16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

都城市議会 2018-12-13 平成30年第5回定例会(第6号12月13日)

水道水の水質基準は、水道法に基づき、厚生労働省令で定められており、また、水質検査については、水道法によって定期及び臨時に実施することが義務づけられております。  定期検査には、毎日検査と水質基準項目検査がございます。毎日検査では、水の濁り、におい、残留塩素を検査し、水質基準項目検査では、浄水、原水の一般細菌、大腸菌、臭気、濁度などを検査しております。  

えびの市議会 2015-02-26 平成27年 3月定例会(第 1号 2月26日) 開会

地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律平成二十五年法律第四十四号)により介護保険法(平成九年法律第百二十三号)の一部が改正され、これまで厚生労働省令平成十八年厚生労働省令第三十七号)で定められていた指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準について条例委任することとされたため、

延岡市議会 2013-09-12 平成25年第16回定例会(第4号 9月12日)

通所介護事業者は、まず法人であるということのほか、従業者の数や設備などについて、厚生労働省令で定める通所介護事業者の指定基準を満たしていることが必要でございます。  事業者の指定は県が行うこととなっておりますので、指定の手続につきましては、本市を管轄する宮崎県北部福祉こどもセンターで行うこととなります。  次に、通所介護施設紹介についてのお尋ねでございます。  

延岡市議会 2013-06-13 平成25年第14回定例会(第4号 6月13日)

厚生労働省令において、耐塩素性病原生物が混入するおそれがある場合、急速ろ過、緩速ろ過、膜ろ過等のろ過設備、及び紫外線処理設備のいずれかの設備を設けることと定められております。  紫外線照射装置を選定した理由につきましては、まず、本市の水源水質が良質であること、また、導入経費や維持管理経費等を総合的に検討した結果、紫外線照射装置を選定したところでございます。  

えびの市議会 2012-12-04 平成24年12月定例会(第 2号12月 4日) 質疑

それと、現体制でどうなのかと、専門職員とか考えなくていいかという御質問でございますが、これにつきましては、先ほど議員が言われましたように、国の基準ということで厚生労働省令に基づきました基準により、現在も行っているところでございますが、平成十八年度に指定については県から市長のほうに権限移譲されたところでございまして、現在も平成十八年以降、これの業務を行っております。  

延岡市議会 2011-09-13 平成23年第 3回定例会(第2号 9月13日)

御案内のとおり、子ども手当の支給等に関する特別措置法では、本人からの申し出があった場合は、厚生労働省令で定めるところにより、天引きできることとなっております。  しかし、現時点では、この厚生労働省令等が示されておりませんので、具体的な事務作業の手順等については不透明な状況でございます。  そのようなことから、詳細な業務負担量を推しはかることは、現在難しいというのが実情でございます。  

都城市議会 2011-06-17 平成23年第3回定例会(第3号 6月17日)

まず、災害拠点病院の必要性についてでございますけれども、災害拠点病院平成七年一月十七日に阪神淡路大震災で甚大な被害を出したことから、被災地の医療の確保、被災地への医療支援を目的平成八年の厚生労働省令で定められたものであります。そして、平成八年四月より、施設設備の整備を国が支援し、県が整備をしていく整備事業が開始されております。

都城市議会 2010-09-14 平成22年第5回定例会(第5号 9月14日)

平成二十一年三月三十日付厚生労働省令第五十四号により、指定認知症対応型共同生活介護事業所、グループホームでは、夜間勤務者は二ユニット、十八名の利用者につき一名の人員配置基準となっていますが、都城市内ではほとんどの事業所がその基準を上回る二ユニット二名の配置を行っております。  また、宿直者を事業所内に配置するところや緊急時に連絡ができるような体制を整えている状態であります。

都城市議会 2008-03-18 平成20年第3回定例会(第7号 3月18日)

水圧につきましては、厚生労働省令水道施設技術基準を定める省令というのがございまして、配水管から給水管に分岐する箇所での最小動水圧基準は百五十キロパスカル、一・五千キログラムエフということになりますが、このような定めがございます。今月の五日でありましたけれども、調査をいたしましたところ、この山神原地区公民館近辺での水圧基準の七〇%程度しかございませんでした。

延岡市議会 2007-09-11 平成19年第 4回定例会(第2号 9月11日)

ドクターヘリの配備については、救命救急センターを備えていること、その他のドクターヘリ救急医療の提供を適切に実施するために必要な厚生労働省令で定める要件を満たした医療機関を、その医療機関同意を得て、指定医療機関として指定するものでありますが、救命救急センターを備えている県立延岡病院も、その要件を満たしているのではないかと思います。  

都城市議会 2003-06-23 平成15年第3回定例会(第2号 6月23日)

めているところでございます。この全項目の調査によりますと、すべて基準以下ということで現在まで推移しております。  さて、御質問のありました平成九年度以降の上水道の硝酸性窒素濃度の調査結果についてお答えをいたします。硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素は毎月一回検査を行っておりますが、月々によって濃度の変化が多少ありますので、一年間の検査結果の平均値を各浄水場の年度ごとにお答えをさせていただきたいと思います。厚生労働省令第十一号

串間市議会 2002-09-12 平成14年第4回定例会(第4号 9月12日)

また、数値については、厚生労働省令に定める基準値内であります。  以上です。 ○8番(渡辺郁郎君)  産廃問題、何回もお聞きいたしますが、今、生活環境課長が言われたように、旧職員がまだ今でもキーは管理しておると。現在は県が許可していないわけですから、あそこに持っていくものは不法投棄ということになるわけですよね。ただ、現場は御承知のように市内集落等から相当隔たった山奥深いところにある。

串間市議会 2002-09-10 平成14年第4回定例会(第2号 9月10日)

現在、管理しているところの上水道施設3カ所、簡易水道施設10カ所、飲料水供給施設3カ所については、水道法第20条による厚生労働省令による定期的な水質検査を行っているところです。検査内容として上水の省略不可の項目を毎月1回、上水の全項目検査については上水道は年に2回、簡易水道、飲料供給施設は年1回、また、原水については全施設を年1回全項目検査を実施いたしているところです。

  • 1