えびの市議会 > 2020-09-01 >
令和 2年 9月定例会(第 1号 9月 1日) 開会

  • "������������"(/)
ツイート シェア
  1. えびの市議会 2020-09-01
    令和 2年 9月定例会(第 1号 9月 1日) 開会


    取得元: えびの市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-08-19
    令和 2年 9月定例会(第 1号 9月 1日) 開会                            令和二年九月一日 午前十時開会 第  一  会議録署名議員の指名 第  二  会期決定 第  三  報告第 十七号 令和年度えびの健全化判断比率について 第  四  報告第 十八号 令和年度えびの資金不足比率について 第  五  議案第四十九号 えびの名誉市民称号を贈ることについて 第  六  議案第五十 号 えびの名誉市民称号を贈ることについて 第  七  議案第五十一号 辺地に係る公共的施設総合整備計画の変更(第一次)に               ついて 第  八  議案第五十二号 財産の処分について 第  九  議案第五十三号 動産の買入れについて 第 十   議案第五十四号 えびの一般職職員給与に関する条例及びえびの市会               計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の一部改               正について 第 十一  議案第五十五号 えびの家庭的保育事業等設備及び運営に関する基準を               定める条例の一部改正について 第 十二  議案第五十六号 えびの特定教育保育施設及び特定地域型保育事業の運               営に関する基準を定める条例の一部改正について 第 十三  議案第五十七号 えびの放課後児童健全育成事業設備及び運営に関する
                  基準を定める条例の一部改正について 第 十四  議案第五十八号 えびの市母子及び父子家庭医療費助成に関する条例の一部               改正について 第 十五  議案第五十九号 令和年度えびの一般会計予算補正(第十一号)につ               いて 第 十六  議案第六十 号 令和年度えびの国民健康保険特別会計予算補正(第               二号)について 第 十七  議案第六十一号 令和年度えびの後期高齢者医療特別会計予算補正               (第一号)について 第 十八  議案第六十二号 令和年度えびの介護保険特別会計予算補正(第二号)               について 第 十九  議案第六十三号 令和年度えびの産業団地整備事業特別会計予算補正               (第一号)について 第二十   議案第六十四号 令和年度えびの水道事業会計予算補正(第一号)に               ついて 第二十一  議案第六十五号 令和年度えびの病院事業会計予算補正(第二号)に               ついて 第二十二  認定第  一号 令和年度えびの一般会計歳入歳出決算認定について 第二十三  認定第  二号 令和年度えびの国民健康保険特別会計歳入歳出決算の               認定について 第二十四  認定第  三号 令和年度えびの後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算               の認定について 第二十五  認定第  四号 令和年度えびの介護保険特別会計歳入歳出決算認定               について 第二十六  認定第  五号 令和年度えびの産業団地整備事業特別会計歳入歳出決               算の認定について 第二十七  認定第  六号 令和年度えびの水道事業会計決算認定について 第二十八  認定第  七号 令和年度えびの病院事業会計決算認定について           本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件                          令和二年九月一日 午前十時開会   一  会議録署名議員の指名   二  会期決定   三  報告第 十七号 令和年度えびの健全化判断比率について   四  報告第 十八号 令和年度えびの資金不足比率について   五  議案第四十九号 えびの名誉市民称号を贈ることについて   六  議案第五十 号 えびの名誉市民称号を贈ることについて   七  議案第五十一号 辺地に係る公共的施設総合整備計画の変更(第一次)につ              いて   八  議案第五十二号 財産の処分について   九  議案第五十三号 動産の買入れについて  十   議案第五十四号 えびの一般職職員給与に関する条例及びえびの会計              年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の一部改正に              ついて  十一  議案第五十五号 えびの家庭的保育事業等設備及び運営に関する基準を定              める条例の一部改正について  十二  議案第五十六号 えびの特定教育保育施設及び特定地域型保育事業運営              に関する基準を定める条例の一部改正について  十三  議案第五十七号 えびの放課後児童健全育成事業設備及び運営に関する基              準を定める条例の一部改正について  十四  議案第五十八号 えびの市母子及び父子家庭医療費助成に関する条例の一部改              正について  十五  議案第五十九号 令和年度えびの一般会計予算補正(第十一号)につい              て  十六  議案第六十 号 令和年度えびの国民健康保険特別会計予算補正(第二              号)について  十七  議案第六十一号 令和年度えびの後期高齢者医療特別会計予算補正(第              一号)について  十八  議案第六十二号 令和年度えびの介護保険特別会計予算補正(第二号)              について  十九  議案第六十三号 令和年度えびの産業団地整備事業特別会計予算補正              (第一号)について 二十   議案第六十四号 令和年度えびの水道事業会計予算補正(第一号)につ              いて 二十一  議案第六十五号 令和年度えびの病院事業会計予算補正(第二号)につ              いて 二十二  認定第  一号 令和年度えびの一般会計歳入歳出決算認定について 二十三  認定第  二号 令和年度えびの国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認              定について 二十四  認定第  三号 令和年度えびの後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の              認定について 二十五  認定第  四号 令和年度えびの介護保険特別会計歳入歳出決算認定に              ついて 二十六  認定第  五号 令和年度えびの産業団地整備事業特別会計歳入歳出決算              の認定について 二十七  認定第  六号 令和年度えびの水道事業会計決算認定について 二十八  認定第  七号 令和年度えびの病院事業会計決算認定について 出 席 議 員(十四名)     一番   北 園 一 正  君     一〇番   上 原 康 雄  君     二番   小 宮 寧 子  君     一一番   竹 中 雪 宏  君     三番   吉 留 優 二  君     一三番   西 原 政 文  君     四番   金 田 輝 子  君     一四番   蔵 園 晴 美  君     五番   中 山 義 彦  君     一五番   栗 下 政 雄  君     六番   遠目塚 文 美  君     七番   小 東 和 文  君     八番   田 口 正 英  君     九番   松 窪 ミツエ  君 欠 席 議 員(一名)    一二番   西 原 義 文  君 議会事務局職員出席者   事務局長     山 口   忍 君  議事運営係    遊 木 凡 子 君   事務局次長    塚 田 和 孝 君   議事運営係長   鶴 田 淳一郎 君 地方自治法第一二一条による説明のための出席を求められた者
      市長       村 岡 隆 明 君  福祉課長     黒 木 良 二 君   副市長      杉 元 真 一 君  こども課長    永 田 祐 雄 君   教育長      永 山 新 一 君  健康保険課長補佐 西 峯 由 美 君   総務課長補佐   浜 田 圭 三 君  介護保険課長   後 藤 一 憲 君   企画課長     黒 松 裕 貴 君  税務課長     川 野 利 光 君   財政課長     宮 浦 浩 二 君  会計管理者    田 中 良 二 君   建設課長     森   隆 秀 君  水道課長     馬越脇   浩 君   農林整備課長   栗 下   徹 君  市立病院事務長  藺牟田 順 子 君   畜産農政課長   川 越 政 文 君  財産管理課長   有 村   充 君   学校教育課長   白 濱 美保子 君  企業立地課長   松 葉 洋 之 君   社会教育課長   領 家 修 司 君                     開議 午前 十時  〇分 ○議長(北園一正君)  ただいまから、令和二年九月えびの市議会定例会を開会いたします。  ただいまの出席議員は十四名で定足数に達しております。  報告します。西原義文議員より、本日の会議に欠席する旨の届出がありますので報告いたします。  これより直ちに本日の会議を開きます。  本日の会議は、議席に配付いたしております議事日程第一号によって進めます。  この際、諸般の報告をいたします。  監査委員から、令和二年八月三十一日付え監発第五十七号をもって、例月現金出納検査結果報告書が提出されましたので、閉会中、各議員に配付しておきましたから御了承願います。  これより、本日の日程に入ります。  日程第一、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第八十五条の規定により、議長において、四番金田輝子議員、五番中山義彦議員及び十三番西原政文議員の三名を指名いたします。  日程第二、会期決定を議題といたします。  今期定例会日程は、議席に配付いたしております会期日程案のとおり、本日から九月二十四日までの二十四日間とする旨、議会運営委員長から報告がありました。  お諮りいたします。議会運営委員長から報告のとおり、今期定例会会期は二十四日間とすることに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、今期定例会会期は、議会運営委員長から報告のとおり、本日から二十四日間とすることに決定いたしました。  日程第三、報告第十七号令和年度えびの健全化判断比率について、日程第四、報告第十八号令和年度えびの資金不足比率について及び日程第五、議案第四十九号えびの名誉市民称号を贈ることについてから日程第二十一、議案第六十五号令和年度えびの病院事業会計予算補正(第二号)についてまで、及び日程第二十二、認定第一号令和年度えびの一般会計歳入歳出決算認定についてから日程第二十八、認定第七号令和年度えびの病院事業会計決算認定についてまで、以上、一括議題といたします。  市長提案理由の説明を求めます。市長。 ○市長村岡隆明君)  おはようございます。  それでは、九月定例会に提案いたします議案等について、その提案理由を御説明いたします。  報告第十七号令和年度えびの健全化判断比率について御説明申し上げます。  地方公共団体財政健全化に関する法律第三条第一項の規定により、令和年度決算に基づくえびの健全化判断比率について、監査委員の意見を付けて報告するものであります。  報告第十八号令和年度えびの資金不足比率について御説明申し上げます。  地方公共団体財政健全化に関する法律第二十二条第一項の規定により、令和年度決算に基づくえびの資金不足比率について監査委員の意見を付けて報告するものであります。  議案第四十九号えびの名誉市民称号を贈ることについて御説明申し上げます。  えびの市出身で、宮崎県知事として六期二十四年にわたり在職され、県政の発展と県民の福祉向上に多大な功績を残された、松形祐堯氏に対し、えびの名誉市民称号を贈るため、えびの名誉市民条例第三条の規定により、議会議決を求めるものであります。  議案第五十号えびの名誉市民称号を贈ることについて御説明申し上げます。  青年期えびの市で過ごされた映画監督で、数々の名作を制作し、多くの映画賞を受賞されるなど、映画業界に多大な影響を与えられた、黒木和雄氏に対し、えびの名誉市民称号を贈るため、えびの名誉市民条例第三条の規定により、議会議決を求めるものであります。  議案第五十一号辺地に係る公共的施設総合整備計画の変更(第一次)について御説明申し上げます。  市道西長江浦演習場線整備については、平成二十八年度から令和年度までの五か年間を計画期間として新田辺地総合整備計画を策定し、整備を進めてまいりましたが、計画期間内に定めた事業費が当初計画よりも増加するため、当該整備計画を変更して整備を進める必要がありますので、辺地に係る公共的施設総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律第三条第八項において準用する同条第一項の規定により、議会議決を求めるものであります。  議案第五十二号財産の処分について御説明申し上げます。  自治会活動の充実を図ることを目的として、建物を無償譲渡するため、地方自治法第九十六条第一項第六号の規定により、議会議決を求めるものであります。  議案第五十三号動産の買入れについて御説明申し上げます。  えびの市立小中学校児童生徒等用情報機器を買い入れることについて、えびの市議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第三条の規定により、議会議決を求めるものであります。  議案第五十四号えびの一般職職員給与に関する条例及びえびの会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の一部改正について御説明申し上げます。  人事院規則九―一二九(東日本大震災及び東日本大震災以外の特定大規模災害等に対処するための人事院規則九―三十(特殊勤務手当)の特例)の一部が改正され、新型コロナウイルス感染症により生じた事態に対処するための防疫等作業手当の特例が定められたことに伴い、本市においても国の取扱いに準じた措置を講ずる必要があるため、えびの一般職職員給与に関する条例及びえびの会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の一部を改正するものであります。  議案第五十五号えびの家庭的保育事業等設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について御説明申し上げます。  家庭的保育事業等設備及び運営に関する基準が一部改正されたことに伴い、家庭的保育事業者等による保育の提供の終了後の連携施設の確保に関する例外について見直しを行うため、また、保護者疾病等により養育を受けることが困難な乳幼児に対して、居宅訪問型保育の実施が可能となったことから、えびの家庭的保育事業等設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正するものであります。  議案第五十六号えびの特定教育保育施設及び特定地域型保育事業運営に関する基準を定める条例の一部改正について御説明申し上げます。  特定教育保育施設及び特定地域型保育事業並びに特定子ども子育て支援施設等運営に関する基準が一部改正されたことに伴い、市の調整等により、園児が特定地域型保育事業所を卒園後も引き続き教育保育の提供を受けることができる場合には、卒園後の受入先確保のための連携施設の確保は不要となったことから、えびの特定教育保育施設及び特定地域型保育事業運営に関する基準を定める条例の一部を改正するものであります。  議案第五十七号えびの放課後児童健全育成事業設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について御説明申し上げます。  放課後児童健全育成事業設備及び運営に関する基準が一部改正されたことに伴い、放課後児童支援員認定資格研修実施主体が拡充されたことから、えびの放課後児童健全育成事業設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正するものであります。  議案第五十八号えびの市母子及び父子家庭医療費助成に関する条例の一部改正について御説明申し上げます。  児童扶養手当法が一部改正されたことに伴い、支給制限適用期間が変更されたことから、えびの市母子及び父子家庭医療費助成に関する条例の一部を改正するものであります。  議案第五十九号令和年度えびの一般会計予算補正(第十一号)について御説明申し上げます。  令和年度えびの一般会計予算補正につきましては、歳入歳出それぞれ一十四億八百二十六万九千円を追加し、補正後の予算総額は、歳入歳出それぞれ一百八十二億六千八百三十八万七千円となります。今回の補正のうち歳出の主なものは、総務費では、高度無線環境整備推進事業負担金計上及び地方財政法第七条第一項の規定に基づき令和年度決算に係る剰余金の一部を積み立てる財政調整基金積立金増額民生費では、働きやすい保育所等づくり緊急応援事業補助金及び新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業補助金計上衛生費では、新型コロナウイルス感染症対策に伴う消耗品費計上農林水産業費では、新型コロナウイルス感染症対策としての肥育牛経営緊急支援対策事業補助金及び七月豪雨災害復旧に伴う治山工事請負費計上商工費では、新型コロナウイルス感染症対策として、プレミアム付商品券発行事業補助金及びサイクルツーリズム推進キャンペーン事業費計上教育費では、小中学校新型コロナウイルス感染症対策に伴う消耗品費及び備品購入費計上災害復旧費では、七月豪雨で被害を受けた農業用施設、農地、公共土木施設災害復旧費計上などであります。歳入としましては、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の一次分及び令和年度決算に係る繰越金計上令和年度普通交付税交付額決定に伴う地方交付税増額並びにこれらの歳入増額に伴う財政調整基金繰入金の繰戻しが主なもので、そのほか歳出に係る財源を補正するものであります。また、高度無線環境整備推進事業年度内の事業完了が見込めないことにより、事業を翌年度に繰り越す必要があるため、繰越明許費を設定するものであります。さらに、日章学園九州国際高等学校の存続を図り、地域活性化に資するため、令和年度から五年度にかけ、校内の入寮者に対し生徒寮費の助成を行うことから、日章学園九州国際高等学校生徒寮費助成事業債務負担行為を追加するものであります。  議案第六十号令和年度えびの国民健康保険特別会計予算補正(第二号)について御説明申し上げます。  令和年度えびの国民健康保険特別会計予算補正につきましては、歳入歳出それぞれ一千七百二十四万円を追加し、補正後の予算総額は、歳入歳出それぞれ三十億四千七百三十一万五千円となります。歳入としましては、繰入金五百六十九万四千円を減額し、繰越金二千二百九十三万四千円を増額するものであります。歳出としましては、総務費五百六十九万四千円を減額し、諸支出金四百三十四万三千円、基金積立金一千八百五十九万一千円を増額するものであります。  議案第六十一号令和年度えびの後期高齢者医療特別会計予算補正(第一号)について御説明申し上げます。  令和年度えびの後期高齢者医療特別会計予算補正につきましては、歳入歳出それぞれ八万二千円を追加し、補正後の予算総額は、歳入歳出それぞれ六億七千六百九十四万五千円となります。歳入としましては、繰入金三十四万四千円を減額し、繰越金四十二万六千円を増額するものであります。歳出としましては、総務費三十四万四千円を減額し、諸支出金四十二万六千円を増額するものであります。  議案第六十二号令和年度えびの介護保険特別会計予算補正(第二号)について御説明申し上げます。  令和年度えびの介護保険特別会計予算補正につきましては、保険事業勘定で、歳入歳出それぞれ八千五百九十一万七千円を追加し、補正後の予算総額は、歳入歳出それぞれ三十四億八千一百一十二万四千円となります。また、介護サービス事業勘定で、歳入歳出それぞれ一百五十七万四千円を追加し、補正後の予算総額は、歳入歳出それぞれ二千二百九十一万三千円となります。保険事業勘定補正で主なものは、歳入繰越金七千八百七十五万九千円を増額し、歳出基金積立金五千二百一十九万八千円、諸支出金三千五百五十八万五千円を増額するものであります。また、介護サービス事業勘定補正は、歳入繰越金一百五十七万四千円を増額し、歳出で諸支出金一百五十七万四千円を増額するものであります。  議案第六十三号令和年度えびの産業団地整備事業特別会計予算補正(第一号)について御説明申し上げます。  令和年度えびの産業団地整備事業特別会計予算補正につきましては、歳入歳出それぞれ一百八万六千円を追加し、補正後の予算総額は、歳入歳出それぞれ七億一千一百七十八万五千円となります。歳入としましては、繰越金一百八万六千円を計上するものであります。歳出としましては、産業団地整備事業費を一百八万六千円増額するものであります。  議案第六十四号令和年度えびの水道事業会計予算補正(第一号)について御説明申し上げます。  令和年度えびの水道事業会計予算補正につきましては、水道事業収益を六千四百六十万二千円増額し、補正後の水道事業収益は、四億一千四百四十二万三千円となるものであります。その主な内容としましては、営業収益三千三百万円では西長江浦地区送配水管移設工事に係る県補償金特別利益三千一百六万一千円では豪雨災害による導水管保護工事に伴う一般会計補助金であります。水道事業費用は、七千二百八十万九千円増額し、補正後の水道事業費用は、四億六千一百一十三万三千円となるものであります。その主な内容としましては、営業費用五千二百二十六万一千円では山内浄水場水源井洗管等に係る修繕費豪雨災害による導水管保護工事及び西長江浦地区送配水管移設工事に係る修繕費特別損失二千六十六万円では同じく導水管保護工事であります。また、資本的収入を八百六十八万円増額し、補正後の資本的収入は、一億七百五十六万九千円となるものであります。その主な内容としましては、補助金八百三十万円では豪雨災害による一般会計補助金であります。資本的支出は、二千四百一十一万八千円増額し、補正後の資本的支出は、二億四千六百一十九万五千円となるものであります。その主な内容としましては、建設改良費二千四百一十一万八千円では豪雨災害による佐牛野橋添架管復旧に係る実施設計委託料及び工事費並びに歩掛改定に係る工事費増額であります。  議案第六十五号令和年度えびの病院事業会計予算補正(第二号)について御説明申し上げます。  令和年度えびの病院事業会計予算補正につきましては、病院事業収益を一千三万一千円、病院事業費用を九百七十万円それぞれ増額し、補正後の病院事業収益は八億四千三十一万一千円、病院事業費用は一十億三千六百七十二万七千円となります。病院事業収益内容としましては、人事異動等により一般会計操出基準中の人件費に係る経費に変更が生じたため、医業外収益の他会計補助金を一百一十三万一千円増額し、また、国の新型コロナウイルス感染症に係る支援策として医療従事者等へ支払われる慰労金八百九十万円を受け入れるため、特別利益として計上したものであります。病院事業費用内容としましては、人事異動、職員の育児休業に伴う会計年度任用職員の採用、特殊勤務手当の特例に係る条例改正等の要因により、医業費用の給与費を七十三万六千円、経費を六万四千円それぞれ増額し、また、医療従事者等への慰労金を支払うため、特別利益計上した同額を特別損失として計上したものであります。  認定第一号令和年度えびの一般会計歳入歳出決算認定について御説明申し上げます。  令和年度えびの市一般会計当初予算額は、一百二十九億八千二百九十五万四千円でありました。これに、補正予算額四億五百五十四万八千円並びに繰越明許費繰越額及び事故繰越し繰越額一億五千五百九十四万三千六百九十八円を追加し、予算総額は一百三十五億四千四百四十四万五千六百九十八円となりました。収入済額は、一百三十二億一千九百一十九万一千六百六十円、支出済額は、一百二十五億九千二百八十六万九千二百五十七円となり、歳入歳出差引額は、六億二千六百三十二万二千四百三円で、翌年度へ繰り越すべき財源一億三千一万八千四十四円を差し引いた実質収支額が、四億九千六百三十万四千三百五十九円となりました。内容につきましては、令和年度歳入歳出決算書及び令和年度主要な施策の成果に関する説明書のとおりであります。  認定第二号令和年度えびの国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について御説明申し上げます。  令和年度えびの市国民健康保険特別会計の決算は、予算現額三十一億五千九百六十万一千円に対し、収入済額三十一億三千三百六十七万三千六百三十九円、支出済額三十一億一千七十三万八千一百七十二円となり、二千二百九十三万五千四百六十七円の実質収支額となりました。歳入の主なものは、国民健康保険税五億二千五百九万九千四百九十一円、県支出金二十二億一千四百四万三千六百四十九円、繰入金三億四千三百七十万八千五百四十三円、繰越金四千二百七十八万五千九百五十六円などであります。  歳出の主なものは、保険給付費二十一億八千八百九十五万二千五百六十三円、国民健康保険事業費納付金七億三千八百六十三万三千三百六十七円、基金積立金七千三百七十万六千円などであります。内容につきましては、令和年度歳入歳出決算書及び令和年度主要な施策の成果に関する説明書のとおりであります。  認定第三号令和年度えびの後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について御説明申し上げます。  令和年度えびの市後期高齢者医療特別会計の決算は、予算現額六億七千一百四十六万三千円に対し、収入済額六億六千六百八万三千七百六十五円、支出済額六億六千五百六十五万七千一百一十一円となり、四十二万六千六百五十四円の実質収支額となりました。歳入の主なものは、後期高齢者医療保険料一億六千九百四十一万七千四百八十円、繰入金四億六千二百七十八万二千一円、諸収入三千二百六十六万五千九百一十八円などであります。歳出の主なものは、後期高齢者医療広域連合納付金六億二千二百一万四千六百九十七円、諸支出金一千六百五十五万一千五百七十六円、保健事業費一千六百九十万三百五十円などであります。内容につきましては、令和年度歳入歳出決算書及び令和年度主要な施策の成果に関する説明書のとおりであります。  認定第四号令和年度えびの介護保険特別会計歳入歳出決算認定について御説明申し上げます。  令和年度えびの市介護保険特別会計の決算は、保険事業勘定につきましては、予算現額三十三億四千七百九十九万八千円に対し、収入済額三十三億六千一百八十二万三千九百円、支出済額三十二億八千三百六万三千二百六円となり、七千八百七十六万六百九十四円の実質収支額となりました。また、介護サービス事業勘定につきましては、予算現額一千六百六十五万五千円に対し、収入済額一千七百九万四千二百九十五円、支出済額一千五百五十二万一千三十七円となり、一百五十七万三千二百五十八円の実質収支額となりました。保険事業勘定歳入の主なものは、介護保険料五億二千一百七十五万一千七百七十二円、国庫支出金八億七千四百四十八万七千九百八十円、支払基金交付金七億九千六百八十六万円などであります。歳出の主なものは、保険給付費二十九億一千四百三十万八千一十四円、地域支援事業費一億二千五百四十四万三千三百一十五円などであります。介護サービス事業勘定歳入の主なものは、サービス収入七百六十九万六百二十円などであります。歳出の主なものは、サービス事業費二百七十七万七千一百三十円などであります。内容につきましては、令和年度歳入歳出決算書及び令和年度主要な施策の成果に関する説明書のとおりであります。  認定第五号令和年度えびの産業団地整備事業特別会計歳入歳出決算認定について御説明申し上げます。  令和年度えびの市産業団地整備事業特別会計の決算は、予算現額九億二千七十四万六千円に対し、収入済額九億二千七十四万五千八百一十三円、支出済額九億六百七十四万六千六百四十四円となり、翌年度へ繰り越すべき財源を除いた実質収支額は、一百八万五千一百六十九円となりました。歳入は、繰入金が八百四十五万一千円、市債が九億六百三十万円、県支出金が五百九十三万九千円、繰越金が五万五千八百一十三円であります。歳出は、産業団地整備事業費が八億九千九百四十三万六千六百四十四円、公債費が七百三十一万円であります。内容につきましては、令和年度歳入歳出決算書及び令和年度主要な施策の成果に関する説明書のとおりであります。  認定第六号令和年度えびの水道事業会計決算認定について御説明申し上げます。  水道事業におきましては、安全でおいしい水を安定的に供給するため、大迫妙見簡易水道の上水道統合整備事業並びに水道施設の更新等対策事業の推進に努めてまいりました。収益的収支につきましては、収入額が三億四千七百一十六万一千九百三円、支出額が三億九千七百四十三万一千六百五円となりました。資本的収支につきましては、収入額が七千五百五十九万六千五百八十八円、支出額が二億二千一十二万九千六百六十七円となり、収入額が支出額に不足する額一億四千四百五十三万三千七十九円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額一千三百七十八万三千九百九十五円及び過年度分損益勘定留保資金一億三千七十四万九千八十四円で補てんしました。これにより、損益計算書のとおり当年度純損失は、六千四百二十万七千八百九十九円となり、これに前年度繰越欠損金二千三百一十五万九千九百四十五円を加え、当年度未処理欠損金は、八千七百三十六万七千八百四十四円となりました。その他、水道事業の決算内容につきましては、決算書の事業報告書等のとおりであります。  認定第七号令和年度えびの病院事業会計決算認定について御説明申し上げます。  病院事業におきましては、地域における基幹病院として、複雑多様化する医療ニーズに対応し診療機能を高めるため、計画に基づく器械設備更新を行い、市民の健康保持に努めました。収益的収支につきましては、収入額が八億五十七万六百二十円、支出額が八億四千四百二十八万四百五円となりました。資本的収支につきましては、収入額が一千二百九十万八千円、支出額が二千一百八十七万一千六百二十三円となり、収入額が支出額に不足する額八百九十六万三千六百二十三円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額一百六十万五千九百六十円及び過年度分損益勘定留保資金七百三十五万七千六百六十三円で補てんしました。これにより、損益計算書のとおり当年度純損失は、六千一百二十二万八千三百六十三円となり、これに前年度繰越欠損金六億四千一百九十七万五十三円を加え、当年度未処理欠損金は、七億三百一十九万八千四百一十六円となりました。  その他、病院事業の決算内容につきましては、決算書の事業報告書等のとおりであります。  以上、御提案申し上げましたが、何とぞ御賛同を賜りますようお願いいたします。 ○議長(北園一正君)  説明が終わりました。  以上で、本日の日程は全部終了いたしました。  次の本会議は、明日九月二日午前十時から開き、議案等に対する質疑を行います。  本日は、これをもって散会いたします。                     散会 午前 十時 三十五分...