門川町議会 > 2019-02-26 >
03月12日-01号

ツイート シェア
  1. 門川町議会 2019-02-26
    03月12日-01号


    取得元: 門川町議会公式サイト
    最終取得日: 2021-05-02
    平成 31年 第1回定例会( 3月)門川町告示第3号 平成31年門川町議会第1回定例会を次のとおり招集する    平成31年2月26日                           門川町長 安田  修1 期 日  平成31年3月12日2 場 所  門川町役場議場──────────────────────────────開会日に応招した議員広瀬 拓也君          宇都宮三良君出口 希俊君          山岡 節夫君中城 資力君          森川 春夫君菊地 稿治君          森  誠一君請関 義人君          水永 正継君神﨑千香子君          安田 茂明君岩佐 祐一君          内山田善信君──────────────────────────────応招しなかった議員        なし────────────────────────────────────────────────────────────────────平成31年 第1回(定例)門 川 町 議 会 会 議 録(第1日)                        平成31年3月12日(火曜日)──────────────────────────────────────議事日程(第1号)                    平成31年3月12日 午前10時00分開会 日程第1 会議録署名議員の指名 日程第2 会期の決定 日程第3 諸般の報告 1.例月現金出納検査について 日程第4 同意第2号 東臼杵公平委員会委員選任同意について 日程第5 同意第3号 東臼杵公平委員会委員選任同意について 日程第6 同意第4号 東臼杵公平委員会委員選任同意について            ※ 一括上程提案理由説明一括質疑・逐次討論・採決 日程第7 議案第2号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について            ※ 提案理由説明 日程第8 議案第3号 門川町の非常勤特別職の職員の報酬等に関する条例の一部を改正する条例について            ※ 提案理由説明 日程第9 議案第4号 災害弔慰金支給等に関する条例の一部を改正する条例について            ※ 提案理由説明 日程第10 議案第5号 門川町水道布設工事監督者の配置及び資格並びに水道技術管理者の資格に関する条例の一部を改正する条例について            ※ 提案理由説明 日程第11 議案第6号 門川町町道路線の認定及び廃止について            ※ 提案理由説明 日程第12 議案第19号 平成30年度小学校空調設備整備事業 門川小学校草川小学校五十鈴小学校冷房設備工事請負契約について            ※ 提案理由説明 日程第13 議案第7号 平成30年度門川町一般会計補正予算(第10号)について 日程第14 議案第8号 平成30年度門川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について 日程第15 議案第9号 平成30年度門川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)について 日程第16 議案第10号 平成30年度門川町介護保険事業特別会計補正予算(第4号)について 日程第17 議案第11号 平成30年度門川町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)について 日程第18 議案第12号 平成30年度門川町水道事業会計補正予算(第3号)について            ※ 一括上程提案理由説明 日程第19 議案第13号 平成31年度門川町一般会計予算について 日程第20 議案第14号 平成31年度門川町国民健康保険事業特別会計予算について 日程第21 議案第15号 平成31年度門川町後期高齢者医療特別会計予算について 日程第22 議案第16号 平成31年度門川町介護保険事業特別会計予算について 日程第23 議案第17号 平成31年度門川町簡易水道事業特別会計予算について 日程第24 議案第18号 平成31年度門川町水道事業会計予算について            ※ 一括上程提案理由説明──────────────────────────────本日の会議に付した事件 日程第1 会議録署名議員の指名 日程第2 会期の決定 日程第3 諸般の報告 1.例月現金出納検査について 日程第4 同意第2号 東臼杵公平委員会委員選任同意について 日程第5 同意第3号 東臼杵公平委員会委員選任同意について 日程第6 同意第4号 東臼杵公平委員会委員選任同意について            ※ 一括上程提案理由説明一括質疑・逐次討論・採決 日程第7 議案第2号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について            ※ 提案理由説明 日程第8 議案第3号 門川町の非常勤特別職の職員の報酬等に関する条例の一部を改正する条例について            ※ 提案理由説明 日程第9 議案第4号 災害弔慰金支給等に関する条例の一部を改正する条例について            ※ 提案理由説明 日程第10 議案第5号 門川町水道布設工事監督者の配置及び資格並びに水道技術管理者の資格に関する条例の一部を改正する条例について            ※ 提案理由説明 日程第11 議案第6号 門川町町道路線の認定及び廃止について            ※ 提案理由説明 日程第12 議案第19号 平成30年度小学校空調設備整備事業 門川小学校草川小学校五十鈴小学校冷房設備工事請負契約について            ※ 提案理由説明 日程第13 議案第7号 平成30年度門川町一般会計補正予算(第10号)について 日程第14 議案第8号 平成30年度門川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について 日程第15 議案第9号 平成30年度門川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第            3号)について 日程第16 議案第10号 平成30年度門川町介護保険事業特別会計補正予算(第4号)について 日程第17 議案第11号 平成30年度門川町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)について 日程第18 議案第12号 平成30年度門川町水道事業会計補正予算(第3号)について            ※ 一括上程提案理由説明 日程第19 議案第13号 平成31年度門川町一般会計予算について 日程第20 議案第14号 平成31年度門川町国民健康保険事業特別会計予算について 日程第21 議案第15号 平成31年度門川町後期高齢者医療特別会計予算について 日程第22 議案第16号 平成31年度門川町介護保険事業特別会計予算について 日程第23 議案第17号 平成31年度門川町簡易水道事業特別会計予算について 日程第24 議案第18号 平成31年度門川町水道事業会計予算について            ※ 一括上程提案理由説明──────────────────────────────出席議員(14名)1番 広瀬 拓也君       2番 宇都宮三良君3番 出口 希俊君       4番 山岡 節夫君5番 中城 資力君       6番 森川 春夫君7番 菊地 稿治君       8番 森  誠一君9番 請関 義人君       10番 水永 正継君11番 神﨑千香子君       12番 安田 茂明君13番 岩佐 祐一君       14番 内山田善信君──────────────────────────────欠席議員(なし)──────────────────────────────欠  員(なし)──────────────────────────────事務局出席職員職氏名議会事務局長 甲斐 正修君     局長補佐兼係長 永田 孝一君──────────────────────────────説明のため出席した者の職氏名町長            安田  修君  副町長         金丸 隆康君教育長           新原とも子君  会計管理者会計課長  黒木 和浩君総務課長          請関 史朗君  まちづくり推進課長   岩田 一男君財政課長兼新庁舎建設室長  小野 俊洋君  税務課長        寺原 浩二君町民課長          松尾 高明君  福祉課長        橋口  聡君教育総務課長        吉本 政文君  社会教育課長      和田  尚君農林水産課長        安田 正光君  建設課長        久米 佳郎君環境水道課長        波岡慎太郎君  代表監査委員      黒木 元吉君──────────────────────────────午前10時00分開会 ◎議会事務局長甲斐正修君) 御起立願います。一同、礼。御着席ください。 ○議長(内山田善信君)  おはようございます。本日から開会となりますが、選挙後、初めての定例会であります。住民の代表であります我々としましては、行政の監視と政策提言という二つの機能を十分に発揮しながら取り組んでいきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 ただいまから平成31年門川町議会第1回定例会を開会します。 これから本日の会議を開きます。 本日の議事日程はお手元に配付したとおりであります。────────────・────・──────────── △日程第1.会議録署名議員の指名 ○議長(内山田善信君)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。 会議録署名議員は、会議規則第127条の規定により、3番、出口希俊君、4番、山岡節夫君を指名します。 傍聴人に申し上げます。傍聴人は、議事について可否を表明し、または騒ぎ立てることは禁止されておりますので、静粛にお願いします。────────────・────・──────────── △日程第2.会期の決定 ○議長(内山田善信君)  日程第2、会期の決定を議題とします。 会期日程については、議会運営委員会委員長の報告を求めます。神﨑千香子君。 ◎議会運営委員長神﨑千香子君) 議会運営委員会の報告を行います。 本日、招集されました平成31年門川町議会第1回定例会の会期及び会期日程につきましては、昨日の3月11日に議会運営委員会を開催いたしましたので、委員会における審査の経過並びに結果について申し上げます。 本議会に提案されます議案として、同意3件、条例改正4件、町道の認定・廃止1件、契約1件、補正予算6件、当初予算6件の計21件であります。 以上の議案につきましては、副町長、担当課長より概要の説明を受け、委員会で審査した結果、会期は本日12日から26日までの15日間とし、会期日程案につきましては、お手元に配付のとおりであります。 なお、会期日程案の内容につきましては、議会事務局をして説明させます。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。 以上、報告を終わります。 ○議長(内山田善信君)  局長。 ◎議会事務局長甲斐正修君) 局長。それでは、平成31年門川町議会第1回定例会会期日程案について説明いたします。 会期は、本日12日より26日までの15日間です。 本日は、諸般の報告が1件、次に同意第2号から同意第4号までの3件について、一括上程提案理由説明一括質疑、逐次討論、採決です。 次に、議案第2号から議案第6号までの5件について、それぞれ提案理由説明、次に議案第19号について提案理由説明、次に議案第7号から議案第12号までの6件について、一括上程提案理由説明、次に議案第13号から議案第18号までの6件について、一括上程提案理由説明です。 13日は、本会議を休会しまして、議案勉強会を行います。 14日は本会議です。まず、議案第2号から議案第6号までの5件について、それぞれ質疑、討論、採決です。次に、議案第19号について、質疑、討論、採決です。次に、議案第7号から議案第12号までの6件について、一括質疑、逐次討論、採決です。次に、議案第13号から議案第18号までの6件について、総括質疑の後、所管の常任委員会に付託となります。この日の午後から委員会審査となります。 15日は委員会、16日から17日は町の休日により休会です。 18日から19日にかけて委員会、20日は一般質問、21日は休会で、22日は委員会です。 23日から24日は休会で、25日は委員会になります。 26日は本会議です。所管の常任委員会に付託してあります議案第13号から議案第18号までの6件について、それぞれの所管の委員長報告、報告に対する質疑、逐次討論、採決です。最後に、議会運営委員会、各常任委員会特別委員会の閉会中における所管事務継続調査及び継続審査の申し出の採決となります。 以上で会期日程案の説明を終わります。 ○議長(内山田善信君)  お諮りします。本定例会の会期は、本日12日から26日までの15日間にしたいと思います。御異議ありませんか。〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(内山田善信君)  異議なしと認めます。したがって、本定例会の会期は本日12日から26日までの15日間と決定しました。────────────・────・──────────── △日程第3.諸般の報告 ○議長(内山田善信君)  日程第3、諸般の報告を行います。 監査委員から、2月14日付で平成30年11月分から平成31年1月分までの例月現金出納検査結果について報告がありましたので、その写しをお手元に配付しております。 これで諸般の報告を終わります。────────────・────・──────────── △日程第4.同意第2号 △日程第5.同意第3号 △日程第6.同意第4号 ○議長(内山田善信君)  日程第4、同意第2号から日程第6、同意第4号までの東臼杵公平委員会委員選任同意についての3件を一括して議題とします。 提案理由の説明を求めます。町長。 ◎町長(安田修君) 町長。おはようございます。いよいよ今日から平成31年第1回定例会でございます。また後で触れますけれども、新しく選ばれました14名の議員の皆さん方、よろしくお願いをいたします。 それでは、同意第2号から同意第4号の東臼杵公平委員会委員選任同意について、一括して提案理由を御説明いたします。 公平委員会の業務につきましては、平成11年4月1日に、東臼杵郡南部の2町5村1組合の共同設置により発足いたしました。 現在は、市町村合併により、門川町、美郷町、諸塚村、椎葉村、入郷地区衛生組合の2町2村1組合における共同設置となっております。 門川町、美郷町、諸塚村より選任しておりました現委員3名の任期が平成31年3月31日をもって満了となることから、東臼杵公平委員会共同設置に関する規約第4条の規定に基づき、次期の公平委員会委員選任同意を求めるものであります。 まず、同意第2号、本田芳秋氏であります。 本田氏は、昭和49年から門川町役場で勤務され、町民課長補佐議会事務局長の要職を歴任し、平成25年3月に定年退職をされておられます。なお、平成27年4月からは、本公平委員会の委員を務めていただいております。 次に、同意第3号、美郷町西郷の鎌田雄二郎氏であります。 昭和55年に当時の西郷村役場に採用され、平成29年3月に美郷町役場を定年退職されております。今回、美郷町選出の前委員の退任に伴い、美郷町長より鎌田氏の推薦をいただき、委員への同意をお願いするものであります。 最後に、同意第4号、椎葉村の松岡鍾氏であります。 松岡氏は、昭和40年から椎葉村役場に勤務され、平成19年3月に退職されております。諸塚村と椎葉村からの委員につきましては、1期4年交代で、それぞれ推薦をいただいておりまして、松岡氏におかれましては、平成23年4月からの4年間、本公平委員会の委員を1期お務めいただきました。今回、椎葉村長の推薦を受けまして、2回目の委員就任お願いするものであります。 地方公務員法に基づき設置する公平委員会では、構成団体の職員の権利・利益の保障を図ることや、職員等からの措置要求に対し、審査や判定を行っていくことが求められております。 今回、提案いたしました3名の方々とも、これまでの経歴が示しますとおり、職場環境理解度や識見にすぐれた方々であり、東臼杵公平委員会の委員として適任者であると考えております。 つきましては、委員就任への御同意をいただきますようお願いをいたします。 以上であります。 ○議長(内山田善信君)  以上で説明を終わります。 これから同意第2号から同意第4号までの3件について、一括して質疑を行います。質疑ありませんか。〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(内山田善信君)  質疑なしと認めます。これで質疑終わります。 これから逐次討論、採決を行います。 まず、同意第2号東臼杵公平委員会委員選任同意について、討論を行います。反対討論の方。〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(内山田善信君)  討論なしと認めます。これで討論を終わります。 これから採決を行います。本案に賛成の方は御起立願います。〔賛成者起立〕 ○議長(内山田善信君)  御着席ください。全員御起立です。したがって、同意第2号東臼杵公平委員会委員選任同意については、原案のとおり同意することに決定しました。 次に、同意第3号東臼杵公平委員会委員選任同意について、討論を行います。反対討論の方。〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(内山田善信君)  討論なしと認めます。これで討論を終わります。 これから採決を行います。本案に賛成の方は御起立願います。〔賛成者起立〕 ○議長(内山田善信君)  起立全員であります。御着席ください。したがって、同意第3号東臼杵公平委員会委員選任同意については、原案のとおり同意することに決定しました。 次に、同意第4号東臼杵公平委員会委員選任同意について、討論を行います。反対討論の方。〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(内山田善信君)  討論なしと認めます。これで討論を終わります。 これから採決を行います。本案に賛成の方は御起立願います。〔賛成者起立〕 ○議長(内山田善信君)  起立全員であります。御着席ください。したがって、同意第4号東臼杵公平委員会委員選任同意については、原案のとおり同意することに決定しました。────────────・────・──────────── △日程第7.議案第2号 ○議長(内山田善信君)  日程第7、議案第2号職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。 提案理由の説明を求めます。町長。 ◎町長(安田修君) 町長。それでは、議案第2号職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例についての提案理由を説明いたします。 今回の改正につきましては、長時間労働の是正のため、正規の勤務時間以外の時間における勤務に関し、必要な事項を規則で定めるよう条例を改正するものであります。 内容といたしましては、①時間外勤務命令を行うことができる上限を、原則として1カ月について45時間かつ1年について360時間の範囲内とすること。 ②議会関係予算折衝地域住民との折衝等に従事するなど、業務の量や時期が任命権者の枠を超えて他律的に決まる比重が高い部署に勤務する職員に対しては、1カ月について100時間未満、1年について720時間以下、2から6カ月平均がいずれも80時間以下等の範囲内とすること。 ③大規模災害への対処等の重要な業務であって、特に緊急に処理することを要する業務に従事する職員等に対しては、上限時間を超えて時間外勤務を命じることができるが、上限時間を超えて時間外勤務を命じた場合には、その要因の整理、分析及び検証を行うこと。 以上のように、職員の勤務時間、休暇等に関する規則の一部を改正し、時間外勤務上限等について、必要な事項を規則で定めるものであります。 御審議のほど、よろしくお願いいたします。 ○議長(内山田善信君)  以上で説明を終わります。────────────・────・──────────── △日程第8.議案第3号 ○議長(内山田善信君)  日程第8、議案第3号門川町の非常勤特別職の職員の報酬等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。 提案理由の説明を求めます。町長。 ◎町長(安田修君) 町長。それでは、議案第3号門川町の非常勤特別職の職員の報酬等に関する条例の一部を改正する条例についての提案理由を御説明いたします。 近年、子供たちを取り巻く環境や学校が抱える課題は複雑化・多様化してきており、教育改革地方創生等の動向からも、学校と地域の連携・協働の重要性が指摘されております。そこで、学校や地域が抱える課題を解決するとともに、地域を担う人材を育成するため、平成29年に国において、地方教育行政の組織及び運営に関する法律が改正され、学校と地域住民等が力を合わせて学校の運営に取り組む学校運営協議会の設置、いわゆるコミュニティ・スクールの導入が努力義務化されました。 これを受けて、本町では、平成31年度に門川中学校学校運営協議会を先行導入し、翌年度には全校に導入していく予定で、同条例別表第1に「学校運営協議会委員」を加え、報酬を定めるものであります。 また、地域と学校が連携・協働し、幅広い地域住民保護者等の参画により、地域全体で子供たちの成長を支え地域を創生する地域学校協働活動を推進するため、平成29年に社会教育法が改正され、同活動に関する規定が整備されました。 本町におきましても、平成31年度より既存の門川町学校支援地域本部を門川町地域学校協働本部に発展させ、従来の地域と学校の連携体制を基盤として、幅広い層の地域住民団体等のより多くの参画とネットワーク化による地域学校協働活動を推進してまいります。 そこで、同条例別表第1の「地域教育協議会委員」を「地域学校協働本部員」に改め、報酬を定めるものであります。 御審議のほど、よろしくお願いいたします。 以上です。 ○議長(内山田善信君)  以上で説明を終わります。────────────・────・──────────── △日程第9.議案第4号 ○議長(内山田善信君)  日程第9、議案第4号災害弔慰金支給等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。 提案理由の説明を求めます。町長。 ◎町長(安田修君) 町長。それでは、議案第4号災害弔慰金支給等に関する条例の一部を改正する条例について提案理由を説明いたします。 この条例は、自然災害等の大規模災害において被害を受けられた方々や、その世帯に対し弔慰金を支給するものであり、今回の一部改正は、この条例に規定する支給対象災害の範囲を拡大するものであります。 まず、災害弔慰金支給対象災害に関しては、国が定める災害弔慰金支給等に関する法律に規定するものと、国の制度を補完する形で県が定める宮崎県災害弔慰金補助金交付要綱に基づくものがあります。 現行の条例は、国の制度に規定する範囲については支給対象となっておりますが、県の要綱に規定する対象災害の範囲については支給対象となっていない状況です。 今回の条例改正により、国の定める法律の支給対象範囲に県の定める要綱の支給対象範囲を加え、対象範囲を拡大するよう改正するものであります。 御審議のほど、よろしくお願いいたします。 ○議長(内山田善信君)  以上で説明を終わります。────────────・────・──────────── △日程第10.議案第5号 ○議長(内山田善信君)  日程第10、議案第5号門川水道布設工事監督者の配置及び資格並びに水道技術管理者の資格に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。 提案理由の説明を求めます。町長。 ◎町長(安田修君) 町長。議案第5号門川水道布設工事監督者の配置及び資格並びに水道技術管理者の資格に関する条例の一部を改正する条例についての提案理由を説明いたします。 今回の条例改正につきましては、技術士法及び学校教育法の一部改正により、水道法令における水道布設工事監督者の配置及び資格並びに水道技術管理者の資格要件が改正されたため、この法令を参酌して制定された本条例における資格要件についても、同様に改正するものであります。 改正点の1つ目は、技術士法における試験科目の見直しに伴い、それに係る資格要件の文言を改めるものであります。2つ目は、学校教育法の改正により、新たに設けられる専門職大学における前期課程修了者を短期大学の卒業者と同等に資格要件として加えるものであります。 御審議のほど、よろしくお願いいたします。 ○議長(内山田善信君)  以上で説明を終わります。────────────・────・──────────── △日程第11.議案第6号 ○議長(内山田善信君)  日程第11、議案第6号門川町町道路線の認定及び廃止についてを議題とします。 提案理由の説明を求めます。町長。 ◎町長(安田修君) 町長。それでは、議案第6号門川町町道路線の認定及び廃止についての提案理由を申し上げます。 認定する路線は、大池通り線、栄町33号線、栄町34号線、中須20号線、中須21号線、中須22号線、長峰中通り線の7路線です。廃止する路線は、大池通り線の1路線であります。 まず、大池通り線ですが、道路延長の追加に伴い終点が変わるため、旧路線を廃止し、新たに認定するものです。 次に、栄町33号線、栄町34号線、中須20号線、中須21号線、中須22号線ですが、これらの路線は、民間の小規模開発により道路が整備され、用地については町に寄附されておりますので、町道認定するものであります。 次に、長峰中通り線ですが、当路線は、集落の生活道路であり、霊園墓地への進入路や、高台への避難路としても利用されており、地区からの町道認定の要望が出されましたので、今後、町道として整備すべく認定するものであります。 これにより、町道541路線、延長16万9,541メートルとなります。 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。 ○議長(内山田善信君)  以上で説明を終わります。────────────・────・──────────── △日程第12.議案第19号 ○議長(内山田善信君)  日程第12、議案第19号平成30年度小学校空調設備整備事業 門川小学校草川小学校五十鈴小学校冷房設備工事請負契約についてを議題とします。 提案理由の説明を求めます。町長。 ◎町長(安田修君) 町長。それでは、議案第19号平成30年度小学校空調設備整備事業 門川小学校草川小学校五十鈴小学校冷房設備工事請負契約について提案理由を御説明いたします。 平成31年2月の第1回臨時会において、ブロック塀・冷房設備対応臨時特例交付金事業を活用した町内小・中学校冷房設備工事等の補正予算を可決いただきました。 今回の議案は、このうちの小学校普通教室及び特別教室等62室に冷房設備工事を行う管工事一式の契約であります。 契約の方法といたしましては、有限会社小泉管工事工務店門川支店、有限会社請関水道設備工業、有限会社東栄空調、有限会社シンキ冷設門川支店、株式会社吉田工業、株式会社コダマ設備工業の6社による指名競争入札を実施し、その結果、落札額、消費税込み6,752万1,600円で株式会社吉田工業が落札しましたので、同社と契約いたしたく、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により提案するものであります。 御審議のほど、よろしくお願いをいたします。 ○議長(内山田善信君)  以上で説明を終わります。────────────・────・──────────── △日程第13.議案第7号 △日程第14.議案第8号 △日程第15.議案第9号 △日程第16.議案第10号 △日程第17.議案第11号 △日程第18.議案第12号 ○議長(内山田善信君)  日程第13、議案第7号平成30年度門川町一般会計補正予算(第10号)について、日程第14、議案第8号平成30年度門川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について、日程第15、議案第9号平成30年度門川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)について、日程第16、議案第10号平成30年度門川町介護保険事業特別会計補正予算(第4号)について、日程第17、議案第11号平成30年度門川町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)について、日程第18、議案第12号平成30年度門川町水道事業会計補正予算(第3号)について、以上6件を一括して議題とします。 提案理由の説明を求めます。町長。 ◎町長(安田修君) 町長。それでは、議案第7号平成30年度門川町一般会計補正予算(第10号)について並びに議案第8号から議案第12号までの各特別会計補正予算について、各号順に提案理由を説明いたします。 初めに、議案第7号平成30年度門川町一般会計補正予算(第10号)について説明いたします。 今回の補正予算は、既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ1億7,035万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ87億1,395万2,000円とするものであります。 補正予算の主なものを申し上げます。 歳入では、町税1,528万円、地方交付税1億6,751万1,000円、国庫支出金477万4,000円などを追加し、県支出金1,321万2,000円、町債967万円などを減額するものであります。 一方、歳出については、県営急傾斜地崩壊対策事業に1,100万円、予備費に1億7,815万1,000円、財政調整基金などへの積立金1億9,806万7,000円などを追加し、児童手当給付事業扶助費2,314万5,000円などを減額するものであります。 また、人件費7,528万円を減額し、それぞれの項目で調整をしております。 なお、消費税増税対策プレミアム商品券事業など9事業の3億6,638万5,000円は、年度内に事業が完成いたしませんので、地方自治法第213条第1項の規定により繰越明許費を追加するものであります。 次に、議案第8号平成30年度門川町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について説明いたします。 今回の補正予算は、既定の予算の総額から歳入歳出それぞれ3,990万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ25億6,842万円とするものであります。 補正予算の主な内容は、歳入では、繰入金394万8,000円を追加し、県支出金4,385万円を減額するものであります。 一方、歳出については、保険給付費4,738万6,000円などを減額し、基金積立金1,999万9,000円を追加するものであります。 次に、議案第9号平成30年度門川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)について説明いたします。 今回の補正予算は、既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ26万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億3,667万6,000円とするものであります。 補正予算の主な内容は、歳入では、繰入金455万3,000円を追加し、後期高齢者医療保険料333万4,000円などを減額するものであります。 一方、歳出については、後期高齢者医療広域連合納付金121万9,000円を追加し、総務費95万1,000円を減額するものであります。 次に、議案第10号平成30年度門川町介護保険事業特別会計補正予算(第4号)について説明いたします。 今回の補正予算は、既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ138万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ16億6,548万3,000円とするものであります。 補正予算の主な内容は、歳入では、国庫支出金1,140万3,000円を追加し、支払基金交付金1,780万円などを減額するものであります。 一方、歳出については、保険給付費1,200万円などを追加し、地域支援事業費934万1,000円などを減額するものであります。 次に、議案第11号平成30年度門川町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)について説明いたします。 今回の補正予算は、既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ30万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,122万9,000円とするものであります。 補正予算の主な内容は、歳入では、使用料70万円を減額し、繰越金100万8,000円を追加するものであります。 一方、歳出については、手数料70万円を減額し、一般会計への操出金100万8,000円を追加するものであります。 最後に、議案第12号平成30年度門川町水道事業会計補正予算(第3号)について説明いたします。 今回の補正予算は、資本的収入を2,594万3,000円増額し、総額を1億7,227万4,000円とするもので、同収入額が資本的支出額に不足する額2,594万3,000円減額し、総額を1億939万円とするものであります。 補正の内容としましては、基幹管路耐震化事業における起債内容及び補助金額の変更並びにその事業に附帯する消火栓設置基数の増加により、資本的収入について、企業債を800万円、出資金を1,570万円及び工事負担金を337万3,000円、それぞれ増額し、補助金を113万円減額するものであります。また、資本的収入額が資本的支出額に不足する額の補填財源として、当年度損益勘定留保資金2,594万3,000円を減額するものであります。 以上が補正予算の概要であります。御審議のほど、よろしくお願いをいたします。 以上です。 ○議長(内山田善信君)  以上で説明を終わります。 ここでしばらく休憩します。10時50分から再開します。午前10時40分休憩                              午前10時49分再開 ○議長(内山田善信君)  休憩前に引き続き開議します。────────────・────・──────────── △日程第19.議案第13号 △日程第20.議案第14号 △日程第21.議案第15号 △日程第22.議案第16号 △日程第23.議案第17号 △日程第24.議案第18号 ○議長(内山田善信君)  日程第19、議案第13号平成31年度門川町一般会計予算について、日程第20、議案第14号平成31年度門川町国民健康保険事業特別会計予算について、日程第21、議案第15号平成31年度門川町後期高齢者医療特別会計予算について、日程第22、議案第16号平成31年度門川町介護保険事業特別会計予算について、日程第23、議案第17号平成31年度門川町簡易水道事業特別会計予算について、日程第24、議案第18号平成31年度門川町水道事業会計予算について、以上6件を一括して議題とします。 提案理由の説明を求めます。町長。 ◎町長(安田修君) 町長。それでは、議案第13号から議案第18号の平成31年度当初予算案の御審議をお願いするに当たり、新年度に向けた町政運営に臨む具体的な考えと施策の大綱を申し上げ、町議会並びに町民の皆様の御理解、御協力をお願いいたします。 まずは、さきの町議会議員選挙におきまして、新しく選ばれました14名の議員の皆様に心からお祝いを申し上げます。これから4年間、町民の幸せと町政発展のためにお互い手を携え、知恵を出し合い、工夫しながら町政運営に当たっていきたいと思います。 平成31年度の町政運営に当たりましては、御案内のとおり、本年は、町にとりましても最重要課題であります新庁舎建設の着工の年となります。庁舎は、行政機能、災害対策本部機能を十分に発揮できる施設であること及びまちづくりの中心施設として、町民と行政のコミュニケーションが円滑に図られるよう配慮することの考えのもと、計画いたしております。 今後とも町民の皆様からの御意見や御提言を広くお聞きしながら、進めてまいりたいと考えておりますので、御理解、御協力を賜りますようお願いいたします。 それにあわせて、引き続き本町の産業基盤である農林水産業、商工業の振興を図りながら、まちづくりと物流の要である総合交通網の整備、少子高齢化対策を重視した福祉の充実、生涯学習の推進や災害に強いまちづくりの整備等について積極的に取り組んでまいります。 また、先人たちが築いてきた町民本位の行政推進を基本にしながら、あるときは型を破り、自分の持ち味を加え、いつかはその基本と持ち味を超越する、いわば「守・破・離」の精神を持って事に当たっていきたいと思います。 そのためには、これまで以上に自主性や自立性が強く求められますので、町民の皆様との協働でのまちづくりや行政への参画機会の拡充、情報の共有、民間活力の有効活用など、町民と行政が一体となって取り組んでまいります。 これまで申し上げてきた「町民一人一人が主役のまちづくり」とは、産業全般に活気があり、幼い子供から若者、そして高齢者に至るまで、健康で明るく、安らぎと豊かさを実感できる環境の整った町が基本であると思っております。 その実現のため、ふるさとに愛着と誇りと自信を持って夢と希望にあふれるまちづくりに全力で挑戦してまいりますので、議員の皆様の御指導御助言をよろしくお願いをいたします。 それでは、本議会に提案いたしました議案第13号から議案第18号の平成31年度当初予算案についての御説明いたします。 我が国の経済情勢は、景気は緩やかな回復をしており、また先行きについても、雇用、所得環境の改善が続く中で、各種政策の効果もあって緩やかな回復に向かうことが期待されます。 ただし、通商問題の動向が世界経済に与える影響や海外経済の不確実性、金融資本市場の影響に留意する必要かあり、また相次いでいる自然災害の経済に与える影響に十分留意する必要があるとなっております。 このような中、国の予算は、経済財政運営と改革の基本方針2010で示された新経済財政再生計画の枠組のもと、歳出改革に取り組み、施策の優先順位を洗い直し、むだを徹底して排除しつつ、予算の中身を大胆に重点化することとした予算として編成されております。 一方、県の平成31年度当初予算においては、第4期財政改革推進計画に基づく取り組みを不断の取り組みとして着実に実行しながら、選択と集中の理念のもと本件の抱えるさまざまな課題に的確に対応するとともに、将来を見据えた施策について積極的な展開を図る予算として編成されました。 このような中、本町の平成31年度の当初予算編成に当たっては、第5次門川町長期総合計画後期計画や門川町行財政改革構想及び長期財政計画並びに未来の門川ハッピースマイル戦略を踏まえ、今後推進すべき重点政策として、①地域産業の振興、②安心して暮らし続けられる地域福祉の充実、③学力向上のための環境整備、④安全安心なまちづくりのための防災道路のインフラ整備、⑤地域医療の充実、⑥高速道路を利活用した産業・経済・観光の振興、⑦地域と行政の協働によるまちづくりの推進、⑧人と自然が共生した環境に優しいまちづくりなど、これまで取り組んできた各事業分野での施策の点検を行い、優先度の高い施策を中心に重要性、緊急性、有効性等を総合的に勘案し、重点的かつ効果的効率的に取り組むものとしております。 特に、本年度は防災対策の強化を重点課題としながら、防災の拠点となる新庁舎建設とあわせて災害に強いまちづくりのための災害対策の強化を図り、安全安心なまちづくりのインフラ整備、子育て支援及び福祉の充実、住居改善、教育現場の環境整備など町民が一生住み続けていきたいと思えるようなまちづくりに努めてまいります。 平成31年度も消費税増税が見込まれるなど、厳しい経済状況や財政状況の中でありますが、限られた財源を有効に活用し、やっぱり門川、ずっと門川の実現に向けた予算編成をいたしました。 その結果、一般会計と特別会計を合わせた予算総額は138億9,400万円となり、骨格予算でありました前年度当初予算総額と比較しますと18.3%、21億5,385万4,000円の増となっています。 初めに、議案第13号平成31年度門川町一般会計は、歳入歳出それぞれ88億7,300万円で、骨格予算でありました前年度当初予算と比較いたしますと率にして30.9%、20億9,300万円の大幅な増となっています。また、肉づけ後の6月補正予算と比較いたしましても18.3%、13億7,200万円増の近年最大規模となりました。 一般会計の歳入財源の主なものについて御説明いたします。 町税収入15億5,053万8,000円、地方消費税交付金3億円、地方交付税20億9,000万円、国庫支出金8億8,208万2,000円、県支出金7億1,441万5,000円、繰入金10億7,100万4,000円、諸収入1億6,009万9,000円、町債15億6,260万円、その他の財源として5億4,026万1,000円を見込んでいるところであります。 次に、歳出予算の概要について、以下御説明いたします。 第1は、農業・林業・水産業・商工業の地域産業の振興であります。 まず農業では、青年就農者給付金の継続により若手就農者の増加を図るとともに、電気柵などの設置補助も継続し、有害鳥獣による農林作物被害の軽減に努めます。また、新たな農業特産品目としてのフィンガーライム導入の推進を図ってまいります。 次に水産業では、近年の燃油価格の高騰に対し漁業者に支援を講じる燃油高騰対策事業や漁船燃費向上対策事業の継続、門川庵川漁協の信用譲渡費用を支援し経営の改善を図るとともに、漁港施設の機能強化や海岸整備の水産基盤整備に取り組みます。 このほかにも、小規模事業所、中小企業振興のための商工会との連携強化、農業振興事業、畜産業事業、林業振興事業、水産業振興事業などの地場産業の育成などに取り組むこととしております。 第2は、子育て支援など安心して暮らし続けられる地域福祉の充実であります。 まず、子育て世代の経済的負担を軽減するため、昨年11月から行っております中学校卒業までを対象とする子供医療費助成制度を本年度も継続して実施します。また、子ども・子育て支援新制度のもと放課後児童クラブの充実強化、保育園及び幼稚園並びに認定こども園に対する給付や利用者負担の軽減を図るなど、誰もが安心して子供を産み育てられる環境づくりを進めます。 このほか、町民一人一人が安全安心に暮らせる地域を築くため、生活の基盤となる公共交通体系の整備としてのかどっぴータクシーの運行継続や、高齢者福祉事業、障がい福祉事業、児童手当給付事業、ひとり親家庭福祉事業などに取り組むこととしております。 第3は、学力向上のための環境整備であります。 教育施設を総合的、計画的に推進する指針である第2次門川町教育振興基本計画をもとに、学校・家庭・地域が一体となって、学校教育、社会教育の課題解決に取り組み、平成31年度からはその施策の一つとして、学校と地域が連携共同して学校運営を行うコミュニティスクールを門川中学校において先行実施し、将来の門川町を担う優れた人材の育成を目指します。 また、町民一人一人が生涯を通じて学び、運動やスポーツに親しむ社会教育、家庭教育では、2020年に開催予定の国民文化祭宮崎2020のプレイベントの実施を初め、文化財の保護、カンムリウミスズメプロジェクト事業の継続、門川海浜総合公園、スポーツ施設整備などを進めます。 そのほか、特別支援教育充実事業、ICT整備事業、地域学校共同活動事業、教育施設管理事業、スポーツ振興事業、図書館利用の増進を目指す図書館未来づくりプロジェクト事業などを継続的に取り組むこととしております。 第4は、安全安心なまちづくりのための防災道路などのインフラ整備であります。 安心安全なまちづくりにつきましては、初めにも述べましたとおり、まずは、新庁舎建設工事への着手であります。災害時の防災拠点としての整備を、32年度の完成に向け継続して進めてまいります。あわせて、災害時対策としての備蓄倉庫の増設、備蓄品の整備を行い、災害時にはすぐに避難所の開設ができるよう資機材の整備も継続して進めます。 さらに、本町の円滑な消防団活動を支援するため、消防団機庫の整備や小型動力ポンプを更新するなど、地域における消防力の充実を図ります。 また、安全安心なまちづくりのための道路などのインフラ整備として平城区画1号線、南ケ丘山之口線を初めとする道路新設改良事業、新たな基準に基づく橋梁点検事業、尾末、納屋地区のまちづくり基本調査、道路維持事業、下水路整備事業、公園整備事業などに取り組むこととしております。 第5は、地域医療の充実であります。 休日・夜間における2次救急医療体制を確保するため、日向、延岡両市との地域医療や高度救急医療などへの助成や充実を図ります。また、疾病予防のため受診率向上を目指して、各種がん検診、予防接種事業、乳幼児に対する母子健診等事業、町民の健康づくり及び栄養のための食生活改善事業などに取り組むこととしております。 第6は、高速道路を利活用した産業・経済・観光の振興であります。 門川南スマートインターチェンジを活用した地域の活性化と交流促進を図るため、東九州メディカルバレー構想による延岡・日向市と連携した医療機器関連産業研究活動を支援します。 さらに、日向・東臼杵観光協議会等と連携し、観光客の増加を図る事業や観光協会との連携による観光振興PR活動などの事業に取り組むこととしております。 第7は、地域と行政の協働によるまちづくりのさらなる推進であります。 新しい時代に対応した魅力あるまちづくりを行うため、若手職員などによるまちづくり研究会事業、町内のこれからのリーダーを育成するかどがわ創生館事業のほか、頑張っている地域に対して住民と協働して行う事業の推進を図るためのがんばる地域応援事業や場外車券売場周辺環境整備補助事業、門川町青壮年連絡協議会補助事業などに取り組むことによる、さらなる推進を図ることとしております。 第8は、生活排水対策等の人と自然が共生した環境に優しいまちづくりであります。 生活排水等の環境対策として、合併処理浄化槽設置の普及促進を図ります。また、プラスチック性容器包装類を資源物とするための改修事業の推進や、環境省の制度事業を活用した小型家電回収制度事業を継続して実施するほか、環境整備事業などに取り組むこととしております。 次に、議案第14号平成31年度門川町国民健康保険事業特別会計の予算総額は23億7,912万円で、前年度当初予算と比較すると率にしてマイナス0.4%、1,038万8,000円の減となっています。 歳入の財源といたしましては、国民健康保険税が3億9,678万2,000円、県支出金17億3,332万9,000円、一般会計等からの繰入金2億687万3,000円、繰越金4,000万円などであります。 主な歳出の内容といたしましては、総務費が3,956万1,000円、保険給付費17億113万7,000円、国民健康保険事業費納付金5億7,484万1,000円、保健事業費2,892万3,000円、諸支出金411万3,000円、予備費3,000万円などであります。 次に、議案第15号平成31年度門川町後期高齢者医療特別会計の予算総額は4億3,462万3,000円で、前年度当初予算と比較すると率にして1.3%、549万9,000円の増となっています。 歳入の財源といたしましては、後期高齢者医療保険料1億1,494万6,000円、一般会計からの繰入金3億1,049万5,000円などであります。 主な歳出の内容といたしましては、総務費1,356万6,000円、後期高齢者医療広域連合納付金4億1,860万円などであります。 次に、議案第16号平成31年度門川町介護保険事業特別会計の予算総額は16億1,917万2,000円で、前年度当初予算と比較すると率にして3.1%、4,834万2,000円の増となっています。 歳入の財源といたしましては、介護保険料2億9,253万2,000円、国庫支出金4億288万8,000円、支払基金交付金4億337万9,000円、県支出金2億2,345万8,000円、一般会計等からの繰入金2億9,015万4,000円などであります。 主な歳出の内容といたしましては、総務費6,547万4,000円、保険給付費14億1,230万円、地域支援事業費1億3,433万1,000円などであります。 次に、議案第17号平成31年度門川町簡易水道事業特別会計の予算総額は1,279万1,000円で、前年度当初予算と比較すると率にして20.8%、220万円の増となっています。 歳入の財源といたしましては、使用料451万6,000円、一般会計からの繰入金727万2,000円などであります。 主な歳出の内容といたしましては、上井野地区及び大原地区の施設維持管理運営費1,229万1,000円などであります。 最後に、議案第18号平成31年度門川町水道事業会計予算について説明いたします。平成31年度門川町水道事業会計の予算総額は5億7,529万4,000円で、前年度当初予算と比較すると率にして2.7%、1,520万1,000円の増となっています。 収益の財源といたしましては、水道事業収益が3億5,909万1,000円で、企業債の借り入れ等による資本的収入は1億2,190万1,000円であります。 主な費用の内容といたしましては、維持管理費、人件費、動力費等の収益的支出が2億9,146万2,000円、建設改良費及び企業債元金償還金等の資本的支出が2億8,383万2,000円であります。本年度の建設改良費については、基幹管路を含む門川町上水道配水管の更新整備及び消火栓設置工事等であります。 なお、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1億6,193万1,000円は、主に過年度分損益勘定留保資金3,231万円、当年度分損益勘定留保資金9,823万4,000円、当年度分消費税及び地方消費税、資本的収支調整額1,202万4,000円と、建設改良積立金1,936万3,000円で補填することとしております。 以上が、各会計の予算概要であります。御審議のほど、よろしくお願いをいたします。 以上です。 ○議長(内山田善信君)  町長。 ◎町長(安田修君) ただいま朗読しました3ページの上から3行目、基本方針2018を2010と朗読したそうであります。訂正しておわびいたします。2018です。 ○議長(内山田善信君)  以上で、説明を終わります。────────────・────・──────────── ○議長(内山田善信君)  以上で、本日の日程は全て終了しました。 本日はこれで散会します。 ◎議会事務局長甲斐正修君) 御起立願います。一同、礼。午前11時22分散会──────────────────────────────  会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。      平成31年3月12日                 議  長 内山田善信                 署名議員 出口 希俊                 署名議員 山岡 節夫...