70件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新富町議会 2017-06-08 06月08日-03号

ただし、そのときは平成16年度ぐらいです、日本道路公団ということで大変ハードルが高かった記憶があります。なかなかできるような状態ではなかったということでありますが、平成18年になって、NEXCO西日本ということ、スマートインターという試験導入を経ていろいろ出ておりましたけど、制度改正本格導入となったわけであります。 しかし、今日に至っては地方創生です。

延岡市議会 2016-12-07 平成28年第 9回定例会(第3号12月 7日)

延岡南道路は、国道一〇号のバイパスとして、当時の日本道路公団が、一般有料道路として事業の許可を受け、平成二年に供用を開始しております。  延岡南道路料金設定につきましては、一般有料道路として整備されたことから、高速自動車国道のような対距離制による料金体系とは異なり、個別採算制による料金設定がなされたものと伺っております。  

延岡市議会 2015-12-03 平成27年第 4回定例会(第4号12月 3日)

延岡南道路につきましては、平成二年に、償還期限三十年の独立採算制一般有料道路として開通しましたが、平成十七年の日本道路公団民営化の際、高い通行料金はそのままで、料金プール制高速自動車道路に編入されました。  当初、延岡南道路は、あと五年後の平成三十二年に無料化を予定していましたが、現在では償還期限平成七十七年に延長されています。

延岡市議会 2015-06-25 平成27年第 2回定例会(第4号 6月25日)

日本道路公団そして県や本市の行政の皆様に感謝を申し上げます。  さて、東九州自動車道整備が進み、宮崎県と大分県がつながりましたが、先輩議員の皆さんが御指摘のとおり、延岡南道路は一キロメートル当たりの料金が七十円と、距離の短い割に通行料が高く感じます。  そこで、この延岡南道路通行料金について御質問いたします。  

えびの市議会 2011-03-09 平成23年 3月定例会(第 2号 3月 9日) 質疑

企画課長野間教昭君)  先ほど支弁金でございますけれども、予算説明資料の六十二ページ、中ほどに、西諸広域行政事務組合救急業務負担金一千二百六万一千円、日本道路公団から交付されたものをそのまま西諸広域行政事務組合に納付するものでございます。 ○議長溝辺一男君)  その前に、財政課長発言訂正があります。

えびの市議会 2010-03-08 平成22年 3月定例会(第 2号 3月 8日) 質疑

先ほど国の方からの交付金と申し上げましたが、日本道路公団からの支弁金でございます。  それから管轄区域でございますが、えびのから人吉までの間、それから先ほどは横川と申しましたが、えびのから栗野の間、それとえびのから高原の間、この区間を管轄をいたしております。訂正をお願いいたします。 ○財政課長上加世田章人君)  先ほど交付税充当率に関係いたしまして、若干追加をさせていただきたいと思います。  

日向市議会 2006-09-11 09月11日-02号

権現原工区における瀬の口農道につきましては、平成13年12月3日に宮崎高速道対策局長及び日向市議会議長の立ち会いのもと、現在の西日本高速道路株式会社の前身であります日本道路公団宮崎工事事務所長日向市長並びに地元代表の4区長により、設計協議確認書盛り土工法により東西に側道を2カ所設置することで調印をされております。

日向市議会 2005-09-01 09月09日-01号

次に、八月二日から四日までの間、九州横断自動車道延岡線建設促進沿線議会協議会で、延岡市の国土交通省延岡河川国道事務所、福岡市の国土交通省九州地方整備局日本道路公団九州支社及び西日本会社移行本部東京国土交通省財務省総務省地元選出国会議員に対して九州横断自動車道延岡線早期整備についての要望活動を実施しました。宮崎、熊本の両県から沿線議会議長が参加しました。 

延岡市議会 2005-06-14 平成17年第15回定例会(第2号 6月14日)

現在、日本道路公団では、ETCを使った時間帯割引を行っているようであります。しかし、悲しいかな、我が延岡南道路はその対象外となっております。損して得とれという言葉がありますが、値段を安くして台数をふやすのも一つの手段だと思います。ここは、市長道路公団に対し、通勤時間帯の時間帯割引を強く求めていただきたいと考えます。  

日南市議会 2005-03-25 平成17年第1回定例会(第8号) 本文 開催日:2005年03月25日

そこで、八月三十一日から九月一日の二日間で、国土交通省九州地方整備局日本道路公団九州支社国土交通省財務省及び日本道路公団並びに地元選出国会議員要望活動を行いました。  要望事項は、一、東九州自動車道早期整備について、二、道路整備促進のための財源確保、三、国道二百二十号の直轄管理の継続並びに同国道青島日南間改良整備促進についてであります。  

延岡市議会 2005-03-09 平成17年第13回定例会(第3号 3月 9日)

二点目、ことしの秋に日本道路公団が三つの新会社に分割、民営されることが決まりましたが、西日本地域高速道路建設管理料金徴収を行う会社は、大阪市に本社を置く西日本高速道路株式会社と伺っております。  そこで、新会社がスタートした場合、これまで以上の提言活動が必要になってくると思うわけでございますが、市長の決意のほどをお伺いいたしたいと思います。  

延岡市議会 2004-11-30 平成16年第11回定例会(第1号11月30日)

あなたは、日本道路公団を経て、昭和五十三年に延岡市長に初当選以来、連続四期十五年三カ月の長きにわたり市長の要職を務められました。その間、高速交通網整備促進に心血を注ぎ、私たち議員と議場において活発な議論を戦わせながら、東九州自動車道九州横断自動車道延岡線早期完成に力強い運動を展開されたことは御承知のとおりでございます。