85件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

串間市議会 2018-12-07 平成30年第5回定例会(第6号12月 7日)

○14番(児玉征威君)  企業誘致はどこですか、そのために聞いてるけど。それから、債務負担を誰も答えんかったけど、これは担当課じゃないと私は思うけどね。さっき言ったように平地区の農業集落と中央浄化センター、築島、これが1年で出てるんですよね、債務負担がね。病院のほうは給食は3年、そして事務は2年と。これのときにいろいろあったんですね。

都城市議会 2018-06-20 平成30年第3回定例会(第5号 6月20日)

現在は、「nimoca(ニモカ)」、「SUGOCA(スゴカ)」のほかに、福岡市交通局の「はやかけJR東日本の「Suica(スイカ)」等、宮崎交通バスへの利用が可能となっています。宮崎県九州で唯一、全国相互利用型のICカード乗車券が使えない空白県でした。現在は、宮崎市内に限り利用が可能となっています。

串間市議会 2018-06-14 平成30年第3回定例会(第5号 6月14日)

これはもう、いろいろ見方があると思うけど、ちびっこレスラーがおって、そしてそれがだんだん育って、串間はおるわけであります。  だから、そういうことはもうでき上がっておるわけですけども、残念ながら中学校が、受入先がないわけですね。だから、前から私は、この議会でも何遍か言ってきたんですけども、中学校で、やはり窓口になって、市内には、相当のこのレスリングをする人の、福島高校のOBがおる。

串間市議会 2018-06-12 平成30年第3回定例会(第3号 6月12日)

○8番(井手明人君)  市長は突っ走らやったら魅力半減ですよ。大いに私は突っ走ってもらいたいと思いますよ。でも、もちろん法を犯して云々はこれはもう論外ですから、そこのところの手綱を副市長なり総務課長が、もう市長、ここはこれぐらいでとかというのはあるかとは思うんですが、市長は私はそれを通していただくほうが、そうしてもらわないと変わらんと思うんですよ。よろしくお願いいたします。  

串間市議会 2017-12-15 平成29年第6回定例会(第7号12月15日)

しかし、時と場合によっては継続審査ということになって、今回は継続審査になったわけですが、しかし、どの時点で早めなきゃならんというのがあると思うけど、どの時点でしたほうがいいという、委員会で方向づけが出されて継続審査という形になったのか、それがもしわかっておれば、聞かせていただきたいと思います。 ○議長山口直嗣君)  3番坂中喜博委員長。

日向市議会 2016-12-05 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月05日−02号

恐らく行政もそういうことはあるないかなという感じはしますけれども。日向市の現業職の給与と非現業職の給与が同一給料法の適用となっていることも、そのような過去の悪い例、こういうものが私は今生きているんじゃないかと思うんです。だから、法の趣旨から見直しをして適正化することが、僕は市長の一番大きな仕事だというふうに思います。  

串間市議会 2016-09-13 平成28年第4回定例会(第4号 9月13日)

ぼっと溝が埋まって、それがそのままもう埋まってしもたが、土砂が皆田んぼに行った。これを悠長な相談をしたり、そんなことをしよれば、もう田んぼは取れんわけですよ、はっきり言って。すぐ掘ってもらって、流れを変えてもらわないかんわけですよ。これがもし家だったらどうしますか。もう老人の家がここあって、土石が流れていって、早くここを掘り抜かないと、ここは危ないというときはどげすっとですか。

串間市議会 2016-06-22 平成28年第3回定例会(第5号 6月22日)

私は、先ほど和僑とか、ああいう楡周平さんのことを言いましたけれども、少なくとも企業誘致とか、そういうものは、もう日本ではなかなか難しいと。人件費が安い東南アジア外国にそういう状況が出ておる。やはり何と言ってもそこの地に昔から地場産業として成り立っておるものを生かしていかない限り、その地域の発展は、将来的に50年、100年の中にはできんなというのがこの小説の意見なんです。私もそう思います。  

小林市議会 2016-03-02 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月02日−04号

それから、移住者の居住宅については、御自身がどうしても郊外に家を建てると、そういうことであればやむを得ませんけれども、それ以外は、交通とか医療とか、あるいは福祉やら役場やら買い物、そしてインターネット環境があるということで、生活インフラが整っているこの市内のほうに空き家を紹介できるという形がいいのではないかなと思うんですが、いかがでしょうか。 ◎峯田勝巳市民協働課長 お答えいたします。  

串間市議会 2016-03-01 平成28年第1回定例会(第3号 3月 1日)

○12番(福添忠義君)  まあ、私はわからんとですけれども、なかなか言いにくいやろけれども、これやっぱり待遇改善ですよ。もう無理いくならば。それなかなか難しいもんなんですよ、制度がありますから。しかし現実はそうですよと、しかしその待遇改善、国が悪いっちゃがねといっちょってもいかんわけですから、それで解決すればいいですよ。

小林市議会 2015-12-04 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月04日−03号

ただ、前西川副市長時代に、何度も、とにかく地元に仕事をするように、そういう設計の仕方をすると、そういう答弁がありました。ですから、今回、行政棟はSRCの4階建てですよね。これであれば耐震構造ですから市内業者でもやれますよね、はっきり言って。どうですか。 ◎肥後正弘市長 私は地元の業者にさせたいなという思いです。

串間市議会 2015-08-12 平成27年第4回臨時会(第1号 8月12日)

それはまた時間が来ればできるから、何でこの生活道路である448がですよ、あそこの住民もあれだけ苦労しとる。なぜ説明がないか。  そしてまた、今度の温泉の問題も、重大な私は2年も開通ができないようなら経営に影響があるんですよ。こういう中で、何で説明が明確に、市民は市議会議員が知っとると思って聞くんですよ。まっでおっどみゃわからんとよのと。私はでも現場を見に行った。ひっ崩れてからすぐ。  

串間市議会 2014-12-05 平成26年第5回定例会(第5号12月 5日)

私はこは知らやった、この前、最近知ったんですけれども。  だから、近大マグロ海外に出て、完全養殖で成功したのは、中東パナマか何かいう国やったですね。それは私はわからんですけれども。何かそういった中東やったですね。地理名は、私、もう忘れましたですけれども。だから世界に発信しているんですよ。  

串間市議会 2014-06-10 平成26年第3回定例会(第3号 6月10日)

ある議員からすると、路面電車が走るやろという話、いや、路面電車は走らんですねという話をして、路面電車が走るんだったら賛成するけどなという話も一部笑い話じゃないですが、ありましたので、これはできるかどうかは別として、その辺もまちづくり協議会のほうでお話をしていただきたいと思います。  

都城市議会 2013-06-14 平成25年第2回定例会(第6号 6月14日)

私も、議員研修や旅行で全国いろいろな地方を回りましたが、これほどまでにバランスのとれた美しい山はありませまさき十三さんとハマちゃん、それに霧島山、私は、これをセットとして全国に発信し続けることがこれからの都城市の発展につながり、欠かせないと確信しております。担当部長はどのように考えているのか、お伺いいたします。 ○議 長(楡田 勉君) 商工部長。 ○商工部長(下村謙一君) お答えします。  

えびの市議会 2013-06-12 平成25年 6月定例会(第 4号 6月12日) 一般質問

そういうのをしていかないと、合わやったで、どんどんどんどんして、探したけどありませんでしたっじゃ、これ報告にはならないと思うんですよ。  だから、そういうところもきちっと考えて、そして監査にきちっと報告して、こうこうでしたと。それで監査からまた意見をもらったり、そして自分でもらった以上はきちっとしたそういうものを方策をちょっと考えていただきたいと思っていますが。大丈夫ですね、今後は。

串間市議会 2013-06-10 平成25年第3回定例会(第2号 6月10日)

○16番(児玉征威君)  そこの解釈がちょっと違うな。市長ができないと、私はこの9条のこれは、それは地方分権一括法通達とか自治余力の生活がかかって、今までのように国や県に伺いを立てないとできないという、これは地方分権法で変わったわけですよね。自治事務になって、だからそういうことで言えば、この地方自治法の245条の9ですね。この目的を達するために必要最小限、国のいわゆる基準というのは。