4161件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新富町議会 2024-12-09 12月09日-04号

初めに、台風19号を初め、豪雨時の自然災害本町を含めまして、全国各地で猛威をふるいました。またも関東、東北地方などで多くの尊い人命と財産が奪われました。被災者皆様に心からお見舞い申し上げ、一刻も早い復旧を願うものであります。それでは質問に入ります。 猿ケ瀬川河川改修に伴う公共施設の移転についてであります。 

綾町議会 2024-09-27 09月27日-04号

そのほか、職員育成の一環として、全国市町村アカデミーが企画する研修会に3名を派遣している。また、今後導入を検討している自治公民館配置制度については、若手職員研修を主たる目的としている。 4、自治大学での研修については、約40年前に派遣したことがある。期間的、3カ月という期間的には、派遣可能な範囲であると考えている。 

綾町議会 2024-09-10 09月10日-02号

えるということで、多分我々の世代は背中に定規を先生に入れられたりとか、そういう経験があるんじゃないかと思いますが、最近は、姿勢について余り学校教育でも家庭でも、なかなか言わなくなってきているということで、もう一度原点に返って、姿勢というのは、やっぱり健康においてもいろんな面で心の情勢においても、きちんと姿勢を正して行動する、物を考えるというのは、いろんな意味でよい影響を与えるということで、最近日本全国

綾町議会 2023-09-06 09月06日-01号

全国的にも減少状況にあり、綾町の場合、過疎対策事業債償還終了に伴い減少しております。また、災害発生地域への支援などの影響によるものと思われます。 次に、その下の③使用料及び手数料のうち、ア)使用料は、台風24号の被害による影響が大きく、千尋自然公園(大つり橋)、てるはの森の宿が大幅な減収となったことで、対前年度1,150万1,000円の減となっています。 7ページをご覧ください。 

新富町議会 2021-12-05 12月05日-02号

近年は、全国各地で大雨による土砂災害河川の氾濫など、気象に左右される災害も多く発生しています。授業学校生活のあらゆる機会を通じて、児童生徒防災意識の向上を図っていきたいと考えております。 以上、お答えといたします。 ○議長永友繁喜君) 松浦議員。 ◆議員松浦美緒さん) それでは、避難場所としての観音山公園整備について伺いました。

綾町議会 2020-12-20 12月20日-04号

3、全国的にも県内においても、首長の年収についてはかなり差がある。他自治体との単純な比較ではなく、各自治体状況に応じた判断がなされていると言える。本町財政状況に対して町民に危機感の共有を求めるのであれば、自らの身を切る主体的かつ具体的な行動を示すべきであるとの意見がありました。 全員賛成で可決されております。 

綾町議会 2020-12-06 12月06日-01号

これまでの地方公共団体非常勤職員等任用については、各自治体独自の運用を行ってきましたが、改正法の施行により、会計年度任用職員として、全国的に統一された制度に基づく任用に移行します。本町につきましても、現在任用している98名(10月1日現在)の臨時的任用職員について、会計年度任用職員へ移行を行うこととしております。 

新富町議会 2020-09-10 09月10日-03号

全国的には13.9%というふうに承知していますけれども。 それと、前年度の繰越金の問題で、今回で全額なのか、ちょっと確認をしておきたいと思います。 それと、53号、幼児教育・保育の無償化に係る条例です。これは、一般質問をダブる点もあるかもしれませんけれども、改めてお伺いしたいと思います。 この無償化というふうに言っていますけれども、副食材料費対象外と。

新富町議会 2020-09-09 09月09日-04号

そして、昨年8月から日本でも製造、販売が解禁された液体ミルクですが、常温でも保存ができ、お湯で溶かす必要がない乳児用液体ミルク災害時の備蓄物資に採用する動きが、全国で広がっています。そこで、本町での液体ミルク導入について伺います。 次に、大規模災害への備えについて伺います。 最後に、消防団員の準中型自動車運転免許に係る助成についてです。 

新富町議会 2020-09-05 09月05日-02号

平成28年12月に公布された「義務教育の段階における普通教育に相当する教育機会確保等に関する法律」(教育機会確保法)に基づき、全国都道府県及び市町村に対して夜間中学を含む就学機会の提供、その他必要な措置を講ずることが義務づけられましたが、設置都市部中心という実態で、宮崎県においては現在のところ未設置とのことであります。 

小林市議会 2020-06-26 06月26日-05号

実現に向けて整備しつつあるということですが、オンライン学習について、全国では在宅の児童ウェブ会議システムZoomでつないで実施したところもあったようです。通信容量の制約から、双方向で進めるのは3割程度、最初先生が課題を提示したら回線を切り、各自ワークシートに取り組んだようです。また、教員や業者が作った授業動画の活用をしたところもあります。 

小林市議会 2020-06-24 06月24日-03号

国立長寿医療研究センターが行った調査によれば、全国難聴有病者は65歳以上で約1,500万人、実に45%になるということです。慶応大学医学部耳鼻咽喉科教授小川郁氏は、2019年11月に行った講演で、高齢者が増えるということは、当然ながら難聴者が増えることになります。寿命は延びていきますが、70年、80年使った聴覚はそれだけ衰えていきます。難聴というのは、ほほ笑みの障がいとも呼ばれます。