100件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

都城市議会 2020-09-10 令和 2年第5回定例会(第3日 9月10日)

○(岩元弘樹君) 県内では、宮崎市・西都市・えびの市の三つの自治体で、教育旅行に関する補助制度があります。学校補助があるところを探しているようでありますし、本市にも平和学習歴史学習を学べる場はあります。また、本市には教育旅行受入れ先ホテル、旅館も十一施設ありますので、教育旅行に関する補助制度教育旅行誘致に向けて、関係機関と連携し、本市をPRし、経済活性化に努めていただきたいと思います。  

西都市議会 2020-06-18 06月18日-04号

これに併せまして、西都観光協会におきましても、県内の各教育委員会に対し、教育旅行に関する提案資料を送付いたしまして、本市への誘致を働きかけをしておるところであります。ぜひそのような方向で私たちも努力をしていきたいと思います。 ◆5番(米良弥君) いろいろ取り組んでいらっしゃるということですが、これも他の自治体との競争になると思います。

西都市議会 2019-12-11 12月11日-04号

これまでも羅東鎮からの教育旅行受け付けや羅東鎮公所方々西都古墳まつりにお迎えしたことはございますが、今後とも活発な交流が継続するよう教育旅行等の誘客拡大に努めてまいりたいと考えております。 以上であります。(降壇) ◎教育長川井田和人君) (登壇村上修議員の御質問にお答えいたします。 伊東マンショ歴史整備についての見解との御質問であります。 

西都市議会 2019-09-10 09月10日-03号

また、スポーツキャンプや教育旅行等の受け入れをはじめ、近年では、台湾羅東鎮との交流も本格化するなど、関係人口拡大していく要素はたくさんあると感じております。今後もこれらの取り組み推進していくことで、関係人口の創出につなげていきたいと考えております。 以上であります。(降壇) ◎教育長川井田和人君) (登壇曽我部貴博議員の御質問にお答えいたします。 

西都市議会 2019-06-25 06月25日-04号

また、今後の方向性につきましては、現在は台湾からの教育旅行受け入れが実績の半分以上を占めている状況ですが、国内からの教育旅行についても、当市で受け入れ可能な規模の学校にターゲットを絞った誘致活動を行ってまいりたいと考えております。加えて、グリーンツーリズムによる経済効果市内事業所等にも波及させるような取り組みを検討してまいります。 次に、西都児湯医療センターについてお答えします。 

えびの市議会 2019-03-15 平成31年 3月定例会(第 5号 3月15日) 一般質問

本市におきましては、えびの観光振興計画におきまして、地域内経済循環仕組み構築として、他産業と連携した観光産業魅力化教育旅行と連携した農家民泊推進スポーツ合宿受け入れ態勢整備を上げておりますけれども、平成三十年八月に立ち上げましたえびの観光振興計画推進会議や、えびの観光審議会の中で、観光振興計画進捗評価を行っておりまして、平成三十三年度までの計画期間におきまして、進捗評価環境変化

西都市議会 2018-06-20 06月20日-04号

また、国外につきましては団体数は12で、延べ宿泊者数は749人であり、全て台湾からの教育旅行受け入れであります。 今後は、受け入れ態勢のさらなる充実を図るため、研究会活動内容を多くの方に知ってもらい、会員の拡大に努めてまいります。また、特に台湾に対しましては、国際交流事業推進する観点から、なお一層の誘致活動を実施してまいりたいと考えております。 

都城市議会 2018-06-19 平成30年第3回定例会(第4号 6月19日)

宮崎県内において、えびの市、小林市、西都市、延岡市、高千穂町ではグリーンツーリズム活動から、国内外の中・高校生教育旅行として農家民泊受け入れ、地元の食材を利用して地域活性化につなげています。農家民泊は、国の地方創生観光立国の施策に位置づけ、地方創生の目玉として政府も支援しています。  

都城市議会 2018-06-01 平成30年第3回定例会質問通告一覧(6月)

えびの市、小林市、西都市、延岡市、高千穂町では、グリーンツーリズム活動から国内外の中・高校生教育旅行として受け入れ地域活性化を行っているが、市の観光行政について本市人口維持に関係する桜木地区工業団地の製造業誘致について本市人口維持のため育児に不安を持たせず小学生以下の医療費無償化について市内就職先の確保や企業誘致について 6月20日 (水) 16 神脇 清照 (都城志民の会) 1

西都市議会 2018-03-01 03月01日-01号

グリーンツーリズム推進につきましては、農林家民宿及び民泊に対する支援を行うとともに、国内外教育旅行をはじめとして、引き続き誘客誘致対策充実強化を図り、交流人口拡大に努めてまいります。 また、地域資源情報発信システム活用やさいとふるさと特命大使事業に取り組むことで、より効果的な情報発信を行ってまいります。

西都市議会 2017-06-08 06月08日-01号

グリーンツーリズム推進につきましては、農林家民宿及び民泊に対する支援を行うとともに、国内外教育旅行をはじめとして、引き続き誘客誘致対策充実強化を図り、交流人口拡大に努めてまいります。 さらには、昨年度整備しました地域資源情報発信システム活用や、さいとふるさと特命大使事業に取り組むことで、より効果的な情報発信を行ってまいります。