運営者 Bitlet 姉妹サービス
195件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-25 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年09月25日 本市における災害情報等の伝達については、防災行政無線の屋外スピーカーによる広報や、災害情報システムによる市ホームページやツイッター、フェイスブック、緊急速報メール、登録制の被災者支援メール、コミュニティFMなどでの一括配信により行っております。   もっと読む
2018-03-12 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月12日−一般質問−07号 原因につきましては、昨年の吹鳴系列からFM石巻を除外したことで想定された時間に起動しなかったことから、手動操作に切りかえたため、操作がおくれたものであります。  2年前にも同様の事案が発生していたにもかかわらず、サイレンの吹鳴がおくれてしまったことにつきましては、大変遺憾であり、市民の皆様初め、関係者の方々に深くおわびを申し上げます。   もっと読む
2017-09-27 石巻市議会 平成29年 第3回 定例会-09月27日−一般質問・委員長報告・討論・採決−07号 次に、9款消防費、1項消防費、6目東日本大震災関係費では、FM放送中継局設置事業において、中継局の新規設置及び改修により解消された難聴地域の世帯数と防災ラジオの販売台数について質疑があり、解消された難聴地域の世帯数は約1万5,000世帯であり、防災ラジオの販売台数は今年度分の485台を加えて合計で1万2,633台である旨、答弁がありました。   もっと読む
2017-09-13 岩沼市議会 平成29年第3回定例会(4日目) 本文 2017.09.13 FM棟、FMが入ってるところは、実はあれがですね、鉄筋コンクリート製なんで、ここが一番長くて30年ほどなんです。あと、ゲート棟がですね、すいません。FM棟が50年ですね。申しわけありません。鉄筋コンクリートなんで50年。ゲート棟が鉄骨づくりなので38年。木造のものは24年、鉄骨のものは38年、鉄筋コンクリートのものは50年というふうに一応耐用年数が定められてます。 もっと読む
2017-09-12 岩沼市議会 平成29年第3回定例会(3日目) 本文 2017.09.12 施設区分の中で、ふれあい広場、総合管理棟、農産物直売施設、花木販売施設、体験農園、ミニFM施設、地域食材提供施設と大まかに区分されておりますけれども、その交付金による利用制限といいますか、農業に関する制限とされているのは、今の施設の中でどの部分でしょうか。全てではないと思うんですけれども、お願いいたします。 議長(森繁男)古積農政課長。 農政課長(古積知明)お答えいたします。   もっと読む
2017-09-12 石巻市議会 平成29年  総務企画委員会-09月12日−06号 あとFM中継局の改修をして今年度になっておりますけれども、昨年度末で1万2,148台、今年度になって解消されてからということになりますと485台、合計で1万2,633台となっております。実際的にはまだ解消されない地域、蛇田地区の一部とか広渕方面について、現在も難聴地区の解消業務を継続で行っているような状況でございます。 もっと読む
2017-06-21 岩沼市議会 平成29年第2回定例会(4日目) 本文 2017.06.21 総務部長(大友彰)今までの訓練でありますと、説明などでタイムスケジュールがまず事前に配付されている状態で訓練をさせていただいておりますので、本部からの指示でありますとか、FMの放送などが流れる前に、既にもうタイムスケジュールがわかっておりますので、行動が行われているというところもございました。   もっと読む
2017-06-20 岩沼市議会 平成29年第2回定例会(3日目) 本文 2017.06.20 ホームページのほうには、防災行政無線や緊急速報メール、コミュニティFMなどを自動起動させることで、いつでも市内全域に緊急情報を放送することができますと記載がありました。ここの「など」という部分を具体的に回答をお願いしたいと思います。というのは、やはり町なかなんかには、外部スピーカーとか、そういったものはないわけですから、そこのところを具体的に回答を求めます。 議長(森繁男)平井防災課長。 もっと読む
2017-06-19 気仙沼市議会 平成29年第91回定例会(第3日) 本文 開催日:2017年06月19日 市では、災害情報の把握、伝達のために、防災行政無線、ホームページ、防災ツイッター、エリアメール、被災者支援メール、防災FM、潮位津波観測システム、宮城県総合防災情報システム、沖合波浪計などを活用されておられます。  また、情報発信について、伝達内容やよく伝わる表現方法の工夫、情報共有のあり方についての検討など、被災時における情報伝達体制の見直しを図るとしております。   もっと読む
2017-03-10 石巻市議会 平成29年 第1回 定例会-03月10日−一般質問−09号 ◆2番(髙橋憲悦議員) ということは、3分の1が売れて、3分の2が残っているというような現状で認識して、まず防災ラジオの難聴地区の把握と解消策につきましては、もうこの防災ラジオ販売開始から、大体FM放送が聞こえないという想定ができていたと思います。難聴地区の解消がクリアされないまま3万台の販売を行おうとし、難聴地区内の住民から、ラジオを買ったが聞こえないとの苦情が寄せられております。 もっと読む
2017-02-03 大崎市議会 平成29年  民生常任委員会-02月03日−01号 どうせやるのだったら民放で、FMではなくて。どうなのでしょう、やっぱり費用対効果考えたら、多分聞いている人どれくらいいるかわかりませんが、その実態把握というのはできないのですね。 ○委員長(横山悦子君) 三戸部総務課長補佐。 もっと読む
2016-12-20 大崎市議会 平成28年 第4回定例会(12月)-12月20日−04号 特に、ことしはFMラジオ局、あるいは議員から重ねて御紹介がありました東北放送などでのPRなども含めて、県内リスナーを対象にささ結の田植え、稲刈り体験を実施したところでもございます。仙台圏の消費者の皆様に大好評で、お米の魅力にあわせ、大崎の魅力も感じていただき、大崎に何度も足を運びたくなるとの感想をいただくなど、リピーターを生む企画となったところでございます。   もっと読む
2016-12-19 大崎市議会 平成28年 第4回定例会(12月)-12月19日−03号 その東北放送のラジオだけではなくて、大崎のささ結の取り組みに仙台のFMラジオが興味を持っていただいて、田植えや稲刈り体験のPRに取り組んでいただいたり、アグリフードEXPOでの参加や、台東区の学校給食なども含めていろいろな形で取り組み、PRさせていただきました。   もっと読む
2016-12-15 石巻市議会 平成28年 第4回 定例会-12月15日−一般質問−05号 災害協定を締結している石巻コミュニティ放送株式会社とのコミュニティーFM放送による災害時における災害情報等の発信につきましては、今後も迅速かつ正確に、詳細な災害情報を提供してまいりたいと考えております。  次に、避難誘導、避難方法についてでありますが、津波による人的被害を軽減するためには、住民一人一人の迅速かつ主体的な避難行動が基本であります。 もっと読む
2016-12-14 気仙沼市議会 平成28年第87回定例会(第5日) 本文 開催日:2016年12月14日 そういう車というか、やっぱり市民に対して津波が来るんだよという伝える手段をしっかりと、ここに防災行政無線とか市のホームページとありますけれども、ラジオというのがやはり一番車両には伝える力があるのかなと思って、そういう部分では災害FM、そういうところと今回どのように連携したのかなという部分をまずお伺いしたいのと、それから朝の通勤時間というか仕事が始まっている時間にかかりまして、量販店の駐車場がダンプカー もっと読む
2016-12-13 石巻市議会 平成28年 第4回 定例会-12月13日−一般質問−03号 また、防災ラジオでございますけれども、現在までのところ防災ラジオの販売台数も約1万1,700台ほどということで、若干ずつは伸びておりますけれども、まだ難聴地区があるということで、今年度も設計等でFM中継局の整備ということで難聴エリアの解消にも努めておりますので、ある一定程度の効果はあったものと考えておりますが、さらにそういう難聴地区の解消のためにしっかり取り組んでまいりたいというふうに考えております もっと読む
2016-12-12 気仙沼市議会 平成28年第87回定例会(第3日) 本文 開催日:2016年12月12日 また、情報発信については平成25年度から災害情報システムの運用による情報発信の一元化を図っており、防災行政無線による広報のほか、広報と同様の内容を市ホームページ、緊急速報メール、被災者支援メール、ツイッター、フェイスブック、災害FM、魚市場屋上などに設置しているデジタルサイネージを活用し、情報発信の多重化と迅速な発信に努めております。   もっと読む
2016-10-05 大崎市議会 平成28年 第3回定例会(9月)-10月05日−05号 この事業では、全体で補完システムの構築も望まれておりますが、携帯端末による緊急速報エリアメールやエリアワンセグの技術を活用した市民向け緊急情報の配信、登録電話、登録メール、コミュニティーFMとの機能融合、テレビテロップ、データ放送、広報車、アンサーバック電話、電話応答サービスなどなど市民への情報共有に対するシステムの現況についても、防災無線整備事業の進捗とあわせましてお尋ねいたします。   もっと読む
2016-09-12 石巻市議会 平成28年  総合防災対策特別委員会-09月12日−03号 次に、FM中継局の整備でございますが、現在難聴地区として把握しておりますエリアに対し、FM中継局の改修及び新設を行うものでございます。渡波北部地区については、大宮町津波避難タワーにFM中継局を新設、稲井・水沼地区については、大瓜テニスコートにFM中継局を新設、桃生北部地区については、桃生総合センターにFM中継局を新設、鹿又・飯野川地区につきましては、欠山FM中継局を改修するものでございます。 もっと読む
2016-09-01 大河原町議会 平成28年第3回定例会(9月会議)(第2号) 本文 んで、やっぱり川崎の方に聞いたら、物件数がふえたことによってマッチングが多くできるようになったので、物件数をこう集うにはやっぱいろんなこう広告とかFMラジオとかっしゃあ、新聞広告とか専門誌、専用ポータルサイトとか、あとアニメーション自分でつくってホームページ載せてるんですよね。 もっと読む