372件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西都市議会 2020-03-02 03月02日-01号

日向国府跡、日向国分寺跡、都於郡城跡などの史跡について、今後の保存・活用策を十分に検討していくとともに、神楽文化のユネスコ無形文化遺産登録などに向けても取り組んでまいります。 社会体育施設につきましては、西都原運動公園野球場改修工事の計画工期完了を目指し、将来にわたり快適な施設環境の維持を図ってまいります。

西都市議会 2019-12-11 12月11日-04号

まず、西海市での中浦ジュリアンについての取り組みに関してですが、中浦ジュリアン顕彰碑、中浦ジュリアン記念公園、中浦城跡の史跡を整備されておりました。特に中浦ジュリアン記念公園については、中浦ジュリアンの出生地である西海町中浦南郷の地に完成させています。

えびの市議会 2019-12-09 令和元年12月定例会(第 4号12月 9日) 一般質問

ほかにも議員の方が参加されておりましたが、ちなみにこれは田代地区で行われたフットパス、そしてこちらが大河平地区で行われたフットパスですが、こういった地図をもとにいろいろな史跡めぐりだったり地域を散策するものでございます。  ふだん車で通りなれている道ではございましたが、実際に歩いてみますと、今まで見えなかった景色や発見などさまざま感じとることができました。

えびの市議会 2019-12-06 令和元年12月定例会(第 3号12月 6日) 一般質問

社会教育課長(領家修司君)  市内史跡観光の振興に寄与する観光資源の一つとして駐車場、トイレなどの便益施設の必要性は感じておりますが、現在の亀城公園は、見学者の長期滞在が見込まれないことや危機管理等の課題がございまして、近隣の市民体育館などの公的施設でのトイレ利用をお願いしているところでございます。

都城市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第5日 9月12日)

大島畠田遺跡歴史公園平安時代を中心とする遺跡で、国指定史跡になっています。地元の宝として利活用し、後世に残していきたいという考えがあるようです。  質問します。  現在どのような活用がされているのでしょうか。また、今後どのように活用していくのでしょうか。 ○議 長(榎木智幸君) 教育部長。 ○教育部長(栗山一孝君) それではお答えいたします。  

日向市議会 2019-09-10 09月10日-03号

以前質問もいただいたというふうに思っておりますが、それの、看板の木とか竹とかという、生えているのも実際見ておりますが、耳川合戦も大変大事な史跡だというふうに思っておりますけれども、これまでのように、ずっとあれを、何年か置きに切っていくことがどうなのかという議論をさせていただいて、現状に至っているということでございます。

串間市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第2号 9月 9日)

まずはじめに、令和2年度に宮崎県内で開催されます第35回国民文化祭・みやざき2020、第20回全国障害者芸術・文化際みやざき大会につきましては、本市におきましても歴史遺産を活用してのシンポジウム等を開催する方向で準備しており、市民秋まつり文化祭、串間市文化美術展を事業の一環に位置づけ、障害者の皆さんにも御参加いただき、本年度は令和2年度大会の広報等の準備や史跡めぐり等の事前企画も展開し、宮崎県との連携

西都市議会 2019-09-09 09月09日-02号

伝統文化史跡などの掘り起こしにつきましては、現在、市では西都市文化財保存調査委員会の中で各地区に残る重要な文化財の掘り起こしを行い、市指定文化財の登録を行っているところであります。また、西都市民芸能保存団体連絡協議会には、現在12団体が加盟されていますが、各団体とも高齢化と後継者不足が大きな課題となっております。 

延岡市議会 2019-09-03 令和元年第 3回定例会(第2号 9月 3日)

史跡文化財の宝庫でもあり、プチ観光ができる地域ですので、まさにグリーンスローモビリティ事業の基本理念に合致していると思います。  今後、方財町での成果が上がった場合には、ぜひ、南方地区で導入してほしいと願うところですが、南方地区への導入の可能性について御所見をお伺いいたします。  次に、市民課窓口業務民間委託事業について伺います。  

延岡市議会 2019-06-27 令和元年第 2回定例会(第4号 6月27日)

私が見た中では、市役所のそばの三福寺さん、それから野口記念館の隣にありまして、いずれかは撤去されると聞いております後藤邸、これぐらいしか戦前から残っている建物、史跡はないようにお見受けいたしますが、市民にとって城山とその周辺の町並みがそろってこそ、郷土意識を高揚させるまちづくりであり、国家百年の計だと思うんです。  私の周りにいます小学校中学校・高校の子供たちに聞きました。延岡のイメージは何か。

都城市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第3日 6月17日)

自分たちが住む地域の自慢の景色、史跡文化などを他の地区の方や市外の方にも知ってほしいという思いが詰まっております。  ウォーキングマップのコースを歩いた職員の感想につきましては、「本市の自然や景観は美しいと改めて感じた。」「日ごろ車でよく通る道に貴重な史跡があってびっくりした。」などの意見がございました。 ○議 長(榎木智幸君) 別府英樹議員

日向市議会 2019-06-17 06月17日-02号

3、一般行政、伝統的な文化史跡等の維持管理と継承について。 市内各地に点在する歴史的な文化史跡、神楽などの維持管理や継承は、その地域主体となって活動することが基本となる、平成30年6月議会教育長が答弁をしておられます。ですが、現実には、各地域は少子・高齢化で、満足な形での保存等が厳しい状況になっていると理解する。

串間市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第6号 6月14日)

本年度は、令和2年度大会の広報等の準備や史跡めぐり等の事前企画も展開してまいりたいと考えております。  今後とも、宮崎県との連携を図りながら、本大会の開催及び串間の情報発信に努めてまいりたいと存じます。  以上であります。 ○6番(福留成人君)  串間市も、会場の1つになるということでありますが、いつなんでしょうか。

都城市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第5号 3月 8日)

私はそのたびに、関之尾滝や母智丘の桜、人形浄瑠璃や弥五郎どん、島津を中心とした史跡など、その魅力をお伝えしております。このことから言えるのは、私たちが我がまちの観光資源や売りに対して、自信と誇りを持って磨き上げていくことが大事であり、その機運があって初めて対外的に輝ける元気な姿を届けることができる、魅力の発信ができると考えています。  

小林市議会 2019-03-07 03月07日-04号

観光商品の開発ということでございますけれども、今年、ラグビーワールドカップで外国人の方がたくさん来られますけれども、その方々をこの小林市にどうやって導いていくかということがやはり課題となっておりますので、そこには、例えば農家民泊がかなり魅力度があって、外国人の方が興味を持っていらっしゃるとお聞きしておりますので、それを核として、それだけではなかなか観光地域づくりができないので、例えば登山であるとか、史跡

小林市議会 2019-03-01 03月01日-03号

その中でも特に歴史的に重要な史跡、それから価値ある文化遺産等につきましては指定文化財として位置づけ、将来のためにも大切に引き継がれていくよう維持、保護に努めているところであります。 学校におきましては、小学校社会科だけではなくて、本市独自のこすもす科におきましても、小学校4年生と中学校2年生で郷土の歴史、伝統文化について学んでおります。

西都市議会 2018-12-10 12月10日-03号

元岩井谷小学校職員住宅、元東陵中学校、尾八重牧場、銀上小学校、元穂北小学校職員住宅、西都原古墳史跡住宅、元西都市尾八重川キャンプ場の7施設となっております。 ◆12番(黒木吉彦君) ありがとうございます。 この7件も個別施設計画に位置づけて計画をされるというふうに思いますが、計画ができましたらまたお尋ねをしたいというふうに思います。 

西都市議会 2018-12-07 12月07日-02号

そして、それを受け、同42年6月24日には、特別史跡西都原古墳群の整備事業を機に郷土の文化財に対する認識を深め、保存活用が適切に行われるよう努力することを目的に、全国でも初めての文化財保護都市の宣言を行っています。 これを踏まえ、文化遺産保護と活用をスローガンに、1、文化財の保存整備、2、文化財の活用、3、歴史・伝統文化保護と継承の3項目によって施策の推進に取り組んでおります。