14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

都城市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第2日12月 6日)

農業用水をめぐる世界の情勢では、国際連合食糧農業機関(FAO)は、二〇五〇年に九十億人を超える人口に対応するためには、農業生産を七割増加する必要があり、世界の耕地面積の伸び率は人口の増加に追いつかず、一人当たりの耕地面積が年々減少とも言われております。  本市では、農業の姿を変えていく選択肢の一つに、畑地かんがい営農があります。

日南市議会 2019-06-26 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年06月26日

日本農業遺産につきましては、認定機関国際連合食糧農業機関FAOで食料等が認定基準の一つとなっておりますので、飫肥林業が該当するかについて研究していきたいと思います。  なお、飫肥林業につきましては、伝統的に受け継がれている林業として、平成27年度に日本森林学会より林業遺産に認定されております。  

日南市議会 2018-09-19 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年09月19日

この条約締結国は、国際連合憲章目的及び原則の実現に貢献することを決意し、核兵器のいかなる使用も、それがもたらす壊滅的な人道上の帰結を深く考慮し、その結果として核兵器が完全に廃絶されることが必要であり、このことがいかなる場合も核兵器を決して再び使用させないこと云々というふうにして、この条約は始まっております。この条約の内容について市長の所感をお伺いいたします。  

串間市議会 2018-06-14 平成30年第3回定例会(第5号 6月14日)

食品ロスの削減については、国際連合による持続可能な開発目標のターゲットの1つに掲げられ、国内外で取り組みを加速していかなければならないと認識しております。当市につきましても、事業者や市民食品ロス削減に向けた取り組みを進めるよう、啓発を続けてまいりたいと考えているところでございます。  

えびの市議会 2018-03-15 平成30年 3月定例会(第 5号 3月15日) 一般質問

この満この七十五歳以上ですが、高齢者の明確な定義、法的設定はありませんが、一九五六年に国際連合が六十五歳以上を高齢者として全人口に対する六十五歳以上の人口の比率を高齢化率としたことから、高齢者を六十五歳以上とすることが一般化したと言われております。日本でも老年人口を六十五歳以上と、対象として老齢年齢を六十五歳以上としていることから六十五歳以上のことを高齢者と言うことができます。  

えびの市議会 2016-03-04 平成28年 3月定例会(第 6号 3月 4日) 一般質問

○企画課長(園田 毅君)  農林業センサスの目的でございますが、我が国農林業の生産構造及び就業構造等の実態や農山村地域の現状を把握することにより、農林業に関する諸統計調査に必要な基礎資料を整備するとともに、国際連合食料農業機関FAOの提唱する世界農林業センサスの趣旨に従い、各国農林業の比較において、我が国農林業の実態を明らかにすることを目的とするとされております。

都城市議会 2014-06-20 平成26年第3回定例会(第8号 6月20日)

この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない。この自衛権の行使に当たって加盟国がとった措置は、直ちに安全保障理事会に報告しなければならない。

日南市議会 2011-09-26 平成23年第6回定例会(第6号) 本文 開催日:2011年09月26日

本市は、国際連合で採択をされた障害者権利に関する条約の理念を踏まえた障害を理由とするいかなる種類の差別もない社会の実現を目指している。  その目指す社会は、人として生まれながらに持つ権利自由を障害のある人にもない人にも同じように認める社会である。市民は、障害の有無にかかわらず、誰もが基本的人権主体であって、社会の一員である。  

都城市議会 2007-06-27 平成19年第3回定例会(第6号 6月27日)

だから、国際貢献という言葉を使うと、国際連合に対して貢献するかのように思いがちでありますが、政府や自民党などがいう国際貢献とは、それは国際連合に対する貢献ではなくて、アメリカに対する貢献だということは、この事実からも非常に明らかだというふうに思いますし、これ以上の説明は必要ないと思います。  

都城市議会 2003-03-17 平成15年第2回定例会(第7号 3月17日)

した軍備解体義務に違反している疑いがあるということで、二〇〇二年の十一月八日、国連安保理はイラクに対するIAEA(国際原子力機関)及びUNMOVIC(国連監視検証査察委員会)による査察を全会一致で決議し、まず査察による平和的手段で解決する方向を打ち出して、両機関による査察を実施をしているところであります。  さて、二度にわたる世界規模の戦争によって、言語に絶する悲哀を人類に与えた反省から、一九四五年国際連合

延岡市議会 2000-06-14 平成12年第 9回定例会(第3号 6月14日)

そのほか、具体的には、PTAも「生きること、食べること」をテーマにした講演会を開催、また、ユニセフ(国際連合児童基金)への支援活動に取り組む中で、食べ物を大切にする心をはぐくむ、屋外での青空給食などで食が進む雰囲気づくりをする、残った御飯を担任が食べやすいお握りにして児童に与える、さらに、学校栄養士がその日の給食の感想を聞き、日常的な子供たちとの触れ合いを重視し、味つけ、量、大きさなど調理面の改善

日南市議会 2000-03-27 平成12年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2000年03月27日

世界人権宣言国際連合で採択されてから五十余年が経過している。しかるに、今日なお部落差別を初め、性差別子供高齢者障害者、人種等に対する差別に見られる人権侵害の事象は後を絶たず、学校においてもいわれのない差別やいじめによって耐えがたい苦しみを強いられている実態がある。  我々は、あらゆる差別の撤廃を目指し、人権問題に関する教育、啓発活動をより積極的に努力の必要があると認識している。

  • 1