4548件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新富町議会 2021-12-05 12月05日-02号

今、宮崎市は市民理解を深めようと市内の中学生と企業、団体への出前講座に乗り出しております。LGBT交流団体メンバーや市の職員を講師として派遣し、教育、仕事の現場で理解の醸成につなげ、多様性を尊重する共生社会の実現を目指しているそうです。このような出前講座は、今後必要になってくると思いますが、まずは、職員の研修を一番に実現していただきたいものです。

綾町議会 2020-06-28 06月28日-03号

2、宜野湾市民の賛同も25%に過ぎず、不十分と考える。 3、沖縄県内の各地域の住民の立場理解できる。一方で、日本政府は東アジアの緊張緩和に努力し続けるべき。 4、現状において辺野古への一部移設はベターな方策だと考える。 5、本件は、政治的かつ外交的な問題であるため、議員必携の記載にあるように綾町議会として判断を下す事案に適さない。というものでした。 

小林市議会 2020-06-26 06月26日-05号

(2)市民への情報発信についてですが、感染症の初期の段階では市民情報が入らず、様々な不安の声が寄せられました。特に、高齢者の方からの問合せが多くありました。現在は多くの情報が入ってきますが、科学的根拠に基づき、必要な人に必要な情報を提供することが重要と考えます。市民の不安を解消し、感染予防のための行動につながるよう、適切な情報発信相談体制が必要です。どのように取り組んでいるのか、伺います。 

西都市議会 2020-06-26 06月26日-06号

----------------●欠席議員(1名)       12番  黒木吉彦-----------------------------------●当局出席者市長        押川修一郎君  副市長       甲斐克則総務課長      吉野光史郎君  財政課長      中武資貴君庁舎建設課長   鶴丸 誠君   総合政策課長    吹井伸二危機管理課長    池澤雄一君   市民協働推進課長市民課長

小林市議会 2020-06-25 06月25日-04号

市民不安解消のためにも、分かりやすく情報を伝えることが求められています。市民への情報発信について、評価と課題、今後の対策について、伺います。 (5)今後の市民生活まちづくりについて、伺います。 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、学校の一斉休校、外出自粛休業要請など、市民生活に大きな影響を及ぼしています。

小林市議会 2020-06-24 06月24日-03号

委員より、商品券市民が有効に活用し、特別定額給付金との相乗効果市内全体に経済効果が行き渡るよう、市民への周知を徹底するとともに、事業早期実施について検討されたい。 なお、以上のような審査を通じて、経済産業分科会意見として、新型コロナウイルス感染症市内経済へ大きな影響を及ぼしており、今後も続くと見込まれる。

西都市議会 2020-06-19 06月19日-05号

    16番  井上久昭君       17番  狩野保夫君    18番  荒川昭英-----------------------------------●当局出席者市長        押川修一郎君  副市長       甲斐克則総務課長      吉野光史郎君  財政課長      中武資貴君庁舎建設課長   鶴丸 誠君   総合政策課長    吹井伸二危機管理課長    池澤雄一君   市民協働推進課長市民課長

西都市議会 2020-06-16 06月16日-02号

今後、新病院に対する構想についてのうちで、どのような新病院をつくっていかれるのかを市民に対してアンケート調査及び説明会は開かれないのかをお伺いします。 ◎市長押川修一郎君) 新病院建設は、市民皆様の願いであります。また、市民皆様の大きな関心事だと認識をしておるところであります。今後も事業の進捗に合わせて、市民皆様にお知らせをしながら御理解を得られるよう努力してまいりたいと思います。

小林市議会 2020-06-12 06月12日-01号

---------------議会事務局出席者 鸙野光博   議会事務局長      菊村明広   書記 西 直人   書記---------------------------------------説明のための出席者 宮原義久   市長          鬼塚保行   副市長 峯田勝巳   総務部長        山下雄三   総合政策部長 鶴水義広   経済部長        深田利広   市民生活部長

西都市議会 2020-06-09 06月09日-01号

    16番  井上久昭君       17番  狩野保夫君    18番  荒川昭英-----------------------------------●当局出席者市長        押川修一郎君  副市長       甲斐克則総務課長      吉野光史郎君  財政課長      中武資貴君庁舎建設課長   鶴丸 誠君   総合政策課長    吹井伸二危機管理課長    池澤雄一君   市民協働推進課長市民課長

西都市議会 2020-03-23 03月23日-06号

厳しい経済情勢市民生活の下で、市民皆さんから、払える税金、暮らしていける税金にしてほしいとの御意見が寄せられています。 令和2年度の国保税は、令和年度決算見込額も踏まえ6月議会において決定されます。令和年度決算見込額や保有している多額の基金から繰入れを図り、大幅な減税を強く求めておきたいと思います。 次に、議案第47号令和2年度西都市介護保険事業特別会計予算についてであります。 

都城市議会 2020-03-18 令和 2年第2回定例会(第9日 3月18日)

市民課での窓口での申請手続がどのような状況になっているのか、伺います。 ○議 長(江内谷満義君) 市民生活部長。 ○市民生活部長上畠 茂君) お答えいたします。  旧姓併記の制度が開始されました昨年十一月五日からことし二月末までの旧姓併記請求件数は、女性十九件、男性一件の合計二十件でございます。 ○議 長(江内谷満義君) 畑中ゆう子議員

都城市議会 2020-03-17 令和 2年第2回定例会(第8日 3月17日)

○議 長(江内谷満義君) 市民生活部長。 ○市民生活部長上畠 茂君) お答えいたします。  本市では、これまで都城市民音楽祭都城少年少女合唱団定期演奏会開催等に対して、芸術文化事業補助金で支援してまいりました。議員のおっしゃるとおり、国民文化祭を契機に、市民文化活動のさらなる活性化が期待できます。

えびの市議会 2020-03-17 令和 2年 3月定例会(第 6号 3月17日) 閉会

市民協働課長(大木場操君)  留学生が安心して勉学に励み、有意義なえびの市での生活を送るためには、市民皆様の御理解が大変重要であると思っております。そのような環境をつくるために、学校側市民皆様情報交換というのも大事であると考えますが、当然学校と連携した対策を行っているわけですけれども、日章学園の個別の情報発信につきましては、日に日に情報が変わっているという経緯がございます。