えびの市議会 > 2019-06-07 >
令和元年 6月定例会(第 2号 6月 7日) 質疑

ツイート シェア
  1. えびの市議会 2019-06-07
    令和元年 6月定例会(第 2号 6月 7日) 質疑


    取得元: えびの市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-06
    令和元年 6月定例会(第 2号 6月 7日) 質疑                            令和元年六月七日 午前十時開議 第  一  報告第  八号〜報告第  九号       議案第三十九号〜議案第五十 号 第  二  陳情第  七号           本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件                          令和元年六月七日 午前十時開議   一  報告第  八号〜報告第  九号      議案第三十九号〜議案第五十 号   二  陳情第  七号 出 席 議 員(十五名)     一番   上 原 康 雄  君     一〇番   北 園 一 正  君     二番   小 宮 寧 子  君     一一番   竹 中 雪 宏  君     三番   吉 留 優 二  君     一二番   西 原 義 文  君     四番   金 田 輝 子  君     一三番   西 原 政 文  君     五番   中 山 義 彦  君     一四番   蔵 園 晴 美  君
        六番   遠目塚 文 美  君     一五番   栗 下 政 雄  君     七番   小 東 和 文  君     八番   田 口 正 英  君     九番   松 窪 ミツエ  君 欠 席 議 員(なし) 議会事務局職員出席者   事務局長     坂 本 和 彦 君  議事運営係     遊 木 凡 子 君   事務局次長    外 村 幸 一 君   議事運営係長   鶴 田 淳一郎 君 地方自治法第一二一条による説明のための出席を求められた者   市長       村 岡 隆 明 君  福祉事務所長    萩 原 博 幸 君   副市長      杉 元 真 一 君  健康保険課長補佐  齊 藤 和 明 君   教育長      萩 原 和 範 君  介護保険課長    田 中 良 二 君   総務課長     宮 浦 浩 二 君  市民環境課長    林   敏 廣 君   企画課長     谷 元 靖 彦 君  市民協働課長    大木場   操 君   財政課長     山 口   忍 君  観光商工課長    白 地 浩 二 君   建設課長     森   隆 秀 君  会計管理者     永 田 祐 雄 君   農林整備課長   寺 園 久 志 君  市立病院事務長   藺牟田 順 子 君   畜産農政課長   米 倉 健 一 君  基地防災対策課長 黒 木 良 二 君   学校教育課長   白 濱 美保子 君   社会教育課長   領 家 修 司 君                     開議 午前 十時  〇分 ○議長(上原康雄君)  ただいまの出席議員は全員であります。これより直ちに本日の会議を開きます。  本日の会議は、議席に配付いたしております議事日程第二号によって進めます。  これより、本日の日程に入ります。  日程第一、報告第八号平成三十年度えびの市一般会計繰越明許費繰越計算書について、報告第九号平成三十年度えびの市一般会計事故繰越し繰越計算書について、及び議案第三十九号固定資産評価員の選任についてから議案第五十号令和元年度えびの市病院事業会計予算の補正(第一号)についてまで、以上一括議題といたします。  これより質疑に入ります。  なお、質疑につきましては、申し合わせにより、自己の所属する委員会の所管事項に関する事項は自粛する。ただし、市長、副市長等の見解を求めるものは除くとなっておりますので、御了承願います。  質疑の通告がありますので、発言を許します。  六番遠目塚文美議員の発言を許します。遠目塚文美議員。 ○六番(遠目塚文美君)  おはようございます。  私からは、一点、一般会計補正の予算(第三号)についてお聞かせをいただきたいと思います。  こちらは特別委員会に付託をされますので、市長の見解をお聞きしたいと思います。  予算書の十六ページ、款、民生費、項、社会福祉費、二、社会福祉施設費の説明欄、〇〇一、老人ホーム運営事業費につきまして、今回、指定管理候補者選定委員会委員報酬三万円、また費用弁償一万九千円が計上されております。この件につきましては、真幸園に関するものかと思いますが、まずはその点をお聞かせをいただきたいと思います。 ○市長(村岡隆明君)  はい、そのとおりでございます。 ○六番(遠目塚文美君)  では、三月定例会でもこの件につきましては、議会からの意見なども申し添えまして、民営化、譲渡というところは時期尚早ではないかというところで意見を出させていただいたところでございます。  今回、指定管理候補者選定委員会委員報酬三万円が計上されているということは、何かしら市の方向性というものを決められての計上だと思います。これを計上されました趣旨、思い、また今後、どのように市長が考えられているのかをお聞かせいただきたいと思います。 ○市長(村岡隆明君)  前回の議決の判断をいただきまして、今回は指定管理という形で上程をさせていただいております。前回は、いろいろな検討委員会等の御提言もあったところでございますが、来年の四月以降に、新たな管理をさせていくということになりますと、このタイミングで指定管理の選定の予算を上げるしかタイミング的には方法がございませんでしたので、引き続き指定管理者制度で進めていきたいと。後年度については、また検討していきたいと思っております。 ○六番(遠目塚文美君)  今回上っていますのは、委員報酬三万円でございますので、そのほか詳細につきましては、一般質問と同様になってしまいますので、質疑はこれにて終了させていただきたいと思います。  もう一点ですが、同じ議案書になります。三十三ページ、補正予算給与費明細書が記載されております。この一の特別職の補正後の比較の欄に、その他の特別職職員数が七名増員ということで計上されています。報酬額では五百二十五万七千円。  この内訳につきましては、私の計算したものですと、児童クラブの十八ページの五百二十万八千円、選挙管理、こちらのページ、十六ページの一万九千円、また先ほど質疑いたしました選定委員の同じく十六ページの三万円、計算しますと、同じく五百二十五万七千円になりますが、この計算で間違いはなかったかお示しください。 ○財政課長山口 忍君)  はい、そのとおりでございます。 ○六番(遠目塚文美君)  この人数についても、この場でお聞きしてよければ、人数についてもお示しをいただきたいと思います。 ○財政課長山口 忍君)  人数についてのお尋ねでございますが、人数につきましては、老人ホーム運営事業費の委員報償につきましては二名分、それと放課後児童クラブ委員報酬が五名分を計上しているところでございます。 ○六番(遠目塚文美君)  十六ページ分の投票立会人等の報酬、こちらは人数というのは明確にはならないのですか。 ○財政課長山口 忍君)  選挙管理委員会の補正につきましては、当初予算の中で人数を計上いたしておりますので、今回につきましては、報酬単価の改正のみでございます。 ○六番(遠目塚文美君)  承知いたしました。  以上で私の質疑は終わらせていただきます。 ○議長(上原康雄君)  ほかに質疑の通告はありません。以上で、質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております報告第八号平成三十年度えびの市一般会計繰越明許費繰越計算書について、及び報告第九号平成三十年度えびの市一般会計事故繰越し繰越計算書については、以上をもって終結いたします。  お諮りいたします。議案第三十九号固定資産評価委員の選任については、議会運営委員会の決定のとおり、会議規則第三十六条第三項の規定により、委員会への付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(上原康雄君)  御異議なしと認めます。よって、議案第三十九号は、委員会への付託を省略することに決定いたしました。  議案第三十九号について、これより討論に入ります。討論はありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(上原康雄君)  討論なしと認めます。  以上で討論を終結いたします。  これより採決に入ります。議案第三十九号固定資産評価委員の選任についてを採決いたします。  本案については、同意することに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(上原康雄君)  御異議なしと認めます。よって、本案は、同意することに決定いたしました。  これより付託を行います。ただいま議題となっております議案第四十号から議案第四十五号まで、及び議案第四十八号から議案第五十号まで、以上九件については、議席に配付しております議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。  お諮りいたします。議案第四十六号及び議案第四十七号については、議席に配付いたしております令和元年度予算等審査特別委員会の設置についてのとおり、議長を除く全員をもって構成する特別委員会を設置し、これに付託の上、審査したいと思います。  なお、当該特別委員会の設置につきましては、付託案件の本会議採決をもって終了することといたします。これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(上原康雄君)  御異議なしと認めます。よって、お諮りのとおり、議案第四十六号及び議案第四十七号については令和元年度予算等審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに決定いたしました。  この際、お諮りいたします。ただいま設置されました特別委員会の正副委員長は委員会条例により互選することになっておりますが、この手続を省略し、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(上原康雄君)  御異議なしと認めます。よって、互選の手続を省略し、議長において指名することに決定いたしました。  それでは、申し合わせに基づき、正副委員長を指名いたします。令和元度予算等審査特別委員会委員長に北園一正議員、副委員長に遠目塚文美議員を指名いたします。  日程第二、今期定例会において受理した陳情は、議席に配付いたしております陳情文書表のとおり、所管の常任委員会へ付託いたします。  以上で本日の日程は全部終了いたしました。  お諮りいたします。六月八日から六月十七日までは、諸般の都合及び委員会審査のため休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(上原康雄君)  御異議なしと認めます。よって、お諮りのとおり休会することに決定いたしました。  次の本会議は、六月十八日午前九時三十分から開き、一般質問を行います。  本日は、これをもって散会いたします。                     散会 午前 十時 十二分...