282件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第8日目) 本文 2019-03-12

また、「職場環境改善の努力」について質疑があり、これに対しまして、「ICTの積極的な活用については、技術が非常に速く進んでおり、情報収集が重要だと認識している。そういったものを見きわめながら、より庁内の効率化に結びつくような部分は積極的に取り入れていく必要があると考えている。財政局で行っているフリーアドレスなど、より働きやすい環境整備も非常に重要な点だと考えている。

仙台市議会 2019-03-08 平成31年度 予算等審査特別委員会(第12日目) 本文 2019-03-08

32: ◯経済局長  経済成長戦略におきましては、交流人口ビジネス活性化戦略との連携はもとより、ICTの活用による防災や健康福祉、医療などの地域産業の高度化、また都心再構築といったまちづくりとの連動など、部局間をまたがるさまざまな取り組みのほか、女性やシニア人材等の活躍推進など、他部局の取り組みも掲げております。  

角田市議会 2018-12-20 平成30年第395回定例会(第4号) 本文 2018-12-20

北九州市では、ICTを活用したワンストップ窓口の実現により、住民の利便性の向上と各区役所の窓口事務を効率化しました。また、上天草市では、窓口業務の委託を行うことにより、経費節減が可能になるとともに、職員の企画部門等への重点的な配置が可能となり、委託事業者による窓口人員配置の効率化、労務管理効果が図られ、待ち時間の短縮等、住民サービスの向上を実現いたしました。  

気仙沼市議会 2018-12-17 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日

続いて、大項目2点目、本市のICT教育の現状と今後についてです。  これまでIT、情報技術と呼ばれてきた一連の技術や概念は、通信技術の発達により、近年、ICT、情報通信技術と呼ばれるようになってまいりました。これは単なる情報処理だけではなく、通信を利用して情報や知識の共有を図ることが簡単な社会となってきたということでございます。

気仙沼市議会 2018-12-07 平成30年第99回定例会 目次 開催日:2018年12月07日

どもの外遊びの現状について…………………………………………………… 147   村 上 伸 子 君    1.気仙沼市在住の外国人との共生について………………………………………… 151    2.女性活躍のために何が必要か……………………………………………………… 162   熊 谷 一 平 君    1.政策や事業における「成果」の捉え方と「評価」について…………………… 167    2.本市のICT

大河原町議会 2018-12-01 平成30年第4回定例会(12月会議)(第3号) 本文

このことから、本町においても昨年度末に策定いたしました町教育振興基本計画の、確かな学力の育成の施策として情報通信教育の推進、ICT教育への先進的取り組みを盛り込み、コンピューターやタブレット端末の整備とともに、プログラミング教育への環境整備を進めております。  次に、人材を生み出しながら循環していく地域の仕組みづくりについてのご質問であります。

角田市議会 2018-09-27 平成30年第394回定例会(第4号) 本文 2018-09-27

あわせて、今日、そして将来にわたって一層求められている教育環境整備の一つに、学校におけるICT化やエアコン、トイレの水洗化等を初めとする教育環境の質的向上対策、そして学力向上対策と、求められる課題が多くあり、学校の適正配置・適正規模について市民の皆様とともに考えてまいらなければというものであります。

白石市議会 2018-09-07 平成30年決算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日:2018.09.07

次世代技術者育成事業ということで、ICT技術等の新技術を学ぶというようなことで、今回、東日本ICT推進協議会のほうに補助を出しまして各研修会等を開いていただいております。  研修会の実績としましては、協議会主催のものが4回、それと協議会に加盟している事業者のほうで8回ということで、協議会主催の4回の参加者につきましては、約100名という状況でございます。

角田市議会 2018-06-27 平成30年第393回定例会(第4号) 本文 2018-06-27

何せ、IT化、ICT化というのは、我々もそうですけれども、小さい子には不可欠なことです。学習効率もぐんと上がるんだと期待できるものだと思っていますので、一刻でも早い検討及び導入というようなところで作業をしていただきたいと要望しまして、次の質問に行きます。  (4)番なんですけれども、大河原町の小学生の学力テストにおいて好成績であったことは周知のことと思います。すぐ隣の大河原町であります。

大崎市議会 2018-06-26 平成30年 第2回定例会(6月)-06月26日−05号

その中で、まず鳥獣対策の被害対策の実施隊、これ、設置して取り組みをしていただいていると思いますので、その拡充をぜひしていただきたいので、そのためのやはりハンターといいますか、要員の拡充をどのように進めているのかということをまずお聞きしたいのと、あと前回だったか前々回のときにICT活用、これについても検討すべきだということでお願いをしておりました。  

白石市議会 2018-06-20 平成30年第431回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.06.20

現在、ICTを活用した新しい子育て支援や、地域のサポートに期待が寄せられています。そんな中、民間企業の開発した電子母子手帳のアプリを導入している自治体がふえています。  電子母子手帳は、妊婦の体調や体重の管理、胎児の画像や子供の成長などを記録することができ、それらのデータはインターネットのサーバー上に保存されます。情報の共有も可能で遠方の家族や親類が閲覧できるように設定することもできます。  

気仙沼市議会 2018-06-19 平成30年第97回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年06月19日

その検討をするに当たりましては、現在、ICTの活用、それから民間委託等の推進による業務改革をした上で、その職の必要性を吟味した上で、適正な配置等も必要人数等も考えていきたいと考えてございます。  これらにつきましては、これからの検討ということでございますので、ひとつよろしくお願いいたしたいと思います。 ◎議長(菅原清喜君) 20番小野寺俊朗君。

気仙沼市議会 2018-06-08 平成30年第97回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年06月08日

また、ICTの活用や国際リニアコライダーの誘致等により、新産業を創出し、UIJターンを呼び込む環境づくりにも取り組んでまいります。  初めに、基幹産業としての水産業の振興については、全国的に水産業が衰退する中で、本市の特徴である日本一の水産クラスターを進化させ、全国の漁業者、消費者から信頼され、地域経済を支える産業としての充実を目指してまいります。  

大河原町議会 2018-06-01 平成30年第2回定例会(6月会議)(第2号) 本文

もちろん学校、小学校も中学校も学力向上、そしてICT教育面いろいろあるんでしょうけども、やはり子供たちの健康、そして安心安全で学校に通って初めてそういったことが成り立ってくるもんですから、そういったことを常に考えながらやっていただきたいということを要望いたしまして一般質問を終わりとさせていただきます。ありがとうございました。

石巻市議会 2018-03-16 平成30年 第1回 定例会-03月16日−一般質問・委員長報告・質疑・採決−11号

次に、10款4項高等学校費、1目学校管理費では、魅力ある学校づくり事業費の内容について質疑があり、桜坂高等学校の教育の特徴である品格教育、キャリア教育、学力保証の3本柱を実践することとしており、今年度は品格教育として小笠原流の礼法指導やビジネスマナー教室の開講、キャリア教育として桜プロジェクト、まちなかプロジェクト、市役所プロジェクトなどの実践、学力保証としてICT教育、大学連携、課外学習などの実践

大河原町議会 2018-03-15 2018年3月15日 平成30年予算審査特別委員会(第4号) 本文

173、174ページに移りまして、18節備品購入費の教科用備品として、iPat2台、タブレットPCですが、これを購入し、ケアハウスに来所する児童生徒にも学校で行っておりますICT活用の環境を構築するといいますか、整えるための予算計上でございます。  続きまして、10款2項1目の大河原小学校管理費でございます。

石巻市議会 2018-03-14 平成30年 第1回 定例会-03月14日−一般質問−09号

本事業は、当初のもくろみといいますか、国のほうでもこういった副業、兼業をある意味グレーではなくて、クリーンな形でちゃんと世の中に認められるように、そういう仕組みで、余力がある人、あるいはもう少し、今議員おっしゃったとおり、時間があるのだけれども、なかなか自分の都合に合う仕事を探し当てるのが難しいというところを何かICTの仕組みを使ってマッチングできないかというところと、あと現実的には石巻市内の生産者