48件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

都城市議会 2007-12-01 平成19年第5回定例会質問通告一覧(12月)

  2.補助金申請等に関する提出書類の簡略化について   3.今後の取り組み、育成について   4.消防行政における消防団の位置づけについて 11日 (火) 11 山 田 裕 一  (世紀クラブ) 平成18年度の都城市決算を審査して、見えてくる問題点について   1.決算審査を受けて、来年度の予算編成にどう生かすのか

都城市議会 2007-09-19 平成19年第4回定例会(第6号 9月19日)

世紀クラブの山田裕一でございます。  それでは、通告に従いまして、順次質問をさせていただきます。  今回、私は、大きく二つの質問項目を用意しております。一問目が、現在の市政におけるさまざまな問題点について。そして、二問目が、市民会館の今後と、市が発信する情報の偏在性とその問題点についてであります。  

都城市議会 2007-06-21 平成19年第3回定例会(第2号 6月21日)

世紀クラブの山田裕一です。クラブと言いましても、現在、たった一人ですので、できるだけ多くの皆様の御参加、お誘いを心よりお待ち申し上げております。髪を切りましたら、ある人に、池田副市長に似ているというふうに言っていただきました。大変光栄であります。頑張ります。  それでは、通告に従いまして、順次質問をしてまいります。  

都城市議会 2005-12-01 平成17年第7回定例会質問通告一覧(12月)

平成17年第7回定例会質問通告一覧(12月)  平成17年第7回定例会(12月) 質問通告書 日時 質問質問の要旨 7日 (水) 1 山田 裕一 (世紀クラブ) 選挙について   1.予定される時期と投票時間   2.広報誌の活用の可能性と新たな提案について 新都城市に向けての総合的なまちづくりとマニフェストについて

延岡市議会 2005-06-06 平成17年第15回定例会(第1号 6月 6日)

顧みますと、私ども十名が市民の皆様より議員の負託を受けました平成六、七年は、世紀を目前にし、戦後システムの抜本的な転換が声高になっていたときでございました。本市におきましては、さきの議長の言葉の中にございました県北地方拠点都市の基底を初め、東九州高速道の一部となる延岡道路の事業着手などございました。とりわけ、平成八年二月の九州保健福祉大学との基本協定の調印は、印象に深いものがございます。  

串間市議会 2003-06-17 平成15年第3回定例会(第3号 6月17日)

また、国の振興策もアーツプラン(芸術創造推進事業)に変え、世紀アーツプランに着手しました。その一環として今年度は「日本文化の魅力発見・発信プラン」と銘打ち、伝統文化など地域文化活動の推進にも力が入られるということであります。現在、同事業の実施を希望する自治体の応募作業が都道府県で進められているということでございますが、当市のこれに対しての参画はどうなっているのか、お伺いしたい。

延岡市議会 2003-06-17 平成15年第 2回定例会(第3号 6月17日)

世紀の初頭の今日、まさに激動の渦中にあり、政治行政経済財政教育社会保障など戦後システムの抜本的な転換が求められていることは周知のとおりであります。行政改革としての地方分権への挑戦のときであることは言うまでもありません。このような中にあって、あの道路関係四公団民営化推進委員会地方を無視した採算性のみでの、高速道路建設廃止論は許せるものではありません。

延岡市議会 2002-12-10 平成14年第25回定例会(第2号12月10日)

シンボルマークに「カタツムリ」を掲げ、まずスローフード運動から世紀を生きていこうというもので、ふるさとを生かし、今日的テーマ「地産地消」の効果も含まれています。確かにインターネット時代となり、朝から晩までコンピューター相手の時間が長くなりましたので、新しい変化を食文化からとらえていくスローフードのスタンスも大変意義深いと考えます。今後の活用方向についてお示しください。  

都城市議会 2002-09-12 平成14年第4回定例会(第5号 9月12日)

そろわなければならない。 定時定量、 安定的に生産体制ができなければならない。 このことが非常に大きな課題になってくるかなと思っておりますけれども。  実はその中で食農教育食育ということを今、 今度の食と農との再生プランの中にも大きく課題としてテーマとして決めてありますけれども、 実はこの問題にも入っていきたいと思うんですけれども、 実は私たちも二回ほど給食センターに足を運ぶことがありました。 我々、 世紀

延岡市議会 2002-03-14 平成14年第21回定例会(第4号 3月14日)

世紀教育元年と言われる今回の新学習指導要領については学校関係者や地域の方々、子供たち、そして保護者がしっかりと情報共有化しなくてはならないと思います。御所見をお伺いいたします。  以上で関連質問を終わります。 ○市長(櫻井哲雄君)  お答えいたします。  まず、私の政治信条についてのお尋ねでございます。

日南市議会 2002-03-13 平成14年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2002年03月13日

世紀には、長引く景気の回復をだれしもが期待しておりましたが、しかし、国内外的にも諸問題が山積し、ますます景気の悪化は続いております。最近では、毎日のように報道されておりますが、政・官・業の癒着による一連の疑惑の問題、国会は揺れに揺れ動いているが、一刻も早い解決をし、景気の回復に努力し期待したいものだと思うわけであります。

日南市議会 2002-03-12 平成14年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2002年03月12日

中でも、公明党政策提言を受けて創設される世紀アーツプランには、二〇〇二年度予算案に約百九十三億円が盛り込まれ、文化芸術大国への多彩な具体策がスタートします。  同プランは、文化を愛し、文化の薫りに満ちた世紀日本建設をテーマとし、一つ、トップレベルの芸術活動への重点支援、二つ、世界に羽ばたく新進芸術家の養成、三つ、子供文化芸術体験活動の推進を柱としています。