79件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

串間市議会 2019-12-02 令和元年第5回定例会(第3号12月 2日)

○8番(今江 猛君)  ここでちょっと紹介しておきたいと思いますが、奈良の吉野郡の川上村にちょっと足を伸ばして行ってきました。  この川上村というのは、大阪から2時間ぐらいかかるんですね。人口1,300人のところなんですが、非常に役場自体が総力を挙げて田舎暮らしに非常に積極的に取り組んでいらっしゃる村であります。  

都城市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第2日 9月 9日)

総務省が公表している七月一日現在の交付率におきましては、二番目が奈良橿原市で二五・九%、三番目が鹿児島県西之表市で二四・〇%、四番目が東京都港区で二三・四%、五番目が同じく二三・四%で東京都台東区となっております。 ○議 長(榎木智幸君) 荒神稔議員。 ○(荒神 稔君) 東京台東区や港区は確か人口が二十数万人ぐらいだったと思いますが、それよりも本市が断トツ上位ということでございます。  

都城市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第7号 3月12日)

奈良五條市では、ジビエを生かした地域活性化事業として、食肉地域資源として捉え、有効活用することで、地域を活性化することを目的の一つとして、食肉加工施設を設立しています。建設費用は三千九百三十一万三千円で、うち国の補助が約半分あり、市の負担額は一千九百五十二万五千四百五十三円。

都城市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第4号 3月 7日)

奈良天理市は、ごみ一つ落ちていない美しいまちに、観光バスガイドさんは修学旅行生徒たちに、当地自慢の話題にされているようで、子どもたちの非行防止にも一役買っているようです。総括担当副市長は、萬燈行を例にして答弁されましたが、わかりやすい例だと思いました。  職場や学校には、善意のごみ回収ボックスを置く。私はごみ収集用として、先般、同僚議員質問して、常に小さなビニール袋を持ち歩いています。

日南市議会 2018-09-18 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年09月18日

奈良奈良市では、夏休みなどの放課後児童クラブで昼食を提供する事業が始まりました。長期の休みに全期間で行われるのは、全国初の取組です。奈良市学童保育は、市内に43カ所あり、小学生の5人に1人に当たる約3,200人が在籍、保護者の負担は小学校給食費の246円に近くなるよう、1食当たり250円に設定をされました。

日南市議会 2018-09-05 平成30年第4回定例会 索引 開催日:2018年09月05日

3 放課後児童クラブについて      (1)夏休みの放課後児童クラブの給食実施について       1)奈良奈良市では、本年の夏休みから放課後児童クラブを利用する児        童・生徒へ給食提供を開始した。本市においても給食を希望する保護        者は多いのではないかと推測する。本市では検討できないか。    

えびの市議会 2017-10-31 平成29年10月定例会(第 4号10月31日) 一般質問

先ほど、上勝町を申し上げましたけれども、このほか、静岡県浜松市ではクマザサ、イチョウ、桧、松、椿、モミジ、ナンテン、ユキノシタ、ヤマブドウ、センリョウ、マンリョウ、梅、ウラジロ、ユズリ、静岡県の伊豆では桜、奈良では柿の葉など地域によっていろいろなビジネスが展開され、高収入を上げられておられる方は、子どもの新築に当たり頭金を支援したり、孫に車を買い与えられたりされている方もおられると聞いております

日南市議会 2017-09-21 平成29年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2017年09月21日

次ですが、茨城県高萩市と、私たちが会派の政務調査で行きました奈良大和郡山市については、中山間地ではないんですが、いろいろな対策として3世代住居に対して補助金を出しております。会派で行きました大和郡山市は今年で終わるということなんですが、こういったものを中山間地の特別な施策としてつくる気はないかどうか、お伺いいたします。

延岡市議会 2017-09-06 平成29年第13回定例会(第3号 9月 6日)

平成二十一年に千葉県野田市が制定して以来、平成二十六年には都道府県として初めて奈良が制定しています。現在では三十一ほどの地方公共団体が制定をしています。  延岡市では、平成十八年九月議会において、公契約法制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する意見書が採択をされ、それ以降、十一年間に七人の議員が十三回にわたり質問を行っています。

延岡市議会 2017-06-15 平成29年第12回定例会(第4号 6月15日)

これらの活動等を支援するため、平成二十六年度から地域おこし協力隊の導入を検討し、昨年度、募集を行い、東京都奈良から二名を採用したところです。  これまで、フェイスブックや協力通信による情報発信、ユネスコエコパーク登録に向けたPR活動、鹿川・祝子川間の古道整備、祝子川温泉美人の湯の案内看板の設置等、精力的に活動を展開しております。

延岡市議会 2017-03-09 平成29年第10回定例会(第4号 3月 9日)

○北川総合支所長(米田安壮君)  北川地区の地域おこし協力隊は、昨年十一月に東京都出身の三十四歳男性、ことし一月に奈良出身の四十三歳男性の二名が着任いたしております。現在、北川町に居住していただきまして、北川総合支所地域振興課に籍を置きまして、住民の方の協力のもと、隊員それぞれの特技とか経験を生かしながら、積極的な地域おこし活動に取り組んでおります。

日南市議会 2017-03-08 平成29年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2017年03月08日

もう一人は、戸村吉守さん、スーパーとむらを一代で築かれて、日南市奈良橿原市にこれまで五千万円以上の寄附をされて、今では戸村文庫ということで子供たちが愛読しているという、二市に貢献されたということで、本当に御冥福を祈るとともに、御家族にお悔やみを申し上げたいと思います。  通告を今回は四つの質問項目で上げております。  まず、市長の政治姿勢ということで質問したいと思います。  

日南市議会 2016-12-13 平成28年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2016年12月13日

七番(黒部俊泰議員) 被災者支援システム導入自治体の一つである奈良平群町では、二〇一五年六月十九日付の神戸新聞紹介されたとおり、世界銀行が視察に訪れており、世界からも注目される取り組みとなっています。  一方、昨年の広島土砂災害や今般の熊本地震においても、システムが導入されていたにもかかわらず、導入後の運用が適切になされていなかったため、いざというときに十分使えなかった事例も発生しています。

串間市議会 2016-12-08 平成28年第5回定例会(第5号12月 8日)

当初、お隣の鹿児島県の長島町とか県内では串間市ほか奈良高知県愛媛島根岡山富山長野北海道岩手秋田山形等の小っちゃな市町村が集まって協議会をつくるような動きが聞いていたわけですが、なかなかそこが串間市が一番に名乗りを上げて予算も獲得したんだけどという話でした。  

都城市議会 2016-09-08 平成28年第4回定例会(第2号 9月 8日)

また、平成二十四年九月には、日向市体育大会の練習中、熱中症で亡くなった事故や、この夏休みにも奈良では、部活で中学生が亡くなった事故が起きています。各小・中学校では、屋外での活動の場合、特に運動会の練習では、十分な水分補給や日陰での休憩、帽子の着用など、その予防はされていると思います。  熱中症で搬送された七歳から十七歳までの児童・生徒の数の割合は、全国でも都城市でも一割を超えます。

日南市議会 2016-03-14 平成28年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2016年03月14日

奈良観光地なので、非常に宿泊客が多いかと思っていたら、あそこは交通のアクセスがものすごくいいものですから、観光客全体の中での宿泊の割合というのが約一三%だということを伺っております。今、観光スポーツ課長から数字を出していただいたのが、日南市が八%、低い数字だとは思いますが、交通アクセスがいいから、奈良は一三%、日南は交通アクセスが悪い、陸の孤島だと、昔から言われています。

えびの市議会 2015-12-03 平成27年12月定例会(第 4号12月 3日) 一般質問

○六番(井上義人君)  やはり医師を確保するということは、急にはできないと考えておりますが、やはり年次的に五カ年計画をとって、例えば五人なら五人を確保するとか、そういうような体制をもって取り組みが必要ではないかということを考えているところでございますが、今回、会派研修におきまして奈良の宇陀市に参りました。

串間市議会 2015-12-03 平成27年第6回定例会(第5号12月 3日)

奈良登美ヶ丘高校は、事業名が「奈良タイム」で、地域が抱える課題などについて現場での体験学習専門家の講義などを通じて学び、解決策を考える内容となっています。  岐阜県大垣市の市立小中学校全て教科名「ふるさと大垣科」として講師を招き、小中9年間かけて基礎から俳句を学ぶ内容であります。  

串間市議会 2015-09-10 平成27年第5回定例会(第5号 9月10日)

25年度、修学旅行受け入れ実績は470名、経済波及効果が555万円、26年度、修学旅行受け入れ実績1,073名、経済波及効果1,350万円、27年度の修学旅行受け入れ予定として1,249名、主に名古屋奈良、大阪、神奈川県の中学の修学旅行生が主になっております。  串間は食に大変恵まれております。今後、農家レストラン、農家民宿は今後期待できる事業になるかと考えます。