158件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

都城市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第3日12月 9日)

本市観光振興施策方向性は、観光資源目的別季節別地域別データベース化して、全国に発信することでもあります。今年度は、関之尾公園リニューアル基本計画の策定について進められております。  本市には、来年の全日本ホルスタイン共進会を初め、二巡目宮崎国体に向けて各種のスポーツ大会、そして、宮崎国体等全国から多数の観光客が予想されます。

えびの市議会 2019-09-13 令和元年 9月定例会(第 3号 9月13日) 一般質問

具体的には、国保の持っているデータベースシステム活用しまして、地域健康課題把握ですとか、戸別訪問を必要とする対象等を抽出した上で、国民健康保険事業と連続的な支援を含む重症化予防等取り組みを進めることで、介護予防等地域支援事業等が連携しながら、そして百歳体操というような通いの場を積極的に活用しながら、病気重症化予防とあわせて介護予防を進めていきたいというふうに考えておるところです。

日向市議会 2019-09-10 09月10日-03号

また、KDB(国保データベースによる本市平成30年度生活習慣病治療費は、平成27年度と比較して減少しております。介護給付費においても、平成30年度は前年度より減少していることから、事業効果を感じているところであります。 次に、本市健康課題についてであります。 本市におきましても、国と同様に、高齢者人口増加に伴う介護医療費の抑制が課題となっております。 

延岡市議会 2019-09-04 令和元年第 3回定例会(第3号 9月 4日)

平成二十八年に示されました延岡工業振興ビジョン、十年後の売上倍増を目指しての中では、戦略の柱、新事業開拓販路開拓のエネルギー・環境分野などへの取り組みの中で、技術洗い出しデータベース化の取り組みがうたわれ、事業構造改革企業体質強化自社技術ポテンシャルの棚卸の中では、技術洗い出し可視化延岡地域ポテンシャルマップ作成・更新がうたわれております。

えびの市議会 2019-03-14 平成31年 3月定例会(第 4号 3月14日) 一般質問

健康保険課長原田和紀君)  国保の被保険者に関するデータ資格給付情報、レセプト及び特定健診の結果等につきましては、健康管理システム国保総合システム国保データベースシステムで管理されております。また、国保においては、生活習慣病予防対策の一環として、特定健康診査を実施しており、健診結果により保健師管理栄養士は、データ活用して、特定保健指導を実施することとなっております。  

日南市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年02月27日

さらには、国保データベースシステム分析により抽出された課題に基づく対策を図ったところ、生活習慣病に係る医療費縮減効果があらわれているほか、教育委員会では、中学3年生の義務教育期間の9年間の健康診断データ専門機関分析し、生徒本人にその情報を提供する取組を県内初事業として進めています。  

都城市議会 2018-12-07 平成30年第5回定例会(第2号12月 7日)

次に、空き家実態調査内容について、容易に検索できるよう土木GISに登録され、また、データベース化を図っておられますが、そのGIS登録データベース化の状況、また、活用方法についてお尋ねいたします。 ○副議長(長友潤治君) 土木部長。 ○土木部長巻木健三君) お答えします。  空家等と確定した千九百八十五件につきましては、土木GIS位置情報等を入力しております。

延岡市議会 2018-12-05 平成30年第20回定例会(第3号12月 5日)

また、高校卒業生対象に、実家住所データベース化を図り、大学生Uターン希望者も含め、広く情報発信にも取り組んでいるところでございます。  さらに、今年度より本市独自の取り組みとして、企業採用活動に対する支援を開始するとともに、専門スタッフによる高校生、大学生Uターン人材企業を結びつける取り組みなど、きめ細やかな支援を盛り込んだ中小企業人材確保支援事業を行っているところでございます。

都城市議会 2018-12-01 平成30年第5回定例会質問通告一覧(12月)

について児童虐待防止等に関する条例について都城市要保護児童対策地域協議会について保育施設内における幼児虐待事案について虐待事案等に関する相談を受理した際の対応について 3 小学校フッ化物洗口事業について本年度実施状況について事業の検証について実施できなかった学校への対応について今後の事業計画について 3 神脇 清照都城志民の会) 1 空き家対策について調査概要について土木GIS登録データベース

日向市議会 2018-09-11 09月11日-03号

(2)空き家等情報データベース化を行い、関係部署情報を共有することの効果について問います。 (3)庁内関係部署民間関係団体との連携や、空き家等所有者地域住民からの総合相談窓口への相談状況はいかがか。その件数について問います。また、閉庁時でも相談対応できるようにニーズに応じた庁外相談窓口設置を検討とあるが、状況はいかがか。 (4)空き家等所有者だけの問題ではなく、地域の問題である。

西都市議会 2018-06-18 06月18日-02号

平成28年度中に空き家洗い出しを行いデータベース化を図る、その作業として調査委託業者並びにシステム選定作業を行っているとのことでありました。現在、条例の制定に向けての作業が進んでいるものと思っております。そこで、これまでの主な作業内容と工程、進捗状況や今後の計画についてお伺いします。 以上で壇上からの質問を終わります。

串間市議会 2018-06-12 平成30年第3回定例会(第3号 6月12日)

それの活用はどうしてるかということと、人事データベースというのはありますかね。人事データベースというのは、一人一人の職員の市役所入ってからのいわゆる履歴であるとか、あるいはその都度の評価結果が何であったかとか、あるいはこの階層別の研修をいつ受けたとか、何課に何年おってといったような一人一人のいわゆるデータベースこれは整備されてますかね。 ○総務課長塔尾勝美君)  お答えいたします。  

延岡市議会 2017-12-05 平成29年第14回定例会(第2号12月 5日)

○市長(首藤正治君)  成果としては、もちろん延岡市としては、これから市民健康保持ということに関して、あるいは病気予防とか、こういったことについていろんな成果が出てくると思いますが、協定の項目を申し上げておけば、内容としては健康長寿まちづくりに係る調査研究、それから市民医療関係者等への教育、啓発、そして健康長寿施策に資するデータベース構築、そして医療介護給付等分析適正化医療体制調査研究

えびの市議会 2017-10-30 平成29年10月定例会(第 3号10月30日) 一般質問

それを受けまして、えびの市におきましても、空家対策につきましては、ことし三月定例会で御説明したとおり、空家等実態調査を実施しまして、平成二十九年三月末でデータベース化が完了しております。  今回の定例会に提出しております空家対策等審議会条例案を可決いただいた後に、審議会設置を進め、この中で特定空家等判断基準作成実態調査結果の確定を行っていく予定でございます。  

都城市議会 2017-09-21 平成29年第3回定例会(第6号 9月21日)

平成二十七年、平成二十八年の調査をもとに本年度中にデータベース化し、特定空家等の判定を行い、公表すると伺っておりますが、各地区で相当の苦情相談もあるようにお聞きしております。スピード感を持った対応が大事ではないかと思っております。  空き家に関する諸問題は、これから増加傾向にあると思います。

都城市議会 2017-09-15 平成29年第3回定例会(第3号 9月15日)

ITを活用した取り組みとしましては、医療介護レセプトデータと健診データを連結した国保データベースシステム活用して、対象者把握を行っております。  また、保健指導支援ツール等システム活用し、生活習慣病リスクごとに色分けした健診結果や、健診データ生活習慣病とのつながりがイメージできるような資料を作成して、保健指導を行っております。 ○議 長(荒神 稔君) 音堅良一議員

えびの市議会 2017-06-19 平成29年 6月定例会(第 7号 6月19日) 閉会

このマイナンバー制度は、全国民に十二桁の背番号をつけて、いわゆる国民背番号、税金や保険料の納付、医療介護、年金、保育サービスなどの情報データベース化したものを市が利用するため、条例で一元的に管理するものであります。この条例により、地方税介護保険生活保護などの情報利用できるように、より具体化となっていきます。今後健康保険証としての利用預貯金口座などへの利用も検討されています。