41件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

えびの市議会 2019-06-19 令和元年 6月定例会(第 4号 6月19日) 一般質問

○十五番(栗下政雄君)  今ちょっと、市長のほうで水路の管理等は入られるというようなことを答弁されましたが、このことについては、市長は岡元用水路権利者の会のほうで、これも昔できておった水利組合ですので、これを新たな組合を設立しようということで、私たち、田口議員と稲田優さんと三名が発起人になって、岡元用水利権者の会というのを設立しました。

えびの市議会 2018-06-18 平成30年 6月定例会(第 4号 6月18日) 一般質問

○十五番(栗下政雄君)  私がなぜこんなことを質問するかといえば、平成二十九年一月十日、岡元用水利権者の会というのを設立いたしました。そのときに、関係者の皆様が、代表者の皆さんが、えびの市長と宮崎県とその総会に出席をしてくださいと案内をしました。もちろん案内状を出したと思います。そのときに、宮崎県は振興局の当時の課長が、課長ともう一人お見えになりました。えびの市は誰も来なかったんです。  

えびの市議会 2017-12-12 平成29年12月定例会(第 5号12月12日) 一般質問

次に、三番目の、霧島演習場と要望書問題についてですが、この問題については、岡元用水利権者の会からの要望でありまして、えびの市長に要望書が提出されていると思いますが、まず、この要望書を読み上げていただきたいと思います。 ○市長(村岡隆明君)  要望書につきましては、十一月十日の日付で、国に出された要望書、それを添付しておられます。

えびの市議会 2017-03-06 平成29年 3月定例会(第 5号 3月 6日) 一般質問

○十五番(栗下政雄君)  次に、五番目の岡元用水利権者の会設立問題についてを通告いたしておりました。  岡元用水利権者の会が平成二十九年一月十三日に設立された。設立総会には、宮崎県西諸県農林振興局からも出席していただき、役員体制が確立したわけでございます。  この点について、市長はどのようなお考えかお尋ねしてみたいと思います。

えびの市議会 2016-09-05 平成28年 9月定例会(第 2号 9月 5日) 質疑

○市長(村岡隆明君)  今、議員がおっしゃるような懸念がないように、当然、議会にも御提案するわけでございますし、最終的には農業委員会全体でいろいろな合意形成をしていただくわけでございますから、その組織そのものが先ほどおっしゃったような、これまでの農業委員会の形態と違って、外部の人であったり、一部の利権に絡むような組織、そういったものが結論を出すような場にならないようにしっかりしていきたいと思っております

えびの市議会 2013-10-21 平成25年10月定例会(第 4号10月21日) 一般質問

○市長(村岡隆明君)  派閥という考え方がどういう考え方かということにもよると思いますけれども、自分の利権とか、そういった自分の立場を利用して一部の議員さんたちに便宜を図ったりとか、とにかくそういった関係はつくっておりませんし、議会のほうでもそういったことは理解していただいているというふうに考えております。

串間市議会 2012-12-14 平成24年第7回定例会(第7号12月14日)

しかし、これをめぐっての激しい利権争いが繰り返されてきました。これらの選定を数名の選定委員が採点するプロポーザル方式で行ってきましたが、選定委員の選定の仕方、委員の構成や採点方法、情報の開示などをめぐって市民から厳しい批判の声が挙がり、恵福寮の無償譲渡議案は、市長が撤回する事態に追い込まれました。  今回、恵福寮の有償譲渡が議案として提案されていますが、9名の委員が最高点をつけたとなっています。

串間市議会 2012-09-24 平成24年第6回定例会(第7号 9月24日)

行革による民間委託が先行して進められる中で、激しい利権争いも繰り返されています。将来を担う子どもたちのために、今こそ公正公平な市政運営が求められています。  このような点から反対をするものであります。(降壇) ○議長(門田国光君)  ほかにありませんか。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(門田国光君)  ないようでありますので、討論を終結いたします。  

串間市議会 2011-12-14 平成23年第7回定例会(第4号12月14日)

○16番(児玉征威君)  この施設は、率直に言いまして、串間の利権派閥象徴的な施設ですね。これをめぐってのそういう形が私は出てきてあったと。だから、19年に空調施設の更新工事として719万2,000円は、これは当時の指定管理者にやらせている。これはそうなると、さきの指定管理者に全額というわけにはいきませんが、本来は返さないかんのじゃないかと私は思うわけですね。

えびの市議会 2011-03-15 平成23年 3月定例会(第 6号 3月15日) 一般質問

○市長(村岡隆明君)  全体的な協議者の同意を得られる部分についてはそれだけだったと、利権を利益という、利権の問題のところについても改定できないということで結論が導き出されたということであります。 ○五番(池田孝一君)  そうなりますと余計不満なんですが、捺印まで済んでいるということですね、つまり。 ○市長(村岡隆明君)  捺印までは、まだ終わっていないところであります。

えびの市議会 2011-03-14 平成23年 3月定例会(第 5号 3月14日) 一般質問

その中の大きなポイントとして、協定者を、今、「西部方面業務隊長」になっているのを「西部方面総監」に戻すべきだということと、「利益」を、「利権」という言葉にもう一回戻すべきだということと、先ほどありました用水路の管理の確保が十分できるのか、そういった御心配等々がございましたので、そういった市民の皆さん方の要望にこたえられるような中身に抽出をして、改訂のポイントを提案させていただいたところであります。

串間市議会 2010-09-16 平成22年第5回定例会(第6号 9月16日)

ただ、こういう今度の議会の状況見まして、私は以前派閥利権のそういう争いが起こってはならないと。原発というのはこれはもう経験して、非常な金といろいろな団体が巻き込んだ争いでありました。だから一番私が心配するのは、当初串間の市民の現状は言いました。だから、私は今はそういう形で市が分裂、二分するような形になってはならない。まさに今市民の命、暮らしが大変な状況になってる。

都城市議会 2009-12-08 平成21年第7回定例会(第3号12月 8日)

かなり広いのですけれども、そちらの方を取得するつもりだということで、私たちが心配するのは利権とか、買い占めとかそういったことが生じないかなということです。これだけ広い土地であれば、やはりそういった部分で少しおかしなというか、動きがないかどうかは、ここはしっかりと監視をしながら、とにかく公平に、平等に行っていただきたいと思います。  

延岡市議会 2008-09-10 平成20年第 9回定例会(第2号 9月10日)

今後につきましては、北川ダム発電用水利権の更新期限が来年三月ということになっておりますが、これを一つの節目と考え、それまでに一定の結論を出していきたいと考えております。  現在、設立準備中であります流域防災会議を早期に立ち上げまして、洪水調整機能の向上や濁水の長期化防止を図るための協議をしていただき、流域住民の要望がかなえられるように努力したいと考えています。  

日南市議会 2008-08-22 平成20年第4回定例会(第6号) 本文 開催日:2008年08月22日

彼らは、変化することのおそれというよりも、大体の場合がその地位利権を死守するための反対でしかない。そこには個人的な損得勘定しか入ってこないのである。  鷹山の場合も例外ではない。鷹山は、生粋の上杉家の跡継ぎではなく、九州高鍋藩三万石の藩主秋月種美の次男から上杉家に養子として入ったよそ者である。

延岡市議会 2008-03-05 平成20年第 6回定例会(第3号 3月 5日)

ダム対策検討委員会事務局から、発電用水利権許可期間や濁水対策としての選択取水設備効果、及び洪水対策として洪水調整水量の検討を行っていることなどの報告を受けております。  なお、現在は、国や関係機関との協議を行いながら、検討委員会としての意見調整を行っているとのことでございます。  続きまして、北川ダム問題に取り組む姿勢を改めて聞きたいというお尋ねでございます。  

延岡市議会 2007-11-27 平成19年第 5回定例会(第2号11月27日)

市長マニフェストには、経営感覚で市役所を特定業者の利権は許しません。徹底的にガラス張りにして、お金の使い方が、だれの目にもはっきりわかるようにしますと、明確に言われております。今回の裏金、預け、書きかえにも、そのことは通じると思います。この件は厳正な処置を重ねてお願いいたします。  

えびの市議会 2007-03-09 平成19年 3月定例会(第 3号 3月 9日) 質疑

これはいろんな利権に絡むから、審議員にそういう圧力やらいろいろかかっといかんから多分そういうのがあると思います。だから審議員の審議する内容によっては、そういうやはり個人秘密やらいろんなものに対して、また名誉にかかわるようなものがあった場合にはやはり公表しないところもあるわけですね、内容によっては。