143件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2016-10-21 総務財政協議会 本文 2016-10-21

(1)の津波広報訓練では、沿岸部を中心に79基設置しております津波情報伝達システム屋外拡声装置や、消防団幹部宅等に設置しております同システム戸別受信装置による広報、また、携帯電話避難情報を発信する緊急速報メール危機管理室ツイッターへの投稿、消防車や広報車による巡回、加えまして宮城海上保安部宮城県警及び消防局のヘリコプターによる上空からの広報、在仙のコミュニティFM局のラジオによる津波情報伝達

大崎市議会 2016-10-05 10月05日-05号

この事業では、全体で補完システムの構築も望まれておりますが、携帯端末による緊急速報エリアメールやエリアワンセグの技術を活用した市民向け緊急情報の配信、登録電話登録メールコミュニティーFMとの機能融合テレビテロップデータ放送広報車アンサーバック電話電話応答サービスなどなど市民への情報共有に対するシステムの現況についても、防災無線整備事業の進捗とあわせましてお尋ねいたします。 

大崎市議会 2016-06-27 06月27日-04号

今後、こういったサイネージ、あるいはコミュニティーFM等もございます。そういったものも有効な部分ということで位置づけておりますけれども、どれくらいの試験運用の中で実績があるかということも踏まえながら検討してまいりたいと思っております。 以上です。     〔「終わります」と呼ぶ者あり〕 ○議長(門間忠君) 次に進みます。 7番相澤久義議員。     

石巻市議会 2016-06-23 06月23日-一般質問-05号

やはり一番の要因には、2台目からの値段FM1局にしては5,000円と高いということだと思います。1,000円だったら作業場に設置したりとか、また寝室のもう一台となるのでしょうけれども、2台目の購入が43台しかないということを見ますと、2台目からの値段も考えなければならないと思いますが、いかがでしょうか。 

石巻市議会 2016-06-14 06月14日-議案説明・質疑・討論・採決-03号

次に、6目の1地域防災力向上対策費に1億679万円を計上しておりますが、これは防災ラジオ難聴地域解消のためのFM中継局整備及び大街道地区に新築する消防ポンプ置き場津波避難施設を併設する経費を措置したものでございます。 次に、56ページ、3目教育指導奨励費に200万円を計上しておりますが、これは県からの委託により実施する防災、防犯及び交通安全教育に要する経費を措置したものでございます。 

石巻市議会 2016-06-10 06月10日-議長の選挙・副議長の選挙-01号

また、富士市の防災ラジオについては、FM、AM放送に加え、同報無線放送受信できることから、ラジオを通じて容易に緊急時の情報を素早く知ることができ、販売台数もこれまで3万台以上の実績を有しております。さらに、津波避難タワーについては、東日本大震災をきっかけに緊急避難場所として設置する動きが強まり、3基の建設が進んでいる状況でありました。 

石巻市議会 2015-12-18 12月18日-一般質問-06号

定例会FM中継局改修等のための設計業務に要する経費が計上されました。きのうも質問がありましたので、詳細は伺いませんが、防災ラジオ難聴地区解消は来年の冬ごろにということでした。その後、それでも解消されない場合は個別に対応するなどし、とにかく一日も早く難聴地区解消の努力をしていただきたいと思いますが、いかがお考えですか、お聞きいたします。 ◎和泉博章総務部長 お答えいたします。 

石巻市議会 2015-12-17 12月17日-一般質問-05号

次に、FM放送難聴対策についてお伺いをいたします。震災時におけるコミュニティFM放送については、さきの震災におきましても災害情報生活支援情報など情報伝達に大変有効であることが証明されたと考えます。これを踏まえて、市当局は昨年市内全域FM放送を活用し、防災ラジオ緊急放送を行うという有効な防災対策を推進しておりますが、市内の一部地区において難聴が発生していると聞いております。

石巻市議会 2015-12-04 12月04日-議案説明-01号

次に、消防費では、FM中継局改修等に係る設計業務に要する経費などを措置しております。 次に、教育費では、震災奨学金給付対象者の新たな認定に伴う給付費の増額のほか、防災教育副読本改訂等に要する経費遊楽館雨漏り修繕に要する経費などを措置いたしました。 次に、災害復旧費では、河川災害復旧事業において、県工事等とのスケジュール調整により来年度実施するための減額などをしております。 

仙台市議会 2015-10-13 平成26年度 決算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2015-10-13

次に、FM補聴器について伺います。  通常、相手とコミュニケーションをとったりする場合は普通の補聴器でいいですが、学校で授業を受ける場合は先生子供さんとでは距離があります。先生は教壇に立っており、子供さんは自分の椅子に座っており距離がありますので、音を拾いやすいということはちょっと難しくなります。

石巻市議会 2015-03-04 03月04日-議案説明・質疑・委員会付託-04号

阿部明夫総務部長 まず、1点目のFMの1局にしたということの御説明ですけれども、防災無線補完用としてコミュニティー放送電波を使うということで、そうなるとFM石巻コミュニティー放送ラジオ石巻1局だけですので、その補完ということで1局、FM石巻電波が入れば防災行政無線のかわりが可能だということと、あと多数局ということにしますとラジオの定価が上がるということで、どうしても市民の皆様に安い値段

石巻市議会 2015-03-03 03月03日-施政方針に対する質疑-03号

電波受信は、FMラジオ石巻1局のみと認識しております。操作が簡単であることは高齢者にとっても使いやすく、よい選択であります。1台1,000円の自己負担が伴いますが、スタート時点購入希望者が殺到するかと思われます。平成27年度は何台の提供が可能なのか伺います。 また、中継電波塔年次計画のもと整備してきましたが、FMラジオ石巻放送が入らない難聴地域はどの程度解消されたのか伺います。 

白石市議会 2015-02-23 平成27年予算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日:2015-02-23

広報ラジオ番組による情報発信事業委託料は、エフエム仙台白石よござりす」を利用したもので、本市の観光、イベント、教育、文化などの情報をパーソナリティーのナレーションとともにFMラジオを使い情報発信を行うものであります。  フィルムコミッション推進事業委託料は、映画等ロケーション撮影場所の誘致を通じて白石市の知名度の向上経済効果の波及、観光客の増加を担うものであります。