29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

都城市議会 2018-06-19 平成30年第3回定例会(第4号 6月19日)

本市のホームページによると、本市は一九九九年から、中国重慶市江津区及びモンゴル国ウランバートル市と友好交流都市提携を行っています。これは、民間の国際交流活動の活発化、国際化の進展に伴い、行政による相互訪問、異文化理解のための交流に加えて、お互いの行政課題についての情報交換など、多方面において、多様な交流・協力活動を行い、両都市の発展や国際平和及び国際協力活動に貢献することを目的としています。

都城市議会 2018-03-13 平成30年第2回定例会(第7号 3月13日)

友好交流都市である中国重慶市江津区及びモンゴル国ウランバートル市へは、きずなを深めるために定期的に公式訪問を行っているところであります。来年二〇一九年は、本市と両都市との友好交流都市締結二十周年の節目の年となりますので、両都市の関係者を招いて、記念事業を本市で実施したいと考えております。

都城市議会 2017-09-15 平成29年第3回定例会(第3号 9月15日)

先月、横綱白鵬関とモンゴルウランバートルの土俵づくりに行ってまいりました。もう何回もウランバートル市民訪問団として参加させていただいております。ウランバートルにも市内に都城の肉、ステーキ店が都城の看板で出ています。非常に驚いたのですが、市長の思いでできたとモンゴルで聞きました。  

都城市議会 2017-06-21 平成29年第2回定例会(第5号 6月21日)

そのようなことから、本市におきましては、先ほど部長答弁でも申し上げました通り、経済交流の支援のほか、将来を見据えて友好交流都市であるモンゴル国ウランバートルにおいて、都城産宮崎牛のPRを今、行っているところであります。また、昨年度から市内の関係団体と連携して、台湾でのセールス活動等を行い、観光誘客を進めてきているところであります。  

都城市議会 2017-03-08 平成29年第1回定例会(第3号 3月 8日)

モンゴルウランバートル市とは友好交流都市としてこれまで親交を深めてきております。その関係を生かし、日本国大使館主催の天皇陛下誕生日祝賀会及び現地和食レストランにおいて、本市PRや都城産宮崎牛の試食会を行ったところです。これらのPRは、地元の方に大変好評を博したところで、今後も積極的なPRを行い、都城産宮崎牛の周知と販路開拓に努めてまいります。 ○議 長(荒神 稔君) 竹之下一美議員

都城市議会 2016-12-12 平成28年第5回定例会(第4号12月12日)

現在、都城市中国重慶市江津区とモンゴル国ウランバートル市と友好都市として、国際提携をしています。もちろん、外国との友好都市交流も大変重要であると考えます。一方で、日本国内においても、このように頻繁に自然災害が起きれば、都城市九州から遠く離れた市町村職員の支援や支援物資の援助を受けやすくするために、九州から遠く離れた市町村との友好都市提携を検討する必要があると考えます。  

都城市議会 2016-09-14 平成28年第4回定例会(第6号 9月14日)

まず、事業主体でございますが、都城市畜産課が平成二十六年より独自に取り組んでいる事業でございまして、都城市の友好交流都市でありますモンゴル国ウランバートル市において、市職員が直接、都城産「宮崎牛」の販路開拓を目的に、日本料理店での講演会と試食会、並びに在モンゴル日本国大使館主催の天皇誕生日祝賀レセプションパーティーにおいて、招待客約四百名に牛肉提供を行い、展示ブース設置によるPR活動を実施する予定でございます

都城市議会 2014-06-09 平成26年第3回定例会(第2号 6月 9日)

本市の国際交流事業といいますと、中国重慶市江津区と、そして、モンゴル国ウランバートル市との二つの国際交流事業があります。今回の質問は、ただ単に、国際交流事業がどういうものかということではなく、青少年育成という観点で、国際交流に限らず、ほかの自治体との交流、または、民間レベルの交流といったものをどのように役立てていくかということについて、執行部のお考えを伺いたいと思います。  

都城市議会 2012-12-12 平成24年第5回定例会(第2号12月12日)

都城市では、これまで友好交流都市である重慶市の江津区、そしてモンゴルウランバートル市との間で、今、相互理解と協調を基本に、行政間の人的交流、そして、青少年文化面での交流事業を実施しながら、これまで親善を図ってまいりました。これにつきましては、今後も市民の交流のすそ野を広げながら、引き続き両都市とのさらなる親善を深めていきたいと考えております。  

都城市議会 2009-02-26 平成21年第2回定例会(第1号 2月26日)

国際化の推進に関しましては、本年は、本市と中国重慶市江津区、モンゴル国ウランバートル市との友好交流都市締結十周年の記念すべき年であり、十周年記念事業等を開催することにより、本市と両市の更なる友好交流を進めてまいります。  さらに、本年四月に開学を迎える南九州大学都城キャンパスに対し、引き続き支援を行うとともに、さまざまな分野における、大学を活用したまちづくりの推進に取り組んでまいります。  

都城市議会 2008-09-10 平成20年第6回定例会(第2号 9月10日)

都城市は一九九九年、平成十一年十一月に、モンゴル国ウランバートル市と中国重慶江津市と友好交流の締結をいたしました。来年は十周年を迎えますが、この間様々な交流が行われてきましたけれども、中国との交流は多面的に発展しております。その内容を四点ほど述べてみたいと思います。  一つは、若い世代へ語り継ぐことが行われました。中学生の「サマー交流授業」は五回行われ、百名の中学生が参加しております。

都城市議会 2007-03-05 平成19年第2回定例会(第1号 3月 5日)

本年度は、中学生の交流事業といたしまして、中国重慶江津市の江津中学生受け入れ事業、モンゴル国ウランバートル市への派遣事業を行うとともに、市民国際感覚の醸成を図るため、国際交流員の活動等に取り組んでまいります。  高等教育機関の誘致につきましては、昨年八月、学校法人南九州学園と都城キャンパス設置について合意書を取り交わし、本議会には協定書の締結に関連する諸議案を提出いたしております。

都城市議会 2006-12-18 平成18年第5回定例会(第5号12月18日)

都城市は、中国津市モンゴルウランバートル市との間に友好交流の協定締結しています。  中国津市との協定は、梅北町在住の栫美穂子さんが日中戦争の最中に、中国の軍民によって救出されるという世界でもまれな人道主義を縁に、一九九九年十一月に締結されております。これを議会で決定しております。

都城市議会 2006-06-23 平成18年第3回定例会(第6号 6月23日)

本市はモンゴルウランバートル市、中国・江津市と友好交流を提携しております。中国との友好交流は、梅北町在住の栫美穂子さんが中国軍民によって救出されるという史上まれな人道主義をきっかけにして始まっていることは御承知のことと思います。現在までに両市民団体の相互訪問、中学生による相互訪問、美穂子救出像や友好記念碑の建立、井ケイ・都城友好記念館の落成など友好交流が続けられております。

都城市議会 2006-03-09 平成18年第2回定例会(第1号 3月 9日)

交流と連携の推進は、友好交流都市でありますモンゴル国ウランバートル市及び中国重慶江津市との交流を進めてまいります。また、市民国際感覚の醸成、国際相互理解を深めるため、国際交流員の活動や中学生海外派遣事業等を推進するとともに、本市に居住する外国人にも暮らしやすいまちづくりを行ってまいります。  「豊かな自然と人が織りなす共生のまちづくり」について、申し上げます。  

  • 1
  • 2