運営者 Bitlet 姉妹サービス
135件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日 また、本年4月には小原木公民館主催事業としてI企業と小原木地区自治会との交流会が開催され、IC拠点「こはらぎ荘」に入居の3企業からの概要説明や、入居企業と地元自治会との意見交換が行われ、また、この交流会をきっかけに地区のPTAと入居企業との交流もあったところであります。 もっと読む
2018-09-07 白石市議会 平成30年決算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日:2018.09.07 ◯松野久郎委員 それでは、成果等に関する説明書の114ページ、31番の次世代技術者育成事業ということで、IC事業等の技術を学ぶということで研修所を整備したわけでございますが、実際の人材育成とか交流人口をどのような形で図られているのか、その点についてお伺いをいたします。 ◯遠藤輝雄企画情報課長 ただいまの松野委員のご質疑にお答えいたします。   もっと読む
2018-03-07 石巻市議会 平成30年  産業建設委員会-03月07日−01号 漫画のARアプリ開発につきましては、IC技術を活用しまして、現在設置してある漫画モニュメントに携帯電話等をかざしますと、いろいろな絵が出たり、自在に、ARを利用しましたスタンプラリーをしまして、各漫画のモニュメントを回ってもらいまして、最終的にスタンプラリーの……  すみませんでした。 もっと読む
2018-03-02 石巻市議会 平成30年  総務企画委員会-03月02日−01号                                    次     長 岡     浩  復 興 政 策 部         今 野 照 夫  復 興 政 策 部          復 興 政策課長                  震 災 伝承推進                                   室  長  兼                                   I C もっと読む
2018-02-22 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月22日−施政方針に対する質疑−02号 また、この施設においてはIC技術活用をうたっておりますが、どのような技術をどう活用し、防災拠点となっているのか具体にお聞かせください。  (7)、元気市場、リボーンアートフェスティバルと観光産業への転換が図られており、その成果もあって交流人口はふえているとのことであります。しかしながら、交流人口から定住人口へどう誘導させていくのかが見えません。具体でお聞かせを願いたいと思います。     もっと読む
2018-02-14 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月14日−施政方針演説−01号 災害時において、的確かつ迅速に被災状況等を把握し、避難指示等の災害活動において中心的な役割を果たすとともに、防災・減災に役立つIC技術を駆使したシステム活用による先進的な防災拠点として、石巻市防災センターが、今年3月までに完成する見込みとなっております。   もっと読む
2017-12-20 石巻市議会 平成29年 第4回 定例会-12月20日−一般質問−05号 ◎境直彦教育長 私から、未来への成長戦略についてでありますが、2020年度から小学校で行われるプログラミング教育へ向けて、現段階の進捗状況と課題については、本市では学習指導要領に沿ったプログラミング教育を実施するため、教員のICT活用能力の向上、IC機器の整備、インフラ整備を進めております。 もっと読む
2017-12-12 石巻市議会 平成29年  環境教育委員会-12月12日−07号 本市では、学習指導要領に沿ったプログラミング教育を実施するため、3つの課題、1つは教員のICT活用能力、2つ目がIC機器整備、3つ目がインフラ整備を踏まえまして、宮城県教育委員会とともに計画的に取り入れた宮城スタイルの展開を進めています。現在、電子黒板については、石巻市内各小学校の学級数の3分の1以上、中学校においては大型モニターを普通教室分の台数を整備しております。 もっと読む
2017-09-08 石巻市議会 平成29年 第3回 定例会-09月08日−議案説明・質疑・委員会付託−02号 これをきっかけに恐らく石巻市のインバウンドというのが活性化していくのだと思いますけれども、最後は市長にインバウンドにかける思いであるとか、IC含めて今後外国人の誘致をどんどん図っていくというようなときに、市長なりにどの部分に、今回は通信というジャンルですけれども、あるいはインフラであるとか、イベントであるとか、さまざま今回事業も上程されています。またやってきました。 もっと読む
2017-06-23 石巻市議会 平成29年 第2回 定例会-06月23日−一般質問−05号 今回の国の成長戦略でも、やはりICとか、あるいはロボットと、これは結局は人手不足対策にもつながるということになりますので、石巻市にもIC技術を持った多くの若い方々が集積しておりますし、また精密機械、ロボット技術も取り組んでいる企業もおりますので、やはりそういう企業を育成するということも大きなこれからの産業に、成長戦略に合致するのではないかなというふうに思っておりますので、どのような形で、まず我々 もっと読む
2017-06-19 岩沼市議会 平成29年第2回定例会(2日目) 本文 2017.06.19 また、その中には、しっかりとした写真として動画が載っておりまして、教科書の中身のほかに動画、あるいは写真があるので、原爆についてもしっかりとした教育がそのデジタル教科書を使いながら、IC教材になりますけれども、それを使いながら今進めているところでございます。 議長(森繁男)渡辺ふさ子議員。 10番(渡辺ふさ子)どのくらいの時間をかけているんでしょうか。 もっと読む
2017-06-14 白石市議会 平成29年予算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日:2017.06.14 基本的にはドローン等を使ったIC技術の操作方法とか、そういったことで人材育成をしていくということであります。きのうもお話ししましたとおり、民間企業の方を募りまして宮城IC技術利活用研究会という団体を設立しまして、そちらのほうに補助金を出しながらやっていくと。行く行くは市内の設計業者なり建設業者のほうに呼びかけをして参加を打診していくという形で運営していくということでございます。 もっと読む
2017-06-13 石巻市議会 平成29年 第2回 定例会-06月13日−議案説明・質疑・委員会付託−02号 起業家を育てる、あるいはIC技術者を育てる、いろんな政策を今石巻市で進めておりますけれども、総合的に石巻市のPRをすることで少しでも石巻市に関心を持ってもらう、そういった機運を上げていくということが必要だというふうに思っております。私もPRについては、積極的に進めていきたいと考えております。 ◆8番(阿部利基議員) 非常に力強い答弁いただきました。 もっと読む
2017-06-12 石巻市議会 平成29年 第2回 定例会-06月12日−議案説明−01号 また、現在進めている津波復興拠点整備事業につきましては、迅速な災害対応を行える環境整備のため、防災・減災に役立つIC技術を駆使したシステム活用による先進的な防災センターを構築するとともに、地域包括ケアの拠点となるささえあいセンターの整備を進めてまいります。   もっと読む
2017-03-10 石巻市議会 平成29年 第1回 定例会-03月10日−一般質問−09号 現在国や県から具体的な取り組み内容が示されていないことから、教育振興基本計画には盛り込んでおりませんが、各校におけるIC環境の整備や教員の資質向上を図り、小・中・高それぞれの発達段階に即した資質や能力を育成していけるよう指導してまいりたいと考えております。   もっと読む
2017-02-27 岩沼市議会 平成29年第1回定例会(2日目) 本文 2017.02.27 志賀なので、多分電波入りづらいんじゃないかということでGアンテナもついてきたわけですけれども、非常に性能がよくて、TGアンテナ、外部アンテナをつけなくても家の中の奥のほう、その辺でもきっちり入りました。実はうちの周りは、エフエムいわぬまさん、大変申しわけないんですけれども車のラジオでもなかなかザアザア言う。 もっと読む
2017-02-13 石巻市議会 平成29年  全員協議会-02月13日−01号 また、一般社団法人宮城医療福祉情報ネットワーク協議会、いわゆるMMWINのIC環境を活用しまして、県内の医療機関と医療情報等の共有を図り、効果的な医療提供体制を構築してまいりたいというふうに考えてございます。   もっと読む
2017-01-24 石巻市議会 平成29年  総合防災対策特別委員会-01月24日−01号 今次津波の教訓を踏まえ、大規模災害時における災害対策本部の体制整備強化を行うことで、将来において地震、津波などの自然災害の減災・防災を図ることを最優先とするものであり、また本庁舎に隣接して建設し、迅速な防災活動を行える環境とし、防災・減災に役立つIC技術を駆使したシステム活用による先進的な防災センターを構築するものでございます。 もっと読む
2016-12-21 角田市議会 平成28年第385回定例会(第4号) 本文 2016-12-21 同時に、IC技術を活用してポイント付与作業を効率化するとともに、活動量計を活用したスマートかくだチャレンジ事業を実施いたします。  2点目は、団塊の世代の高齢化に対する対応として、既に議会において補正予算として提案させていただいておりますが、生活習慣病重症化対策事業の本格実施を予定しております。健康(幸)長寿社会の推進を図ってまいります。   もっと読む
2016-12-13 白石市議会 平成28年第423回定例会(第3号) 本文 開催日:2016.12.13 オープンから18年が経過し、まさにIC、情報通信技術社会を迎えた中、白石市情報センター(アテネ)の事業内容についてご質問いたします。  まず初めに、オープン時の事業として、保健福祉、それから教育の情報化、マルチメディア塾等とありましたが、具体的にどのような事業を行って、その成果をどのように捉えているのかお伺いいたします。 ◯佐久間儀郎議長 山田市長。     もっと読む