84件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

串間市議会 2019-09-12 令和元年第4回定例会(第5号 9月12日)

きょうの新聞を見ますと、改憲をなし遂げ、宮日、朝日、憲法改正力強くなし遂げる、読売などの報道があります。今、消費税増税、減り続ける年金、日韓関係な深刻の悪化、秘密のままの日米貿易交渉、進展なしの日露領土問題など、国内外を揺るがす大問題が起こっています。安倍首相は、参議院選挙では論争を避け、選挙が終わっても国会を開かず逃げ回っています。

日南市議会 2019-06-28 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2019年06月28日

自民党改憲案については、憲法第9条第1項と第2項を残したまま、第3項として自衛隊存在を明記するという内容のようですが、この改憲案について市長はどのようにお考えでしょうか。 崎田恭平市長 自民党改憲案についての御質問でございますが、自民党では、現在、議論のたたき台を作成しまして、党内や有識者など幅広い議論を行って、改正原案を策定されています。  

小林市議会 2019-06-18 06月18日-03号

今、憲法を変えるという動きがあり、自民党改憲案などを出してきて、今度参議院選挙で争点になってくるという話もありますけれども、安倍首相自衛隊憲法違反だからと言っておりますけれども、この憲法違反にしてしまった大もとというのは、政権強行採決安保関連法を通してしまって違法な状態になってしまったということであります。 それで、自衛隊の任務がどう変わったかと。

都城市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第3日 6月17日)

安倍首相は、「二〇二〇年を新しい憲法施行される年に」と公言して、改憲問題を正面から掲げる姿勢を示しています。自民党がまとめている九条改憲条文案は、その危険性をみずから告白するものとなっています。第一に、九条二項の後に「前条規定は、必要な自衛の措置をとることを妨げない。」として、自衛隊保持を明記しています。「前条規定は、……妨げない。」

日南市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会 索引 開催日:2019年06月14日

4 憲法9条について      (1)自民党改憲案について       1)自民党改憲案(9条の第1項、第2項を残したまま、自衛隊存在を明        記)について、市長見解を問う。       2)日南市は、防衛省が求める18歳以上の住民名簿提出に協力しているのか。      (2)憲法9条が戦後に果たしてきた役割、意義について市長見解を問う。    

小林市議会 2018-06-18 06月18日-04号

市長の9条改憲現行憲法に対する見解を求めます。 医療・福祉・教育子育て支援について、伺います。 市長は、選挙を通じて多くの市民の皆さんと対話をされ、意見を聞かれたことと思いますが、対話されて各分野の課題をどのように捉えたものか、伺います。 安心安全で魅力ある元気な小林市について、伺います。 地方創生の名のもとで、中心市街地活性化が取り組まれています。

延岡市議会 2018-03-07 平成30年第16回定例会(第3号 3月 7日)

しかしながら、その議論を見るに、本来、現行憲法において十分な内容であるにもかかわらず、無理やりに改正条文を加えて、いわゆるお試し改憲として、憲法根本理念を変えるための突破口としている、そういった懸念を抱いているのは私だけでしょうか。特に、改憲議論の中でも、憲法九条においては、その是非が大きく異なっています。

日南市議会 2017-12-08 平成29年第5回定例会(第3号) 本文 開催日:2017年12月08日

おもしろいのは、戦後一貫して自衛隊存在憲法違反としてきた勢力が、いつの間にか政府見解を認める解釈改憲となり、9条明記に反対しているところです。  一方では、日本防衛に動く米軍の危機を救うのは集団的自衛権だから憲法違反だという見解、これも過去の政府見解を正しいものとする主張であります。

串間市議会 2017-12-08 平成29年第6回定例会(第6号12月 8日)

憲法9条に自衛隊存在を書き込むとの安倍首相発言を受けて、改憲動きが急速に強まっています。憲法99条は、政府や自治体の首長等憲法を尊重し、擁護する義務を課しています。戦後70年以上にわたって日本海外で戦争してこなかった大きな力は、憲法9条と市民の粘り強い運動でした。市長見解を求めます。  

都城市議会 2017-09-20 平成29年第3回定例会(第5号 9月20日)

憲法施行七十年を迎えたきょう、改憲を掲げ、国家主義家族主義を強調する第二次安倍政権社会保障をも営利の場として推し進める自立・自助・共助路線は、公の責任を放棄し、社会保障制度を根底から崩壊させるものとなっています。格差と貧困の深刻さは国民生存権を脅かし、人権を侵害しています。

小林市議会 2017-06-19 06月19日-04号

5月3日の憲法記念日に、安倍首相憲法第9条に自衛隊を明記する改憲案を示し、2020年には新憲法施行したいと宣言しました。内閣総理大臣が会見の時期まで決めて憲法第9条を変えると宣言するというのは、憲法を尊重し擁護する義務公務員に課した憲法第99条に違反する憲法違反発言ではありませんか。市長見解を伺います。 安倍首相は、第9条第1項第2項を残し自衛隊記述を書き加えると言っています。

都城市議会 2017-06-19 平成29年第2回定例会(第3号 6月19日)

ですから、仮に改憲立場に立つ政治家であっても、行政や立法に携わるときには、「憲法尊重擁護義務」が重くあるということです。  もちろん一般公務員は就任に際して、憲法を尊重擁護するとの趣旨を含んだ宣誓を行うものとされており、行政に携わるにあたって、この立場を厳守する義務があることは言うまでもありません。  今年一月、小田原市で、「生活保護なめんなよジャンパー」の問題が出てきました。

延岡市議会 2017-06-15 平成29年第12回定例会(第4号 6月15日)

また、憲法平和条項である九条を空洞化する改憲案を、正面から安倍首相が提言しました。モラルハザードした安倍政権の延長線上での、何でも数の力で押し切ろうとする今の安倍政権は、恐ろしいと思います。政治は誰のためにあるのか、その根本が問われています。  政治国民市民のために、誰にでも公平で平等でなければなりません。

延岡市議会 2017-06-14 平成29年第12回定例会(第3号 6月14日)

試し改憲の必要はありません。憲法九条だけではありません。十三条の幸福追求権、十四条、平等権、二十五条、生存権、そして二十六条の教育を受ける権利など、まだまだ憲法が生かされていません。現実の政治や暮らしに憲法を生かす活憲運動が全国に展開されることを願い、通告順に従いまして分割方式一般質問を行います。当局におかれましては、丁寧な上に、そして簡潔な御答弁をよろしくお願いいたします。  

串間市議会 2017-06-14 平成29年第3回定例会(第4号 6月14日)

安倍首相は、東京オリンピックまでに憲法9条に新たに条項を加えた自衛隊を明記する改憲発言を行いました。河野克俊統合参謀長も、海外特派員協会でこれを歓迎する発言を行いました。憲法99条は、大臣公務員憲法尊重義務があると明記しています。憲法違反の行為は許されません。市長答弁を求めます。  会期末を迎え、共謀罪法案強行採決を許さないとの抗議の声が国会を包囲、各地で集会などが開かれています。

日向市議会 2017-06-13 06月13日-03号

安倍政権による改憲策動が進められている中で、市民の熱い平和への願いと日本国憲法の果たしている役割について、市長教育長はどのように受けとめておられるでしょうか。 (2)安倍首相は5月3日の憲法記念日憲法第9条に自衛隊を明記する改憲を行い、2020年に施行を目指すと表明しました。これは第9条第1項、第2項は残し、自衛隊記述を第3項として書き加えるというものであります。

門川町議会 2017-06-09 06月09日-03号

最後に、安倍政権改憲に対する町長見解についてです。 ことしの5月3日で、日本憲法施行70年を迎えました。現憲法のもとでも安倍政権集団的自衛権を可能にし、さらに憲法9条に第3項自衛隊を加えようとするなど、憲法尊重擁護義務に違反して日本を大きく変えようとしています。安倍政権改憲について町長見解を伺います。 ○議長(森誠一君)  町長。 ◎町長安田修君) 町長

都城市議会 2017-03-08 平成29年第1回定例会(第3号 3月 8日)

あわせて、幼児から高等教育までの教育無償化を唱える改憲論議も起こっており、検討していく方向に進んでおります。だれもが希望すれば、高等学校専修学校、大学に進学できる体制が整えるように、特命チームも設置され、検討が進んでいくと聞いております。もちろん、その財源は、消費税率の引き上げを行うことで対応するといった案も出ているようであります。  

串間市議会 2016-09-14 平成28年第4回定例会(第5号 9月14日)

また、選挙で一切口にしなかった憲法改定についても、自民党改憲案、9条2項を削除して国防軍を創設をベースにして、改憲戦略で3分の2を構築していく野望をむき出しにしました。憲法9条についての市長答弁を求めます。  参議院選挙沖縄担当現職大臣が大差で落選した沖縄では、開票日の翌日の早朝、警視庁などの機動隊を使って強権的にやんばる高江の森に米軍ヘリパッド工事に着手しました。