136件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

綾町議会 2020-06-18 06月18日-01号

防災上、私が特に危機感を抱いているのは、地すべり発生です。昨年、綾南川の南側斜面で、地すべりが起こりました。もし、大規模地すべり発生していたら、川が土砂によってせきとめられ、濁流堤防を越えて町の中心部を襲っていたかもしれません。河川を管理する関係機関とも協議し、上畑、宮谷地区等から下流域周辺地区の皆さんの協力を仰ぎながら、しっかりと防災対策を進めていきたいと考えています。 

綾町議会 2020-03-13 03月13日-04号

この装置は、土砂災害警戒区域等に設置し、地すべりなどの兆候を早期に予知できるものとなっています。 利点は次の2つです。 1つ目は、即座に町民等避難勧告等を促すことができます。 2つ目は、このような危険箇所に対し、事前に工事などの対策ができます。 この装置の目的は、何よりも大事な町民の方の命と体、財産の保護を図り、ひいては安心安全なまちづくりを目指していくものであります。 

日南市議会 2019-12-04 令和元年第5回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年12月04日

そもそもこれは通常の災害と違って地すべり災害対策ということで、今後国へ申請を行うということになっております。その前段といたしまして、専門家の意見を付す必要がありますので、現在、宮崎大学の先生の見解を伺い、復旧工法を含め、国県と協議を進めているところでございます。  

日南市議会 2019-09-17 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年09月17日

今現在、公共土木施設災害復旧事業に申請するように準備をしておりまして、コンサルタントによります現地調査、そして、ボーリング調査が終了し、今現在、地すべりの観測を行っているところでございます。その途中経過でございますが、大雨時には道路変状が出ることや、動きの範囲がおおむね確定したところでございます。

日南市議会 2019-09-13 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年09月13日

安藤丈喜建設部長 芳ノ元トンネル頭部排土についての御質問でございますが、まず、この区間について難工事箇所ということは議員承知のとおりでございまして、トンネル本体に影響する大規模地すべりが確認されているという状況にございます。  現状としましては、宮崎河川国道事務所にお聞きしましたところ、現在、排土量を軽減するため、地下水排除工事を追加をしていると。

日南市議会 2019-06-25 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年06月25日

しかしながら、議員も御承知のとおり、以前より本区間においての難工事箇所である芳ノ元トンネル上部において、トンネル本体に影響する大規模地すべりが確認されております。現在、地すべり対策として頭部排土工の実施中でありますけれども、排土量が膨大でありまして、排土量を軽減するために地下水排除工を追加しまして、地下水位低下による排土量の全体計画を検討しているということでございました。  

えびの市議会 2019-03-13 平成31年 3月定例会(第 3号 3月13日) 一般質問

そういったときに非常に交差するのに道路が狭いということで、何とかならんかという相談ですが、特に泉源付近のあたり、あそこは下のキャンプ地のほうから行けば左側、上から来れば右側になるんですが、あのところが非常に危険で、万が一地すべり等があれば非常に命にかかわるような道路が、場所があるんですが、そういったところも含めて、駐車場も含めて今後このような拡幅、あるいは整備等は考えておられないかお伺いいたします。

西都市議会 2019-03-07 03月07日-02号

台風による災害は人的にはなかったものの、強風と雨による風倒木地すべりがかつて見たことがないほどの規模発生をいたしました。特に、桜や杉の木が多く倒れていたと見ました。道路や水路も、倒木による決壊や通行不可となったりいたしましたが、公的な構造物は、公的な対応復旧がなされました。しかしながら、個人所有土地山林等個人での処理を余儀なくされたと聞き及びました。 

西都市議会 2018-12-11 12月11日-04号

そのときの判断基準として、1、河川氾濫危険水位を突破し洪水のおそれがあるとき、2、河川上流地域で水害を受け、または河川堤防が決壊するなど下流地域に危険が迫っているか、現に災害発生しているとき、3、土砂災害警戒情報が発表され、宮崎河川砂防システム及び気象庁防災情報提供システムなどの気象情報等により著しく災害危険性が切迫していると判断されるときまたは土砂災害前兆現象が発見されたり地すべりにより

日向市議会 2018-09-25 09月25日-07号

鶴野内東下線災害防除事業につきましては、地すべり対策として、のり面上部アンカーを24本設置し、本年度の工事をもって事業完了を予定しております。 次に、211ページをごらんください。 南日向・日の平線改良事業につきましては、140メートルの道路改良を実施し、約59%の進捗となっております。 次に、216ページをごらんください。 

日向市議会 2018-09-12 09月12日-04号

また、農地の持つ多面的機能の喪失によって、地すべり土砂崩れなどを引き起こす危険性も考えられます。 そこで、以下の点について問います。 (1)百町原のような平地の多い地区では、ほとんど耕作放棄地発生していないというふうに思います。山間部の多くの農地耕作放棄地になっていると考えるわけですが、その実態をどのように把握しているのか、お伺いをいたします。 

西都市議会 2018-09-10 09月10日-02号

亡くなられた方も多く、雨で緩んだ地盤が大きな地すべりを起こしました。被害をこうむった地域被害に遭われた方に心からお見舞い申し上げます。 幸いに、本市では大きな災害発生しておりません。しかし、災害はいつ起こるかわかりませんので、想定できる備えはしっかりしておきたいものだと考えます。そして、そのための情報は、しっかり住民へ伝えていただきたいと要望いたします。 

小林市議会 2018-09-05 09月05日-04号

傾斜、それから地すべりまで、これの指定基準をちょっと教えていただけたらと思います。 ◎松元公孝危機管理課長 土砂災害警戒区域とは、住民等の生命または身体に危害が生ずるおそれがあると認められる土地区域であり、土砂災害防止法により知事が指定した土地のことであります。その中でも、著しい危害が生ずるおそれがあると認められる土地区域土砂災害特別警戒区域であります。

小林市議会 2018-06-15 06月15日-03号

1カ所につきましては、東方地区木浦木のところでございましたが、畑かん地すべり箇所のため、植栽はしてないところでございます。 ◆溝口誠二議員 それと、これは市民の方から、私は代弁者ですから、議会でちょっと確かめてもらいたいということもありまして、実は、これは国有林だと思うんですけれども、実際、現場に行って確認したと。 まず、山の中腹に立木伐採搬出のため重機専用道路をつくっておられたと。