17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

日南市議会 2017-09-25 平成29年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2017年09月25日

長鶴浅彦観光スポーツ課長 日南市で一番売っていきたいものということでの質問でございますけれども、議員御案内いただきました観光スポーツにつきましては、プロ・アマキャンプ地として、例年多くの方々に日南市にお越しいただいております。これは本市ならではのオンリーワンの資源ではないかと考えているところでございます。  

日南市議会 2013-03-13 平成25年第2回定例会(第7号) 本文 開催日:2013年03月13日

ここ数年、プロアマを問わず、各種競技において合宿を行う団体が減少しているように思いますが、合併してから合宿を行った団体、その参加人数を競技ごとにお伺いいたします。また、これから合宿誘致にどのように取り組まれるのかお伺いいたします。  二点目、酒谷川沿い堤防道路整備についてお伺いいたします。  

日南市議会 2012-06-21 平成24年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2012年06月21日

また、JR九州は、九州各地で次々と農業に参入しており、二〇一〇年に大分市でニラ農場を立ち上げたのを皮切りに、大分熊本福岡の3県で、アマナツ、ミニトマトサツマイモなどを生産する五つの農場を経営しています。さらにJR九州は、近い将来、観光イコール食イコール農業という図式をイメージして、今後も各地で参入する計画で、幾つか検討していると聞きます。  

都城市議会 2012-06-12 平成24年第3回定例会(第3号 6月12日)

○(神脇清照君) 都城運動公園内の野球場、今年度、来年度と整備計画がありますが、雨天時の屋内練習場の新設も検討していただき、プロ・アマチームのキャンプの誘致を図るような施策もやってみたらいかがでしょうか。県内には相当数のチームがキャンプを張っていますので、都城市でもできると思います。ぜひ検討していただきたいと思います。  

都城市議会 2010-09-15 平成22年第5回定例会(第6号 9月15日)

○商工部長(西川英男君) 国内外へのプロ・アマスポーツチームへの合宿誘致の窓口は県の宮崎アピール課及び宮崎観光コンベンション協会でございます。本市も連携を図りながら、合宿誘致に取り組んでいるところでございます。サッカーのJリーグのFC東京の誘致の成功もこの連携の一つの成果でございます。

都城市議会 2010-03-16 平成22年第2回定例会(第6号 3月16日)

プロ、アマ問わず高度な技術を持った人のふれあいで夢を持たせるということが非常に大事になってくるだろうと思います。  今年の四月に開幕します日本女子プロ野球機構、その中で二チームの女子プロ野球チームが発足したわけですが、京都アストドリームスに高崎町出身の川畑亜沙美さんという方が入団されました。そういうスポーツ環境がそういう人をはぐくんできたのだろうと思います。

日南市議会 2010-03-11 平成22年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2010年03月11日

このような状況を踏まえ、市といたしましては市民の皆様のスポーツ施設の利用状況などを考慮し、年間を通してプロ、アマを問わずスポーツキャンプ、合宿の誘致に努め、交流人口の増につなげてまいりたいと考えております。  あわせまして、市外からキャンプを見学に訪れるお客様に対しましても、本市の観光地に誘導できるようなシステムづくりに取り組んでまいりたいと考えております。  

都城市議会 2009-03-12 平成21年第2回定例会(第6号 3月12日)

今年に入り、宮崎県においては、プロ野球球団や社会人・大学・高校生の野球チームの合宿、サッカーのJリーグを初め、各種競技のプロ、アマチーム等多くの合宿があったところですが、今回は特に目玉になった野球の国・地域対抗戦、第二回ワールドベースボールクラシック、いわゆるWBCに出場する日本選抜チームの合宿もあり、宮崎市に大挙して観光客が押し寄せ、にぎわったのは記憶に新しいところであります。

串間市議会 2007-06-14 平成19年第4回定例会(第5号 6月14日)

ところが先般の関東ゴルフアマ選手権では、石川遼君は8位でありました。そのときの優勝者、園田峻輔君は実はお父さんが金谷出身で、この金谷の地におじいちゃん、おばあちゃんもいらっしゃるそうです。石川遼君は、この園田君にあこがれて同じ高校を選んだのだそうです。この優勝を契機に園田君がますます強くなり、我々串間市民もさらに元気になるようにお互いが力を合わせていくことを念じて、質問を終わらせていただきます。

都城市議会 2006-12-19 平成18年第5回定例会(第6号12月19日)

県のスポーツランドみやざき事業に基づき、県内でも各地でプロ、アマそれぞれに合宿誘致に取り組んでおり、都城市においても商業観光課が中心になって、誘致を積極的に取り組まれているようですが、ここ最近の実績についてお聞かせください。 ○議 長(下山隆史君) 商工部長。 ○商工部長(高田橋厚男君) 神脇議員の合宿誘致の実績に関する質問にお答えいたします。  

串間市議会 2005-03-07 平成17年第1回定例会(第1号 3月 7日)

スポーツキャンプ誘致の取り組みにつきましては、「スポーツランド串間推進協議会」のさらなる組織強化と充実を図り、関係機関団体等との連携のもと、プロ・アマを含めた幅広いスポーツキャンプの誘致活動や受け入れ環境の整備に努めて参ります。  情報化による地域づくりにつきましては、平成16年度に事務の効率化と市民サービスの向上を図るため、庁内における情報端末の1人1台体制の環境整備を終えたところであります。

串間市議会 2004-06-16 平成16年第3回定例会(第4号 6月16日)

自然と恵まれた観光資源を生かした集客性の高い施策、三大イベントの内容充実を図りながら、有効観光資源としての取り組み、待望のゴルフ場のオープンによりほかの観光施設と連携した観光メニュー化の推進のための施策、南九州観光ルート構想の具現化に向けた施策、スポーツキャンプ誘致につきましては、年々増加傾向にございますが、さらにスポーツランド串間推進協議会組織強化を図り、当市の施設の魅力をPRしながら、プロ、アマ

串間市議会 2004-03-11 平成16年第1回定例会(第5号 3月11日)

串間市には昨年完成いたしました陸上競技場を初め、優れたスポーツ施設が数多くあり、過去にプロ野球の中日ドラゴンズがキャンプを張って以来、アマの学生や社会人のスポーツキャンプが盛んに行われていますが、今日までの平成15年度の実績はどれくらいだったのか教えてください。それから、これらのキャンプによる経済効果は金額ベースにすると、毎年どれくらいなのか、あわせてお尋ねをいたします。  

  • 1