26件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-06-01 大河原町議会 平成30年第2回定例会(6月会議)(第2号) 本文 さらに、公営事業として経済性を発揮するため、契約期間の長期化や事業の包括化、共同運営など、民間事業者の参入を促し、運営権契約による役割分担に基づき、経営ノウハウや技術、資金の活用によるコストの削減と更新投資の適切な抑制により、経営の安定化を実現するとしております。   もっと読む
2018-03-05 角田市議会 平成30年第392回定例会(第3号) 本文 2018-03-05 昭和36年に農業基本法が施行され、農業構造改革と近代化のことで離農者が多くなり、農業基本法は平成11年まで続き、この間、角田市は低開発促進法による固定資産税の不均一課税条例を制定し、誘致企業が角田市に進出し、角田市は公営住宅建設や宅地の分譲、角田市は一時、人口の流出を抑えたが、結果は、人口の減少を抑えることはできなかった。 もっと読む
2017-06-23 石巻市議会 平成29年 第2回 定例会-06月23日−一般質問−05号 そういったこともトータル的に考えますと、将来的にはこのジビエ化、こういった部分を見据えてやっていかなくてはいけないというふうには考えますが、まずは捕獲圧を上げて、とにかく食害等、あるいはさまざまな事故、これの抑制、軽減、これが大優先課題なのかなということで関係機関、それから牡鹿半島ニホンジカ対策協議会、そういった方々と、まずはそういった捕獲圧を上げる方向に傾注してやっていきたいなというふうには考えてございます もっと読む
2017-03-21 角田市議会 平成29年第386回定例会(第6号) 本文 2017-03-21 農業委員が認定農業者以外の農家の離農等を促進させる、そのための報酬基本額、それで実績額を加える、こういう条例改正とのことであります。 もっと読む
2017-02-20 角田市議会 平成29年第386回定例会(第1号) 本文 2017-02-20 資源リサイクルの推進につきましては、平成24年7月に家庭ごみの有料化を開始してから、家庭からの燃やせるごみ、資源ごみ及び不燃・粗大ごみの総排出量並びに一人当たりの排出量の増加が抑制されております。 もっと読む
2016-12-14 白石市議会 平成28年第423回定例会(第4号) 本文 開催日:2016.12.14 近年の稲作の経営にとって、米価下落を起因とした経営の不安や高齢化による離農者の増加など、担い手不足の進行が非常に懸念されております。  一方、米は日本人にとっての主食であり、国内で唯一自給可能な農産物でもあります。日本食に不可欠な米の生産を絶やさぬよう、過去に食味日本一を獲得したササニシキを主体とした白石米のブランド化等により、若者が憧れる稲作経営を確立していかなくてはなりません。   もっと読む
2016-03-01 大河原町議会 平成28年第1回定例会(3月会議)(第3号) 本文 小山田地区における多面的機能支払交付金事業、金ケ瀬梅組合における梅のブランド化に向けた話し合いや先進地視察研修、水田畑作農業の推進による大麦、大豆の作付面積の拡大と連作障害対策の研究、転作作物としての枝豆、ブルーベリー、スイートコーンなどの作付けの推進、離農者に対する農地中間管理機構を利用した農用地利用集積貸付促進、丁寧な農事相談体制の構築、新規就農支援対策の実践、県補助金を利用した園芸施設設置への もっと読む
2015-12-11 大崎市議会 平成27年 第4回定例会(12月)-12月11日−02号 とにかく放せ放せって離農を促進するようなことはやめたほうがいいと私は思っているのですが、そういった、先ほど言ったような、せっかくの財産を生かして自分の家計の足しにしたいという思いはひとつ尊重して、てきぱきと対応するように私はすべきだと思っております。  では、次に進みます。  次の8款2項2目につきましては、いろいろ説明を聞きに行きまして納得しましたので、やめました。   もっと読む
2015-02-20 東松島市議会 平成27年  3月定例会(第1回)-02月20日−議案質疑、委員会付託−06号 これまで農地周辺の水路、農道等の共同利用施設に関する保全管理につきましては、地域の農家組合等が中心となり、共同作業により実施されてきておりますが、農地中間管理事業により貸与する所有者の意識として離農意識が強くなり、共同作業への参加が減少する状況が懸念されており、現実的に地域においては深刻な問題として認識しつつあります。    もっと読む
2015-02-18 東松島市議会 平成27年  3月定例会(第1回)-02月18日−一般質問、代表質問−05号 離農給付金とか、あとは農業委員会通して10年契約して契約するとか、改めてこの斬新さは感じないのですけれども、順調に進んでいるというお話ですけれども、さらにその出し手、大型化が必ずしも農業経営の完全なプラスになるよとは言い切れませんが、普通考えれば大規模化が農業で食っていける農業ということを考えれば必要なのかと思いますけれども、さらに貸し手を確保する対策といいますか、周知はいろいろ農協とかなんかでされておるのですけれども もっと読む
2014-12-04 東松島市議会 平成26年 12月定例会(第4回)-12月04日−議案説明、質疑、討論、採決−01号 農林水産業費につきましては、農業費において農業振興費では震災対策費に予算計上しておりました被災地域農地集積支援補助金を離農者に対する経営転換協力金として予算の組み替えをし、水産業費において水産業復興費では漁業倉庫整備に係る用地造成等に伴う漁業集落防災機能強化事業費を増額し、震災対策費では漁業、養殖関連倉庫に係る水産共同利用施設復旧工事費を増額いたしております。    もっと読む
2014-02-13 東松島市議会 平成26年  3月定例会(第1回)-02月13日−議案説明、質疑、討論、採決−01号 ですから、今市長がちょっと羅列しましたが、ダブル診療の対策、それからジェネリックによる薬の抑制、診療報酬のチェック、健康維持政策等々、さまざまな対策もありますが、当局としてはこれからを見据えて、やはり税率がアップをしなくても済むような、極力しなくても済むような政策は考えていかなくてはならないと私は思うのです。 もっと読む
2014-02-13 大崎市議会 平成26年 第1回定例会(2月)-02月13日−02号 また、農業においても担い手への農地の集約が進むと離農が進み、その労働力は自然と企業やサービス産業へと就労人口が移動してまいります。本市としても重点施策の一つとして企業誘致に力を入れておりますが、現状と課題について伺うものであります。 もっと読む
2013-10-04 大崎市議会 平成25年 第3回定例会(9月)-10月04日−06号 持続可能な財政構造を確立していく上では、市債の残高を抑制し、財政硬直化の主たる要因となります公債費を削減していくことが重要であると考えております。平成24年度末現在の財政調整基金積立額は、これも合併時約11億円でございましたが、24年度末約98億円となっておりますが、震災による影響が大きいことから一時的なものと捉えており、この点につきましては市民皆様にも御理解をお願いするものであります。   もっと読む
2013-03-05 東松島市議会 平成25年  予算審査特別委員会-03月05日−06号 ◆委員(上田勉) 今世帯数で67の人数にして253名、5つの法人ができたわけですけれども、これに入らないというか、完全に離農された方というのは、これで大体わかると思うのだけれども、それちょっとデータあれば教えていただきたいと思います。 ○委員長(阿部勝德) 根元局長。 もっと読む
2012-06-18 大崎市議会 平成24年 第2回定例会(6月)-06月18日−02号 ◎産業経済部長(丸田雅博君) これは、東日本大震災農業生産対策交付金の補助残のうち、消費税、手数料を除いたいわゆる放射能吸収抑制のための塩化カリウムの経費を補助対象経費として予算の範囲内で支援するものでございます。  これにつきましては、今回の放射能物質への米や大豆への吸収抑制対策としてJAがやるものに対して、風評被害の抑制を目的として行うものでございます。  以上です。 もっと読む
2012-06-07 東松島市議会 平成24年  6月定例会(第2回)-06月07日−議案説明、質疑、討論、採決−01号 歳入につきましては、県支出金に介護保険料率の増加抑制を図るため市町村に交付されることとなりました介護保険財政安定化基金交付金を計上し、繰入金は財源調整のため財政調整基金からの繰入金を減額いたしております。   歳出につきましては、諸支出金に東日本大震災による介護保険料の減免及び死亡等に伴う第1号被保険者保険料還付金を計上いたしております。    もっと読む
2012-03-07 東松島市議会 平成24年  予算審査特別委員会-03月07日−05号 それを踏まえて、そういう人たちをまあまあそうではなくてというようなことで、農地を維持するために、そういう離農者がないようにするような方策というのは、何かやっているのですか。 ○委員長(滝健一) 農政班長。 ◎産業部農林水産課農政班長(千葉伸也) お答えいたします。    もっと読む
2011-11-28 仙台市議会 平成23年第3回臨時会(第1日目) 本文 2011-11-28 また、離農を希望される農業者につきましては、清算金を受け取り、その農地については規模拡大を希望される農業者が取得するということも可能でございます。   もっと読む
2010-09-16 石巻市議会 平成22年 第3回 定例会-09月16日−一般質問−04号 心頭滅却すれば火もまた涼しいなどと悠長な境地には立てず、しっかりと温暖化ガスを抑制したクリーンな地球環境の低炭素化実現が急務であると感じられました。その具体的な取り組みとして注目されているのがスマートコミュニティであります。 もっと読む
  • 1
  • 2