2057件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日向市議会 2020-09-28 09月28日-07号

次、企業誘致推進事業。総評にあるように用地が不足しており、新たな用地確保が望まれますが、中長期的な考え方と近隣市町村との連携について問います。 続いて、広域観光ルート推進事業コロナ禍により国内の旅行需要の回復が当面厳しいからこそ、広域で連携し、誘客体制を構築する必要があると考えますが、なぜ縮小なのか見解を伺います。 最後、市道維持管理費

西都市議会 2020-09-16 09月16日-03号

9月1日の議会全員協議会において、西都商業高校跡地については、西都市が購入して企業誘致として民間へ払い下げ、民間の力を借りて活用を図りたい方針であると説明がありました。詳細な内容については、今から県との協議が必要でしょう。その協議を踏まえた上で、要望書が提出された方々については説明が必要であると考えます。

新富町議会 2020-09-10 09月10日-03号

まず最初ですが、14ページの6番企画費で、企業誘致のための用地購入費とありますが、これのちょっと説明をお願いいたします。 それから、19ページの農業費のところで、3農業振興費水田高度利用産地育成支援事業補助金と出ていますが、これの、どういうものか。 それから、その下の下、7の農地防災費、46万1,000円、農地防災用備品購入ということでありますが、これはどういうものなのか教えてください。 

日向市議会 2020-06-26 06月26日-07号

また、議案第67号企業誘致関連施設管理運営費について、ITセンター設置しているエレベーター改修工事に関する質疑があり、現在20年以上稼働しており、ここ1年ほど度々故障するなどの危険な状態で、修繕は緊急を要するものであるとの答弁がありました。 さらに、企業誘致推進事業事業展開市場調査実施企業の募集についての質疑もあり、市場調査都市圏で働く方へのニーズ調査が中心になってくる。

西都市議会 2020-06-09 06月09日-01号

歳出につきまして主なものは、総務費企業誘致活動事業費など1,070万円、農林水産業費に県産農畜水産物応援消費推進事業費752万4,000円、教育費学校ICT環境整備事業費など1億3,117万2,000円を増額補正することにより、歳入歳出それぞれ1億5,117万2,000円を増額補正しようとするものであります。 これにより、一般会計予算規模は、252億655万1,000円となります。 

新富町議会 2020-06-06 06月06日-02号

次に、自立できるまちづくりに向けた対応策といたしまして、基幹産業であります農畜産業振興及び農業用施設等整備商工業につきましては企業誘致創業支援人口減少少子高齢者対策としてさまざまな事業への取り組み、また交通インフラ整備として国道10号新富バイパスの4車線化スマートインターチェンジ設置日向新富駅の利便性の向上のための関係機関への要望することや、サッカースタジアム建設により交流人口

日向市議会 2020-06-05 06月05日-01号

市では、現在のこの状況を物流の要である細島港を活用した企業誘致の好機と捉えておりますが、一方で、本市流通関連産業への奨励措置要件を見ますと、県内他自治体と比べ基準が厳しい状況であります。 企業誘致地域間競争が激化する中、多様化する企業ニーズに対応し、今後、さらに戦略的な企業誘致を展開していくためには、所要の要件の改正が急務となっております。 

小林市議会 2020-03-19 03月19日-06号

企業立地促進事業費企業誘致戦略業務委託料について、地方進出を検討しているIT企業調査・検証した上でリスト化し、その中から3社程度の視察を受け入れ、誘致PRを行うものである。 委員より、若年層の多くが就職を希望する職種であるIT企業企業誘致を成功させ、高校卒業後における就職先確保及びUIJターンによる就業者の移住・定住に努められたい。 

えびの市議会 2020-03-17 令和 2年 3月定例会(第 6号 3月17日) 閉会

次に、企業誘致について市長に伺います。  前回定例会後、内定して、または決定している企業はあるのかお聞きします。 ○市長村岡隆明君)  現時点では締結には至ってないところでございますが、現在企業立地課長のほうからも、ほかの議員への答弁でありましたとおり、事前協議書の申し込み、そういった事前の申請を今受け付けているという状況でございます。

えびの市議会 2020-03-12 令和 2年 3月定例会(第 3号 3月12日) 質疑

えびの市では、人口減少に歯どめがかからず、対策に懸命に取り組んでいる最中であり、産業団地も一年後には完成して、企業誘致を積極的に推進しなければならない。  若者たちえびので働きたい、定住したいと考え、明るい希望を持って働ける環境整備することは喫緊の課題である。新しい保育園建設は、えびの市の活性化に役立つと確信する。

新富町議会 2020-03-12 03月12日-04号

本条例の第10条第2項、企業立地補助金補助金の種類の中で、工場等用地取得補助金企業立地補助金に改めることにより、用地取得費のみでなく工場などの設置に伴う投下固定資産総額補助対象経費とするもので、企業立地促進補助金の拡充を行い、企業誘致促進を図ろうとするものです。 委員会では全員一致で原案のとおり可決するべきものと決しました。