179件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栗原市議会 2018-12-17 平成30年産業建設常任委員会 本文 開催日:2018年12月17日

栗原市里谷地区多目的研修会施設は栗駒の里谷自治会栗原市深谷地区多目的研修集会施設は栗駒の深和会、栗原市狐崎農業後継者育成センターは一迫の狐崎農業後継者育成センター運営委員会栗原市川北農業後継者育成センターは一迫の川北地区会、栗原市一本松農業後継者育成センターは一迫の一本松振興会、栗原市清水二農業後継者育成センターは一迫の第二清水会、栗原市高橋下農業後継者育成センターは一迫の高橋下部落会、次の87

栗原市議会 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年09月19日

それから自治会単位の部落のPTA活動がなくなった。本当にこれね、PTA活動が本当になくなるんですよ。特に子供たちもですが、このPTA活動、自治会とのPTA活動がなくなったと。少なくなった。なくなったわけではないんですが、少なくなった。それから人口が減少に走る、これは逆にこの再編によってこの地域人口減少に拍車をかけているのではないかと。

大河原町議会 2018-09-14 2018年9月14日 平成30年決算審査特別委員会(第2号) 本文

322:◯庄司 充委員 ◯庄司 充委員 毎年、私のほかにも議員の皆さんにも随分この除雪のことで苦情とか希望とかあるらしいんですけれども、特にですね、今課長がおっしゃった幹線道路、主要道路のほかに、例えば町の東側西側の山間部落っていいますかね、そことか、あるいは西原、桜町、それから金ヶ瀬なんかの大河原の市街地から離れているところなんかの除雪ってのは、課長が考えた場合、大丈夫

石巻市議会 2018-02-28 平成30年 第1回 定例会-02月28日−議案説明・質疑・委員会付託−06号

部落か2部落の方々がマイクロバスに乗ってきて、この待機ポイントですね、スクーリングポイントで検査をされるわけでございますが、見ていても検査を行う方の非常になれない動作ということで、1人5分から10分もかかるわけです。これは訓練ですから、本当にいるのは数十人でした。これが実際そういう事故が起きたときには、もう何万人と来るわけです。

石巻市議会 2018-02-26 平成30年 第1回 定例会-02月26日−議案説明・質疑・委員会付託−04号

本案は、集会所的施設の民間譲渡を石巻市財政運営プランに位置づけて推進してきた中で、「石巻市大土老人憩の家」を「大土自治会」に、「石巻市拾貫老人憩の家」を「拾貫東部落会」に、「石巻市山田老人憩の家」を「山田部落会」にそれぞれ無償譲渡することに伴い、この3施設を廃止し、また石巻市羽坂老人憩の家については、新たに地区の集会所が建設されることから同施設を廃止し、解体するため、本条例の一部を改正しようとするものであります

栗原市議会 2017-12-18 平成29年産業建設常任委員会 本文 開催日:2017年12月18日

夜敷味部落など、今来て課長、夜人が来てみれ。うるさくてうるさくて本当に大変だから。ただ寄るばかり寄られたってさ。お金が落ちないでみんなぶん投げているんだよ。物を。それボランティアで何で片づけなければならないのか。ここはある程度栗原に見るばかり見るよりある程度落ちなくてだめよ、お金。市の金だから事業でとてもじゃないがこれ今後計画これじゃ甘いよ。

大崎市議会 2017-12-12 平成29年 第4回定例会(12月)-12月12日−02号

本来なら、前なら役場職員をやめて区長ということはめったに聞かれないで、あげくの果てには、一番活気あったときは、部落内で区長選挙をやったというような時期もありましたけれども、今はほとんどそういう地域の活力が衰退していると思います。  区長報酬何ぼだとか、いろいろお話を聞いていて、一番大きいのが、私が見た限り、調べた限りでは、志田地区の米倉地区が一番大きいのではないかなと。

栗原市議会 2017-10-02 平成29年決算特別委員会 本文 開催日:2017年10月02日

とくとわかっているわけだから、それを今後やはり部落に任せるようにして、部落で要望があればと、もしくは要望があればというふうにして狭いところに入れていますね、道路。わかるよ、あんなところ私わかっている。行ったのも来たのも知っているから。だからそれらをやはりそこのところで要望の判こ皆もらえば、今後やっぱりやるようなコースになるんだから、それをお聞きしたいんです。

気仙沼市議会 2017-09-26 平成29年第92回定例会(第4日) 本文 開催日:2017年09月26日

これ平成32年度までの完成ということは、実は新城、地区名それ以上深くは言いませんけれども、新城の方々が部落、地区で集まって、それでマイクロバスを仕立てて徳仙丈山に川上方は登ったそうですよ。今、風車もありますよね。そして、新月から川上までは舗装なんですよ、狭いけれども。そうしておったらガタガタ道でね、えらいショックだったらしいんですよ。その新城の方々が。

栗原市議会 2017-09-22 平成29年第5回定例会(第4号) 本文 開催日:2017年09月22日

この隣部落の名誉のためにお話しいたしますけれども、この合併以来、この河川の管理、以前はやっておったんですが、高齢化でやれなくなったと、この地域の方々も農道とか、大きな用排水路、あるいはかつての迫川三町排水でやっていたところもやっているんですよね。つまり、私が言いたいのは、「公助」が全くやっていないと、不在地主でも何でもない、県道高規格道路はまさしく宮城県の仕事ですよね。

石巻市議会 2017-09-15 平成29年  産業建設委員会-09月15日−04号

ただし、地域行政委員等から、あと行政委員とか、あと部落の会長さん、副会長さん等からいろいろな要望がございまして、その都度、現場のほうを確認した上で、早急な対応が必要なものとか、あとこれまでできかねていた案件等につきまして、側溝改良等を行っております。側溝改良とか、あとは堆積している土砂上げ、本当に身近なものに使わせていただいております。

石巻市議会 2017-06-15 平成29年  総務企画委員会-06月15日−04号

地域によりまして、小さいところがなかなか自主防災組織を立ち上げられないということで、私のほうでは、基本的には町内会組織自主防災組織ということで登録をいただいてはいるのですけれども、特に私がちょっと半島方面に伺ったときに、半島方面では部落ごとの町内会組織はあるのだけれども、どうしても自主防災組織までなかなか、例えば何班、何班というふうに組織立てでの自主防災組織がなかなかできないという声も聞いております

石巻市議会 2017-06-13 平成29年 第2回 定例会-06月13日−議案説明・質疑・委員会付託−02号

今回募集した地区内、市街地のほうから半島に行ってもいいですという際にお話しさせていただいたのは、地区の中でこれまでずっとかかわってこられた地区の協議会なり部落の人たちがいますので、まずその人たちと話をしないと後に入った人も大変だろうなというところがございましたので、地区とのそういうふうな連携をとりながら、空き区画に対しては対応していきたいというふうに考えてございます。

大河原町議会 2017-03-14 2017年3月14日 平成29年予算審査特別委員会(第3号) 本文

橋本生活センターの位置づけですけども、地区のほうからもご要望いただいてございまして、それについてはこれまでは町のほうで「はいきたいいですよ」というようなことはできないよというぐあいにお答えしてます、っていうのは、建物自体が町所有ではなく、そういった部落所有ということでもございますし、そういったことから、建築時のいろいろ経過っていうのも調べて私どもでもある程度わかってございますけども、そういった一括してこちらでってことはできかねると

栗原市議会 2017-02-23 平成29年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2017年02月23日

3番目の集会所はということでいろいろ聞きましたけれども、一番大きいところが築館の西町、これが499世帯で、一番小さいところが花山の上原で11世帯ということで、45倍という戸数の差があるわけですけれども、何で今回この質問をさせていただいたかと申しますと、実は私のところに相談いただいた件がございまして、「実はおらほの部落は毎年のように人が減っていって、とにかく総会のたびに集会所の運営費を値上げしなければならないんだ