23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-06-01 美里町議会 平成30年度6月会議(第2号) 本文 千葉亀雄記念文学室には、千葉亀雄の遺品など163点が展示されております。遺品や自筆原稿など新たな資料の収集、展示は難しいところですが、千葉亀雄の執筆記事が掲載されている当時の図書、雑誌などを展示していきたいと考えております。また、千葉亀雄とつながりのある、明治、大正、昭和に活躍した文人に関する資料も収集していきたいと考えております。   もっと読む
2016-09-20 美里町議会 平成28年行財政・議会活性化調査特別委員会(第2号) 本文 2016-09-20 1つは、理容美容学校を購入した以降、この目的の説明は、災害時の備品備蓄は、あるいは企業の誘致にかかわるさまざまな事業、あるいはこの町が長く持ってきました遺品、要するに過去の遺品などを展示しながらまちおこしをしていく。こういう形の話があったんですが、先週、現場へ行ってみました。残念ながら、予算で買ってさまざまな準備をしながら、中身は空っぽだったんです。 もっと読む
2015-03-19 美里町議会 平成27年行財政・議会活性化調査特別委員会(第2号) 本文 2015-03-19 文化財の作業室兼保管庫ということで、現在のところ二部屋をですね、準備されておりますし、また、入り口のところ、エントランスのところに文化財の展示スペースということになっておりますので、早急に……、いろんな遺品、それから民俗資料等を整理しながら展示できるように進めてまいりたいと考えておりますので、御理解のほうをお願いしたいと思います。以上です。 もっと読む
2014-02-26 気仙沼市議会 平成26年第59回定例会(第4日) 本文 開催日:2014年02月26日 また、この震災における多くの写真や遺品等が保存・返却されております。これらの取り扱いと、その必要性について伺います。 ◎議長(臼井真人君) 市長菅原 茂君。 ◎市長(菅原 茂君) 防災体制の整備についてお答えいたします。   もっと読む
2011-11-21 仙台市議会 健康福祉委員会 本文 2011-11-21 4月9日以降、8月までに計54体の身元不明の御遺体を遺品とともに引き取り、順次火葬いたしました。グランディの遺体安置所から葛岡の遺体仮安置所、葛岡斎場への御遺体の搬送は、平成16年度に仙台地域葬儀会館連絡協議会と締結した協定に基づきまして、葬祭業者が霊柩車により1体ごとに搬送いたしました。引き取りの状況につきましては、表にお示ししたとおりでございます。   もっと読む
2011-10-19 東松島市議会 平成23年  決算審査特別委員会-10月19日−07号 また、会場では桃水翁の遺品を集めました展示コーナーを設けたほか、記念誌を作成しまして、来場された方々にお配りしまして桃水翁の功績を紹介しております。   以上、桃水まつりにつきましては、桃水翁の顕彰とともに本市の文化振興と、それから民謡愛好家の底辺の拡大に寄与したものということで事業成果がありました。   以上です。 ○委員長(五ノ井惣一郎) 次長小山さん。 もっと読む
2011-06-30 東松島市議会 平成23年  6月定例会(第2回)-06月30日−議案説明、質疑、討論、採決−01号 次に、債務負担の行為でございますが、遺品管理事務所警備業務委託料ほか2件を計上いたしております。   承認第16号でございます。平成23年度国民健康保険特別会計補正予算(第1号)でございます。東日本大震災において死亡した国民健康保険加入者への葬祭費の増額であり、歳出の保険給付費内での組み替えを行ったものであります。予算総額については変更ございません。    もっと読む
2010-06-10 東松島市議会 平成22年  6月定例会(第2回)-06月10日−議案説明、質疑、討論、採決−01号 社会教育費では、社会教育施設費に老朽化が著しい旧野蒜保育所の一部を解体し、民俗資料等収蔵施設として里浜貝塚等から出土した史跡遺品を保管するために、屋根や床を修繕する経費と、図書館費には現在利用者から好評を得ている読み聞かせ事業等を充実させるため、地域ぐるみによる子供読書活動を推進する事業関係経費を計上し、保健体育費において体育施設管理費に、旧大塩地区体育館解体工事費を計上いたしております。    もっと読む
2009-08-05 仙台市議会 東西線沿線整備調査特別委員会 本文 2009-08-05 きちっと別途、記録として残す、あるいは遺品をそれぞれ保管するのがよろしいだろうという判断をいただいておりますので、今後とも我々の方の事業スケジュールに支障なく文化財調査を進められるものと考えております。 28: ◯小山勇朗委員  文化財の方はそれでいいと思いますけれども、あと、先ほど答えていただいた中で、荒井の車両基地の関係。 もっと読む
2009-06-16 岩沼市議会 平成21年第3回定例会(3日目) 本文 2009.06.16 市民経済部長(大村孝)仙台市の場合は、個人から預かった遺品を燃やしているという説明に対して、実際は葬祭業者から依頼された物品まで燃やしていたということが争点になったようでございます。ただ、岩沼市といたしましても、当初、煙やにおいの出る遺品を野焼きしないようにというようなことの指導は行ってまいりました。 もっと読む
2009-03-16 岩沼市議会 平成21年条例及び予算審査特別委員会(2日目) 本文 2009.03.16 市では、株式会社お焚きあげ教会に対し、煙やにおいの出る遺品を野焼きをしないように指導を行いました。その後、ダイオキシン対策の焼却炉を設置し焼却を継続していたところから、市では教会に対し地域に説明会を行うよう指導し、教会で実施したところですと。地域からは教会に対し反対の意見書を提出しており、市としても地域の代表5名と話し合いを持ち、状況等を説明しております。 もっと読む
2007-09-13 仙台市議会 平成19年第3回定例会(第6日目) 本文 2007-09-13 その一つは、昭和五十四年に刊行された「瑞鳳殿 伊達政宗の墓とその遺品」の第四章、経ケ峯の現地形と地盤。二つ目は、昭和五十八年、土木学会東北支部刊行になる青葉山公園天守台石垣修復調査委員会報告書の亜炭坑道図並びに亜炭採掘後の空洞平面図がそれであります。これを見る限り、青葉城址と伊達正宗公三代の眠る経ヶ峯の地下のほとんどが旧亜炭の廃坑であるということであります。   もっと読む
2007-09-10 岩沼市議会 平成19年第3回定例会(2日目) 本文 2007.09.10 平和の火というのは、もしかするとみんなは御存じかどうかわかりませんけれども、平和の火というのは、1945年の8月に、被爆をしたおじさんの遺品を探していた一人の兵士が、くすぶる地下壕の火を懐炉に移して、ふるさとの福岡県星野村に持ち帰った火です。 もっと読む
2005-09-20 東松島市議会 平成17年  9月定例会(第2回)-09月20日−一般質問−02号 その里浜貝塚、それから旧矢本町にございました旧牡鹿さくと想定されております赤井遺跡と、それに伴う横穴墓墳群、時代は下りまして、明治政府のナショナルプロジェクトであった野蒜築港跡など、全時代を通して通史的に見て貴重な遺跡、遺品が数多く出土している貴重な地域でございます。 もっと読む
2005-09-13 岩沼市議会 平成17年第3回定例会(3日目) 本文 2005.09.13 私が言いたいのは、歴史認識について触れるのは国であって、今、市長が言われたとおりであって、歴史認識に触れるのではなくて、戦争体験、戦争の遺品などを通じて、言葉でしゃべらなくとも、それを後世に残していくということで、悲惨な戦争は嫌だという流れに持っていくというのは大事だと思うんですね。   もっと読む
2005-03-04 仙台市議会 平成17年度 予算等審査特別委員会(第3日目) 本文 2005-03-04 また、例年行われておりますけれども、戦災復興展の中での市民の集いといったものの内容を充実いたしますとともに、遺品でございますとか写真の展示あるいはビデオの上映、朗読会等といったものを予定しているところでございます。 167: ◯鈴木勇治委員  さきにお伺いしましたところ、いわゆるイベントについて60万円ほど増額があったと。 もっと読む
2004-12-10 仙台市議会 平成16年第4回定例会(第4日目) 本文 2004-12-10 さらに、江戸期の奥羽観蹟聞老誌によれば、静御前が義経を慕い奥州に下る途中、秋保野中の清水ケ窪で病死したと言われ、それに関する遺品や遺構が今に伝えられております。  二口街道は、古来より最上との交通の要衝であり、特に野尻の宿場町は最上との境界に近く、藩境警備という重要な役割を担っておりました。   もっと読む
2004-06-17 仙台市議会 平成16年第2回定例会(第6日目) 本文 2004-06-17 次に、戦災復興展の企画についてでございますが、ことしは七月の十日から十三日までの四日間、展示室、記念ホール、ロビー、地下ホール、研修室等を使用いたしまして、戦争を体験された方々との交流や遺品及び写真の展示、ビデオや映画の上映、朗読会等を予定をいたしております。このほかに各区役所での写真展も開催をすることといたしております。   もっと読む
2002-09-13 仙台市議会 平成14年第3回定例会(第6日目) 本文 2002-09-13 前身の晩翠会においては、晩翠の教え子などゆかりのある方々、そしてまた晩翠賞などに関係する文学者の方々が中心となりまして、晩翠賞の事業、また晩翠草堂の管理、それから仙台城址への詩碑の建立、また遺品の収集などの事業が行われてきた経過がございます。したがいまして、顕彰会の委員の方々はもとより事業につきましても、前身の晩翠会を継承する形で行われてきたところでございます。   もっと読む
1996-06-13 仙台市議会 平成8年第2回定例会(第2日目) 本文 1996-06-13 近代文学館の資料収集につきましての御質問でございますけれども、現在、展示計画の基本的な考え方に沿いながら、郷土ゆかりの文学者に関する資料の収集に鋭意努めておるところでございまして、その内容といたしましては、書籍のほか、文学者の人となりやその文学世界をほうふつさせるような原稿、書簡、自筆の書画、遺品等の資料でございます。 もっと読む
  • 1
  • 2