53件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

都城市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第5日12月11日)

国が示している三年間の集中支援プログラムの概要では、きめ細かな伴走支援型の就職相談体制確立、受けやすく、即効性のあるリカレント教育確立採用企業側受入機会の増加につながる環境整備、民間のノウハウの活用アウトリーチの展開、支援の輪の拡大などが書かれております。  質問します。  就職氷河期世代対象とした就労支援として、本市は何か取り組み支援を検討しているのでしょうか。

日向市議会 2019-12-10 12月10日-03号

また、あわせまして、栄養関係につきましては、栄養改善ポケットステーションということで、高齢者あんしん課のほうに職員を配置しまして、実際、包括等から相談があった中で、栄養改善についての相談、また利用者のアセスメント、栄養改善指導、そういったところをアウトリーチ型で、実際、自宅のほうに伺って指導しているような状況もありまして、また日向市独自の支援としましては、短期型の訪問型の栄養改善、そういったサービス

延岡市議会 2019-06-27 令和元年第 2回定例会(第4号 6月27日)

また、本人や家族への相談支援体制として、青少年育成センターアウトリーチオアシス教室相談員指導員を配置し、電話や来所による学校生活全般に関する相談を行っております。さらに、今後は市が開設する予定のなんでも総合相談センターとの連携も行っていくなど、相談窓口を数多く設置し、広く周知することで、相談及び支援体制充実に努めていきたいと考えているところでございます。  

延岡市議会 2019-06-26 令和元年第 2回定例会(第3号 6月26日)

また、教育委員会では、今年度、不登校児童生徒をサポートする生徒指導支援員を五名から六名へ増員するとともに、不登校対応アウトリーチオアシス教室におきましては、積極的に家庭を訪問するアウトリーチ機能を強化するなど、不登校対策に努めているところでございます。 ○一七番(白石良盛君)  延岡市もやっぱり不登校の数が多いということですが、不登校になると、その子の将来にわたってずっと影響します。

都城市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第9号 3月19日)

市民生活部においては、総合文化ホール管理運営事業費行政事務連絡経費まちづくり協議会推進事業費民俗芸能保存伝承事業費芸術文化アウトリーチ事業費鑑定評価事業費個人番号カード交付事業費、おくやみ窓口構築事業費戸籍住民基本台帳費及び市税の徴収に要する経費などが計上されております。  

串間市議会 2018-09-13 平成30年第4回定例会(第5号 9月13日)

それから、産後ケア事業には宿泊型とデイサービス型、アウトリーチ型があると、お聞きしておりますが、内容、その利用料についてお聞きしたいと思います。 ○福祉事務所長河野博彦君)  お答えいたします。  産後ケア事業内容につきましては、宿泊型が病院、診療所助産所等利用者宿泊させ、心身のケア育児サポート等支援を行います。

日向市議会 2018-09-10 09月10日-02号

ですから、地域に入るきっかけづくりというのは、やはり私ども行政といたしましては、各種いろんな団体等がありますので、障がいを持たれる方の団体、そういう方々と連携して、やはりそのネットワークを生かして、アウトリーチじゃないですけれども、やっぱり引っ張っていくというような、手を差し伸べるようなことで、その地域の中に入っていただけるような取り組みも考えなければいけないのではないかなというふうに思っています。

日向市議会 2018-03-06 03月06日-03号

いわゆる受けるんじゃなくてアウトリーチで出かけていこうというのは、これは、議会もそう今やっていますけれども、大事なことなんです。 でも、市長、私が気になるのは、答弁で、理由として、核家族化高齢化の進行が重なって健康づくり推進員の選出が難しい自治会活動が困難な自治会も出てきていると言われていますね。これは、地域包括ケアのベースをつくるときに全部出てくる問題です。

日南市議会 2017-12-11 平成29年第5回定例会(第4号) 本文 開催日:2017年12月11日

本市におけます産後サポート事業につきましては、民生委員児童委員を初め、保健師助産師保育士等によるアウトリーチ、訪問のほか、子育て支援センターことことやこども課での相談を実施する中でサポートしておりまして、外部の事業者団体等委託をするというような経費は発生しておりませんので、国が定める国庫補助事業については受けていないところでございます。  

日南市議会 2017-09-21 平成29年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2017年09月21日

検討会では、浮き彫りになった課題を上げておられますが、その一つに実施主体である自治体の取り組みにばらつきがあること、地域住民との協働による支援対象者──生活困窮者発見制度周知の問題、自立相談支援機関──日南市で言えば委託先である社会福祉協議会によるアウトリーチ不足、つまり生活に困っている人、本来支援が必要な人をしっかりと発見をして必要な手を差し伸べていくという活動でのアンバランスが生まれてきていると

門川町議会 2017-05-02 06月07日-01号

地域の人材や団体育成プロデュース能力活用、向上を図るための音楽、演劇等発表交流事業として、こども演劇体験講座劇団かどっこ発表公演門川高校文化祭演劇発表支援事前ワークショップとあわせて、アウトリーチ事業として実施いたしました。 また、クリエイティブセンター周辺でのイルミネーション点灯や、かどっぴー活動事業も行いました。 次に、広報啓発事業についてであります。 

都城市議会 2017-03-10 平成29年第1回定例会(第5号 3月10日)

国の二〇一七年度予算では、サポートステーション事業として、高校中退者に対するアウトリーチ訪問支援が新たに盛り込まれております。今後、高校中退者等に対するきめ細やかな支援についても期待しています。  では引き続き、質問を続けてまいります。  引きこもりになった方の全体の四〇%近くが、小・中学校で不登校の経験があるという報告もあります。  そこで、不登校問題についても質問をしてまいります。  

日向市議会 2017-03-09 03月09日-05号

それでも80点でも75点でもみんながつくったんだということを、そして全市民でそれを理解して取り組んでいくという、そういう意味でアウトリーチをもちろん否定はしません。