4317件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

門川町議会 2021-12-24 01月13日-01号

それを自分たちは間違いないと1回目の予算も言いながら、このようなことが節約ができるということは努力を怠っていたんじゃないかと私は判断します、効率性経済性を追求する。予算があるからどんどん使えという方向で使うことは入札の信頼性からするとあってはならないことと私は判断いたします。予算と今回の議案については大きな矛盾があると私は考えます。 以上で討論を終わります。

えびの市議会 2021-03-19 令和 3年 3月定例会(第 6号 3月19日) 閉会

さらに、観光協会が保管しているクーポン券は、全て確認し、勝手に名前を使われたとの苦情、意見は来ておらず、四百九十九名の市民がそれぞれの施設を利用したと判断している。  また、実質利用された十二施設での利用者数にはばらつきがあるが、それは利用される市民の選択された結果であると思っている。  なお、事業としては、市民五百名の限られた人数であったが、利用できたことや旅館業支援につながった。

えびの市議会 2021-03-16 令和 3年 3月定例会(第 5号 3月16日) 一般質問

昨年十二月に県庁で開催された県道小林えびの高原牧園線の共用に関する検討会におきましても、万が一の噴火や硫化水素等火山ガスの発生による登山者観光客等への安全管理も十分な配慮をしながら、観光のみならず産業物流の観点からも、早期通行再開が可能となる判断をしていただくよう強く要望をしたところではございます。  

えびの市議会 2021-03-15 令和 3年 3月定例会(第 4号 3月15日) 一般質問

基準内容的には差異はございましたが、本市同等程度取組状況ではなかったかと判断しているところでございます。今後も、障害児保育事業を継続して取り組み、障がい児の福祉の向上に努めてまいりたいと考えているところでございます。計上した予算については、計上した予算の範囲内で対応ができるものと考えているところでございます。

えびの市議会 2021-03-01 令和 3年 3月定例会(第 2号 3月 1日) 質疑

健全化比率健全化判断比率につきましては、以前より質問もさせていただいております。令和二年度においては、予想しておりませんでした新型コロナウイルス感染症対策、また、七月の集中豪雨災害などで、ここに記載してありますように緊急の財政出動などがあり、基金残高は大きく減少し、また、あわせて感染症影響令和三年度の市税収入額の大幅な減少が見込まれると記載がございます。

えびの市議会 2021-02-26 令和 3年 3月定例会(第 1号 2月26日) 開会

本市財政状況に目を向けると、令和年度決算における健全化判断比率財政指標についてはこれまでと同様、国が定めた早期健全化基準を下回る状況にありますが、令和二年度の感染症対策集中豪雨災害への財政出動により、基金残高は大きく減少し、同時に、感染症影響で、令和三年度の市税収入額は大幅な減少が見込まれるうえ、義務的経費予算に占める割合が高くなってきており、さらに「新たな日常」の実現が求められることから

日向市議会 2021-02-18 02月18日-01号

4ページから5ページに過去10年間の歳入・歳出決算額推移経常収支比率健全化判断比率状況を、6ページから7ページに市債残高基金残高推移公共施設更新費用の推計を示しております。 このような状況を踏まえ、8ページになりますが、本大綱の推進期間における普通会計ベース財政収支の試算を行ったところ、今後4年間で多額の収支不足が見込まれているところであります。 

延岡市議会 2020-12-18 令和 2年第10回定例会(第5号12月18日)

市民公募では、市史編さんへの思いについて作文を提出していただき、選考面接を実施したが、いずれも非常に熱心で、事業に対し思いの強い方ばかりであったため、こういった方々の意見を反映して基本計画を策定すべきものであると判断し、全てを委員に加え、二十五名としたところである」との答弁があったのであります。  

日向市議会 2020-12-18 12月18日-07号

あと、今後ですが、日々感染状況が変わっていて、各県で増減が激しい昨今でございますので、決定してもまた二転三転する可能性があるということで、二転三転したときの状況で全てキャンセル料を負担するのかどうかということと、判断は全て校長先生に委ねるのかどうか、教育委員会としての関わりはどうなのかということを教えてください。 以上、お願いします。

日南市議会 2020-12-17 令和2年第7回定例会(第6号) 本文 開催日:2020年12月17日

この陳情は、令和2年第6回定例会において継続審査としており、今回、地方たばこ税の事務を所管する総務市民委員会並びに葉たばこ生産農家等の経営安定を所管する産業建設委員会意見交換会も行い、審査したところですが、引き続き慎重な審査が必要との判断から、賛成多数をもって閉会中の継続審査とすることに決しました。  以上で審査結果の報告を終わりますが、よろしく御審議くださいますようお願いいたします。

西都市議会 2020-12-17 12月17日-06号

議員の皆さんに聞いていただき、一人ひとりが採決の際、よき判断が下せる材料となることを願っています。 まず、最初に私の立場を述べさせていただきます。 一般質問意見を申すことができる場において何度も申していますが、西都児湯医療センターの新病院建設市民時代、つまり救急医療を考える会の会長をしていた時代から望んでいました。ですが、2つの条件も申しておりました。

都城市議会 2020-12-16 令和 2年第6回定例会(第7日12月16日)

各地で医療崩壊の危機が迫る中、遅すぎる判断ですが、地方への広がりを止めるためには直ちに中止すべきだと考えます。本市ミートツーリズム事業新型コロナウイルス感染症感染拡大を助長する危険性があり、ミートツーリズム事業を即時中止して、観光宿泊業飲食業等への直接支援に振り向けるよう求めるものです。  市民皆さんが今求めているのは、新型コロナウイルス感染症対策です。

門川町議会 2020-12-15 12月15日-03号

契約の中で実際工事に入りまして、約款のほうでもいろんな現場自然条件とかそういうのを含めましてこうしたほうがいいというものがありましたら、施工業者とか設計者から提案がありまして、その内容について町が判断いたしましてしているところなんですが、今回の変更点に関しましては、実際、今の段階で防災・減災事業債を活用して整備したほうが、後年、自分たち自主財源のみを使って維持補修をするよりも当然有利だと判断いたしましての

小林市議会 2020-12-15 12月15日-06号

市の方針としては、ケーブルテレビの機器の大部分減価償却期間が10年で、今後の維持管理経費の増加も予想されることや、民間でできることは民間に任せるという考えの下、早期民間単独の運用に転換すべきという判断をしており、平成21年度にケーブルテレビを整備した当初から10年後に譲渡することについて、当時の野尻町議会、また、合併後の小林市議会にも説明してきた経緯がある。 

日向市議会 2020-12-11 12月11日-06号

1、第11条の2第1項各号に規定する急速充電設備に関する基準について、全出力の上限が50キロワットから200キロワットに拡大されたこと及び全出力拡大に伴う急速充電設備の位置、構造及び管理に関し、新たな項目を規定するとの説明であるんですけれども、はた目で出力の違いが判断できるのか。また、200キロワットを超えるものの取扱いはどうなるのか。 

えびの市議会 2020-12-11 令和 2年12月定例会(第 6号12月11日) 閉会

委員から、観光協会以外の調査はしているのか、実績内容の確認を行ったのかとの質疑があり、執行部から、各施設への聞き取りはしたが、観光協会から最終段階での報告書を見て判断するとの答弁がありました。本陳情取扱いについては、全会一致継続審査すべきものと決しました。  本定例会では、取扱いについては担当課を呼んで審査を行うこととなりました。執行部からは、現段階では実績報告はない。