66件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

角田市議会 2019-12-17 令和元年第400回定例会(第3号) 本文 2019-12-17

昔、私が小さいころは角田市は陸の孤島と言われておりましたけれども、またそんな感じにならないように、市長以下あるいは我々も含めてみんなで頑張っていかなければならないと思いますので、ぜひともBRTとかそういったものの検討という前に、やっぱり完全復旧というものを大前提にして頑張っていただきたいと思います。  続きまして、3番目の被災リスクを軽減するための今後の対策についてに移らせていただきます。  

気仙沼市議会 2019-12-06 令和元年第105回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年12月06日

この台風による被害状況につきましては、JR大船渡線BRT気仙沼線の運休など、公共交通機関への影響が出たほか、一部地域での停電や断水、床上、床下浸水などの住家被害道路冠水路面流出土砂崩れ等による通行どめ、倒木、漁港でののり面崩落等が発生したところであり、その他農林水産関連等については現在も調査中であります。  

気仙沼市議会 2019-06-25 令和元年第102回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年06月25日

私は、その方法の一つとして大船渡線BRT専用道化効果を発揮すると考えています。事故リスクが少なく、定時性が確保できるBRT専用道効果はあるのではないでしょうか。労働環境課題解決の視点からお答えください。  2つ目は、日常経済活動を促す利便性についてです。  気仙沼線BRT専用道化が進むにつれて、市民生活利便性が向上したことは間違いありません。

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  交通政策調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

また、今後、BRT    による輸送効率化なども予定している。   3)おでかけ交通事業~コミュニティバス乗合タクシー~   ・路線バス廃止となったところや、斜面地バスが通れないような細い道の地    区で運行しており、斜面地枝光地区では収支率80%程度ということで成功    事例となっている。   ・枝光地区は麓の商店街起終点として運行されている。

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  交通政策調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

また、今後、BRT    による輸送効率化なども予定している。   3)おでかけ交通事業~コミュニティバス乗合タクシー~   ・路線バス廃止となったところや、斜面地バスが通れないような細い道の地    区で運行しており、斜面地枝光地区では収支率80%程度ということで成功    事例となっている。   ・枝光地区は麓の商店街起終点として運行されている。

気仙沼市議会 2019-06-14 令和元年第102回定例会 目次 開催日:2019年06月14日

……………… 208  一般質問   佐 藤 俊 章 君    1.農林水産物の海外への販路拡大について………………………………………… 208    2.養殖施設への船舶の侵入事故対策等について…………………………………… 216   菅 原 雄 治 君    1.気仙沼湾横断橋開通に備えた浦島地区の開発について………………………… 220    2.広域連携戦略としての大船渡線鹿折・矢作間」BRT

気仙沼市議会 2019-02-26 平成31年第100回定例会(第6日) 本文 開催日:2019年02月26日

三陸沿岸道路の延伸で圏域交通軸の具体的な活用策や、大島大橋供用開始に伴っての沿線インフラ整備島内インフラ整備課題、新市立病院通院手段としての循環バス運行の確保、また、一方で、JR鉄路被災による代替手段としてのBRT路線バス化など、日常生活での市民公共交通へのニーズも変化をしております。  

気仙沼市議会 2018-02-09 平成30年第95回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年02月09日

(4)片浜7号線について、JRが施工するBRT専用道事業計画により、県道からの排水計画を再度設計することになったため、影響を受ける区間を減工するものであります。(5)片浜12号線について、県が施工する防潮堤外災害復旧工事の遅延により、隣接する松岩都市下水路ポンプ場災害復旧工事放流渠・吐き口)の一部が施工できないため、影響を受ける区間を減工するものであります。

気仙沼市議会 2017-12-19 平成29年第94回定例会(第4日) 本文 開催日:2017年12月19日

11月2日から外来診療が始まった市立病院への通院利用者に対しては、市内循環バス運行乗り合いタクシー乗り入れBRT乗り入れによる利用を促しております。  路線バス利用する市立病院利用者に対しては、循環バス利用して、乗りかえによって新病院へのアクセスを促しております。また、BRTは、気仙沼線が上りに7便、下りに7便、新病院新駅を設置し、利用できるようになりました。  

気仙沼市議会 2017-12-18 平成29年第94回定例会(第3日) 本文 開催日:2017年12月18日

次に、循環バスBRT利用状況についてでありますが、市内循環バスについては本年11月の1カ月間の利用者数は延べ2,418人でありました。内訳として平日利用者が2,013人、1日当たり平均で105.9人、1便当たりでは7.6人、土日祝日利用者は405人で1日当たり平均では40.5人、1便当たり平均で2.9人でありました。

気仙沼市議会 2017-09-26 平成29年第92回定例会(第4日) 本文 開催日:2017年09月26日

加えて、平成31年度春を目途に、震災前の気仙沼線上にBRT専用道が開通し、南気仙沼駅が設置される予定であり、交通利便性も確保されます。  さらに、事業者等エントリー制度により、これまで24画地の契約が成立し、10事業者出店済みあるいは出店予定となっております。  

気仙沼市議会 2017-09-25 平成29年第92回定例会(第3日) 本文 開催日:2017年09月25日

南三陸町、小泉地区からBRT市立病院に行けない理由について質問します。  気仙沼線BRTは、新病院に「気仙沼市立病院駅」をつくり、経由便運行するということですが、気仙沼から本吉区間運行する「7往復14便」全てが本吉駅からと本吉駅着までとのことであります。  新しい病院を待ち望んでいた市民はもちろん、市以外の方々も病院敷地内に新駅を設置するBRT乗り入れに期待しているところであります。  

気仙沼市議会 2017-09-08 平成29年第92回定例会(第1日) 本文 開催日:2017年09月08日

次に、交通基盤についてでありますが、JR線におけるBRTの受け入れに当たっては、JR東日本に幾つかの申し入れを行ってきました。その一つである仙台アクセス機能の維持に関し、大船渡線経由一ノ関乗りかえ新幹線利用仙台行き特別料金について、本年1月から1年間を期間とする約20%の往復割引切符の設定を行っていただきました。

気仙沼市議会 2017-09-08 平成29年第92回定例会 目次 開催日:2017年09月08日

.小さな観光施策の実現を図れ……………………………………………………… 109    6.現市立病院跡地及び施設等利活用について…………………………………… 111   及 川 善 賢 君    1.被災者生活再建支援金における加算支援金等申請状況について…………… 113    2.小・中学校の水泳授業プール建設必要性について………………………… 120    3.南三陸町、小泉地区からBRT

気仙沼市議会 2017-06-21 平成29年第91回定例会(第5日) 本文 開催日:2017年06月21日

次に、専用道としてのBRT重要性とその役割についてです。  BRT役割と位置づけについては、41ページに示されているとおり、中距離基幹交通として中距離移動の骨格としてあります。93ページの実施施策にも異論はありません。  ただ、一つだけ、専用道路についての重要性を確認しなければならないと思います。

気仙沼市議会 2017-06-19 平成29年第91回定例会(第3日) 本文 開催日:2017年06月19日

次に、赤牛大沢、二十一浜、蔵内地区工事については、赤牛大沢地区平成27年11月に開催した住民説明会で、JR気仙沼線海側防潮堤を配置する計画案合意をいただきましたが、その後JR側から線路敷BRTとして活用しない区間として示され、大幅な計画の見直しが必要となり、その旨地元代表者にお伝えしてきたところであります。