995件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

綾町議会 2024-09-27 09月27日-04号

5、東日本大震災のときに、自治体からの派遣要請に応じ、公務として3カ月から6カ月の期間、3人を派遣したことがあるということでした。 主な意見としましては、1、意欲がある職員から申請があった場合に、可能な限り機会が得られるよう、互いにフォローし合う職場の体制及び雰囲気づくりに取り組んでほしい。また、派遣された職員は、その成果を今後の業務に生かしてほしい。 

新富町議会 2021-12-05 12月05日-02号

平成の30年は、阪神淡路大震災東日本大震災を含めて、顕著な災害は30件発生しました。被災内容も変化をしており、犠牲者は圧倒的に高齢者中心とした社会的弱者に集中をしております。昨年の西日本豪雨や、ことしの台風19号災害では、高齢者の避難おくれや、中でも避難行動支援者犠牲者の多さが際立っています。今後、ますます高齢社会が進むことを考えると、この問題は大変深刻であると思います。 

新富町議会 2020-09-09 09月09日-04号

復興庁東日本大震災震災関連死の原因について、2012年3月までに死亡した1,263人を調査した結果、避難所などにおける生活の肉体、精神的疲労が約3割に上ったとありました。このことを受けて、避難所環境改善が最も重要であると思います。 トイレ、キッチン、ベッド、この3つが充実してこそ、被災者が安心できる避難所になると思いますが、町長はどう思われますか。 ○議長(永友繁喜君) 小嶋町長

新富町議会 2020-09-05 09月05日-02号

平成23年3月11日に起きた未曾有の災害東日本大震災時に、東北地方消防団員殉職者が出たことは、皆さん、御承知のとおりです。このときの被害の多くは、津波対策のため、防波堤などに設置されている水門を閉じるための活動中、または避難住民誘導のため状況確認に行ったときに災害被害に遭った方などだと聞いております。 

都城市議会 2020-03-13 令和 2年第2回定例会(第6日 3月13日)

議案第四三号「都城市営住宅条例の一部を改正する条例の制定について」は、民法等改正に伴い、主に債権関係規定等を整備するもので、具体的には、入居者資格として、東日本大震災復興特別区域法被災者並び福島復興再生特別措置法規定する特定帰還者及び居住制限者資格に関する規定を追加し、連帯保証人についても、居住地条件緩和債務負担極度額を設定するほか、敷金を未履行の債務の弁済に充てることができる旨

えびの市議会 2020-03-13 令和 2年 3月定例会(第 4号 3月13日) 一般質問

そのような中で、大規模災害が発生した場合に、燃料等の迅速な供給が必要であると考えますが、国土交通省では、東日本大震災熊本地震などを踏まえまして、災害時に被災地への迅速なエネルギー輸送を確保するため、石油などを輸送するタンクローリーの前後に誘導車を配置するなど、通行の安全が確保される場合には、災害時に限定して五〇〇〇メートル以上のトンネルなどの通行を可能とする措置がとられることになっておりますので、

都城市議会 2020-03-11 令和 2年第2回定例会(第5日 3月11日)

本日、二〇二〇年三月十一日で、東日本大震災から九年が経過いたします。ここで、都城市議会として、犠牲者に弔意を表すため、黙祷を捧げます。  全員起立をお願いいたします。 〔全員起立〕 ○議 長(江内谷満義君) 黙祷。 〔黙祷〕 ○議 長(江内谷満義君) 黙祷を終わります。  御着席ください。

都城市議会 2020-03-06 令和 2年第2回定例会(第4日 3月 6日)

東日本大震災熊本地震の後、被災者相談相手になり、健康状態を把握している地区担当制保健師重要性が再認識されるようになりました。現在の発達障がいの相談、診断、療育は業務担当制です。その部分の処理には精通するのですが、その前後がどうなっているのかはよく見えなくなっているのではないかと思います。

都城市議会 2020-03-05 令和 2年第2回定例会(第3日 3月 5日)

この東日本大震災を機に、改めて自然災害の脅威を感じるとともに、さらなる防災減災の意識を高めなければならないと思ったところであります。  さて、東日本大震災において、実は、消防団人的被害が大きかったということは、一般的にはあまり知られていないように思えます。岩手県、宮城県、福島県の被災三県で、二百五十四名の消防団員がお亡くなりになり、二人が行方不明となっております。

都城市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第5日12月11日)

このような巨大地震津波は、本県はもちろんのこと、西日本中心東日本大震災を超える甚大な人的・物的被害が発生し、我が国全体の国民生活経済活動に極めて深刻な影響を生じる、まさに国難とも言える大規模災害になるものと想定されます。」とあります。また、市町村別最大地震一覧宮崎最大値の欄には、最大宮崎市など一市七町で震度七、都城市など三市三町一村はそれに次ぐ震度六強になっています。  

都城市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第4日12月10日)

過去の大地震を見ますと、一九九五年阪神淡路大震災、二〇一一年東日本大震災二〇一六年熊本地震、二〇一八年北海道胆振東部地震など、甚大な被害が出ています。今後予想されている南海トラフ地震を考えるとき、本市公共施設耐震化はどこまで進んでいるのでしょうか。  それでは、まず、木造戸建て住宅耐震化の現状と耐震化の目標についてお尋ねします。  壇上からの質問は終わり、後は自席にて行います。

日向市議会 2019-12-10 12月10日-03号

続きまして、非常時の電源質問をしていきたいと思いますが、こういう資料がある中で、避難所はこれだけあるんだなということを確認して数を申し上げたんですが、再質問させていただく前に、東日本大震災被害を受けた岩手県の大槌町が、行政として大震災の検証及び報告書をつくっております。その中に電源のことがうたってあります。

西都市議会 2019-12-10 12月10日-03号

東日本大震災は確かに津波被害でした。阪神淡路大震災火災建物倒壊災害でした。まちなかに込み入ったところに災害拠点病院をつくってしまうと、地震による建物倒壊液状化による道路の陥没、電信柱等倒壊、そして火災などで被災者を運ぶこともできず、せっかくの災害拠点病院なのに孤立してしまいます。力を発揮できないと考えますがどうお考えでしょうか。

日向市議会 2019-12-09 12月09日-02号

これは東日本大震災より下落幅が大きいというふうなことも出ておりますので、非常に私ども首長にとりましても、以前からもお話ししていますように、実感として、緩やかな景気回復をしていたとは言われながらなかなか厳しい状況があったと。そしてまたさらにこういう状況になりましたので、非常に危惧をいたしているところでございます。