83件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新富町議会 2021-12-05 12月05日-02号

また、今後の大規模自然災害に備え、国土強靭化地域計画策定をしているところでございます。 この計画は、いかなる自然災害が起こっても、機能不全に陥ることがないよう、ハードソフト取り組みを効果的に組み合わせ、バランスのある防災減災対策を進めていくものでございます。 次に、大地震時に各地区公民館耐震性について、耐震対策がとられているかについてお答えをいたします。 

新富町議会 2020-12-06 12月06日-03号

そういった中で、しっかり一番は国土強靭化地域計画をきちんとつくって、危険箇所を点検しながらやっていくということも考えていかなければ、ただ一番怖いのは、やはりパイピングといわれて、土の中、河川の下から潜って水が吹き上げてくるという状況は、これが予想がなかなかできないということで、一度新富町も、あそこは中須地区においてパイピングが起こって、慌てて消防団が行って、その消防団が土のうを積んでパイピングを防

新富町議会 2020-06-06 06月06日-02号

◎町長(小嶋崇嗣君) 今回、国土強靭計画地域計画をつくらせていただいてます。その中で、やはり防災に強いまちをつくっていかなきゃいけないということで、今回そういう避難道路、あとは樋門水門等に通じる管理道路だったりていうのをもう一度見直しをして、きちんと整備をしていこうというふうに考えてますので、そこをまた検討をしながらつくってまいりたいというふうに考えております。 

都城市議会 2020-03-05 令和 2年第2回定例会(第3日 3月 5日)

この目標値は、合併処理浄化槽設置推進のために、平成二十九年度からの五カ年を計画期間といたします循環型社会形成推進地域計画に基づく数字でございます。  今年度の補助の実績といたしましては、令和二年二月末時点で二百二十一基となっているところでございます。 ○議 長(江内谷満義君) 中村千佐江議員

日向市議会 2020-02-17 02月17日-05号

防災推進課防災計画等策定事業の中で、新たに国土強靱化地域計画策定とあるんですけれども、目的や対象となる分野策定手法を伺います。 最後に、財政課借入金元金の返済に要する経費、将来負担を考慮した計画的な市債発行に努めているとあるんですけれども、計画的な市債発行のベースとなる考え方を伺います。 ◎農林水産部長児玉貴) 11番柏田議員の御質問にお答えいたします。 

日向市議会 2020-02-10 02月10日-02号

総務部長田中藤男) 要件化につきましては、昨年8月に開催されました国の国土強靱化推進に関する関係省庁連絡会議におきまして、取組を一層促進するための対応として、地域計画に基づき実施される取組または明記された事業であることで、予算重点配分優先採択を行う重点化令和2年度から導入することを、令和3年度からは地域計画に基づく事業であることを交付要件とする要件化についても検討するとの方針が確認されていると

西都市議会 2019-12-19 12月19日-06号

歳出について、主なものは、総務費国土強靱化地域計画策定支援業務予算などが計上されております。 本案につきましては、種々質疑の後、別段異議なく、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。 なお、審査の過程において、ある委員より「総務費災害対策費の中に、国土強靱化地域計画策定支援業務委託料予算が計上されている。

西都市議会 2019-12-12 12月12日-05号

まず、34ページ、款2総務費、項1総務管理費、目3災害対策費、節13委託料国土強靱化地域計画策定支援業務委託料ほか495万9,000円について、その委託内容計画策定予定時期についてお伺いいたします。 次に、52ページ、款10教育費、項2小学校費、目1学校管理費、節15工事請負費三納小中学校空調機器機能復旧事業ほかの減額理由についてお伺いいたします。 

門川町議会 2019-12-09 12月09日-02号

本町におきましては、今年度、強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災減災等に資する国土強靱化基本法に基づき、今後発生すると考えられる自然災害に備えた門川町国土強靱化地域計画策定中であります。地域強靱化推進する上で対象とする施策分野当該施策策定に係る基本的指針及び当該施策の総合的、計画的な推進に必要な事項について定めることにしております。

小林市議会 2019-12-04 12月04日-04号

大項目2、自治体PRについて、3、公共事業について、5、国土強靱化地域計画につきましては、質問席より行います。 以上で、壇上からの質問を終わります。 ◎宮原義久市長 おはようございます。 原議員質問にお答えいたします。 日本商工会議所青年部主催の第39回九州ブロック大会こばやし元年祭についてであります。 

串間市議会 2019-11-29 令和元年第5回定例会(第2号11月29日)

現在、串間市では国土強靭化地域計画を全庁的な取り組みとして、令和2年6月策定に向け、作業を現在進めているところであります。  この業務継続計画見直し作業につきましても、現在行っているところであり、この見直し作業を行うことにより担当職員災害発生後における業務内容の再確認にもつながるものと考えております。  以上であります。(降壇) ○農業振興課長武田英裕君)  (登壇)お答えいたします。  

都城市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第6日 9月13日)

二つは、国土強靱化地域計画策定事業六百九万五千円についてです。報償費が四万円とありますが、何に対しての報償費なのか、そして、国土強靱化地域計画とはどのようなものなのか、また、どのようなことを委託するのか、伺います。 ○議 長(榎木智幸君) 総合政策部長。 ○総合政策部長吉永利広君) お答えいたします。  

串間市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第2号 9月 9日)

6月議会で申し上げました国土強靭化地域計画これを早くつくるべきだと。  総合計画と一緒になって、今見直しをやられております都市計画マスタープラン、これも上位計画の横になる。国土強靭化計画総合計画の横に国の構想でも入っています。要するに、連動した中でやっていくと、やはり串間市の意気込みというか、そういうあらわれが出てくるんじゃないかということで、私は市長質問したのはそこなんです。  

小林市議会 2019-09-09 09月09日-04号

三好彰範議員 続きまして、国土強靱化地域計画について、お伺いします。 今回の定例会でも上がってきておりますが、市としましては、今後どのように取り組まれる予定でしょうか。 ◎松元公孝危機管理課長 ちょっと少しだけ長くなるんですけれども、国土強靱化地域計画策定は、今、法律上義務規定とはなっていません。ただ、地域強靱化を総合的、計画的に実施することは、地方公共団体の責務として定められています。