。  

延岡市議会 2019-06-27 令和元年第 2回定例会(第4号 6月27日)

本市の場合、事務系の有効求人倍率はまだまだ低い、つまり事務系で働きたいのに事務系職場が足りない、これが現状かと思われます。  そこで、公共性の高い四つの中から最も入居可能性の高い施設、ずばりIT企業及び情報関連企業に融資を絞り込んではと思っておるんです。きっと周辺商店会、市民も大歓迎ではないでしょうか。  

串間市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第5号 6月13日)

現在雇用状況につきましては、日南ハローワーク管内における有効求人倍率平成29年度平成30年度ともに年度平均1.11倍と雇用情勢は好調である一方、また人手不足状況も見られるところでございます。  また、求職者が目当てとする職種求人とにミスマッチがありますことから、多様なニーズに対応できる業種の誘致や創業支援等対策が必要ではないかと考えております。  

都城市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第9号 3月19日)

議案第三八号「都城企業立地促進条例の一部を改正する条例の制定について」は、有効求人倍率の低い状況が続く事務系職種における雇用機会拡大を図ることを目的として、情報サービス施設のさらなる立地を促進するため、奨励措置適用要件を緩和するべく、所要の改正を行うものであると、執行部より説明がありました。  

小林市議会 2019-03-07 03月07日-04号

まず、内容ということでありますけれども、今、本市の背景といたしまして、平成31年1月現在の有効求人倍率が1.55倍と依然として高い状況にございます。また、職種別バランスシート、これを見ますと、介護や医療、建設、製造といった専門及び技術職求人が高い売り手市場、一方、事務職については買い手市場であるということがわかっております。 

新富町議会 2019-03-06 03月06日-03号

この間、宮崎県の有効求人倍率が1.44倍ということで、これはずっと続くでしょうから、やはり求人数のほうが多いと。働き手が少ないっていう状況は続いていくことでしょうから、しっかり検討をしてまいりたいというふうに考えております。外国人の方が来られて、まず住む場所がないとかいうことなので、これは公営住宅でどうかとか、いろんな検討をしていかなきゃいけないと思いますね。

小林市議会 2019-02-28 02月28日-02号

景気指数でよく使われております有効求人倍率などについては、高い水準で推移しているところでありますが、よい傾向であるとは思っております。ただ、安易に景気回復しているとは言いがたいのではないかと私自身は考えております。 次に、日欧EPATPP11、日米FTAの農業への影響というものについてであります。 TPP11が昨年12月30日に、日欧EPAが本年2月1日に発効しました。

日南市議会 2018-12-07 平成30年第6回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年12月07日

まず、前提として、市内の有効求人倍率は1.0をずっと超えておりまして、市内企業に伺いますと、日南市内でも採用したくても人がとれない状況となっています。  このアンケートは、働く意向や希望する就業条件、過去の経歴など企業とのマッチングに必要な内容で、計398名の方から回答をいただきました。

延岡市議会 2018-12-05 平成30年第20回定例会(第3号12月 5日)

商工観光部長甲斐俊二君)  御案内のように、本市の有効求人倍率は年々上昇している状況ではございますが、昨年度宮崎県が実施しましたアンケート、これは人材確保に向けた取り組みに関するアンケート、これを実施しておりますが、その中で回答があった六百四十社のうち、約七割の会社が、企業人材不足を感じているという結果も出ているようでございます。  

延岡市議会 2018-12-04 平成30年第20回定例会(第2号12月 4日)

先ほどの質問でも触れましたけども、延岡で高い有効求人倍率が続けば、就職戦線が過熱するばかりにとどまらず、より高待遇職場への転職などを誘発されて、深刻な人手不足による悪循環につながることを危惧いたしております。  そうなったときに、外国人労働者受け入れ拡大は、切っても切り離すことはできない案件になってまいります。

日南市議会 2018-09-18 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年09月18日

どういうことかというと、有効求人倍率市内で1.0を優に超えている。ということは、市内にある既存の企業が、採用したくても採用できない、人が集まらないということに悩んでいらっしゃるという現状も受けとめないといけないと思っております。  ただ、市内企業は、結構業績好調のところが多くて、企業拡大したいとか。