134件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小林市議会 2019-12-03 12月03日-03号

そしてさらに、公社は、その事業をすることによって経営が、運営ができておると伺いましたが、小林市でもそういった公社化することによって、公社化しなくても、そういった体制は、JAがそれなりにトウモロコシ収穫事業なんかは取り組んでおられますが、あくまでもJA営利団体ですので、やはり行政間の中でJA十分連携をしながら、そういった事業、今後、やはり畜産が主力のまちですので、今回、国でもTPP対策に対しての

えびの市議会 2019-09-13 令和元年 9月定例会(第 3号 9月13日) 一般質問

そして安倍首相は、今回、日米首脳会談で、アメリカ飼料用トウモロコシについて、日本民間企業に二百五十万トンの購入計画を説明しました。まだこれは安倍内閣は認めておりませんが、この中で、これはトランプ大統領の談話ですが、中国が約束を実行しなかったために、アメリカの至るところでトウモロコシが余っている。安倍首相がこのトウモロコシを全て買い上げてくれることになったとツイッターなどで言明をしました。  

西都市議会 2019-09-10 09月10日-03号

7月3日に国内で初めて見つかった害虫ツマジロクサヨトウ、県内でも7月上旬から下旬にかけて5市町の飼料用トウモロコシの圃場でツマジロクサヨトウ類幼虫による食害を確認したとあります。このツマジロクサヨトウは、イネ科アブラナ科など、幅広い植物に寄生する害虫幼虫が葉や茎、花と果実までを加害すると。市内には、畜産農家飼料トウモロコシを31ヘクタール作付してあります。

小林市議会 2019-09-06 09月06日-03号

鈴木宣弘東京大学教授によると、安倍首相は牛肉、豚肉などTPP水準まで関税を引き下げること、米国産の飼料トウモロコシを別枠で275万トン、年間輸入量の3カ月分を追加輸入することを約束しました。 日本は、アメリカから年間1兆5,000億円の農産物を輸入していますが、新たに7,400億円輸入します。特に小林市の畜産への影響は避けられません。影響について、お尋ねします。 

小林市議会 2018-12-03 12月03日-02号

3ページ目ですが、ショックだったのは、遺伝子組み換え作物の多さ、トウモロコシはほぼ100%に近いとあります。トウモロコシはほぼ50%近くが畜産飼料用に使われている状況があります、飼料用作物ですね。そして、トウモロコシ食料品として使われるのはコーンシロップです。これなんかは、ほとんど遺伝子組み換え食品トウモロコシを使ってコーンシロップがつくられているという状況になっているそうです。 

小林市議会 2018-09-05 09月05日-04号

小麦、大豆トウモロコシなど、遺伝子組み換えが問題になっています。種子法の廃止もTPP11も、今後どのような影響があるのか心配です。家族経営農業を守るために、価格保証所得保障が必要だと思いますが、市長の見解を求めます。農業後継者支援事業費補助金交付状況について、お尋ねします。 教育行政について。 学校舎やエアコン、トイレの改修など、年次、教育環境は徐々に整備されています。

都城市議会 2017-09-19 平成29年第3回定例会(第4号 9月19日)

多くの肥育牛農家については、自己の堆肥を活用したトウモロコシなどの粗飼料を作付しておらず、購入飼料で牛を飼育しているため、堆肥の余剰が課題になっています。  その問題解決一つとして、堆肥焼却処理によるバイオマス発電があります。施設建設に対する国の補助事業はありますが、堆肥化に比べて、建設費維持管理の費用が莫大になるなど、解決する課題が多くあるため、慎重な対応が必要であると考えます。

都城市議会 2017-03-13 平成29年第1回定例会(第6号 3月13日)

しかし、アメリカ、カナダ、オーストラリアでは、麦類牧草トウモロコシなどに使用されております。  クロピラリドが残留した輸入飼料家畜に給与し、その家畜堆肥を使用した場合は、稲、麦、トウモロコシなどでは問題はございませんが、スイートピーをはじめ、感受性の高い豆科植物などに生育障害が発生するおそれがあります。

小林市議会 2016-11-28 11月28日-02号

資料がありますので言いますけれども、トウモロコシ78%、大豆で92%、菜種で92%、これぐらいの割合で、種子が全部、F1種子とかいろんな形で使ったりして売るようにもしているんじゃないかと思います。そういう状況遺伝子組み換え、これについてもISDS条項で言えば発がん性とかいろんなものが証明されなければ、買わんということに対して訴えられますよという状況になる可能性もあるんですよね。

日向市議会 2015-12-09 12月09日-04号

そういうことで、本当に世界中が、あそこはアフリカのエチオピアだったですかね、干ばつがすごくてトウモロコシがとれないという形で、卵の市場がだんだん上がってきているというのも出ておりました。 

小林市議会 2015-08-31 08月31日-02号

これは、西諸のにはニンジン、しはシイタケ、もろはトウモロコシ、こはゴボウなんですね。これを入れて子供たち提供をしています。かなり手間がかかるそうなんですけれども、非常に好評。ただ、それが家庭、地域に広がっていないというところはそのとおりであります。 もう一つは、西諸県地区教育研究会というのがありまして、その中に栄養教諭学校栄養職員部会というのが研修をしたんです。

都城市議会 2015-06-23 平成27年第2回定例会(第4号 6月23日)

畜産農家において自給飼料とは、農家みずからが家畜に与える飼料として栽培している作物のことであり、一般的なものとしては、飼料用トウモロコシ、ソルガム、イタリアンライグラスなどが挙げられます。畜産農家自給飼料家畜に与えているのは、先ほど述べた平成二十二年の本市の畜産農家数二千三百七十六戸のうち二千百六十九戸を占めており、約九〇%が牛を飼育している畜産農家であるということになります。  

小林市議会 2014-12-03 12月03日-04号

乾田地域にはWCS用稲とか、場合によっては牧草とかトウモロコシとかそういった作付ができるんですけれども、特に湿田、中山間、山手におきましてはその不可能な地域加工米に転化しておるわけです。加工米にそういった形で四十数町の面積を作成されたわけですが、特に夏の長雨と台風10号、11号、19号の影響で県が示す作況指数を大幅に下回ることしの作況指数なんですね、全体的に見ても。

都城市議会 2014-03-07 平成26年第2回定例会(第3号 3月 7日)

高齢農家にとりまして大きな負担となっておりますのは、夏場のトウモロコシなどの飼料作物収穫作業に加え、高額な自給飼料関連機械更新、また、子牛の品評会育成牛登録検査などの引き出し作業などであります。そのため、自給飼料用機械更新や収獲作業などが不要となる受託作業集団育成や粗飼料販売を行うセンターの設置などが必要であると考えております。  

小林市議会 2014-03-05 03月05日-04号

今はやりのコーンロールトウモロコシをロールしてやるやつですね。あれ、いいんじゃないですかと言ったら、あれをしても持って動かすことができないじゃないですかと言うから、畑でつくったものを例えば牛舎の近くに持っていって、それをそれから誰が動かすんですかと、それができないからやりませんというような話なんですよ。違うじゃないかと。

都城市議会 2013-12-09 平成25年第4回定例会(第3号12月 9日)

これらの飼料用米利用については、農家に聞いてみますと、なかなかそのあたりをどういう形で利用するのか、例えば、トウモロコシかわりになるのか、麦のかわりになるのか、そのあたり情報が余り入っていないという話も聞いております。県では、利用技術研究をしているとは思いますけれども、研究状況などうなのか、また、畜産農家への情報提供はどうなっているのかということをお尋ねいたします。