1108件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

綾町議会 2024-09-27 09月27日-04号

国保負担が大きく生活を圧迫している。国への要望を強めたい。 次に、滞納回収策を練る必要がある。 最後に、基金も活用しながら諸問題の解決を図ってほしいという意見が出されました。 済みません。1つだけ、説明を追加させていただきます。 退職者医療制度は、私の記憶では、多分、平成24年に終わっていると思います。

新富町議会 2020-12-06 12月06日-03号

第1に、国保均等割減額免除の実施についてお伺いをいたします。 次に、国保医療費窓口負担減免制度の現状と今後拡充していく考えはないのか、お伺いいたします。 大きな3つ目は、福祉問題についてであります。 第1に、県は来年度から重度心身障害者医療費助成制度について、通院も現物給付にと発表しましたが、来年度のいつから実施するのか。

日向市議会 2020-06-26 06月26日-07号

しかし、議案第69号の本体は依然として高過ぎる国保として、市民暮らしを圧迫しております。これからもコロナ禍時代が続くと思われる中で、依然として資格証明書短期保険証が発行されており、滞納額は、前年度でも滞納世帯950世帯、8,200万円、過年度分1,146世帯、2億6,000万円と合わせると3億4,400万円にもなります。 このことからも、大きな負担になっていることは明らかです。

小林市議会 2020-06-25 06月25日-04号

国保、市民税納税猶予軽減措置について、お尋ねします。 あとの問題は、質問席から行います。 以上、終わります。 ◎中屋敷史生教育委員会教育長 それでは、私から、まず全国一斉の学校の臨時休業考え方について、お答えしたいと思います。 今年の2月27日、全国一斉の臨時休業の要請が出されたことに伴いまして、本市におきましても、3月2日から市内全ての小・中学校を臨時休業といたしました。

小林市議会 2020-06-24 06月24日-03号

議案第46号令和年度小林市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)について、 今回の補正歳入国民健康保険税繰入金及び繰越金の組替えのみで、国保税率については据置きとなっている。 国保財政の今後の見通しについて質疑があり、新型コロナウイルス感染症の影響により、税収減が予想されるが、一般会計財政調整基金による繰入れに頼った財政運営には限界があるため、国による財政支援が必要である。 

小林市議会 2020-06-17 06月17日-02号

◆時任隆一議員 国保は、前年度所得に対して基本的に課税ですよね。だから、今年度がどうなるか分からないというのが実態だろうと思います。だから、その点については、本当に市民生活医療を守るという観点から柔軟に私は取り組んでいただきたいなと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。 ○坂下春則議長 以上で、議案第48号から議案第52号までの質疑は終わります。 

新富町議会 2020-06-07 06月07日-03号

税務課長宮本芳幸君) 国保の1人当たりと1世帯当たりの昨年度との比較ということですけれども、1人当たり平均保険税額、昨年度が11万7,097円、今年度が11万7,048円ということで49円の減、1世帯当たりが昨年度が19万4,154円、ことしが19万2,378円ということで1,776円の減となります。 

新富町議会 2020-06-06 06月06日-02号

最初に、本定例議会で今年度国保が確定しますが、今年度国保はどうなるのか答弁を求めます。次に、町独自の減免制度について、町長はどう認識されているのか答弁を求めます。この問題の最後に、均等割についての町長考えについて所見をお伺いいたします。 第3に、防災対策についてお尋ねいたします。 先ず最初に、かもめ台団地等防災対策はどうなっているのか答弁を求めます。

綾町議会 2020-03-24 03月24日-06号

一つ、国保納入回数はこれまでと同じく10回です。6月から始まり、翌年の3月までとなっております。そのために、今まで6月議会で決定していた税率を5月の臨時議会で改正を予定しております。 県内では暫定賦課している自治体は現在3自治体ですけれども、新年度からは1自治体になる見込みです。5月の本算定自治体県内で10自治体となっております。

都城市議会 2020-03-13 令和 2年第2回定例会(第6日 3月13日)

これを踏まえると、国保を払えない人がまだまだいる状況にあると考えるため、令和年度決算における基金残高が二十億円と想定されているのでそれを活用し、国保引き下げを行うべきと考えるが、その措置がとられていないため反対である、との反対討論がありました。  以上が審査の経過であります。  

新富町議会 2020-03-12 03月12日-04号

国保については6月定例議会で確定しますが、新型コロナウイルスで打撃を受けている被保険者のことも十分に配慮したものになるよう強く要望しておきたいと思います。 こうした立場から、議案第7号令和年度新富町国民健康保険特別会計予算に賛成するものであります。 以上、賛成討論といたします。 ○議長永友繁喜君) ほかにありませんか。〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長永友繁喜君) 討論を終結いたします。 

綾町議会 2020-03-12 03月12日-03号

今回委員会でも、各自分が所属しているいろんな団体を通じて国に強く働きかけをしなければ、被保険者負担は減っていく状況にはないという意見が出されておりますので、町長も事あるごとに国保国庫負担の引き上げてほしいという立場に立っていただいて、綾町は独自で被保険者保険料を引き下げる努力をぜひしていただきたいと要望したいと思っております。 

串間市議会 2020-03-06 令和 2年第1回定例会(第5号 3月 6日)

次に、2020年度国保をどう見込んでいるかとのお尋ねでございますが、市町村国保年齢構成が高く、医療水準が高い、所得水準が低いなど、財政運営が不安定になるリスクの高い小規模保険者など、構造的な課題を抱えている国保制度を安定に運営するため、平成30年度より国保県単位化が始まったところであります。  

串間市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第4号 3月 5日)

国民健康保険特別会計事業勘定)の令和年度見込み決算についてのお尋ねでありますが、令和年度当初予算との比較歳入でお示ししますと、国保約2,657万円の減、歳出における保険給付費の減に伴う保険給付費交付金の約8,025万円の減、保険基盤安定繰入金約862万円の減、繰越金約2,655万円の増により、約7,300万円、2.39%の減と見込んでおります。  

えびの市議会 2020-02-28 令和 2年 3月定例会(第 2号 2月28日) 質疑

○十三番(西原政文君)  介護保険料の抑制につながるということで言われてますんですが、この本当に介護保険料国保または高齢者医療保険料で、御高齢の方々が本当に安心して暮らせる状況にはないというのはもう現実になっています。ですから、今回の八期については、市長はどのような認識かなと思えば、全く従来のとおりであって、これについては本当に今後ももう少し見守る必要があるなという認識をいたしました。