251件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

気仙沼市議会 2019-12-16 令和元年第105回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年12月16日

◎7番(熊谷一平君) 業務量の削減によること、それからあとはあるとしたらIC技術を使ったことによる生産性の向上によって、職員定数は変化していくものかなと思っておりますけれども、今、課長にもおっしゃっていただいたように、新たに加わるもの、付加価値があるようなものであれば、またプラスの方向でお考えになると。

仙台市議会 2019-10-02 令和元年第3回定例会(第6日目) 本文 2019-10-02

仙台IC人材が豊富であること、さらに現在、首都圏での人材不足を追い風に、これまでは順調に進んでいるICT関連企業の誘致ですが、一方で仙台にこれらの企業が求める条件を満たす高機能かつ十分なサイズを持つオフィスが足りず、さらなる発展を考えたときのボトルネックになっていると聞いております。

仙台市議会 2019-10-01 令和元年第3回定例会(第5日目) 本文 2019-10-01

技術イノベーションにより激しく変化していくIC業界に対応していかなければ、多額の予算や多くの皆様の努力で整備したSENDAI free Wi─Fiが、誰も利用しなくなる負の遺産になってしまうと思います。当初、Wi─Fi整備の主な財源となっていた東北観光復興対策交付金も来年で交付終了します。  

栗原市議会 2019-10-01 令和元年決算特別委員会 本文 開催日:2019年10月01日

タブレット端末については、平成27年度に全中学校、それから平成28年度に全小学校へ配付しておりまして、IC環境の整備ということで、全学校完了しております。これによりまして、研修の関係でも進めておりまして、出前研修会ということで、そのタブレット端末の取り扱いを専門に教えていただく方から出前研修等を実施しまして、学校において円滑に操作できるように進めております。

気仙沼市議会 2019-09-24 令和元年第104回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年09月24日

技術、ITのいろんな資格をお持ちの職員の採用についてでございますけれども、ITの資格ネットワーク系であったりとか、それぞれ持っている資格、種類が多うございます。ですので、採用するに当たりましては、その必要な職種についてある程度検討させていただいた上で、その時代に合った形の職員採用ということは検討してみたいと思います。  

白石市議会 2019-09-19 令和元年第437回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-09-19

IC情報通信技術は日々、進化しており、こうした技術を積極的に活用し、時代を先取りした行政を行うことは大変重要であると認識をしています。  議員ご指摘の、いわゆるデジタルファースト法は、情報通信技術を活用し、行政手続等の利便性の向上や行政運営の簡素化、効率化を推進することを目的としているものであります。  

仙台市議会 2019-07-19 総務財政委員会 本文 2019-07-19

限られた人材と財源の中で効率的な行政運営を行っていく必要があり、こうしたRPAやAIなどのIC技術強力な手段になると期待をされているところでございます。  今年度は昨年度に引き続きまして実証実験を行っておりますほか、RPAを庁内で適切に運用するためのルールづくりなどに取り組んでおります。今後はこれらの利活用を全庁に広げていきたいというふうに考えているところでございます。  

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第7日目) 本文 2019-06-24

答申案においては、議員数及び委員会数は現行の数を基本とし、市民に身近で開かれた議会とすること、案内表示の工夫などわかりやすい施設とすること、バリアフリーを徹底し、ひとにやさしい施設とすること、防音を徹底し円滑な議会活動ができること、効率性の重視、市民への広報や議論の活性化を意識したIC環境を整備すること、セキュリティ対策がなされた施設とすること、時代の変化に対応可能な余裕を持たせること、環境負荷

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  新たな本庁舎・議会棟の整備調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

答申案においては、議員数及び委員会数は現行の数を基本とし、市民に身近で開かれた議会とするとともに、サイン(案内表示)を工夫するなどわかりやすい施設とすること、バリアフリーを徹底し、ひとにやさしい施設とすること、防音を徹底し円滑な議会活動ができること、効率性の重視、市民への広報や議論の活性化を意識したIC環境の整備、セキュリティ対策がなされた施設とすること、時代の変化に対応可能な余裕を持った施設とすること

気仙沼市議会 2019-06-24 令和元年第102回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年06月24日

それと、この.P.14.7メートルが1対3の勾配で、全く同じ形のブロックが積み上げられているという光景は、一言で言えば壮観です。  一方で、白砂青松の「青松」のほうは、すぐには海岸から見えないわけでありますけれども、このブロックの巨大な壁面といえばいいんでしょうかね、これが内側にもあって、そして対岸、川の向かい側にもあるわけです。そういうことは、まずめったに見られない造形になっています。

仙台市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第6日目) 本文 2019-06-19

まず初めに、現在の仙台市のICT施策の基本となる仙台市IC利活用方針二〇一六─二〇二〇中間見直しの進捗状況について、二点伺います。  本方針見直しの趣旨は、IC利活用を可能とする制度面での環境整備が進み、今後、ICTがかかわる範囲や分野が拡大していく反面、サイバー攻撃への対応や災害による情報システムネットワーク停止に対応するための業務継続など、新たな課題があらわれたことにあります。  

大河原町議会 2019-06-01 令和元年第2回定例会(6月会議)(第3号) 本文

これまでも本町では、さまざまな施策を実施してまいりましたが、大河原方式での学力向上や、先進的なIC機器の整備、独自のケアハウス運営などは、県教育委員会からも注目されております。  特に、学力向上策につきましては、本年度から県教育委員会が大河原方式での学力向上策を広めるため、県内4市を指定し、実践を始めております。  

仙台市議会 2019-05-10 新たな本庁舎・議会棟の整備調査特別委員会 本文 2019-05-10

次に、報告書(案)6ページの上から3段目でございますが、本会議場のIC技術の活用事例につきまして、他都市調査を行った都市名の記載を加えました。  次に、同じく報告書(案)6ページ、上から4段目でございます。傍聴環境におけるバリアフリー環境整備につきましては、各委員の考えが一致している部分かと思いますので、本委員会の意見として表現を強めて記載いたしました。  

白石市議会 2019-03-07 平成31年第434回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-03-07

IC機器の整備とあわせ、その活用を進めてまいりました。昨年10月に教科指導におけるICT活用に特化したみやぎスタイルを簡単に実現するみやぎタッチという学校現場生まれの電子黒板アプリを導入いたしました。算数や数学の授業の場面で活用されることが多く、問題演習の際、問題プリントをカメラ機能で写し、みやぎタッチでその写真画面にタッチペンで書き込みながら解説するものであります。  

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第5号) 本文

また、教育環境整備におきましては、議員の皆様方から図書室の蔵書数、教員補助者、コンピューター等のIC、エアコン設置の必要性等々、たくさんのご質問を頂戴し、私の背中を押していただきました。  おかげさまで順調に成果があらわれ、大河原町学力宮城県トップランナー新聞記事に書いていただけるところまでになりました。

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第3号) 本文

大綱1点目、桜保育所ICシステムの導入を。  保育士は日中、子供の生活を見ることがメーンで、非常に体力を使う大変な仕事であり、それ以外にもやらなければならない事務作業がたくさんあります。登降園管理、指導案、出席簿、個人記録、行事計画の作成、要録の作成等々ほかにもたくさんあります。