200件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

串間市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第6号 6月14日)

この人たちが私は名誉市民ないですかね。それから水戸サツエさん、市木の。この人たちも近い将来そういうのはそういう顕彰の対象になっておるのかですね。なっとればいわけですけれども。教えていただきたいと思います。  それから、ずっと今、総務課長、言うたこつ全部言わないかんど、書いておいてからですね。一つ一つすっぽかして答えたらいかんど。  それから、款5の農業総務費中、臨時的経費。

串間市議会 2019-06-12 令和元年第3回定例会(第4号 6月12日)

そういう話ないでしょうが。川があって家が向こうに1軒あったら、橋かけないかんとですよ。そういう考え方でいかんとですよ、教育委員会は。回り道を指導しているとはどういうことですか。どんなんですか、その辺は。おかしいですわね、それは。回り道指導しているってどういうことですか。私は、そういうこと聞いちょらんがな、もう。 ○学校政策課長(増田 仁君)  失礼しました。  

串間市議会 2019-06-11 令和元年第3回定例会(第3号 6月11日)

だから重要なことだけれども、消防署の移転は調査研究すると、これはこのごろはじまった話じゃなくて、前から消防署は高台へ移転すべきじゃないかということを提案をし、私だけなくて、それぞれの議員が言ってきたつもりですけれども、まだ調査研究、何を調査研究するのかですね、具体的にどうなっているのか。  それから寺里からの道路も重要な路線であると。

串間市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4号 3月 6日)

市から援助するとなくてですよ。修学旅行対策にもなるわけですね、何か姉妹校があればですよ。姉妹校が見つかったんですか、台湾に。その辺のまだ結果は、私たちに伝えてくれませんがね。姉妹校があれば、修学旅行で行ったらどんなですか。補助をしないといけないんですかね、これは。 ○学校政策課長(野辺幸治君)  お答えします。  新年度のきらり!

串間市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(第4号12月 5日)

そういうものを串間につくって、そして農業公社みたいなのをつくって担い手を育成していこうないかという形を提案したけど、これもまた聞く耳を持たんかったというのが実態であります。  今になって、やっぱりそういうものをつくらな、負けたがね、志布志にと。今になってそういうことが出てくるわけでありますけれども、しかし、今からでも取り組まなならんと思います。  

串間市議会 2018-09-18 平成30年第4回定例会(第7号 9月18日)

だから私はそれがせめて500になれば、3億か4億ぐらい収入がふえるわけですから、そこら辺はどういうふうな見方、単なる医師不足人口減少で減っておるという見方が病院側の見方とするなら、私はどだい今のような考え方で病院を再生するということは難しいと思うんですが、その考え方をまず、私はこれは単なる市立病院の問題なくて、市政の中でも福祉保健医療と、この三位一体となった対策を立てていくんだというような考

串間市議会 2018-09-12 平成30年第4回定例会(第4号 9月12日)

それが、やっぱり今の認識ないですか。どうしても何とかしたいんだということであれば、総合政策課長、今、うちがこうしたいと思うけども、使える予算幾らある、基金は何ぼになっとる。しょっちゅうその話をするはずですよ。  ちなみに総合政策課長、ふるさと納税の基金平成29年度末でもっての基金の残高、全体が何ぼあるのか。それと、使い道が7つほどあったと思うんです。

串間市議会 2018-06-22 平成30年第3回定例会(第7号 6月22日)

道路情報室は要らんとないかとか、もう歩道も要らんとないかと言う方もいらっしゃったし、それから非営利部門のところを縮小すべきだという方もいらっしゃいました。だから、しかし総体的にはやはり串間の財政を考えていく場合に、将来を憂うと、の形の中の形が強く出ておるというふうに思って、聞かせていただいたところであります。  

串間市議会 2018-06-14 平成30年第3回定例会(第5号 6月14日)

だから、強力なリーダーシップを発揮して、これを総合的に手綱を、鵜飼いの鵜匠じゃないけれども、誰かがこうやって、これをまとめて進めていくというような形でないといかんとないかということでありますから、答弁は要りませんから、そういう理解をして、取り組みをしていただくように、市長、お願いいたします。  大体わかりました。  

串間市議会 2018-06-11 平成30年第3回定例会(第2号 6月11日)

ちょっとはやわらかくですよ、市長、私が聞いている、文句を言っているわけないんですよ。市長がそういうことであれば私も聞きますよ。  それと人事評価でいろいろありますけど、職員が、先輩が後輩に講習をするとかいう研修はやっているんですかね。 ○総務課長(塔尾勝美君)  お答えいたします。  

串間市議会 2017-09-19 平成29年第5回定例会(第6号 9月19日)

文句が出るわけで、串間弁でいうなら、だから地区地区のそういう猟友会の人たちと十分一緒に座って、その人たちの社会的やっぱり必要性、社会的な認知といいますか、自分たちの行ってる事業が単なる自分たちが肉を食うと、こういう形じゃなくて、それがやっぱり地域経済に、経済振興、農業振興にやっぱり寄与しとると、こういうやっぱり誇り高きものが本人たちにあるわけですから、それをやっぱり十分評価してほしいと、銭・金の問題なくてですね

串間市議会 2017-09-12 平成29年第5回定例会(第2号 9月12日)

その点、それじゃいかんとないですか。温泉は、いわゆる地方自治法244条に言う公の施設だと思いますが、そうではないんですかね。その点を含めて答弁してください。 ○商工観光スポーツランド推進課長(高橋一哉君)  お答えします。  温泉の存続につきましては、市の方針として既に決定をいたしておりまして、しっかりとあの場所を生かすという方針は決定いたしております。  

串間市議会 2017-06-16 平成29年第3回定例会(第6号 6月16日)

では指定管理制度はどういう目的で導入されたのかということを論議しないといかんとないですかね。串間温泉もこれからどうなるかわかりませんが、指定管理料を払ってくれというような要望書も出されてるわけですから、ただ串間市みたいな人口減が続いて、業者数も減っていけば串間市内で他市の業者と競い合って、そういう仕事をとるというのは大変厳しい状況になっているわけです。

串間市議会 2017-06-15 平成29年第3回定例会(第5号 6月15日)

設計監理呼んでから言わんといかんとないですか、これ。学校政策課が呼んだんですか、学校政策課の意見はどうやったんですか、そしたら。 ○監査委員(吉本之俊君)  お答えいたします。  市の発注する工事におきましては、当初設計段階で十分な調査、精算を行うことが望ましいというふうに考えております。

串間市議会 2017-06-14 平成29年第3回定例会(第4号 6月14日)

どかせないかんことないですか。私は抜本的に見直せという立場ですが、市長は串間のためにやると言われるなら、やるならやるで、そういうことを解決しないといけないんじゃないですか。市長は努力すると言われたんですよ。どうされますか、そこは。