1113件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

綾町議会 2020-09-13 09月13日-03号

竹炭としても売れるし、肥料としても使えるし、一緒にできる木酢というんですか、水蒸気というか何かそういうのが液体になった物だと思うんですけれども、これは殺菌作用が非常に強くて、この前のでも使われたということなので、ぜひともこういうアイデアを持ってらっしゃる方がいらっしゃいますので、一度お話をお聞きになったらどうでしょうか。 ○議長(日高幸一君) 町長。

新富町議会 2020-09-06 09月06日-03号

畜産業から復興が進み、かなりの後継者が育っています。しかし、残念ながら本町基幹作物ハウス園芸、畑作、水田農家には畜産に見られるような勢いが感じられません。 本町農業の町であります。農業が衰退しないよう後継者の育成にさらに本腰を入れる考えはありませんでしょうか。農業が発展していけば、必ず疲弊し切った商店街にも売り上げが戻ってくるはずであります。

小林市議会 2020-06-25 06月25日-04号

10年前ののときには、経済対策復興支援事業の一環としてバーベキュー大会を行っております。このようなものについては、考えられないのか。せっかくおいしい日本一の宮崎牛と、そして特A米のお米と名水百選の水があるわけでございます。皆さんがそれを食せるような大きな絵をつくって、周りの方々に分かってもらえるものというのも、私は重要じゃないかと思います。いかがでしょうか。

西都市議会 2020-06-17 06月17日-03号

◆14番(北岡四郎君) 情報開示に基づき、対策本部等会議録を読ませていただきました。隣国においては、恒常的に発生をしております。国際化国際交流時代でもあります。いつ発生してもおかしくなく、危機感を持っておかなければなりません。だけではなく、豚コレラやパスポートなしに飛んでくる渡り鳥による鳥インフルエンザ等もあります。 

西都市議会 2020-03-11 03月11日-04号

このような中で、日本周辺国ではや高病原性鳥インフルエンザ豚コレラなど家畜伝染病発生をしております。県内で発生して4月で10年を迎え、災禍を残した教訓はどのように生かされているのか、二度と発生させてはいけない伝染病だと思います。現在の家畜防疫対策はどのようになっているのか、お伺いをいたします。 次に、企業誘致に関連する課題と問題点についてお伺いをいたします。 

西都市議会 2020-03-10 03月10日-03号

思い出すのは、10年前の騒動です。あのときは、県や国の対応が遅れてしまい、瞬く間に感染地が広がり、そのため、不要不急の外出を禁じるなど非常事態宣言がなされました。それにより、畜産業者だけではなく市内商店街を中心とした経済活動に大打撃を与えたことは、まだ記憶に生々しいです。今回発生した新型コロナウイルスが同じような被害を起こさないように取り組んでいただきたいと考えます。 さて、ここで伺います。

都城市議会 2020-03-05 令和 2年第2回定例会(第3日 3月 5日)

本市は、今から十年前の平成二十二年四月に発生し、同年六月末から七月にかけて一時間に百二十ミリを超える記録的な豪雨災害を受けました。年明けの一月二十六日、新燃岳火山噴火災害のたび重なる災害で疲弊した本市状況思い出されます。今回の新型コロナウイルス感染で、本市経済失速が最小限で収束することを切に願うばかりであります。  それでは、通告に従って、質問いたします。  

小林市議会 2020-03-03 03月03日-03号

今後も豚熱鳥インフルエンザ等家畜伝染病は、畜産のみならず地域経済にも甚大な影響を及ぼすため、市民、関係団体と一体となった防疫、そして、万一の発生に備えました迅速な防疫措置を柱として一層の取組強化を図ってまいります。 次に、園芸、農産、果樹、花卉、特産等につきましては、西諸畑かんによる浜ノ瀬ダムからの通水が開始されました。

えびの市議会 2020-02-28 令和 2年 3月定例会(第 2号 2月28日) 質疑

当然対応はしっかりしてまいりますし、当然発生したときも、発生することを予想したような文章は書いてないわけでございますし、施政方針というのは大体そういうものだと思っております。ここにコロナウイルス対応が書いてないのでコロナウイルス対応はしないということではございませんので、変える必要はないと思っております。

小林市議会 2019-12-17 12月17日-06号

イノシシの飼育状況の把握について質疑があり、発生した平成22年には調査を行ったが、現状は把握できていないため、飼育調査を早急に行う予定である。 さらに、豚コレラワクチン接種状況について質疑があり、岐阜県等において10月末からワクチン接種が行われており、既にワクチン接種豚の出荷も開始されている。

都城市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第4日12月10日)

中国が二〇〇一年に輸入を禁止して以降、県産和牛を乗り越え、全国和牛能力共進会で三大会連続内閣総理大臣賞を獲得。国内で培ったブランド力を背景にした米国やアジアへの輸出も好調で、こうした実績を生かすまたとないチャンスが訪れている。」との明るい記事でしたが、この記事を見て、農政部長の感想をお伺いいたします。 ○議 長(榎木智幸君) 農政部長。 ○農政部長折田健太郎君) お答えいたします。  

えびの市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第 5号12月10日) 一般質問

冒頭に申しましたが、あののあの殺処分の作業を、今まで牛にもさわったことのないような、牛の近くにも行ったことのない市の職員が現場で作業された。あのときの思いは今もちゃんと持っておられると思いますが、ああいう思い絶対したくないんで、そういう形の気構え、心構え、今後も十分徹底した防疫の指導をしていただくように申し上げておきます。  次に、七番目でございます。

都城市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第2日12月 6日)

この時期、Mallmallと国道を隔てた繁華街は、忘年会シーズンでにぎやかさを増し、九年前のの際のひっそりとした時期を思うとうれしく思うところなのですが、イルミネーションの見物客とは異なるのが、お酒が入った人も多くいるので、治安においての懸念がなされるところであります。  日本が世界に誇る治安維持システムとして交番の存在が挙げられます。

串間市議会 2019-12-05 令和元年第5回定例会(第6号12月 5日)

中国韓国あたりでは非常にも含めて現在蔓延をしておるわけですから、いつ何時入ってくるかわからんから、準備はしておかないかん、防疫体制は備えないかんですけれども、具体的にはこれは養豚対策ということですから、具体的に3軒あるわけですけれども、3戸農家があるわけですが、具体的にどのような対策をされるのか、お聞かせを願いたいと思います。  

串間市議会 2019-12-04 令和元年第5回定例会(第5号12月 4日)

だから牛も一時は、BSEが出たときは、もう二束三文、もう買い手もない。もうややもすると、ぬれ子なんかは100円でも競り市場子牛が売れなかった時期があったわけですよ。BSEとか時代はですね。  ですから、そういう問題を克服してきたわけでありますけれども、どうかそういうことで、口当たりのいいことばっかり言うとっても始まらんわけですからですね。

小林市議会 2019-12-03 12月03日-03号

宮崎県ではもありまして、あの数十万頭に及ぶ家畜の殺処分も担当していただきました。そして、この地域豪雨、台風が接近すると、えびの駐屯地から常駐をいただきまして、そして、いざというときの対応をしていただいてもおります。そういうことを踏まえて、私の立場宮崎防衛協会小林支部長という立場もいただいております。 

串間市議会 2019-12-03 令和元年第5回定例会(第4号12月 3日)

議員言われるように、今後いろんな対策があるわけですが、私はのときの負担をやはり心配をいたして、大坪部長、前農政部長に相談したことがあるんですが、やはり基金制度というのを持っておかないと、のような被害に遭ったときには、地元の行政というのは大変なことになりますと。やはりそこは県としっかりと踏まえた中での基金というのをやるべきじゃないですかというのをお願いをした経緯があります。