5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

小林市議会 2009-09-03 09月03日-02号

これは、福祉六法と申しまして生活保護法児童福祉法、母子及び寡婦福祉法老人福祉法身体障害者福祉法及び知的障害者福祉に定める援護、育成または更生の措置に関する業務をするということになっておりまして、今回の組織案では児童福祉法に関する子育て支援局を分離するということで、今現在、福祉事務所においても各この六法に関する連携といいますか、グループにおける連携が大分図られておりますということで、法律的にも、

えびの市議会 2008-12-17 平成20年12月定例会(第 6号12月17日) 閉会

これに対しまして、福祉事務設置条例の中には、社会福祉法第十四条六項の福祉六法関係業務があります。この関係業務福祉事務所がつかさどることができるとなっていますが、事務分掌規則の中で、この部分整合性を保つ必要が生じてきました。現在、事務分掌表の一部改正新旧対照表を配布していますが、これの部分改正が必要となってきました。

小林市議会 2004-03-01 03月07日-04号

その中から教育六法、教育六法が改正されました。現在の教育改革はその路線の中で行われております。不易と流行というふうな言い方をしましたけれども、時代の流れの中でどう子ども達に接しなければならないかという課題が突き付けられているんだろうと思うんです。学校現場先生達がちゃんとやっているのかという問い掛けを私は自分自身自分にします。先生達は一生懸命頑張っておるというふうにお答えをしたい。

小林市議会 2002-03-01 03月11日-06号

これら六法及びこれに伴う県下の動向等についての詳細は割愛をしますが、ここに至る教育が抱える今日的課題や法改正に伴う本小林の教育実践活動等につきましては、山口寅一郎教育長はじめ委員会事務局の皆さんから地方教育行政組織と運営に関する法律、私どもはいわゆる地教行法と言ってますが、地教行法十七条に添っての適切な助言や資料の提供を受けながら、月例の教育委員会を中心に勉強を重ねてまいりました。

  • 1