155件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新富町議会 2024-12-09 12月09日-04号

鎮火後にある消防団の部長が、夜ですからね、管轄外はなかなか消火栓がわかりづらいんですよという話を受けて、ちょっと調べてみまして、栃木にありました壬生町というところがございますが、うちよりかちょっと大きな町であります。ここは、消火栓防火水槽でありますが、標識が1,000カ所、ここにLEDです、赤色点滅等を設置したということで、4年間で実施したようであります。

新富町議会 2020-09-09 09月09日-04号

また、栃木大田原市では2017年度から、市内中学生対象英検3級の検定料助成を開始しており、その結果、3級以上の取得率が2016年比12.3%増の30.3%になり、国の平均22%を大きく上回っております。取得率が58%に飛躍した学校もあり、検定料助成の効果がはっきり表れていると強調されております。 宮崎県内にも中学生英検検定料助成している市があります。えびの市と串間市の2市です。

串間市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第4号 3月 5日)

岩手県久慈市、茨城県土浦市、東海村、栃木大田原市などなど、多くの自治体が取り組んでいらっしゃいます。やはり障害者手帳5,000円、6,000円といいますと本当に高いですよね。半額でもいいから助成をできないものか、どうでしょうか。 ○福祉事務所長野辺幸治君)  お答えします。  先ほども答弁しましたように、ニーズを含め調査研究をしていきたいと考えているところでございます。  以上でございます。

日南市議会 2019-12-05 令和元年第5回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年12月05日

また、栃木小山市では、本年10月から2022年3月までの約3年間、麻しん風しん混合ワクチン定期接種を受けられなかった子ども対象にして、接種費用を全額助成する取組が始まりました。  風疹は、本人が重症化することがあるだけでなく、妊娠初期の女性が風疹にかかると胎児にウイルスが感染し、出産後に目や耳、心臓などに障がいを生じる先天性風疹症候群を発症するおそれがあります。  

西都市議会 2019-09-10 09月10日-03号

栃木那須町の取り組みであります。 栃木那須教育委員会は、学習指導要領にない防災教育授業の教科に2019年、今年度から町独自に導入する新教科の一部として、防災教育プログラムを町内の全小・中学校8校で実施を開始しました。さまざまな自然災害を想定し、9年間の体系的な学習知識や体験を積み重ねるものであります。 

延岡市議会 2019-06-25 令和元年第 2回定例会(第2号 6月25日)

その大きなまち子育て世代が住みたい田舎子育て世代が住みたい田舎部門で、栃木栃木市、鳥取鳥取市に次いで、第三位がこの宮崎県延岡市となっています。栃木市や鳥取市は、その他の部門でも上位に入っており、総合部門では鳥取市が全国一位、栃木市が二位となっております。これは、本年四月から中学三年生までに拡充された歯科検診助成乳幼児医療費助成制度の充実等々の要因があると思います。  

都城市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第5日 6月19日)

栃木茂木町では、地産木材活用に昨年から取り組んでいるそうです。町立茂木小学校ブロック塀を撤去し、町有林のヒノキの間伐材を使って木塀を設置されたようです。また、東京都国分寺市高木町では、自治会が「安全で美しい塀づくり」をまちづくりの中心に据え、三十年以上にわたり、危険性の高いブロック塀を生け垣につくりかえる取り組みを続けているそうです。

串間市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第6号 3月 8日)

私も行ってきましたが、栃木大田原社会福祉協議会では、墓地に足を運ぶことが難しい高齢者や遠方に移住した人にかわって清掃や墓参りを行うサービス事業に取り組んでおられ、市はふるさと納税返礼品としてサービスを選べるようにする方針を明らかにしています。  多様化するふるさと納税の本市の取り組みについてお尋ねをいたします。  次に、農林水産業費についてお聞きします。  

日向市議会 2018-12-11 12月11日-03号

栃木宇都宮市では、小・中・高校生の世代対象青少年居場所づくり事業や、幼児を対象とした宇都宮ゆうあいひろばを設置して、子育て支援青少年健全育成に努めている。日向市では、若者居場所サロン総合福祉センター内に設置されている。これからの日向市を担う若者居場所づくりの現状をどのように分析、評価しているのか、また、目指していく方向性等について市長、教育長の見解を問う。 

串間市議会 2018-09-13 平成30年第4回定例会(第5号 9月13日)

栃木大田原市では、中学校3年生を対象に、英検3級以上を取得している生徒の割合が前年度よりも12%増加しているということがわかりました。市では、昨年度から市内中学校対象に、英検3級の検定料助成を開始しております。1回に限って3,400円という検定料ですが、これに対して学習意欲の向上が保たれているというふうにお聞きしております。  串間市の検定料補助についてはどうなっておりますか。

都城市議会 2018-03-09 平成30年第2回定例会(第5号 3月 9日)

さらに、栃木大田原市が、平成二十二年度に一部補助実施する際に、当時の文部科学省学校健康教育課健康教育企画室学校給食係に問い合わせた結果、学校給食法では、学校給食費とされるのは、食材材料費及び光熱水費となり、原則として、保護者負担となる。しかしこれは、経費の負担関係を明らかにしたものであり、法律の趣旨は設置者の判断で、保護者負担を軽減、負担なしも含め、することは可能とされている。

都城市議会 2017-12-20 平成29年第4回定例会(第7号12月20日)

次に、「官民共同による下水道処理施設でのバイオマス発電事業」について、栃木鹿沼市では、下水汚泥食事残渣等から発生するガスを利用した固定価格買取制度による発電事業を行っており、民間業者設備投資事業運営を行い、同市が敷地及びガスを無償提供するかわりに、売電収入の一部を受け取る民設民営方式を採用し、下水道事業財源確保に生かされておりました。  

えびの市議会 2017-12-12 平成29年12月定例会(第 5号12月12日) 一般質問

二〇〇四年に栃木小山市で二人の幼い兄弟が虐待の末に亡くなるという痛ましい事件を受け、市民団体などが虐待防止の啓発のために、二〇〇五年から開始されたオレンジリボン運動も年を増すごとに全国に拡大しています。  全国児童相談所が昨年度対応した虐待の件数は十二万件を超え、過去最多を更新し続けています。

日南市議会 2017-09-25 平成29年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2017年09月25日

栃木大田原市は、2012年から給食費無償化を始め、今年度の予算では29校分2億6,900万円を計上して全額補助実施子どもが3人いるから助かる、子どもが安心して食べられると、保護者からも歓迎されている。昨年度に、給食費無償化する自治体は61市町村に達した。教育基本法の施行などで食育取組全国でも着実に定着し、学校給食の役割が幅広く認識されている。

都城市議会 2017-09-20 平成29年第3回定例会(第5号 9月20日)

新聞によりますと、栃木小山市では、小学四年生から六年生を対象に、救命知識や技能を修得するジュニア救命士養成講座市内全域九会場で、九日間に分けて開催しました。期間中、計百十五人の児童が参加し、小山市消防署の隊員の実施指導を通して、救命技術を学びました。  また、茨城県水戸市では、県内で初めてジュニア救命士制度を導入したそうです。

都城市議会 2017-03-13 平成29年第1回定例会(第6号 3月13日)

栃木大田原市約七万二千人、群馬県のみどり市は新規に始まったようですけれども、五万千人の人口、そして、滋賀県の長浜市が人口が十二万人、ここがちょっと大きい市です。市はそれだけです。宮崎県は諸塚村だけが全額無償にしているということでございます。先だっても同僚議員が言いましたが、小林市は半額助成をしているということですけれども、全額無償化しているところが諸塚村だけです。