166件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

串間市議会 2020-12-01 令和 2年第6回定例会(第3号12月 1日)

市民交流施設イベント広場と旧壽屋跡地を含めた活用計画国県と2期計画として協議し、令和3年度に市民交流施設イベント広場完成させると答弁してきましたが、どうなっていますか。道の駅完成後の利用客見込み都井岬などへの波及効果をどう見ていますか。  コロナ禍利用客が落ち込むことは明らかです。利用客見込みは当初のままですか、変更する必要があると思いますが、答弁を求めます。  

日向市議会 2020-09-18 09月18日-06号

国は、東京オリンピックパラリンピック競技大会を契機に、国際交流等を目的としたホストタウン事業を推進しており、昨年度はトーゴ共和国から2名を招聘して市民交流会を実施したほか、横浜市で開催されたアフリカ開発会議サイドイベント市民ひょっとこ踊りを披露するなど、大会機運の醸成と国際理解の促進を図りました。 次に、34ページを御覧ください。 総合計画総合戦略策定事業についてであります。 

串間市議会 2020-09-11 令和 2年第4回定例会(第3号 9月11日)

したがいまして、先ほど申しました29万2,902名、これ年間ですけれども、それに情報館物産館イベント広場、これは割合としては80%、令和2年度に飲食施設市民交流施設、これを約20%と、それの計算算定式によって23万9,203人というこの端数の数字が出ているところでございます。  以上でございます。 ○学校政策課長(増田 仁君)  お答えします。  

串間市議会 2020-09-10 令和 2年第4回定例会(第2号 9月10日)

東九州道中心市街地対策課長津曲浩二君)  2期計画につきましては、先ほど申しましたとおり、イベント施設、それと市民交流施設、これは来年度に実施するというところも含めて、協議を今国と行っているところでございますけれども、お尋ねの隣接の土地の利用につきましては、今ちょっといろいろ諸問題が生じておりますので、そこら辺は慎重に一つ一つ整理していきたいというふうに考えております。  

串間市議会 2020-06-12 令和 2年第3回定例会(第6号 6月12日)

続きまして、市民交流施設イベント広場条例の中に入っているのかというところでございますけれども、これについては、その施設は入っていないところでございます。したがいまして、令和3年度に予定しております市民交流施設イベント広場管理につきましては、債務負担は今回上程しております債務負担には計上していないところでございます。  続きまして、公の施設に該当するかというところでございます。

串間市議会 2020-06-08 令和 2年第3回定例会(第2号 6月 8日)

市民交流施設イベント広場を含めた全ての施設が今年度完成できませんが、来年春のプレオープンに向け、飲食物販施設情報館及び駐車場供用開始を予定していますことから、本年度整備します施設設置及び管理に関する条例を今議会に上程したところでございまして、取り下げる考えはないところでございます。  次に、道の駅事業区分及び施工区分に関する覚書についてでございます。  

串間市議会 2020-03-18 令和 2年第1回定例会(第7号 3月18日)

令和2年度完成を見込んでいた市民交流施設イベント広場工事費約4億円は、令和3年度に繰り越され、新たに太陽銀行交差点までの旧壽屋跡地購入や歩道を整備する道の駅第2期計画を予定していることが明らかになりました。  これによって総事業費が30億円を大幅に上回ることが見込まれます。収支見通しはあるのか、失敗すれば第二の夕張市になりかねません。  

串間市議会 2020-03-06 令和 2年第1回定例会(第5号 3月 6日)

次に、現在関係機関調整をしております道の駅第2計画に対する私の考えでございますが、市民交流施設イベント広場機能は、平成26年の中心市街地まちづくり基本計画策定の段階から、市民皆様をはじめ国土交通省まちなかの道の駅に必要な機能を議論し、必要な施設として積み上げてきた経緯もございます。

串間市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第4号 3月 5日)

当初の計画大分スケジュールがかわりまして、市民交流施設イベント広場というのが令和3年の整備ということで、今調整をしているところでございますけれども、御質問の市民への説明につきましては、早急に各地区説明会を開いて状況等説明と、あとは今運営予定者が決定をしておりますけれども、具体的にその中でどのような内容取り組みをするのかというところも含めて周知を地区説明会、そして広報くしま等も活用いたしまして

串間市議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第3号 3月 4日)

残る市民交流施設イベント広場等整備につきましては、令和3年以降へとスケジュールを組み立てているところでございます。  以上でございます。(降壇) ○商工観光スポーツランド推進課長高橋一哉君)  (登壇)お答えいたします。  串間温泉いこいの里、都井岬観光交流館高松キャンプ公園事業進捗状況と今後の見通しについてのお尋ねでございました。  

串間市議会 2020-03-03 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 3日)

残る市民交流施設イベント広場等整備につきましては、令和3年以降へとスケジュールを組み立てているところでございます。  続きまして、道の駅施設内容についてでございます。  まず、情報館につきましては、国が整備します24時間利用可能なトイレ及び休憩スペースと市が整備する観光案内道路情報を含む情報提供等のサービスを行う施設です。  

都城市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第3日12月 9日)

本市では、高齢者や障がい者等の特別な配慮や援助を必要とされる要介護者避難を優先する避難所として、都原町のサンアビリティーズ都城、五十市地区公民館中郷地区市民交流センター、山田町のけねじゅ苑高崎福祉保健センターの五カ所を福祉避難所に指定しております。都城総合防災マップや市のホームページにこの情報を掲載しております。  

小林市議会 2019-10-01 10月01日-09号

また、公共スペース設置効果について質疑があり、市民交流スペース市民が自由に利用できるため、いろいろな人が集うことにより、例えば、高校生と一般の方が音楽で交流するなど、新たな関係の構築が期待される。 さらに、今後の方向性について質疑があり、子育て支援との連携を図るため、令和元年度、民間企業と連携して子育てに係る事業を実施した。

日向市議会 2019-09-24 09月24日-07号

平成31年3月には、国の制度を活用し、トーゴ共和国から3名の方を招聘し、市民交流会やひょっとこマラソンへの参加を通して市民との交流を深めました。 次に、34ページ、地域生活交通対策事業についてであります。 高齢者や学生を初めとする市民皆さんの重要な移動手段を確保するため、市民バスの運行を行うとともに、路線バスの存続に努めました。

小林市議会 2019-09-12 09月12日-06号

事業内容としては、市民交流、産業交流子供交流を行っておりますけれども、子供交流については教育委員会でやっておりますので、後ほど教育委員会から御報告させていただきたいと思います。 まず、実績でございますけれども、市民交流の部分については、上限3万円で旅費の補助等を行っておりますけれども、2団体、16人の方に48万円の補助を行っております。

小林市議会 2019-06-18 06月18日-03号

現在、産業交流子供交流市民交流に加え、平成30年度から人事交流として本市職員1名と能都町職員1名との相互交流を行っております。 今後についてですが、姉妹都市という特別な関係性を生かして、多様な主体が交流を行い、刺激や影響を受けることにより、本市地域活性化の創造につながることを期待し、引き続きこの関係性を大切にした交流を継続していきたいと考えております。 

都城市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第3日 6月17日)

特に図書館は、市民皆様が持っていた当初の図書館のイメージをいい意味で裏切ったと思っておりますが、そういったこともあり、年間百万人を超える利用者が訪れる施設となりましたし、子育て世代活動支援センター「ぷれぴか」やまちなか広場なども、市民交流拠点として積極的に活用していただき、施設全体が居心地のよいたまり場になってきているのではないかと考えております。  

日向市議会 2019-03-07 03月07日-05号

(1)青の国若山牧水短歌大会について、小野葉桜短歌大会のように毎回の大賞受賞作品石柱建立や、延岡青春短歌大会のような市民交流やユニークな表彰式投稿者歌碑見学ツアー、選者の講話、ほろよい学会の開催等、新たな取り組みが必要と思うが、いかがでしょうか。 (2)国民文化祭本市準備状況について、また、成功するには日常の各文化団体への活動支援強化が必要と思いますが、いかがでしょうか。 

日向市議会 2019-03-05 03月05日-03号

昨年、図書館市民交流スペースを有する施設として、延岡市の「エンクロス」や都城市の「MALL mall(マルマル)」がオープンし、いずれも多数の市民皆さん利用されていると伺っております。 本市図書館につきましては、老朽化しており、書架スペースも狭小でありますので、将来的には多世代にわたり多くの市民利用できる文化拠点交流拠点として複合的な施設整備する必要があると認識しております。