えびの市議会 > 2019-10-03 >
令和元年10月臨時会(第 1号10月 3日)

ツイート シェア
  1. えびの市議会 2019-10-03
    令和元年10月臨時会(第 1号10月 3日)


    取得元: えびの市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-08-17
    令和元年10月臨時会(第 1号10月 3日)                            令和元年十月三日 午前十時開会 第  一  会議録署名議員指名 第  二  会期の決定 第  三  総務教育常任委員会委員選任について 第  四  産業厚生常任委員会委員選任について 第  五  議会運営委員会委員選任について           本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件                          令和元年十月三日 午前十時開会   一  会議録署名議員指名   二  会期の決定   三  議長辞職の件について   四  議長選挙について   五  副議長選挙について   六  議席の一部変更について   七  総務教育常任委員会委員選任について   八  産業厚生常任委員会委員選任について   九  議会運営委員会委員選任について
      十  議会広報特別委員会委員選任について   十一 議会報告公聴特別委員会委員選任について   十二 西諸広域行政事務組合議会議員選挙について   十三 議案第七十四号 監査委員選任について 出 席 議 員(十五名)     一番   北 園 一 正  君     一〇番   上 原 康 雄  君     二番   小 宮 寧 子  君     一一番   竹 中 雪 宏  君     三番   吉 留 優 二  君     一二番   西 原 義 文  君     四番   金 田 輝 子  君     一三番   西 原 政 文  君     五番   中 山 義 彦  君     一四番   蔵 園 晴 美  君     六番   遠目塚 文 美  君     一五番   栗 下 政 雄  君     七番   小 東 和 文  君     八番   田 口 正 英  君     九番   松 窪 ミツエ  君 欠 席 議 員(なし) 議会事務局職員出席者   事務局長     坂 本 和 彦 君  議事運営係    遊 木 凡 子 君   事務局次長    外 村 幸 一 君   議事運営係長   鶴 田 淳一郎 君 地方自治法第一二一条による説明のための出席を求められた者   市長       村 岡 隆 明 君   副市長      杉 元 真 一 君   総務課長     宮 浦 浩 二 君                     開会 午前 十時  〇分 ○議長上原康雄君)  おはようございます。  ただいまから、令和元年十月えび市議会臨時会を開会いたします。  ただいまの出席議員は全員であります。  これより、直ちに本日の会議を開きます。  本日の会議は、議席に配付いたしております議事日程第一号によって進めます。  この際、諸般の報告をいたします。  監査委員から、令和元年九月三十日付え監発第八十一号をもって例月現金出納検査結果報告書が提出されましたので、閉会中、各議員に配付いたしておきましたから御了承願います。  これより、本日の日程に入ります。  日程第一、会議録署名議員指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第八十五条の規定により、議長において八番田口正英議員、九番松窪ミツエ議員及び十番北園一正議員の三名を指名いたします。  日程第二、会期の決定を議題といたします。  今期臨時会日程は、本日一日間とする旨、議会運営委員長から報告がありました。  お諮りいたします。議会運営委員長から報告のとおり、今期臨時会会期は、本日一日間とすることに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長上原康雄君)  御異議なしと認めます。よって、今期臨時会会期は、議会運営委員長から報告のとおり、本日一日間とすることに決定いたしました。  そのまま休憩いたします。                     休憩 午前 十時  三分                     開議 午前 十時  五分 ○副議長北園一正君)  休憩前に引き続き会議を開きます。  ただいま上原康雄議員から、議長辞職願が提出されました。  お諮りいたします。この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○副議長北園一正君)  異議なしと認めます。よって、議長辞職の件を議題とすることに決定いたしました。  この際、地方自治法第百十七条の規定により、上原康雄議員退席を求めます。      〔上原康雄議員 退席〕 ○副議長北園一正君)  上原康雄議員から、議長辞職の願いが提出されております。議長辞職願事務局長において朗読いたさせます。 ○事務局長坂本和彦君)  それでは、朗読させていただきます。  辞職願  今回、都合により、十月三日付をもって、議長の職を退きたいと思いますので、地方自治法第百八条の規定によりお取り計らいくださいますようお願いいたします。  令和元年十月三日                         議長 上原康雄  副議長 北園一正様 ○副議長北園一正君)  お諮りいたします。上原康雄議員議長辞職を許可することに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○副議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、上原康雄議員議長辞職を許可することに決定いたしました。  上原康雄議員出席を求めます。      〔上原康雄議員 着席〕 ○副議長北園一正君)  ただいま、議長欠員となりました。  お諮りいたします。この際、議長選挙日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○副議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、議長選挙日程に追加し、議長選挙を行うことに決定いたしました。  お諮りいたします。この選挙投票による方法を用いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○副議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、選挙投票によって行うことに決定いたしました。  しばらく休憩いたします。                     休憩 午前 十時  九分                     開議 午前 十時  十分 ○副議長北園一正君)  休憩前に引き続き会議を開きます。  これより議長選挙を行います。  議場を閉鎖いたします。      〔議場閉鎖〕 ○副議長北園一正君)  ただいまの出席議員数は十五名であります。投票用紙を配付いたします。      〔投票用紙配付〕 ○副議長北園一正君)  投票用紙配付漏れはありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○副議長北園一正君)  配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めます。      〔投票箱点検〕 ○副議長北園一正君)  異常なしと認めます。  この際、念のために申し上げます。投票単記無記名であります。投票用紙被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。なお、白票は無効投票となります。  事務局長点呼を命じます。 ○事務局長坂本和彦君)  それでは、点呼いたします。お名前を申し上げますので、前方の投票記載所において記載の上、順次投票をお願いいたします。  上原康雄議員小宮寧子議員吉留優議員金田輝子議員中山義彦議員遠目塚文美議員、小東和文議員田口正英議員松窪ミツエ議員竹中雪宏議員西原義文議員西原政文議員蔵園晴美議員栗下政雄議員北園一正議員。以上で点呼を終わります。 ○副議長北園一正君)  投票漏れはありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○副議長北園一正君)  投票漏れなしと認めます。  投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。      〔議場開鎖
    ○副議長北園一正君)  これより開票を行います。  会議規則第三十条第二項の規定により、立会人中山義彦議員西原義文議員指名いたします。両議員の立会をお願いいたします。      〔開票〕 ○副議長北園一正君)  選挙の結果を報告いたします。  投票総数十五票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票十五票、無効投票ゼロ票であります。  有効投票中、北園一正議員十四票、上原康雄議員一票、以上のとおりであります。  この選挙法定得票数は四票であります。よって、北園一正議員議長当選されました。  ただいま議長当選された北園一正議員議場におられますので、本席から、会議規則第三十一条第二項の規定により当選の告知をいたします。  この際、議長当選の承諾の挨拶を求めることにいたします。北園一正議員。 ○議長北園一正君)  このたびの臨時会におきまして、議員皆様から議長の御推挙をいただき、その責務の重さに身が引き締まる思いでございます。  今後は、議長の職務を遂行するとともに、市政の推進及び議会の公正かつ円滑な運営に努めてまいります。  さらに、硫黄山対策産業団地への企業立地など市政の重要課題に積極的に取り組むとともに、議会活性化に、そして向上に努めてまいります。  市民の皆様議会皆様の御指導、御鞭撻をお願い申し上げまして、議長就任の御挨拶とさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手) ○議長北園一正君)  以上で、議長選挙は終了いたしました。  そのまま休憩いたします。                     休憩 午前 十時三十三分                     開議 午前 十時三十四分 ○議長北園一正君)  休憩前に引き続き会議を開きます。  ただいまの議長選挙の結果、副議長欠員となりました。  お諮りいたします。この際、副議長選挙日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、副議長選挙日程に追加し、副議長選挙を行うことに決定いたしました。  お諮りいたします。この選挙投票による方法を用いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、選挙投票によって行うことに決定いたしました。  しばらく休憩いたします。                     休憩 午前 十時三十三分                     開議 午前 十時三十四分 ○議長北園一正君)  休憩前に引き続き会議を開きます。  これより、副議長選挙を行います。  議場を閉鎖いたします。      〔議場閉鎖〕 ○議長北園一正君)  ただいまの出席議員数は十五名であります。投票用紙を配付いたします。      〔投票用紙配付〕 ○議長北園一正君)  投票用紙配付漏れはありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めます。      〔投票箱点検〕 ○議長北園一正君)  異常なしと認めます。  この際、念のため申し上げます。投票単記無記名であります。投票用紙被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。なお、白票は無効投票となります。  事務局長点呼を命じます。 ○事務局長坂本和彦君)  それでは、点呼いたします。お名前を申し上げますので、前方の投票記載所において記載の上、順次投票をお願いいたします。  上原康雄議員小宮寧子議員吉留優議員金田輝子議員中山義彦議員遠目塚文美議員、小東和文議員田口正英議員松窪ミツエ議員竹中雪宏議員西原義文議員西原政文議員蔵園晴美議員栗下政雄議員北園一正議員。以上で点呼を終わります。 ○議長北園一正君)  投票漏れはありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  投票漏れなしと認めます。  投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。      〔議場開鎖〕 ○議長北園一正君)  これより開票を行います。  会議規則第三十条第二項の規定により、立会人金田輝子議員西原政文議員指名いたします。両議員の立会をお願いいたします。      〔開票〕 ○議長北園一正君)  選挙の結果を報告いたします。  投票総数十五票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票十五票、無効投票ゼロ票であります。  有効投票中、遠目塚文美議員九票、松窪ミツエ議員六票。以上のとおりであります。  この選挙法定得票数は四票であります。よって、遠目塚文美議員が副議長当選されました。  ただいま副議長当選された遠目塚文美議員議場におられますので、本席から、会議規則第三十一条第二項の規定により当選の告知をいたします。  この際、副議長当選承諾の挨拶を求めることにいたします。遠目塚文美議員。 ○副議長遠目塚文美君)  ただいま議長より副議長の職務をいただきました遠目塚文美でございます。副議長という大変大きな重責のある職務を与えていただきましたことに心から感謝を申し上げます。  また、まだまだ未熟な私をお支えいただきました皆様、本当にありがとうございます。  ただいまラグビーのワールドカップもある中で、試合が終わった後は、ノーサイドという言葉もあります。選挙が終わった後は、しっかりと議長を支える立場として、また、副議長としてえび市議会の名を汚さぬよう、しっかりと努めてまいります。  また、市民の皆様にもしっかりと認めていただけるよう努めてまいりますので、まだまだ未熟な私ではありますが、どうぞ先輩方、私をお支え、また御指導いただきますよう、心からお願い申し上げまして、粗辞ではございますが、就任させていただきました挨拶にかえさせていただきます。このたびは本当にありがとうございました。(拍手) ○議長北園一正君)  以上で副議長選挙は終了いたしました。  先ほどの議長選挙に伴いまして、議席の一部を変更する必要が生じております。  お諮りいたします。この際、議席の一部変更を日程に追加し、議題といたします。これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、この際、議席の一部変更の件を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。  この際、申し上げます。申し合わせにより、議長議席は一番となっております。これに伴い、一番に北園一正議員、十番に上原康雄議員といたします。  お諮りいたします。ただいま申し上げましたとおり、議席の一部を変更することに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、お諮りのとおり決定いたしました。  それでは、ただいま決定しました議席に、それぞれおつき願います。  しばらく休憩いたします。                     休憩 午前 十時五十九分                     開議 午後 一時五十五分 ○議長北園一正君)  休憩前に引き続き会議を開きます。  日程第三、総務教育常任委員会委員選任について、日程第四、産業厚生常任委員会委員選任について、以上、一括議題といたします。  お諮りいたします。総務教育常任委員会及び産業厚生常任委員会委員選任については、委員会条例第八条第一項の規定により、総務教育常任委員会委員に、小宮寧子議員金田輝子議員、小東和文議員竹中雪宏議員西原義文議員西原政文議員栗下政雄議員北園一正議員の八名を、産業厚生常任委員会委員に、吉留優議員中山義彦議員田口正英議員松窪ミツエ議員上原康雄議員蔵園晴美議員遠目塚文美議員の七名をそれぞれ指名したいと思います。これに御異議ございませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしましたとおり、それぞれの常任委員会委員選任することに決定いたしました。  両常任委員会は、委員会条例第十条第一項の規定により、直ちに委員会を開き、正副委員長互選議会運営委員会委員、西諸広域行政事務組合議会議員、その他審議会委員などの選出を行い、それぞれの結果を議長までご報告願います。  しばらく休憩いたします。                     休憩 午後 一時五十八分                     開議 午後 二時四十四分 ○議長北園一正君)  休憩前に引き続き会議を開きます。  各常任委員会における正副委員長互選の結果を報告いたします。  総務教育常任委員会委員長西原義文議員、副委員長に小東和文議員産業厚生常任委員会委員長中山義彦議員、副委員長吉留優議員、以上のとおりであります。  日程第五、議会運営委員会委員選任についてを議題といたします。  お諮りいたします。議会運営委員会委員選任については、委員会条例第八条第一項の規定により、小宮寧子議員中山義彦議員田口正英議員松窪ミツエ議員竹中雪宏議員西原政文議員の六名を指名したいと思います。これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしましたとおり、議会運営委員会委員選任することと決定いたしました。  議会運営委員会は、委員会条例第十条第一項の規定により、直ちに委員会を開き、正副委員長互選を行い、互選の結果を議長までご報告願います。  しばらく休憩いたします。                     休憩 午後 二時四十七分                     開議 午後 三時  五分 ○議長北園一正君)  休憩前に引き続き会議を開きます。  議会運営委員会における正副委員長互選の結果を報告いたします。  議会運営委員会委員長竹中雪宏議員、副委員長小宮寧子議員、以上のとおりであります。  この際、報告いたします。本日、議会広報特別委員会委員及び議会報告公聴特別委員会委員から、委員辞任の届け出がありましたので、委員会条例第十四条の規定により、これを許可いたしました。
     お諮りいたします。議会広報特別委員会委員及び議会報告公聴特別委員会委員欠員となりましたので、両特別委員会委員選任について日程に追加し、一括議題としたいと思います。これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、議会広報特別委員会委員選任について及び議会報告公聴特別委員会委員選任についてを日程に追加し、一括議題とすることに決定いたしました。  お諮りいたします。議会広報特別委員会及び議会報告公聴特別委員会委員選任については、委員会条例第八条第一項の規定により、議会広報特別委員会委員に、小宮寧子議員吉留優議員田口正英議員松窪ミツエ議員西原義文議員西原政文議員蔵園晴美議員の七名を、議会報告公聴特別委員会委員に、金田輝子議員中山義彦議員遠目塚文美議員、小東和文議員上原康雄議員竹中雪宏議員栗下政雄議員の七名をそれぞれ指名したいと思います。これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしましたとおり、それぞれの特別委員会委員選任することに決定いたしました。  両特別委員会は、委員会条例第十条第一項の規定により、直ちに会議を開き、正副委員長互選を行い、それぞれの結果を議長までご報告願います。  しばらく休憩いたします。                     休憩 午後 三時  九分                     開議 午後 三時 四十分 ○議長北園一正君)  休憩前に引き続き会議を開きます。  各特別委員会における正副委員長互選の結果を報告いたします。  議会広報特別委員会委員長小宮寧子議員、副委員長吉留優議員議会報告公聴特別委員会委員長上原康雄議員、副委員長金田輝子議員、以上のとおりであります。  次に、えび市議会議員の中から選出しました西諸広域行政事務組合議会の三名の議員が辞職されましたので、西諸広域行政事務組合議会議員欠員となりました。  お諮りいたします。この際、西諸広域行政事務組合議会議員選挙日程に追加し、議題としたいと思います。これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、西諸広域行政事務組合議会議員選挙日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。  西諸広域行政事務組合議会議員については、西諸広域行政事務組合規約第六条の規定により、えび市議会議員のうちから三名の組合議会議員選挙することになっております。  お諮りいたします。選挙方法につきましては、地方自治法第百十八条第二項の規定により、指名推選したいと思います。これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、選挙方法指名推選することに決定いたしました。  お諮りいたします。指名については、議長において指名したいと思います。これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、指名については議長において指名することに決定いたしました。  それでは、西諸広域行政事務組合議会えび市議会選出議員に、上原康雄議員竹中雪宏議員栗下政雄議員の三名を指名いたします。  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました三名を当選人とすることに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました三名が西諸広域行政事務組合議会議員当選されました。  ただいま当選されました上原康雄議員竹中雪宏議員栗下政雄議員議場におられますので、本席から、会議規則第三十一条第二項の規定により当選の告知をいたします。  ただいま、市長から、議案第七十四号監査委員選任について議案が提出されました。  お諮りいたします。この際、本案を日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、お諮りのとおり決定いたしました。  議案配付のため、そのまま休憩いたします。                     休憩 午後 三時四十六分                     開議 午後 三時四十九分 ○議長北園一正君)  休憩前に引き続き会議を開きます。  議案第七十四号監査委員選任についてを議題といたします。  この際、地方自治法第百十七条の規定により、松窪ミツエ議員退席を求めます。      〔松窪ミツエ議員 退席〕 ○議長北園一正君)  これより、市長提案理由の説明を求めます。市長。 ○市長村岡隆明君)  それでは、本日の十月臨時会に提案いたします議案について、その提案理由を御説明いたします。  議案第七十四号監査委員選任について、御説明申し上げます。  令和元年十月三日付、議会選出監査委員の退職に伴う監査委員の後任として、えびの市大字今西四一三番地、松窪ミツエ氏を選任したいので、地方自治法第百九十六条第一項の規定により、議会の同意を求めるものであります。  以上、御提案申し上げましたが、何とぞ御賛同賜りますようお願いいたします。 ○議長北園一正君)  説明が終わりました。  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  質疑なしと認めます。以上で質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっています議案第七十四号監査委員選任については、会議規則第三十六条第三項の規定により、委員会への付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、本案は委員会への付託を省略することに決定いたしました。  これより、討論に入ります。討論はありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  討論なしと認めます。以上で討論を終結いたします。  これより、採決に入ります。本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、本案は同意することに決定いたしました。  松窪ミツエ議員出席を求めます。      〔松窪ミツエ議員 着席〕 ○議長北園一正君)  お諮りいたします。今期臨時会において議決されました議決案件等の条項、字句、数字、その他の整理を要するものにつきましては、会議規則第四十一条の規定により、その整理を議長に委任されたいと思います。これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長北園一正君)  御異議なしと認めます。よって、議決案件等の条項、字句、数字、その他の整理を要するものについては、その整理を議長に委任することに決定いたしました。  以上で、今期臨時会に付議された案件の審議は、全て議了いたしました。  これをもって、令和元年十月えび市議会臨時会を閉会いたします。                     閉会 午後 三時五十二分...