小林市議会 > 2020-06-12 >
06月12日-01号

ツイート シェア
  1. 小林市議会 2020-06-12
    06月12日-01号


    取得元: 小林市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-04-26
    令和 2年  6月 定例会(第3回)       令和2年第3回小林市議会定例会会議録議事日程(第1号)                    6月12日(金曜日) 午前10時 開会 日程第1 会議録署名議員指名 日程第2 会期決定 日程第3 報告第2号専決処分承認を求めることについてから報告第8号専決処分した事件報告についてまで及び議案第45号令和年度小林一般会計補正予算(第4号)から議案第52号小林介護保険条例の一部改正についてまで      (上程提案理由説明)---------------------------------------本日の会議に付した事件 議事日程のとおり---------------------------------------出席議員(17名)       押領司 剛議員      貴嶋憲太郎議員       竹内龍一郎議員      舞田重治議員       内ノ倉利春議員      吉藤洋子議員       西上 隆議員       原 勝信議員       下沖篤史議員       鎌田豊数議員       森田哲朗議員       大迫みどり議員       高野良文議員       時任隆一議員       坂下春則議員       溝口誠二議員       杉元豊人議員欠席議員(1名)       前田隆博議員---------------------------------------議会事務局出席者 鸙野光博   議会事務局長      菊村明広   書記 西 直人   書記---------------------------------------説明のための出席者 宮原義久   市長          鬼塚保行   副市長 峯田勝巳   総務部長        山下雄三   総合政策部長 鶴水義広   経済部長        深田利広   市民生活部長 大角哲浩   健康福祉部長      坂之下利浩  建設部長 永野宗敏   須木総合支所長     野崎裕四   野尻総合支所長 和田龍一   会計管理者       安楽 究   総務課長 山口恭史   財政課長        中屋敷史生  教育委員会教育長 押川逸夫   教育委員会教育部長   原田幸博   上下水道局長 貴嶋誠樹   市立病院事務部長心得                            午前10時00分 開会坂下春則議長 おはようございます。 これから令和2年第3回小林市議会定例会開会します。 本日の会議は、議席に配付してあります議事日程第1号によって進めることにします。 日程に入るに先立ち報告します。 前田隆博議員から、入院加療のため今期定例会中の欠席届が提出されております。御了承願います。 引き続き報告します。 監査委員から監第12号及び同第19号をもって例月現金出納検査の結果について報告がありましたので、その写しをあらかじめ送付しました。御了承願います。 引き続き報告します。 今期定例会に提出されました議案とともに報告書類として、令和年度小林一般会計繰越明許費繰越計算書有限会社のじり農産加工センター、ハーメックのじり株式会社及び株式会社のじりアグリサービスの3法人に係る令和2年度事業の計画及び令和年度決算に関する書類、以上4件がそれぞれ送付されております。 なお、以上の報告案件については、議案質疑委員会付託終了後、日程事項として通告による質疑の時間を設定いたします。 続けて報告いたします。 去る5月27日、第96回全国市議会議長会定期総会が、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、書面開催により執り行われました。その折、杉元豊人議員が15年表彰となり、全国市議会議長会から表彰状が送付されております。 ここで、表彰状伝達を行います。 これから、事務局長に進行をさせます。 ◎鸙野光博議会事務局長 それでは、杉元豊人議員演壇の前にお進みください。      (受賞者離席演壇の前に)      (議長表彰状伝達のため離席) ○坂下春則議長     表彰状       小林市 杉元豊人殿 あなたは市議会議員として15年市政の振興に努められその功績は著しいものがありますので第96回定期総会にあたり本会表彰規程によって表彰いたします    令和2年5月27日     全国市議会議長会      会長 野尻哲雄 代読。 おめでとうございます。      (拍手) ◎鸙野光博議会事務局長 以上をもって、表彰状伝達を終了いたします。 自席にお戻りください。      (議長受賞者着席) ○坂下春則議長 これから日程に入ります。---------------------------------------日程第1 会議録署名議員指名坂下春則議長 日程第1、会議録署名議員指名を行います。 今期定例会署名議員森田哲朗議員大迫みどり議員の両名を指名します。---------------------------------------日程第2 会期決定坂下春則議長 日程第2、会期決定議題とします。 今期定例会会期について、新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言は解除されたものの、いまだ終息には至っていないため、予防等対策を迅速かつ効果的に行う必要があることから、提出議案の表決を早める緊急的な措置の要請が当局からあり、去る6月5日の議会運営委員会で御協議いただきました。 以上を踏まえ、お諮りします。 今期定例会会期は、議席参考資料として配付してあります会期日割表のとおり、本日から6月26日までの15日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり。) ○坂下春則議長 異議なしと認めます。したがって、会期は本日から6月26日までの15日間と決定しました。---------------------------------------日程第3 報告第2号専決処分承認を求めることについてから報告第8号専決処分した事件報告についてまで及び議案第45号令和年度小林一般会計補正予算(第4号)から議案第52号小林介護保険条例の一部改正についてまで(上程提案理由説明) ○坂下春則議長 日程第3、報告第2号専決処分承認を求めることについてから報告第8号専決処分した事件報告についてまで及び議案第45号令和年度小林一般会計補正予算(第4号)から議案第52号小林介護保険条例の一部改正についてまで、以上15議案一括議題とします。 ただいま議題となりました議案について提案者説明を求めます。 ◎宮原義久市長 おはようございます。 お許しをいただきたいと思います。ちょっと長いんですよ、長いので、2メートル以上離れていると思いますので、提案理由説明させていただく間、マスクを外しますのでよろしくお願いしたいと思います。 提案理由を御説明する前に、現在の市政運営の主な状況等について、御報告をさせていただきます。 現在の市政運営につきましては、新型コロナウイルス感染症対策を最優先に取り組んでいるところではありますが、令和2年度の事業執行につきましては、可能なものから適時進めさせていただいているところであります。 さて、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言につきましては、去る5月25日に全都道府県で解除されました。 本市におきましては、外出自粛要請が解除されるとともに、小・中学校における教育活動を再開し、また、公共施設等につきましても段階的に通常開館とするなど、徐々にかつての日常が戻りつつあるところであります。 本市ではこれまで、新型コロナウイルス感染症感染者は確認されていないところでありますが、国内の社会経済活動が徐々に再開されていく中で、感染拡大の第2波の発生に備える必要があることから、小林市の基本的対応方針に基づき、「感染拡大防止」と「社会経済活動維持再生」の両立を目指すことを基本的な考え方としながら、感染症対策に取り組んでいるところであります。 まず、「感染拡大防止」に係る取組につきましては、国の専門家会議が提言いたしました「新しい生活様式」の実践等、日頃の感染症対策について啓発を行うとともに、公共施設等の利用やイベント等の開催につきましては、「3密」を避けるなどの感染症対策を引き続き徹底するなど、国、県その他関係機関との連携の下、常に状況の把握に努めながら、感染拡大を防ぐための対策を講じているところであります。 次に、「経済活動維持再生」に係る取組につきましては、新型コロナウイルス感染症影響により、各分野において厳しい経営状況が続いていることから、国、県その他関係機関との連携を図りながら、適時対策を講じているところであります。 農業につきましては、メロン、マンゴー等の高収益作物や花卉において、需要落ち込みにより販売価格が下落するなど、厳しい経営状況に置かれております。 畜産業につきましても、需要落ち込みにより、牛枝肉価格が過去5年間で最安の水準まで下がり、また、肥育農家購買意欲の減退から子牛競り価格も大幅に下落するなど、今後の経営を不安視する声も聞かれており、肉牛全般で厳しい経営状況に置かれております。 さらに、新型コロナウイルス感染症影響は、飲食店営業旅館業など幅広い業種に及んでおり、本市地域経済は深刻な状況に置かれていると考えるところであります。 本市では、このような状況を踏まえ、小林市「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」の考え方に基づき、各段階に応じて感染症予防経済修学支援等対策に係る予算措置を講じたところであり、直ちに事業執行が必要であると判断したものにつきましては、去る5月15日及び5月27日付で専決処分を行い、既に事業を執行させていただいているところであります。 なお、今期定例会におきましても、新型コロナウイルス感染症対策に係る予算につきまして提案させていただき、審議をお願いするものであるとともに、今後、国の第2次補正予算動向等も踏まえて、新たな予算措置等が必要となった場合には、速やかに関係議案を提案させていただくなど、状況を十分に見極めながら、迅速かつ的確に対応させていただくこととしております。 次に、防災対策についてであります。 昨年度から整備を進めてまいりました同報系防災行政無線につきましては、区長、組長及び消防団の御協力の下、各家庭施設等への防災ラジオの配付が順調に進み、6月25日から本格運用を開始することとしております。 配付した防災ラジオにつきましては、防災対策に加え、地域における情報の共有や発信にも活用していただくことで、コミュニティの活性化にも寄与するものと期待しているところであります。 また、消防団を中心に使用する移動系防災行政無線につきましても、近く運用を開始することとしており、同報系防災行政無線運用と併せまして、迅速な災害対応を図ることで、市民の皆様の安心感につながるものと考えているところであります。 なお、梅雨入りから台風シーズンにかけて、災害の多い季節になってまいりますが、今年は特に新型コロナウイルス感染症対策にも十分に配慮しながら、避難所運営等について適切な対応を図るとともに、風水害や地震、火山災害など、あらゆる災害に迅速に対応できるよう引き続き危機管理体制の充実を図ってまいります。 その他市政運営全般につきましては、新型コロナウイルス感染症影響により、これまでとは異なる事業展開が求められるところではありますが、感染リスクはゼロにはならないことを前提に、感染症対策経済対策をしっかりと講じていきながら、鋭意取り組んでいく所存であります。 それでは、以下、議案について、御説明を申し上げます。 報告第2号専決処分承認を求めることにつきましては、市内の和牛肥育農家支援実施することに伴い、新型コロナウイルス感染症畜産支援事業に係る経費について予算措置を直ちに講ずる必要があったため、令和年度小林一般会計補正予算(第2号)について、令和2年5月15日付で専決処分いたしましたので、議会報告し、その承認を求めるものであります。 報告第3号専決処分承認を求めることにつきましては、新型コロナウイルス感染症対策に係る地域経済緊急支援事業ほか9事業経費について予算措置を直ちに講ずる必要があったため、令和年度小林一般会計補正予算(第3号)について、令和2年5月27日付で専決処分いたしましたので、議会報告し、その承認を求めるものであります。 報告第4号専決処分承認を求めることにつきましては、国民健康保険保険者のうち、新型コロナウイルス感染症感染した被用者への傷病手当金に係る経費について予算措置を直ちに講ずる必要があったため、令和年度小林国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について、令和2年5月27日付で専決処分いたしましたので、議会報告し、その承認を求めるものであります。 報告第5号専決処分承認を求めることにつきましては、市立病院における新型コロナウイルス感染症感染した患者感染が疑われる患者への対応に際し、感染拡大防止対策を行う経費について予算措置を直ちに講ずる必要があったため、令和年度小林病院事業会計補正予算(第1号)について、令和2年5月27日付で専決処分いたしましたので、議会報告し、その承認を求めるものであります。 報告第6号専決処分承認を求めることにつきましては、新型コロナウイルス感染症及びその蔓延防止のための措置納税者等に及ぼす影響の緩和を図るための地方税法等の一部を改正する法律が令和2年4月30日に公布されたことに伴い、市税課税事務についても、これと同様の措置を直ちに講ずる必要があったため、小林税条例の一部改正について、令和2年5月27日付で専決処分いたしましたので、議会報告し、その承認を求めるものであります。 報告第7号専決処分承認を求めることにつきましては、国民健康保険保険者のうち、新型コロナウイルス感染症感染した被用者への傷病手当金の支給に関する規定を直ちに定める必要があったため、小林国民健康保険条例の一部改正について、令和2年5月27日付で専決処分いたしましたので、議会報告し、その承認を求めるものであります。 報告第8号専決処分した事件報告につきましては、市道3164号本町大塚原線において、市有車両一般車両に接触した物損事故に関し、和解の成立及び損害賠償の額を定めることについて、令和2年5月15日付で専決処分いたしましたので、議会報告をするものであります。 議案第45号令和年度小林一般会計補正予算(第4号)につきましては、歳入歳出それぞれ7億9,638万3,000円を増額し、予算規模は342億8,179万5,000円となります。 まず、歳入につきましては、地方交付税国県支出金市債等を追加計上するものであります。 次に、歳出の主な事業の御説明を申し上げます。 総務費につきましては、新型コロナウイルス感染症影響により外出を自粛する傾向にある現状も踏まえ、市民総ぐるみで健幸のまちづくりを推進するため、健幸ポイント事業実施に要する費用等を計上するものであります。 民生費につきましては、通院に係る医療費助成の一部を現物給付実施することに伴う重度障害者医療費助成金増額等を計上するものであります。 農林水産業費につきましては、農業所得の向上を目的とした農産物直売所整備等に対する補助金等を計上するものであります。 商工費につきましては、新型コロナウイルス感染症影響を受けた地域経済における幅広い消費喚起目的として、県が実施する応援消費プレミアム付商品券発行事業連携し、プレミアム付商品券発行に対する補助金を計上するものであります。 土木費につきましては、塩化カルシウム散布機等の購入に要する費用等を計上するものであります。 教育費につきましては、小林総合運動公園市営陸上競技場走路改修工事等に要する費用等を計上するものであります。 議案第46号令和年度小林国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入におきまして、国民健康保険税と繰入金及び繰越金の組替えを行うものであります。 なお、今年度の国民健康保険税の税率につきましては、据え置くことといたしまして、医療分支援分を合算した1人当たり調定額は8万6,081円、1世帯当たり調定額は13万8,462円となります。 議案第47号令和年度小林介護保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、新型コロナウイルス感染症による影響長期化を見据えた高齢者実態把握を行うための費用を計上し、歳入歳出それぞれ175万円を増額するものであります。 議案第48号小林国民健康保険税条例の一部改正につきましては、地方税法施行令の一部を改正する政令の施行に伴い、国民健康保険税課税限度額の引上げ及び減額対象拡大を行うとともに、新型コロナウイルス感染症影響により収入減少が見込まれる場合等における国民健康保険税減免措置に係る特例を設けるため、所要改正を行うものであります。 議案第49号小林家庭的保育事業等設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正につきましては、家庭的保育事業等設備及び運営に関する基準の一部を改正する省令施行を受けて、家庭的保育事業者等による連携施設の確保に関する特例について見直しを行うとともに、保護者の疾病や障がい等により養育を受けることが困難な乳幼児に対して、居宅訪問型保育実施が可能であることを明確にするため、所要改正を行うものであります。 議案第50号小林放課後児童健全育成事業設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正につきましては、放課後児童健全育成事業設備及び運営に関する基準の一部を改正する省令施行を受けて、中核市の市長が行う研修を修了した者を放課後児童支援員として扱うことができるようにするため、所要改正を行うものであります。 議案第51号小林市重度障がい者の医療費助成に関する条例の一部改正につきましては、県からの助成対象となる重度障がい者の医療費助成において、令和2年8月診療分から通院に係る医療費助成現物給付実施することに伴い、所要改正を行うものであります。 議案第52号小林介護保険条例の一部改正につきましては、新型コロナウイルス感染症影響により収入減少が見込まれる場合等における介護保険料減免措置実施するため、所要改正を行うものであります。 以上、よろしく御審議のほどお願いをいたします。 ○坂下春則議長 以上で提案者説明は終わりました。 お知らせします。 今期定例会に提案されました議案に対する資料を要求される議員は、本日正午までに資料提出要求書を、また議案に対する質疑をされる議員は、6月15日月曜日の正午までに発言通告書を提出してください。 以上で本日の日程は終了しました。 本日はこれで散会します。                            午前10時26分 散会...