28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

延岡市議会 2020-10-02 令和 2年第 9回定例会(第7号10月 2日)

次に、第三分科会では、戸籍住民基本台帳の中で、窓口業務民間委託事業に関し、委員より「一月から三月まで委託することにより、どのぐらいの経費削減できたのか。また、一年間委託した場合は、どれぐらいの経費削減を見込んでいるのか」との質疑がなされ、当局より「昨年度は一月から委託を導入し、三カ月の委託期間があったが、職員削減は行っていないので、経費面での削減は図れていない。

延岡市議会 2019-03-20 平成31年第22回定例会(第7号 3月20日)

次に、第三分科会では、戸籍住民基本台帳の中の窓口業務民間委託事業に関し、委員より「市民課窓口業務委託する中で、委託から一部除く業務とは何か」との質疑がなされ、当局より「国から示された委託範囲の中で、住基ネットの操作や証明書交付決定等については民間委託ができないことから、そのような業務は、今後も職員が行っていくこととなる」との答弁があったのであります。  

都城市議会 2015-09-24 平成27年第3回定例会(第8号 9月24日)

市民生活部においては、代替臨時職員賃金等の増に伴い、戸籍住民基本台帳及び市民税一般事務費を増額するとともに、マイナンバー法施行に伴う個人番号通知カード発送業務に係る個人番号カード交付事業費、また、地域活性化事業として、志和池地区における移動式舞台購入事業費下水流郷土芸能承継地域交流事業費及び城山公園法面看板設置事業費中郷地区における中郷地域交流支援事業費及び金御岳公園観光振興事業費を新たに計上

都城市議会 2013-09-24 平成25年第3回定例会(第8号 9月24日)

歳出につきましては、財政調整基金積立金戸籍住民基本台帳、消防団車両整備事業として消防団車両購入に要する経費等が計上されております。  第二表「繰越明許費」、第三表「債務負担行為補正」、第四表「地方債補正」につきましては、今回の事業補正にあわせて、所要の措置を講じたものであります。  以上の内容につきまして、所管部局長及び課長説明を求め、審査いたしました。  

都城市議会 2013-09-02 平成25年第3回定例会(第1号 9月 2日)

第一〇款 総務費に六億三千百五十万九千円追加しましたのは、財政調整基金への積立金戸籍住民基本台帳等を増額したものであります。  第一五款 民生費に三千八百十六万八千円追加しましたのは、市町村子ども子育て支援事業計画策定事業費及び財政安定化支援事業繰出金等を増額したものであります。  

えびの市議会 2012-03-06 平成24年 3月定例会(第 1号 3月 6日) 開会

同じく歳出の主な増減といたしまして、  一、「総務費」は、総務管理費及び戸籍住民基本台帳の減並びに徴税費の増などにより二億二百三十万円の減、  二、「民生費」は、社会福祉費の増及び児童福祉費の減などにより一千三百四十九万二千円の増、  三、「衛生費」は、保健衛生費及び清掃費の増などにより六千八百二十八万八千円の増、  四、「農林水産業費」は、農業費大幅増などにより三億七千五十一万三千円の増、  

えびの市議会 2011-03-08 平成23年 3月定例会(第 1号 3月 8日) 開会

款の区分による歳出の主な増減の要因としましては、総務管理費及び戸籍住民基本台帳の増並びに統計調査費の減などによる「総務費」一億三千一百三十万二千円の増、社会福祉費及び児童福祉費の増などによる「民生費」二億三千五百四十三万円の増、保健衛生費及び清掃費の増などによる「衛生費」九千九百四十万九千円の増、土木管理費の減及び道路橋梁費の増などによる「土木費」六千五百八十九万九千円の増、中学校費及び保健体育費

えびの市議会 2010-11-12 平成22年11月臨時会(第 1号11月12日)

決算書百二十五ページ、款、総務費、項、戸籍住民基本台帳、目戸籍住民基本台帳、節事業費印刷製本費についての質疑であります。住民基本台帳カード作成代として個人カード六十六名分などを作成し、十万円を超える不用額となっているが、当初予算で何名分の予定で計上されたのか。  答弁であります。当初では、ICチップ入り住基カードを三十枚分として見込んでいたが、実際はICチップなしのカードを作成した。

えびの市議会 2009-03-24 平成21年 3月定例会(第 7号 3月24日) 閉会

市民課につきましては、予算説明書六十七ページ、戸籍住民基本台帳の中で、住基ネット用ICカードの現状と今後についてどうなっているかということに対しまして、個人情報ネットワークの中で悪用されると考えている自治体が多く、現在裁判係争中の自治体もあります。ネットワークに加入していない自治体もあり、完全なネットワーク化は進んでいない。

新富町議会 2009-02-26 03月02日-01号

第四次新富町長期総合計画が平成22年度までとなっており、その改定を行うための新富長期総合計画策定業務委託料町外からの新富定住者への感謝とおもてなし、新富町の観光資源のPRな等を行うための「ようこそふるさと定住事業」、基地対策費再編関連特別事業として、地区集会所規模改修事業費新富有線ラジオ放送施設整備工事設計業務委託料など、諸費に町制施行50周年記念事業関連経費再編関連特別事業として防犯等設置事業費など、戸籍住民基本台帳

えびの市議会 2007-12-17 平成19年12月定例会(第 7号12月17日) 閉会

これは戸籍住民基本台帳の二十三万円でありますが、これに対しまして、税の申告のためのカードですかという質疑が出ております。政府としては、電子自治体の確立のために連携を図られていると思いますという説明がなされております。そして、これから住民サービスのためのIT化は今後ますます拍車がかかるという説明を受けております。  

えびの市議会 2006-12-01 平成18年12月定例会(第 1号12月 1日) 開会

歳出の主なものは、総務管理費の中の出張所費戸籍住民基本台帳の中の委託料など、民生費の中の社会福祉費老人福祉費国民年金費等であります。  委員の中より、戸籍住民基本台帳の中の委託料について、委託料の単価を決めるとき、それを読み切る職員がいるか、地方分権の時代に入ってきたとき、自分たちの職場で検証できる体制にならないといけない。今までは県に頼れたが、これからはそれができない。

えびの市議会 2005-12-01 平成17年12月定例会(第 1号12月 1日) 開会

歳出の主なものは、総務費の中の総務管理費戸籍住民基本台帳、電算機器など保守委託料等委託料など、民生費の中では高額療養費支払い貸付金など、老人福祉費の中でも委託料繰出金等であります。  主な質疑内容についてであります。  委員の中から戸籍基本台帳の閲覧について、個人情報保護との兼ね合いでいろいろ問題があると思う。しかし、一方では法で認められている。

えびの市議会 2005-03-25 平成17年 3月定例会(第11号 3月25日) 閉会

戸籍保険課分で主なものは、国庫支出金委託金総務費委託金戸籍住民基本台帳、委託金外国人登録事務費委託金七十八万八千円についてでありますが、外国人登録者は現在何人在住しているかに対して、十七年度三月三十一日現在で百二十一名が在住していらっしゃるということで、主なものは留学生が三十九名、興行的なもので三十五名、日本人の配偶者等で十九名、永住者が十一名、研修目的で九名との答弁がされました。  

  • 1
  • 2