1471件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

えびの市議会 2021-03-01 令和 3年 3月定例会(第 2号 3月 1日) 質疑

本市におきましても、この六つを重点項目として捉えまして、事業を推進していくとともに、地域社会デジタル化を推進するために、条件不利地域での光回線整備促進を着実に進めてまいりたいと考えております。 ○六番(遠目塚文美君)  ただいま課長から詳細について御答弁をいただきました。それぞれ一項目ごとが、大変重要な施策になり得るものばかりかと認識しております。

えびの市議会 2021-02-26 令和 3年 3月定例会(第 1号 2月26日) 開会

令和三年度の地方財政対策においては、感染症影響により地方税等が大幅な減収となる中、地方地域社会デジタル化防災減災国土強靱化地方創生の推進、地域社会の維持・再生等に取り組みつつ、交付団体をはじめ地方が安定的な財政運営を行うために必要となる一般財源総額について、令和二年度地方財政計画水準を下回らないよう実質的に同水準を確保することを基本とする内容となっています。  

小林市議会 2020-12-15 12月15日-06号

最後に、地域社会が急速に変化する中で、新たな課題が次々に生まれています。私たち議員市民の暮らしの中にある不安や課題を的確に把握し、市民と対話する中で、その対応策を市政に反映していかなければなりません。議決機関である議会は議案を十分審議し、直面するリスク対応できるよう政策提案をしていく必要があります。 また、議員なり手不足に対しても小林市議会として危機感を持って対策を講ずるべきです。 

日南市議会 2020-12-08 令和2年第7回定例会(第3号) 本文 開催日:2020年12月08日

我が国では少子高齢化人口減少が進む中で、家庭や雇用形態多様化地域社会結びつき希薄化が同時に進行しています。個人家族が抱える生きづらさやリスク複雑化多様化し、8050問題、ダブルケアごみ屋敷虐待孤独死など新たな課題が表面化しています。こうした課題は、これまでの介護、障がい、子育てなどの制度や分野ごとでの対応が難しく、やっと相談に行っても解決できない事態が発生しています。  

都城市議会 2020-12-08 令和 2年第6回定例会(第4日12月 8日)

このスクールコミュニティとは、学校やそこにおける子ども中心として、地域の大人と教職員の関わりや、学校地域社会協働関係在り方をより良好なものとする考え方や実践のことになります。スクールコミュニティを意図的につくり出していこうとする国の施策が、平成十九年度からの放課後子どもプランであったり、学校支援地域本部事業であったりしました。

都城市議会 2020-12-07 令和 2年第6回定例会(第3日12月 7日)

自治公民館中心とした自助・共助の精神に支えられた地域住民の輪が、地域課題解決に大きな力を発揮するばかりでなく、その活動は市の発展地域社会の振興に大きく寄与いただいていると認識しております。  一方で、地域社会に対する地域住民の関心や相互つながりが薄れ、自治公民館活動に参加する地域住民が少なくなり、自治公民館活動影響が及んでいることも承知しているところであります。  

新富町議会 2020-12-07 12月07日-02号

本会は、航空自衛隊新田原基地周辺の新富町、西都市、高鍋町、宮崎市及び木城町相互の理解と融和を促進し、基地周辺整備事業促進を図り、地域社会の民生安定と発展を期するとともに、基地行事に必要な協力を行い、及び在日米軍再編に伴う新田原基地での訓練移転等に関する諸問題を協議することを目的として、昭和44年に設置をされております。 

西都市議会 2020-12-07 12月07日-02号

職場や地域社会など社会全体においても、いじめは根絶されなければならないというふうに思っております。 以上です。 ◆6番(曽我部貴博君) ありがとうございます。 今回、私が自殺について取り上げたのには、ある思いがあります。実は、私には3つ年下の弟がいました。ちょうど10年前です。自ら命を絶ちました。福岡でのことでした。

串間市議会 2020-12-01 令和 2年第6回定例会(第3号12月 1日)

放置すれば保育所学校統廃合等地域社会の崩壊が心配されます。今こそ子育て支援に力を入れるべきです。学校給食費無料化子供に課税する国保税均等割の減免を実施すべきです。市長答弁を求めます。  介護保険に加入している人は、全国で3,525万人、このうち滞納して資産の差押えを受けた人は過去最大の1万9,221人、滞納でペナルティを受けた人は1万4,321人となっています。

小林市議会 2020-11-30 11月30日-02号

(1)これまでの取組状況と今後の展開についてですが、将来的な地方移住にもつながる関係人口の創出・拡大について、Society5.0の実現に向けた技術の活用やSDGsを原動力とした地方創生について、また、人材の掘り起こしや育成、活躍の支援について、民間との協働、さらに全ての人が居場所と役割を持ち、活躍できる地域社会について、これまでの取組状況と今後の展開について、お聞かせください。 

門川町議会 2020-09-30 09月30日-04号

そして、次は、子ども食堂などとの民間との連携なんですが、一応、具体的には一歩踏み込んだ形での民間活動をしていくという答弁だったんですが、一つだけ、私がなぜ飲食店との連携とあえて書いたかといいますと、今後は地域資源をいかにつなげて町民の福祉とか行政の力と併せ持って地域社会をつくっていくかが課題になるだろうと思います。 これは、関連かもしれん。もし答えることができたらお尋ねいたします。

西都市議会 2020-09-17 09月17日-04号

市長押川修一郎君) 地域包括ケアシステムを確立するためには、医療介護福祉それぞれの分野連携はもとより、多職種、他業種の参画、市民が主役の地域社会の機能など、全体での取組が極めて重要であるというふうに考えておるところであります。さらに、これらのスムーズなつながり、支え合いが、よりよい地域包括ケアシステムの確立に不可欠であるものと考えておるところであります。 

日南市議会 2020-09-16 令和2年第6回定例会(第3号) 本文 開催日:2020年09月16日

我が国では、少子高齢化人口減少が進む中、家族雇用形態多様化地域社会結びつき希薄化が同時に進行しています。そうした中、個人家族が抱える生きづらさやリスク複雑化多様化し、80代の親が50代の中高年のひきこもりの子どもを養う8050問題、介護子育てを同時に担うダブルケアごみ屋敷虐待孤独死など新たな課題が表面化してきています。  

西都市議会 2020-09-16 09月16日-03号

市では、次代を担う子どもたち地域社会学校協働して育てる地域学校協働活動取組を円滑に推進していくために、学校関係者PTA関係者社会教育関係者等で組織する西都市地域学校協働活動運営委員会を昨年設置し、協働活動運営方針の検討を始めております。 今後、運営委員会委員の皆様の御意見をいただきながら、学校地域連携在り方体制づくりについて検討してまいります。 以上です。

延岡市議会 2020-09-15 令和 2年第 9回定例会(第4号 9月15日)

現行の普通科に加え、SDGsの現代的な課題への対応を図る学科と、少子高齢化など、地域社会が抱える課題解決を探る学科、ほかに文化やスポーツ人材育成などの特色ある教育学科として認め、主体的な学びを高校生に促す狙いがあるようです。そう考えると、高校だけでなく、小中学校の段階から三つの学科につながる取り組みも必要に思うのですが、御所見をお伺いします。

小林市議会 2020-09-04 09月04日-03号

そのほか、防災訓練、あるいは子供たちを含めた教育地域ぐるみ教育支援活動環境美化活動健康づくり活動観光地整備事業等も含め、地域資源を掘り起こすなどに多くの協議会が取り組んでおられまして、これも地域社会課題解決取組であると考えているところです。 小林小校区の進捗状況であります。 地域支援員地域担当職員によりまして議論を進めていただいております。