2562件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栗原市議会 2020-02-27 令和2年文教民生常任委員会 本文 開催日:2020年02月27日

歳出について、2款保険給付費は実績見込み額の精査等によるもので、1項1目一般被保険療養給付費は補正前の額に1,800万円を追加、2目退職被保険等療養給付費は補正前の額から4,100万円を減額、2項1目一般被保険高額療養費は補正前の額に500万円を追加、2目退職被保険高額療養費は補正前の額から1,888万円を減額、3項1目出産育児一時金は補正前の額から252万円を減額、4項1目葬祭費は補正前

栗原市議会 2020-02-25 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2020年02月25日

大綱3点目は、女川原発事故を想定した避難受け入れについて伺います。  細目1点目、栗駒・鶯沢地区での対応についてであります。栗駒地区では、栗駒総合体育館に800人を初めとして7施設に3,020人の避難受け入れとあり、鶯沢地区は岩ケ崎高校鶯沢校舎に500人とあります。市のどの部署の何人で対応されるのか、寝具や食料はどこに備蓄されているか、お伺いをします。  

栗原市議会 2020-02-21 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2020年02月21日

近年、想像を絶する災害が頻繁に発生し、2017年災害対策基本法に基づき全国の市町村が住民に避難勧告指示を行ったのは915回にのぼるわけです。また、災害救助法が適用の場合、住民の避難に要した費用の多くは国や県に負担していただけるわけでございますけれども、適用にならないとき自己負担が膨らむことになってまいります。  

栗原市議会 2020-02-20 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2020年02月20日

次に、旧高清水中学校避難場所指定は廃校後も継続されるのかについてでありますが、原子力災害時における住民の広域避難に関する協定書におきましては、現在も高清水中学校体育館は女川町からの避難を受け入れる施設に選定しておりますが、閉校施設となったことを踏まえ、今後、指定施設等の変更も含め、両者で協議を行いながら検討してまいります。  次に、旧高清水中学校体育館の利用についてであります。  

栗原市議会 2020-02-19 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2020年02月19日

それによると、避難時の渋滞バスの確保、安定ヨウ素剤の緊急配布など、7点を内閣府の女川地域原子力防災議会作業部会で具体的に審査するよう求めたとのことであります。審査過程を情報公開の対象にすることも要請、団体側の求めに応じるかどうかの回答期限を1月17日としたということも報じられておりました。  栗原市は、石巻市から1万300人の避難を受け入れる計画を作成しています。

白石市議会 2019-12-19 令和元年第438回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-12-19

幼児期の教育は、生涯にわたる人格形成を培うものであることから、市立幼稚園を1園にすることで、幼児教育の質を向上させ、保護ニーズへの対応といった時代の要請にも応えようとするものである。  次に、これまでの保護などへの説明の経過については、まず本年8月に、第一幼稚園を休園することについて役員及び全保護を対象とした説明会をそれぞれ行った。

角田市議会 2019-12-19 令和元年第400回定例会(第5号) 本文 2019-12-19

次に、「避難所の閉鎖について」であります。  台風第19号による災害により市で開設しておりました避難所17カ所には、最大で489世帯、1,030人が避難し、地区で開設した自主避難所には41世帯、125人が公民館等に避難しておりましたが、全ての世帯が自宅等に戻るなど退所したことから、12月17日午前9時をもって全ての避難所を閉鎖いたしました。  

白石市議会 2019-12-18 令和元年第438回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-12-18

災害時に必要に応じて設置される避難施設であり、一般の指定避難所での対応が困難な要援護のために、市内16福祉施設災害時における要援護の受け入れ等の協力に関する協定に基づき、受け入れ先施設の被害状況や受け入れ可能状況を把握した上で、受け入れの協力をお願いしているところでございます。

白石市議会 2019-12-17 令和元年第438回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-12-17

本市では、10月12日13時から10カ所の避難所を開設し、最大で15カ所の避難所に713人の市民避難されたと報告がございました。  19時42分に市内全域へ警戒レベル避難勧告を発令されましたが、市民の中には状況がわからず、避難のタイミングを逃し、気づいたときには道路への冠水、避難所に向かうことができず、自治会の判断で集会所等に避難を促したと聞いております。

角田市議会 2019-12-17 令和元年第400回定例会(第3号) 本文 2019-12-17

さらに、12日の午後0時30分には市民センターを避難所として開設する案内と、あわせて午後3時に開設予定の避難所をお知らせしております。午後3時には、大雨警報の発令とほぼ同時に警戒レベル3、避難準備・高齢避難開始を市内全域に発令し、10カ所の避難所を開設しており、明るい時間から避難を行うよう呼びかけているところであります。  

気仙沼市議会 2019-12-16 令和元年第105回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年12月16日

台風19号における避難準備・高齢避難開始発令の時間、14時。避難告発令16時。避難指示発令20時30分。この発令の判断の考え方と今回見えてきた課題について伺います。  まず、防災発令がしっかり市民に伝わっているかです。  今回の避難準備・高齢避難開始発令、避難勧告については、まだ晴れている明るい時間帯であることもあり、市民に伝わっていたと思われます。

栗原市議会 2019-12-12 令和元年第5回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年12月12日

台風19号は、ほぼ予想されたとおりの進路と時刻に栗原市に接近しましたことから、10月12日午前11時に県内で最初となる避難準備・高齢避難開始を発令し、その後、午前11時30分に災害対策本部に切りかえ、避難情報等の発令時期や発令範囲、各部局の活動などについて再確認を行ったところであります。

栗原市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年12月11日

(1)避難所では、雑魚寝の状態でありましたが、段ボール製の簡易ベッドやパーティションを用意すべきではないか。  (2)報道によると介護施設が被災したり孤立したりしております。市内の介護施設では、利用災害時の避難態勢が整っているのか。一般の避難とのかかわりはどうか。  (3)避難所が開設されたけれども、移動手段を持っていない高齢はどうすればいいのかという声が寄せられました。

栗原市議会 2019-12-10 令和元年第5回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年12月10日

栗原市が12日の午前中に避難所を開設し、避難の受け入れを始めたことは、人命重視のすばらしい判断であったと評価するものであります。私も地区内の避難所に行きましたが、高齢の方々と迫川沿いの地区の方々が多いなと感じたところでございます。  このことから、今回の災害対応について3点伺います。  市では、介助が必要な障害や高齢に配慮した避難所を準備しているのかお伺いしたいと思います。