947件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新富町議会 2020-09-05 09月05日-02号

それに増して、町民日常生活に欠かすことができない重要な水道インフラ老朽化が進み設備の更新など時代環境に適用する配水運用高度化計画的な経営基盤の強化が求められます。 まず、水道メーター検針現状と、ICT活用による水道自動検針導入検討について。 2つ目に、基幹管路耐震適合率及び浄水施設耐震化率について。 3つ目に、漏水事故時の対応及び漏水調査現状と今後の対策について。 

西都市議会 2020-06-26 06月26日-06号

一方で、我が国では、高度経済成長期以降に整備したインフラが一斉に老朽化し、今後、施設維持管理更新に必要な経費が増大することが見込まれるため、計画的な予防保全を積極的に取り入れた効率的な老朽化対策を推進していくことが求められる。 更に、社会資本整備や安全安心な社会づくりを担う建設産業が、担い手を安定的に確保し、育成していくためにも、社会資本整備計画的に進められることは極めて重要である。 

新富町議会 2020-06-06 06月06日-02号

次に、自立できるまちづくりに向けた対応策といたしまして、基幹産業であります農畜産業の振興及び農業用施設等整備商工業につきましては企業誘致創業支援人口減少少子高齢者対策としてさまざまな事業への取り組み、また交通インフラ整備として国道10号新富バイパスの4車線化スマートインターチェンジの設置、日向新富駅の利便性向上のための関係機関への要望することや、サッカースタジアム建設により交流人口

門川町議会 2020-03-19 03月19日-04号

国においては、防災面、あるいは国民経済生活面を支える重要インフラ等の機能維持の観点から、特に緊急に実施すべきハードソフト対策として、平成30年12月、防災減災国土強靭化のための3か年緊急対策が取りまとめられたところであるが、これらの対策を着実に進めるためには、十分な予算と時間を確保する必要がある。 

都城市議会 2020-03-17 令和 2年第2回定例会(第8日 3月17日)

五年先、十年先のインフラ整備公共交通網整備については、積極的に取り組む姿勢が大事かと考えます。  この項目の最後質問になります。先日の予算審議の際にも話題となりましたが、本年度新たに予算計上されました中心市街地居住推進事業のほかにも、現在、中心市街地空き店舗の解消や活性化事業が展開されております。

門川町議会 2020-03-10 03月10日-03号

例えばスマートインターにしても、門川高校線にしても、南ヶ丘通線にしても、そうしたインフラ整備を初めとして、そしてまた、五十鈴川のこれからの改修事業、庭谷、松瀬間の改修事業、そして大きな新庁舎建設で、2年度から本格的に始まっていく共同調理場の新設等々と、新しくいろんな事業が完成をし、これからもまた完成していくであろうと思っております。 

綾町議会 2020-03-06 03月06日-02号

就任後、国のほうの国土交通省道路整備事業、そちらのほうにいろいろお伺いして、今後、インフラ関係整備で、やっぱり国土強靭化も含めて、防災関係も含めて、かなりこの無電柱化のほうに力を入れていくという方向予算づけもされていくという話を聞いておりました。 国の方向でそういうことなんですけれども、今後、この件に関して情報も収集していかないといけないと。

串間市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第4号 3月 5日)

しかしながら、議員御指摘のとおり、道の駅整備後、東九州自動車道がいつ開通するのかわからない状況でございますが、東九州自動車道整備ありきの道の駅整備では、インフラ整備効果は期待できないというふうにも考えております。わざわざ行きたくなる道の駅をつくり上げていくことが重要であるというふうに考えているところでございます。  以上でございます。 ○11番(岩下幸良君)  高速道も大事なんですよ。

都城市議会 2020-03-01 令和 2年第2回定例会質問通告一覧(3月)

団員確保に対する取り組みについて団員の処遇について車両・器具・施設整備について 3 荒神 稔 (進政会) 1 令和2年度当初予算について令和2年度当初予算における自主財源について電源立地地域対策交付金事業について電気事業特別会計について中心市街地居住推進事業について 2 新型コロナウイルス対策について本市の対応について感染拡大防止について 4 中村 千佐江自民創生) 1 市内インフラ

日向市議会 2020-02-17 02月17日-05号

対象となりますものは、これらに関連するあらゆる分野であり、社会インフラ等の機能維持中心に、様々なハード及びソフト対策検討することになります。 策定手法としましては、国の基本計画や県の地域計画に掲げられた八つの備えるべき目標を踏まえて設定しました本市における起きてはならない最悪の事態に対する脆弱性の評価を実施し、対応方策等検討を進めることとしております。 

日向市議会 2020-02-13 02月13日-04号

このインフラストック効果という新時代社会資本整備の中にも、この327号のこの切通のことが書いてあるんですよ。やっぱりここを整備していかないと、せっかくの入郷の山が駄目だと。 昔、山陰バイパス、仮称なんですが、これを抜くというような計画もあったんですね。これはもう市長も県議時代、よく知っておられると思うんですけれども、とにかく車が増えて港までの輸送路、これがないという状況であります。